2017/06/26

汐音のフランス旅2017~その7ベルサイユは今日も大変な人出ですこと!~

オペラ地区のホテルで早朝からお支度
今回はホテルを転々とするので
いつもはホテルに到着するやいなや、
あちこちに巣作りをはじめる私ですが
今回は面倒くさいので基本スーツケース内で収めてて

「散らからなくていいね!」

っとオミサンが喜んでいた

ホテルのエレベーターがかなり狭いので
スーツケース2個乗せると本体の私が乗れない…
上と下でオミとやり取りしながらやっとこすっとこロビーに荷物を運び出し送迎の車へ

一昨日と同じドライバーさん&2年ぶりにお世話になったパリ在住のetsukoさん(送迎などの事業をしている)と再開

オペラからベルサイユに向かう車中
パリっぽいものが一挙に見れます

コンコルド広場を通って、軍事博物館の前をとおり
etsukoさんからパリの墓地事情など
マニアックなお話を興味津々で聞きつつ
モンパルナスでFRANさんと合流

そこからさらにセーヌ川沿いに車は進み
エッフェル塔の横あたりを通って(エッフェル塔は外観だけこの車中でみて満足して観光したことない!そしてきっとすることもない。)例のダイアナ妃がなくなった事故現場のトンネルをくぐりベルサイユへ!

前回は行きが大渋滞で帰りはスムーズでしたが
今回は行きはスムーズ、帰りは渋滞

ベルサイユへは電車でも行けますが、
衣装などの荷物が膨大すぎて電車は不可のため送迎必須

電車の駅はホテルがあるエリアや宮殿から徒歩20分くらい離れてますんで要注意です。

しかも道もあまりきれいでなく石畳がボコボコ気味なので、スーツケース長時間転がすの割と厳しい。

そして、タクシーも混雑状況によっては20分から1時間半くらいかかる場合もあるので結構リスキーです。

今回ベルサイユでのホテルはアパルトマンタイプの宿泊施設を予約しました。
到着前に宿の管理人に英語かフランス語で電話をしなくてはいけないという難関…FRANさんいなかったら大変なことになった!
どうやら管理人さんは別場所にいて、事前に連絡しないと宿の入り口が空かない。。。

ぎゅうぎゅうの荷物と私たちを乗せて30分弱でベルサイユに到着
宿のマダムとも無事あえて、
私たちの大荷物にびっくり

「あなたたちの部屋、2階だけど大丈夫?」と…

そう。
もちろんエレベーターがない。
そして2階とは実質3階のこと(ヨーロッパでは階数を0から数える)



覚悟はしてました。。。

チェックインはまだ出来ないので、ひとまず荷物を納屋のようなところに預けさせていただき

いざ、ベルサイユ宮殿へ!!

何度もいいますが、
ベルサイユへは2年前も着ましたが
前回は混雑のため宮殿内の見学をしていませんでした
今回は特別入場チケットの購入も検討しましたが(値段が2倍以上するが優先入場)

朝早く着くから大丈夫だろう…

っとタカをくくって挑み

宮殿前まで来てみて愕然


長蛇の列

IMG_5637.jpg


ま、これでも前回の列よりは半分くらいだけど…
オープン時間ちょっと前についてこの行列…

恐るべし!ベルサイユ宮殿!!

仕方がないので列に並ぶ。
前に中国人の団体。
中国富裕層の方々って、フレンドリーでいい人が多いのね!
おじさんが話しかけて来たのでちょっとお話したりして楽しんだ。

門までの入場に並んでいる途中、FRANさんが気が付いた

「チケット買う場所別じゃない?」

FRANさんありがとう。
まさに別場所だった。。。
ここで、FRANさんはチケット購入のために別場所の列へ行って頂き
私たちは引き続き、炎天下でぴっかぴかの紫外線を浴びながら列に並ぶ。
今回は前回の教訓を踏まえてサングラス持参
サングラスないとガチで目がやられる…
ユニクロの1500円くらいのサングラス、なかなか使い勝手が良かった

ってか、

この長蛇の列の人たちは既にみんなチケットを持っていて
チケット購入にはさらに別の列って…

どんだけっ

ほんと、世界の観光地だわ。

私もオミもベルサイユ2回目にして初宮殿だったけど
FRANさんも毎年のようにフランスには毎年来ているのに初ベルサイユ。

3人そろって初ベルサイユ宮殿!

ざっくり炎天下に1時間くらい並びまして…

IMG_5640.jpg
やっとこの門のあたりまで到達

やっとこ入場でございます!!

割と最近できたっぽい入り口から入り

IMG_5646.jpg

金属探知機を通って宮殿敷地内へ

まず、最初に行くのは

トイレ!

宮殿内はほとんどトイレがないっぽい感じなので
最初に済ませておくことをおススメします。

無料で音声ガイドを借りられます。
これがボタンなどを押さなくても
その場所にくると自動音声でいきなりしゃべり出したりするのでちょっとビビる。
基本、初見はあんまりガイダンスとか聞きたくないので
あんまり熱心に利用はしませんでした。

IMG_5649.jpg

さて、いよいよ宮殿内部の見学へと参ります!


つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/25

A Motion2DAYS、まぁ様が、宙組がイケメンすぎてどうしよう。

大阪公演の映画館中継

は?

ヨシマサせんせー、

は?

って思いながら見てて
頭の中どっちかっていうと?でいっぱいでしたが

東京公演生で2days観劇して

こりゃ生で見て、感じるもんだ!

っと納得。

さいとーくんゴメン!
なんか謝りたくなった。ゴメン!!

2日間連続観劇で
胸いっぱいのまぁ様と宙組を摂取したことにより
汐音が完全復帰したことをとりあえずご報告申し上げます

やっぱり
私が立ち直るには

まぁ様っきゃない✨

映画館での「は?」感皆無
ただただただただ

楽しかったー

劇場内もすごい盛り上がりっぷりでした


〜〜ここからネタバレ含みます〜〜

昨日は客席に桜乃彩音嬢
今日は客席に真飛聖氏とまよ

今日はチームBのメドレーにエキサイターが入っているので

リアルエキサイター!!

っとトークコーナーでまぁ様が真飛さんをご紹介
照れてタオルで顔隠す姿が可愛かったです
ってか真飛さんとまよは肩から公演タオルかけて登場したww

ってか、リアルエキサイターって何???

まぁ、とにかく盛り上がって盛り上がって
あっという間に終わってしまうので

なんかもう

熱狂したことと
まぁ様が格好良すぎて泣いた事で胸いっぱい

愛ちゃん先頭にイケメン集団が後ろの階段からぞろぞろ降りてくるシーンが何度かあるんだけど、銀英伝以来の

ビジュアル的超絶集団の降臨

見た気がしてあの一瞬だけでも生きてて良かった感半端ない

1幕の2002年メドレー
正直Jポップに疎い私には曲名分からないものがほとんどですが
なんかもうそんな事どうでもいいくらい楽しくてしょうがない

タンゴのシーンが好きすぎる
もんちの歌声素晴らしすぎるし、イケメンすぎるし
やっぱりもんちは宙組の宝だ!って再度確認したし

リクのダンスが好き
あっきーのしゅっとしたスタイルが好き
そらちゃんの少年っぽさが好き
愛ちゃんの顔が好き

ってかみんな好き!!
娘役にもおいしい場面がてんこ盛りで
大好きな結乃 かなり嬢のいろんなダンスシーンをたっぷり見れて嬉しかった

かける兄のエネルギッシュさは
しっかりと宙組の基盤を支えてるなって力強さ感じたし
下級生ものびのびと、イキイキと歌って、踊ってて

これがまぁ様の宙組!

って思うと本当に胸がいっぱいです

1幕ラスト
まぁ様の飛び散る汗と
ステージからのパワーに圧倒されて
私の中に溜まりに溜まっていた疲れやもやもやが
パーンとどうでもよくなった

圧倒的な熱量で押し切られて
舞台からたくさんのエネルギーもらった

チームごとのメドレーはAとBしか聞けてないけど
当時花担だった私には懐かしい曲が続き
思わず一緒に口ずさみたくなる
あれも、これも、本当に懐かしいし
まぁ様ってすごくたくさん大介ショーに出てるんだね
相性がとてもいいんだと思う!

トークは昨日のソワレでまぁ様がもふもふ禁断症状がでてペットショップに行きたいのに、なかなかタイミングが合わなくて行けないって話をしていたのを、今日のチームBがそのまま引っ張りまして

みんなで猫のモノマネをして
一番よくできた人がまぁ様から

「僕の子猫ちゃん」

って言ってもらえる権利
という爆笑するしかない展開
みんなそれぞれ必死だったけど
中でも愛ちゃんの必死さは涙ぐましかった

娘役陣は普通にかわいい。
えびちゃんが猫じゃらしに戯れて遊んでもらうというずるい手(そんなのかわいいに決まってる)に打って出たりして、しかもえびちゃんはまぁ様に頭ポンポンしてもらってた。それ見たかける兄と愛ちゃんが焦る一幕も。
男役陣はそれぞれに個性を発揮。
リアルな猫再現でまぁ様のツボに入るもの、
ボス猫が威嚇している状態から甘えに入ってギャップ萌えを狙うもの、
でかい図体で赤毛の子猫を必死で演じるもの、様々。

優勝はかけるたんのボス猫の威嚇からの甘え。

ってかそれ

子猫じゃない!

っという愛ちゃんの必死の訴えはスルーされたww
かけるたんが優勝したものの秋奈 るい氏の年寄り猫の甘えがツボに入ったまぁ様からまさかのアンコールw

まぁ様すごい爆笑してた。

最後は客席みんなで猫の真似をして

まぁ様から

「僕の子猫ちゃん」

と言っていただくという
とても特殊な空気に劇場が包まれた
あの幸福度とトキメキはあの場にいたものしかわかるまい

ほんと、衣装とか構成とか
及川光博ワンマンショーを彷彿させられまくった
(ミッチーのライブには遠隔ハグというのがあるのだ)

ほんともう、あらためて文字に起こしたら

すごいくだらないわ

でも、劇場内の空気は爆笑しすぎて涙出た

そして

2幕のミュージカルナンバーメドレーがずるい
まぁ様のロミオ
まぁ様のビル
まぁ様のファントム
まぁ様のパーシー

この4曲は号泣
特にまぁ様のパーシーはとても見たかった
とてもとても見たかった
で、また衣装がかなめの衣装なのね
グスタフのポスターの衣装なのね
かなめの衣装着ているまぁ様ってだけで泣ける

あ、そうそう
忘れてはいけないせーこ率いる7福神
毎回爆笑させてくれてありがとーだよ!
エースをねらえ!のところは
おかひろみバージョンと、お蝶夫人バージョンがあるのね!
ってか、エースをねらえとか世代的に誰も知らないんじゃ…
ってか私もよくしらないんだが…
ちょくちょく「これは対象年齢どこなんだ?」みたいなのがあって
そこがヨシマサワールドだね。うん。

燕尾も素敵だった
Tシャツ姿でも素敵だった

ってか、やっぱりまぁ様が素敵すぎる
格好良すぎる!!

このライブが
まぁ様を手放しにキャーキャー言いながら楽しめるラスト
この後は、もう、さよならだから

さよならなんだね…

考えたくないけど
まぁ様がいない宝塚を
今と同じ熱量で愛せるか自信がなくなるほど
私にとってまぁ様は必要な存在です。

せーこの後ろに流れる過去の映像を眺めながら
1つ1つにキュンと寂しくなった
私が一番花組を見ていた時代から
少し間を空けて
私が一番熱く宙組を応援した期間
ずっとまぁ様が居たんだよね

このただ楽しいだけの空間を
涙で濁したくはないけれど
考えない様にしていても考えちゃって

号泣

あと、もう1回見れます
思い残すことがない様に思いっきり楽しむぞ!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/22

汐音のフランス旅2017~その6いわゆるステキなパリ満喫〜


コンシェルジュリのうすくらいところから
一気にまぶしい日の光

ピカーっと晴れて
気温は30度超

川沿いなので湿度も高め

暑っ

フランス革命の重苦しい空気も
この暑さと

おなかすいた!

で吹っ飛びまして
FRANさんがめぼしをつけておいてくれたレストランへ参ります

IMG_5615.jpg
ノートルダム寺院側面
この側面側に上に上がって展望スペースに行くための長蛇の列ができてました
高いところには興味ないんですが
もっと時間があれば、地下のローマの遺跡見たかった。

IMG_5602.jpg

ノートルダム寺院からちょっと脇に入ったところにあるかわいいレストラン

IMG_5601.jpg

Au Vieux Paris d'Arcole

入り口がすこぶるかわいらしいので
通りかかる人たちが思わず立ち止まって写真を撮ってしまうほど
中はかわいらしいちょっと田舎風っぽい家具や装飾で
細かく見ているだけで楽しいです

冷たい飲み物でカンパーイ

IMG_5595.jpg

FRANさんビール
オミさんオレンジジュース
汐音はパナシェというビールのレモネード割り

昼からビールを飲んでしまうとだるくなってしまうので
パナシェがさわやかでちょうどいい!
ビール苦手な方でも飲みやすいです

前菜は田舎風サラダをシェア
新鮮でおいしいお野菜や卵
フォアグラのパテが最高に旨い
パンも美味いからパン進む
1人だったらこのサラダだけでおなか一杯なボリューム

メインを1人1つずつ
FRANさんの鴨とオミさんのサーモンはすこぶるおいしかったですが、私の豚は微妙でした。おいしかったけど!
ワインも飲んじゃって(結局)ご機嫌

image1_201706222057129f3.jpg

お店の方も、お客さんもとってもフレンドリーなのでワイワイしてて楽しかったです

IMG_6925.jpg
3人の写真も残さなきゃ!と急に思い立っては自撮り

空調ないから暑かったけども…

後からきたファミリーのお客さんの息子(推定16歳くらい?)が、将来のために格好いいワインの注ぎ方練習しててかわいかった

IMG_5606.jpg
川を渡って反対側から見たノートルダム寺院
この辺りはものすっごい観光地感で京都の清水坂っぽいww

おなか一杯ランチしてモンパルナス方面に向けてお散歩

IMG_5613.jpg


途中、学生街みたいなところや観光客多目のレストラン街、道路沿いに出ている露天などを冷やかしつつ

あぁ、なんか
パリ散歩してる感満載

暑いけど!!

歩いているうちに、お洋服の路面店が多いエリアに突入
ここで、昔、日本でもちょっとはやったNAF NAF発見!
前回のパリで大変気に入りまして、
普段着よりちょいおしゃれでちょうどいい値段で
かわいいデザインでまあまあな縫製が魅力

入店するとお姉さんが

「今日はワンピース着ている人20%OFFだから!」と教えてくれた

私はスカートとトップスを
オミさんはスカート2枚とワンピースをそれぞれ手にとり
ああだ、こうだ、としていたらお姉さんが再びやってきて

「今から店にある服、試着室で着替えてそのまま外に出てくれたひと50%OFF!先着1名!!」

とはやし立てられ、焦るもフランス人女性の勢いに負けた…

FRANさんが真っ赤なレジャージャケット買うか悩んでる
確かにサイズぴったりだし、ステキだけど

暑いよ?
ってことで、断念。

私は白のスカートと小鳥柄のトップスを買うか悩んでたら
孫の試着に付き合って着たっぽいマダムにその組み合わせいい!って合図されて購入

ちょっと歩くと、日本のセレクトショップでもたびたび購入してて
前回のパリでもラファイエットで何着か購入したDerhyの路面店発見!
路面店初めて見たので品数の豊富さとフレンドリーな店員さんに感動

なんか3人で炸裂してガンガン買ってた
私もなんかすっごい浮かれたレモンイエローのワンピース購入

175センチモデル体系のFRANさんと
小柄なオミサンと
極太の汐音と

3人が同じブランドで服買うってスゴイ

日本で服買いに行っても
全然ほしい服ないけど
パリには色とりどりでデザインもステキなものがわんさかあって
サイズ展開も幅広く(ここ一番大事)

セールじゃないのにたくさん買っちまった…

いつも夏の時期に行って夏物しか買えないので
冬のセールにも行きたい!

ちなみにほとんどのお店やデパートでは一定の金額(170ユーロだったか?)以上買い物すると免税手続きを受けられます。
手続きにはパスポートが必須なので、買い物するかも…って思う日はパスポートの携帯が必要。
前回、ラファイエットでセール中でハイブランドのバッグも半額とかになっている中
最新シリーズのバッグを大人買いしたオミサンのために(これまた閉店15分前だった)
「もういいよ。免税とか面倒だから」とあきらめ気味のオミサンのために、

ウン万戻る!

っとパスポートを取りに全力疾走してホテルに戻った経験を持つ私は(ご褒美にエルメのチョコ買ってもらった)
今回パリでは常にパスポート携帯してました。

防犯上、パスポートずっと携帯するのもどうなんだろう…と微妙なところですが
ホテルにおいておくのもそんなに安心ではない!

で、

買い物欲が満たされ
公園を突っ切って、モンパルナス方面に向かいます

IMG_5618.jpg

IMG_5619.jpg

公園出たところで地図広げてたら
ご近所のマダム(お上品でステキ)が
「なにかわからないことがありますか?」と声をかけてくださり、道を教えてくださり、最後に

「パリに来てくれてありがとう!」

と言って去って行った。

なんてステキ。

泣きそう。

そして、やっぱりちょっとでもフランス語を話すFRANさんの力がでかいんだろうなぁと思う。

テクテク歩いてモンパルナス駅周辺に到着
はじめてきましたが、このあたりなんとなく

上野っぽい(笑)

きれいな公園が近くにあって
大きな墓地があって
なんとなく雑多でガヤガヤしてて
デパートあるけどなんとなく庶民的で

地元とおなじニオイを感じる

カフェでビタミンたっぷりのスムージーをゴクリ

IMG_5620.jpg
カップに入ったパイナップルとフレッシュミントをレジに持っていくと氷をいれてスムージーにしてくれる仕組み

ここでミュージカル観劇に向かうFRANさんと別れ
モンパルナスのラファイエットを冷やかし(なんとなく浅草の松屋と同じ雰囲気)、メトロでオペラに戻って再びオペラのラファイエットで買い物。
初日に目をつけていたFURLAのアフリカンアニマル柄の財布購入
手ごろな値段、使いやすさ、そしてデザイン
財布難民になっていたので、飛びついた
オミサンも柄違いを、後日、同じく財布難民だったFRANさんも購入

おそろいww

DBcjtzoUAAI_pP9.jpg
FRANさんがフラミンゴ、緒海が赤い鳥、汐音がシマウマ

FURLAっていわゆるOLさんブランドって感じで
もっぱら無地でシンプルなイメージだったけど

今年はアニマル(日本にもちょっとだけ入ってきてるみたいです)

ってか、ラファイエットが今年の夏は全面的にアフリカンな柄モノ押しで、これがスゴイかわいくていろいろそそられました
他の柄もたくさんあったけど、作っている量が少ないらしくほとんど売り切れだった。

IMG_6926.jpg
パリで買い物しまくりの図

明るいですが夜20:30

閉店ギリギリにラファイエットの食品館で
サダハルアオキのマカロン買いあさって

IMG_5632.jpg

オペラの近くのゴージャスな貴族の館風スタバで一服

IMG_5627.jpg
IMG_6928.jpg
前回もびっくりしたけど相変わらずゴージャス
そしてすごく落ち着く、スタバの我が家感

1日すごい歩き回った!

日本で服やらなんやらの買い物が
ほとんどネット通販に頼りっきりなので
こうしてお店をめぐって買い物するって

スゴイ楽しい!!

ちなみに、パリの街中での服装ですが
いわゆるカジュアルな日常着のみです

おしゃれとかしません。

全くしないわけではないけど、がんばりすぎると街に浮く。

靴はウォーキング用のスニーカータイプ
かばんは皮製で、肩にかけられて(斜めがけ苦手なので)、間口が狭くなってる、かなり使い込んだきったないヤツです。
メイクも最低限。ネイルもなし。
髪の毛なんてパリの水で荒れてパッサパさ

でも、

これでいいんです。

パリでおしゃれなんぞしたら

私はバカな日本人です
スリのみなさん!私が狙い目です!!

って言っているようなもんだ。
あまりにも、あんまりな格好だと
自分で自分にへこんでしまうので
適度なテンションを保ちつつがんばりすぎてないコーディネートで挑んでます

あと、生足
日本ではほとんどしませんが
生足

ワンピース一枚にボサボサの切りっぱなしボブ
生足、薄メイク
ラフな格好すぎてオミさんに心配されたww

1度目のパリで日本人女性ってスゴイがんばってきれいにしてんだなぁ~と思ったのですよ。
パリでも日本に居るとき同様にこぎれいに頭のてっぺんからつま先まで。

そんな日本人が街でとても浮いていました
パリジェンヌにこぎれいな人なんてほぼいない。
みんなよく言えばナチュラル?ってか日本人の視点から言うと小汚いくらいの人が多い。

日本人、パリに幻想抱きすぎ!

そもそも街がきったないので
そんなきれいな服着る必要ない。

さてさて、
この日1日をまとめますと
 
朝早くからノートルダム寺院→カフェで朝食→コンシェルジュリ→素敵レストランでランチ→お散歩→服買いまくり→お散歩→デパートで財布購入→スタバ

今日も12時間お外で歩いて見て、食べて、買いまくって、夜はどうしようかと思ったけど
お部屋でおとなしく持ってきたラーメンとインスタントの米食べて
デザートのマカロンにうはうはして寝落ち

明日はいよいよベルサイユ入りです!!

つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/21

ちょっと静養中。

御察しの通り

疲れが取れなっくて

御察しの通り

回復力が年齢のせいか遅くて

ブログも休み休みです。

神戸のパレード出たのがちょうど1ヶ月前
フランスから帰ってから3週間
もうそろそろ回復してくれよ…頼むよ…

って感じなんですが、

気力と体力を非常に消耗したらしく
日々の仕事をこなすだけで精一杯です。
あと、すごい日焼けしてる。多分神戸のパレードで丸焦げになったと思われる。
ってか、帰ってから「フランスが終わってから!」っていう約束と仕事がパンパンなのだ。

毎日書きたいブログですが
仕事と仕事の掛け持ちとかだと
書くことも特にない。

あ、あなそれを見ましたよ。
会社の同僚が絶対見て!というので、ダイジェストと最終回だけみました。
ミュージカルの舞台以外での育三郎氏をあまり見たことがなかったので

おおっ
うおうぅ

ってなって、
ラストは東出くん演じる涼太くんとどうやらラブラブに幸せな日々を送っているっていう公式展開に

ええええええっ

そんなに望み通りに与えられても…萌える!
とか言ってるうちに感想を求められ
腐女子を理解しない人に、腐を説明する難しさと戦っています。

あと、フランスで大量購入してきたバターがうまいです
今日もパスタにしました。
フランスの発酵バター最高です

大好きなみはしのあんみつに舌鼓を打って
ちょっと疲れたら夜は銭湯に行って
下町での日常の幸せをかみしめつつ
次のヨーロッパ渡航の作戦を練ってます

コピーロボット5人くれ!

時間は人に平等に流れるけども
私には時間を使いたいことがたくさんありすぎて
どれも我慢できなくて、たまにパンクします

いま、まさに一回パンクした状態

パンクした脳から、文字を紡がないと頭がぐるぐるするので
この中身のない書きなぐりのブログを書いているわけですが
まだちょっと、完全に通常営業には戻ってないので
もう少し頭を整理する必要がありそうです

学生時代になんでお勉強しなくてはいけないのかがどうしてもわからなくて、
お勉強全然しない子でしたが
自分の脳を整理整頓する術を身に付けるために
お勉強って必要だったんだなっと最近とても思います。

特にブログにするようなネタもないから
書かなくてもいいかぁ〜っと思って書かないこともシバシバですが
よくよく考えたら、これは私の記録用のブログなので
こんな風に不調でぐるぐるして疲れが取れないっていう
とりとめないことも書いておいた方がいいでしょう。
書き始めたら本当にまとまりないけど!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/20

イノサンが面白い。



ブログを書く時間がない!

猛烈に本を読んでおります。

フランスから帰ってから、西洋美術やブルボン王朝、フランス革命に関する本や、ベルサイユで購入した服飾史の本、読み漁り一杯一杯。
読書の時間がなかなか取れないので、昼休み、仕事の合間、寝る前の時間のみが読書タイムにあてられるためネットにつながる時間が極端に減っております。


何そんな急に勉強始めたよ!!


って感じですが、私の中で


知りたい欲


が何よりも強いので、こればっかはしょうがない。

で、活字を読みすぎると頭の中に字があふれるのでブログ書いたり、ブツブツつぶやいたりしないと、これまた頭が混乱しちゃうのでたまに吐き出さないとだめなのね。

さて、

フランス渡航前から各方面に進められていた「イノサン」
渡航前に読みたかったけど
渡航前は全然そんな時間がなかったので
渡航後に妹のだんなさんに一式借りて一気読み

ストーリーとしては
フランスで代々処刑人としての役目を担う一族の苦悩や葛藤を描く事を軸に、ベルサイユでの華やかな宮廷と貧しい庶民の生活のコントラストを鮮やかに描ききっていて

私の中で、

これこれ、こういうのが読みたかった!

にビシッとはまった感じ。

処刑シーンや人体の解剖シーン、残忍な出来事や、飲み込みきれない様々な理不尽、そして生々しいエロスが詰め込まれているため、受け入れられない人には厳しいかもしれない。

ただ、

私は1回目のフランス渡航以来、ベルサイユのばらをどうしても受け付けなくなってしまいまして。。。
今、ベルばら拒否反応がひどい状態なの。
なんというか、あれで知ってあれが全てだと思っていたフランス宮廷も、フランス革命も、
余りにも何もかもが違って脳が「あれはファンタジーだ」で割り切れなくなっちゃった感じ。

イノサンも、もちろんかなりの部分がファンタジーだけども、史実や時代考証をかなりしっかりしていて、そのバランスが絶妙。
ベルばらを思わせる演出も組み込まれ(意図的に同じせりふを言わせたりしている)
そのひねり方が素敵。

キャラクターの設定はベルばら以上にファンタジーだけども、それが生々しい世界観と調和することでリアリティを感じるし
今まで日本で一般的に持たれているイメージとは全然違うんだけど、
どの登場人物もよく調べてあるな…あながち全部がファンタジーじゃないなって感じる。
特にルイ16世は、私たちが思っているほど無能ではなかったかもしれないし、
アントワネットは私たちには想像すらできないような超絶貴族感覚の持ち主で、一概に悲劇のヒロインではない。

調べれば調べるほど
持ってたイメージと違う人たちに感じるギャップを
イノサンはちょっと埋めてくれた



グロさとエロさと血なまぐささは
18世紀フランスと切っても切り離せないもの。
ベルサイユのばらに慣れ親しみ
それが全てと思う人には衝撃的で拒否反応が起こるかもしれない

だけど、今まで触れられなかった
っというか、日本人的に都合よくベールに隠れていた部分を
さらけ出して見せてくれた

グロさも、エロスも、
作画の美しさと演出力で
後にひかない。そこだけが突出していない。
純粋に作品として楽しめる1部に溶け込んでる

まさに
漫画の真骨頂のような作品だと思う

連載はまだ外伝が続いていて
後半以降はファンタジー色がどんどん暴走気味だけど
ベルばらが全て!と思っている人にこそ
読んで知ってほしいと思う作品です。

うん。
すごい。
漫画ってすごい文化だと思った。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/18

雪組公演、東京1回目。

雪組さん東京にいらっしゃい!

金曜日、仕事の後にキャトルに行ったら

雪組仕様…っというより

ちぎとゆうみちゃんのさよなら仕様…

私がフランスに行っている間に時は流れて大劇場の千秋楽が終わり、映像もなにも見ていないので実感0で東京公演突入したわけですが、キャトルがこうもサヨナラ仕様で迫ってくると

ズーン

いきなり泣きそうになった。

いまだちぎとゆうみちゃんの退団受け止めきれず

そして観劇

大劇場ではお芝居がチンプンカンプンで

どうしよう…

って硬直しましたが
2回目みたらすんなり面白くて
ちぎがイキイキとしているの見れるだけで楽しいし
雪組のみんなの小芝居かわいいし
いろいろ思うところがないわけではないけれど
湿った感じにならなくて、サヨナラ公演だけどこんなのもアリだな!って楽しめた。

如何にもこうにもりーしゃが好きで、今回のちょい老け役な番頭さんりーしゃと愉快なおーじくんと、まちの3人でのお芝居が楽しすぎて目が離せなかった。見たいひとがあちこち散ってて、下級生にもたくさん見せ場があって、楽しい。そして忙しい!!ルパンの時思い出す。同じ小柳先生だねぇ。

横にいた妹はこれが初見だったので
大劇場で初見した友人や私と同じような状況に陥って目を白黒させていたけれども…あれは2回目以降から楽しめるやつなのよ!

ショーは号泣の嵐です
別に泣かせるようにしているわけじゃないんだけども
号泣の嵐ですよ

なんかね
やっぱりね

なによりも、だれよりも、
がおりの退団が私の中で堪えてね…
だいもんとがおりの並びが非常に好きで
がっつり組んだお芝居をもう1度みたかったけど…もう永遠に叶わずで…
ショーで一瞬2人が絡むだけで

号泣

退団者1人1人が私にとって大事すぎて
非常にツライです。
こんなにいっぺんにいなくなってしま雨なんて
本当に本当にツライです。

あと2回会えるけど
次の公演にはもういない…
次の公演でも、きっと当たり前のように探しちゃうだろうから…本当にツライ。

久々に大好きなトップコンビと大好きなジェンヌが複数同時退団で、心がバッキバキ。

そんなさなか

ひとこのビジュアルが
私的に100万点で!

グッと男役度が増して
舞台人としての厚みと度胸がましたひとこが
なんだか色気と余裕をかましながら微笑む顔が美しすぎて
私のツライ心はひとこに対するときめきで支えられてます。

ショーは本当にあっという間だ。
ラスト15分くらいはほぼ号泣で終わる。

お芝居もショーも
私たち的にドストライクに楽しい!とか、最高!!とかじゃなくて、ほどほどの作品なので

サヨナラに集中できるよね

っていうのが、友人、妹、私の総意。
これ、以外と大事じゃない?
作品自体に萌えすぎたり、入り込みすぎると、
サヨナラモードとの両立が難しいじゃないか!

そんなホドホドな感じのサヨナラ公演
あと2回はもっと泣くだろうな…


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/17

総選挙。

毎年、なんだかんだ見てしまう。
特別何か応援しているわけでも
誰かをグングン押しているわけでもないけれど

見てしまう

いろんなことを言われて
いろんなことにさらされるアイドルという職業を一生懸命こなす彼女たち。

私も年をとったもんで…若い子が頑張っている姿に涙が止まらない。
今までのように安泰ではなく、危機感漂うAKBグループで
いろいろな子がいろいろな感情をぶつけてくる。

アイドルに結婚するなとは決して言わないけれど
あれはない。ほんとない。あんなことを許すってない。
あの子の発表の時、顔を歪めたまゆゆ
歪んだ顔ですら美しいと思った
本当にアイドルに青春と人生をぶつけてきたまゆゆだからこそ
あの顔だよね。

卒業すると思ってたけど
やっぱり卒業です

まゆゆはアイドルだよ。
本当に本当にアイドルだよ。
ほんとすごいアイドルだよ。

好きだよ。芯が通ってて。ほんと。

今年も総選挙見ながら号泣してた。
若い子が何かに向かって、頑張る姿はそれだけで泣ける。
そして今、危機感を抱えて立ち向かう姿に胸が熱くなる。

さほど興味がなくても、
本当の感情はテレビ越しでも伝わってくる。
それすらも感じ取れずに只々ヤジを飛ばすだけの人に負けるな!

女性アイドルも、男性アイドルも、
アイドルって職業は本当に本当に大変だなぁと思う。
だからこそ、美しい何かが見える時がある。

その美しい一瞬が好きなんだ
全てに何かを求めないけど
一瞬の本当に美しいが好き

それが私のアイドル像

来年総選挙があるかどうかはわからないけど
彼女たちの頑張りを、
せめて守る側の大人が踏みにじらないように!と祈ります

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/15

Dハロのスケジュールとか、来年のスケジュールとか。

5月後半からのスーパーハードで濃厚な日々が
先日の東京ドームのNEWSこんで終了し

燃え尽きた

そんな感じです。
いろんなことが頭で空回りして
大事な連絡忘れたりとか、靴を左右履き間違えたりとか
なんかボヘーとしております。

まぁ、今はとにかく黙々とこなさなければいけない仕事をこなして遊ぶ金を稼がなければなりません!

が、

ほんと、ミスと物忘れが激しくて自分が心配。

そんな日々の中、昨日ディズニーハロウィーンの仮装日の日程が発表され
ここのところ最初と最後の1週間だけだった仮装日がほぼ2ヶ月…Halloween期間中はずっとOKになって心がザワッとしております。

去年、前半も後半もディズニーランドホテルやミラコスタのお部屋を確保して2日間仮装するぞ!と意気込んだのに、結局1日ずつで気が済んでしまい、いよいよ私の中でDハロはやりきって燃え尽きたジャンルなのか…と思っていたのですが、日数が増えると、気軽にフラッと行ってライトな仮装を楽しめるな…とか、いままで日数が足りなくてできなかったキャラクターや、ちょっと冒険!みたいなキャラクターもできる…
プリンセスジャンルはもうやりきった感満載で、いまあるドレス着るだけでも10日間はかかるから、もう新作とかいらないんだけれども、例えばファインティング・ドリーとか、フェアリーズ関係とか、いままでやりたくてもできなかったものができるかもしれない…っとちょっとしたワクワクが発動しました



年間パスポートがないので
参加したとしてもせいぜい1〜2日でしょうが
年パが切れて1年半

もう、
ぶっちゃけ

ディズニーランドやディズニーシーが恋しすぎて
ちょっと泣きそうです。

この前舞浜行ったから余計なのかもしれないが

ま、勢いで年パ買ったら、買ったで、
週4仮装日みたいになって
きっと大変なことになるでしょうがww

いやぁ
過酷なスケジュールを数々こなして
この5月末も正直限界に近い体力状況でしたが

Dハロ9連勤した時に比べればまだマシ

なによりも体力勝負
それがDハロ

今年はどうなりますか…自分でもわかりません!


話変わりまして昨日、
パリの空港でバイバイして以来、FRANさんと定例会してきました。
初ベルサイユの反省会も兼ねて。
やっぱり初参加のイベントはいろいろ勝手がわからなくって
ああすればよかった。こうすればよかった。
の連続ですが、来年以降も参加するならどうするか!っていう

美味しい下町中華を楽しみながら
フランスの思い出と反省を語り合って酔っ払ってきました。
フリーランスで仕事をしている知り合いがいないので
仕事の内容やレベルは全然違うけど
FRANさんとは物の考え方や価値観が近いのです
お互いにすごく刺激しあえる

ま、外野から見れば2人で突っ走りまくるので
見ていて心配らしいですが
手綱をゆるく締めてくれる友人たちに見守られ
またヨーロッパで遊びたい!っていう欲に向けて
たくさん働こう!ってことで話がまとまりました。

目標は半年に1度のヨーロッパ。

まぁ様の退団が終わったら…どこかにまた飛びたい…
たまには衣装の付きまとわない旅行をしたい…っと思いつつ

ディズニーの年間パスポートか
ヨーロッパへのエアチケットか

悩ましいところ

時間もお金も制限があって
なかなか思い通りに全部こなすのは難しいです

もう1ヶ月先の自分すら想像できない!
どうなりますかね。秋冬の自分。
ワクワクする様な、怖いような…

ここから1年で最も忙しい期間に突入です。。。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/14

汐音のフランス旅2017~その5そこは監獄だった…コンシェルジュリー~

コンシュエルジュリー
パリの一番古いエリアにあり、
青いとんがり屋根なんかあったりしてパッと見はいかにもヨーロッパのお城。

IMG_5512.jpg

もともとはブルボン王朝より前の王朝、カペー朝の王の宮殿でした。

で、

フランス革命以前から牢獄、裁判所として使われてました。
フランス革命時はここに収容され、断頭台へと臆された貴族や革命家、文学者は2600人くらい。その中にはマリー・アントワネットやロベス・ピエール、デュバリー夫人等々名の知れた人たちも含まれます。

フランス革命って、ベルばらのイメージで行くとバスティーユの襲撃に市民が成功してクライマックス!
みたいに見えますが、あそこは序の口で、そこから、ロベスピエールによる恐怖政治(自分に逆らったやつはみんな投獄したり、殺戮したり、とにかく民衆を暴力的な恐怖によって統制しようとした)が何年か続くわけで…

スカピンはバスティーユ襲撃から約5年後のお話です。

アントワネットは1789年の革命勃発の際にベルサイユ宮殿からパリのテュイルリー宮殿に身柄を移され、(この時点では捕らえられたというより、ベルサイユからパリへ居住まいを移した)
そこでは割と貴族的な生活を送れていたようです。そこから1年後

フェルゼン伯による国外逃亡に失敗

パリに連れ戻されてからタンプル塔に一家幽閉。

ただ、タンプル塔ではまだ使用人やらお針子やら雇っていたらしいので、待遇は良かった模様。
先日の六本木で開催されたアントワネット展でもタンプル塔でアントワネットとエリザベトが手がけた絨毯が展示してありました。
その絨毯が大きくてびっくりしたけれども、おそらく雇ったお針子の手もだいぶ入っているかと思われます。

そして、ルイ16世の処刑後半年くらいたってからアントワネットはこのコンシェルジュリーに移されました。
移されてから2ヶ月ちょっと、ここで過ごしました。

その後、革命裁判にかけられ
あることないこと罪をかぶせられ、
アントワネットはそれに毅然と立ち向かいながらも死刑判決

翌日には即ギロチンです

革命裁判はどんどん時短が進められ、裁判の後は直ぐに処刑。
このシステムを考え出したロベスピエール自身にも適用されて
まさしく自分で彫った墓穴に入った人だなぁっと思ってみたり。

前置きが長くなりましたが

コンシェルジュリー内部の展示を見て行きます。
まず、入り口がわからなくてグルッと一周してしまいましたが、
半地下のような狭い入り口を降りて内部へ。
厳重なセキュリティチェックがありました。金属探知機通った。

チケットは9ユーロ(ミュージアムパス適用可)
 
興味のない人にとっては展示の地味さから高いかもしれませんが、フランス革命に興味があって、ある程度英語がわかる人には非常に価値ある9ユーロかと。
説明文がフランス語と英語、タブレットによる解説もあるんですが日本語非対応です…

今回、私たちにはFRANさんがいた!

英語の解説をそのまま理解できるFRANさんに
それをわざわざ日本語に訳していただくのは非常に申し訳なかったのですが
本当に、本当に感謝です。

入ってすぐのチケット販売所もあるこのエリア
高い天井でただっぴろい憲兵の間

IMG_5587.jpg

14世紀初に建設された広間で天井約8.5mほどあるらしい。
ここはその昔兵士たちの食堂だったそうです

外はすごい暑いのに、中は涼しい
混雑もさほどありません

順路が良くわからなくて
いきなりお土産売り場に行ってしまい
そこにおいてあった本が何冊か気になりつつも
ベルサイユ宮殿が出版してる本だから、
宮殿の本屋で買えるから今はいいやと思ったら…

案の定宮殿にはなかったよ…

海外旅行の定説

ほしいと思ったものは後ではなく今!

わかってたのに…
書籍が割りと充実してました
次ぎ行ったら買う!

展示はフランス革命に関して、わかりやすく(英語がわかれば)目でも楽しめるように映像を使って展示が工夫されていました。
フランスのテレビ局からマリー・アントワネットの取材を受けたときに初めて知ったんだけど、フランス人って日本人ほどマリー・アントワネットに興味ないのね。

日本人の持つアントワネット像って
ほとんどがベルばらが作った、偶像

フランス人にとってのアントワネットは「日本人が徳川のお姫様に抱く感情と同じで古臭いものの1つ」とからしい。

でも、まぁ、そうだよな。

私たちはイケダリヨコ女史の漫画で全てを知った気になっているけれど、それはあくまでフィクション。

展示を見る人たちは欧州の方々がほとんどだったけど(連休中だったらしい)、私たちのほかに居る日本人だけが熱心にアントワネット関連に見入っていた印象でした。

入って直ぐにフランス革命の年表に沿った映像が見れます
それに沿って、当時の拷問器具とか、残っている書類みたいなものと文章の説明
それがかなり内容的に濃い目で(ただ英語がわからないとほとんど意味がわからないかも)
興味深いものがたくさんありました。
途中、革命裁判に登場するアントワネットの映画か何かの映像が流れていて
よりリアルに感じた。

ロベスピエールの胸像がありました

IMG_5564.jpg
だいもん!って思ったw


牢獄は囚人たちの持参金に応じて部屋が決まったらしく、藁の上で寝る部屋、ベッドがある雑居房、家具入りの部屋などがあり、以前は囚人姿の蝋人形があったらしいんですが、私が行ったときにはありませんでした。
フランス版「1789」のプロモーションビデオで、藁の部屋で踊るシーンがあって

「ここかぁ」っと。

外は30度以上あるのに薄ら寒くて、光もなくて、窓もなくて、なんとなく湿った空気が流れてて、きっと当時は臭いもきついだろうな…っと想像しつつ、実際問題、不衛生で病気で亡くなる方も多かったとか…

コンシェルジュリーに収容された人たちの名前が刻まれた部屋もありました。
多くの人がこの場所で絶望的な日々を経て、形ばかりの裁判をし、
コンコルド広場で処刑された…

この場所にくると、それが事実だったって嫌ってほど感じます。

長引く恐怖政治
流されたたくさんの血

結局何も変わらない貧しさ

IMG_5565.jpg
恐怖政治うんざりな人の図

ここ1年、フランス革命について色々調べましたが
調べれば調べるほど血なまぐさすぎて
知れば知るほどうんざりします。正直。
そして、ここでそれをさらに突きつけられます。

IMG_5568.jpg
ギロチンの怖い絵

この場所に来て、もっと重い空気を感じるかな?とか
場合によってはメンタルに何かを食らうかな…とか心配したんですが
この場所にはなんかの強い念とか恨みとか憎しみとか全くなかった。
なんか、これはたぶんフランス人の気質によるのかな…そんな気がした

日本人みたいにジメジメしないんだよね。フランス人。
今も、昔も。

だから幽霊の話とかフランスにはあんまりないみたいです。
パリ市内なんてあっちこっちで大虐殺起きまくってて
出るんだったら幽霊だらけになっちゃうけどww

ギロチンに送られる貴族たちは
みんな毅然としてその場に立ち向かったといいます。(デュバリー夫人を除く)
その状況を受け止めて、最後まで貴族としての誇りを持って毅然と…
そしてそれが逆に恐怖政治を長引かせる結果を招いたのでは…っと死刑執行人の日記に残ってます。
もっとギロチンかけれられる前にみんなが泣き叫んで命乞い死まくれば、民衆の目ももっと早くさめただろうって。

コンシェルジュリーのメイン展示だと思っていたアントワネットの独房の再現は、この日公開されていませんでした。
他の蝋人形も撤去されていたので、展示自体やめたのかな?

元々アントワネットの独房があった場所にはルイ18世(16世の弟)の命で作られた贖罪礼拝堂があります

IMG_5575.jpg
贖罪礼拝堂

IMG_5574.jpg
この場所にアントワネットの独房があったらしい
ここには、牢獄で過ごしたアントワネットの絵が何枚かあります

IMG_5573.jpg

これもルイ18世と娘のテレーズが王政復古で戻ってきた際に描かせたらしいです


なんだろう
なんかこう

スーン

とした空気が流れてました
重くもなく、暗くもなく、ちょっと冷たい

スーン

とした空気。

DCNjCTXUIAAiRma.jpg

アントワネットの処刑後に、同じようにギロチンにかけられたエリザベト(ルイ16世の妹)も

DCNjGgjVwAAA1SQ.jpg

この建物内でここだけはなんだか空気が違って

スーン

擬音でした表現できないけど

スーン

この感じ、どこかに似ている!っと思ったらハプスブルク家の霊廟のシシィが眠っていた場所もこんなスーンとした空気だったなぁと思います。



なんだよね。
結局死後は無。

贖罪礼拝堂と同じ部屋?っというか空間の反対側にアントワネットの遺品がいくつか展示してあります。

この場所の空気は激重です

スーン



ズズズーン

になった感じ。


IMG_5576.jpg
処刑の日のアントワネット

IMG_5579.jpg
遺髪

IMG_5580.jpg
下着

のめりこみそうなほど重いです
そして、マリー・アントワネットという人の存在をどこよりも感じる場所です。

私は彼女を悲劇の王妃だとは思いません
ベルばらの中のような悲劇のヒロインではないと
彼女のことを知れば知るほど、
彼女が残したものを見れば見るほど思います。

漫画や舞台でたくさんのアントワネットを見てきて
彼女のこと何でも知った気になっていたけれど

多くの日本人はフィクションの中の彼女しかしらない

マリー・アントワネットは
最後の最後まで、その血の1滴まで、
貴族の中の貴族

そう、私のような庶民には到底考えが及ばないほど骨の髄まで貴族的

現代の日本で生きる私に
彼女の気持ちを理解するなんて
彼女が何を考えていたかを理解するなんて
できないことなんだなって思った

ただ、彼女を感じるこの場所に来ることで出来て
彼女が物語の中の悲劇のお姫様ではなく
生身の人間として生きた足跡をたどり
知れば知るほど、私はなぜか彼女に興味が沸いた

ベルばらの中の悲劇のヒロイン像が正直好きではなかったので…
お姫様像から離れて生身の彼女を知るほどに興味が沸く

その場所の展示の最後に

『彼女のコンシェルジュリーでの生活は
 色々な噂や伝説が入り乱れて
 本当のことは誰にもわからない』

と書かれていました。

その通りだと思う。


ただ、この場所に居た事実を感じる



アントワネットのことだけでなく
この場所で学んだフランス革命の様々なことが
今回のフランス渡航でもかなり印象に強く残った場所です

行けてよかった

コンシェルジュリーから、ギロチンがあるコンコルド広場まで歩いても20分かからない距離かな。
この場所を出る際にこの部屋で所持品の引き渡し、剃髪し、シャツの襟を裂く(ギロチンの歯が引っかからないようにするため)といった死刑執行のための準備が行われたそうです

IMG_5584.jpg

多くの人が、ここから出るときに死を覚悟してた

きっと…

そんなことを思いながら

IMG_5588.jpg

明るい世界へ戻る!

つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/13

東京の夜を満喫days。

フランス渡航が終わってから!っとしていたあらゆることが一杯一杯中。

昨日は仕事の後、すっごい久々に舞浜に行った
パークに行くわけではなく、
ただの打ち合わせなんだけれども
久々にランドホテルのドリーマーズラウンジでケーキ食べた

DCIAbExUAAEZNoC.jpg

ランホのケーキ好き!
そして、打ち合わせもそこそこに
じゃにーずと舞浜の話を大いに盛り上がりながら3時間近くして解散

今日は仕事のあとに、大エルミタージュ展行ってきた。

DCMn37sVoAArF1k.jpg

前回は仮装ナイトだったので

DCMoaqdV0AEoGqY.jpg

ドレスで謁見したエカ様
今回は会社帰りの萎びたOLスタイルで謁見

DCMoarLVoAAPeLY.jpg

ところで、どうでもいいけど相変わらず自撮りが下手なのと、みんな大好きびゅーてぃーぷらす(アプリ)に離れ目を寄せる機能入れてくれ!ってほど離れ目だ。



初見はそのままの感動を受け取って、
2回目はガイドを聞きながら見て、
ガイドを返してからまた入り口の方まで戻って、もう1度。
今夜は特別に20時までだったけど
1時間半じゃちょっと慌ただしかった
でも、ほんと、2回目行ってよかった!

本物ってすごい。
日本で見れるってすごい。

改めて感動ですよ。
絵画なんてからっきし興味なかったのに
興味を持つようになったら西洋絵画実に面白くって
この歳になって、1からいろいろなこと知れる学べるって実に素晴らしいことだなって思った。

次はロシアで建物ごと堪能したい

が、

ルーブルの広さと品数にも酔って具合悪くなるけど
エルミタージュもきっと…やばいだろうね

そういう意味でも、
日本でピックアップした展示をしてくれるのは嬉しいです。
次は上野で怖い絵展が楽しみ。

NINA'SのエカテリーナII世ブレンドと
なりきりチェブラーシュカのクリアファイルを記念に買ったよ!
エカ様ブレンドはひまわり🌻が入ってるんだねぇ

DCM1HnCUQAAXH9H.jpg


平日の仕事帰り、舞浜のホテルでお茶したり
フラッと一人美術館に行ったり
東京便利で飽きないなぁっと満喫
明日は定例会と次回の渡航の打ち合わせだ。

毎日が忙しい
あまぞんさんで買ったNEWSのBlu-rayがいつまでたっても受け取れない
宝塚ニュースの録画も見れない

1日あと5時間…いや、8時間ほしい!!

あと、体力。体力が欲しいよ。
時差ぼけ、だいぶ改善されましたが
まだまだ引きずってる気がする

ヅカ関連のいろいろも動かなきゃいけないんだけど
どうも頭をヅカに回す余裕を失ってて!

ベルサイユでお知り合いになった海外の方々とのFBでのやり取りにすごい神経持って行かれて(なんせ言葉が…)でもいっぱいお友達できるのが嬉しくてついつい夜中までやり取りしちゃったりとかして…あ、それで時差ぼけひきずってんのかな?なんかもう、わからん!

とりあえず、今日は名画を見すぎて興奮しつつも疲れ切ったので風呂入って寝る!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/12

汐音のフランス旅2017~その4・ノートルダム寺院とカフェ朝食~


長時間フライトでパリに到着後、素敵なディナーして
深夜までほっつき歩いて
疲れきって風呂にも入れずに就寝してしまったため
朝シャワーを浴びる

お湯っと思ったら水!みたいな。
まだらな湯加減のシャワーで逆に目が覚める。

パリのホテルで完璧求めると1泊4万以上じゃないと無理だね。
今回の旅ではいろんなサイトを駆使して
パリでは☆3つ以上の中堅ホテル(1人1万円予算で2~3人利用)利用しました。
日本のビジネスホテルの感覚からするとパリのホテル高いです。
ほんと、高いです。

王妃の館とか泊まってやろうとかと思ったけど
遠い上に、利便性イマイチな上に、値段の割りに部屋が普通だったのでやめました。
高級ホテルもあこがれるけど…

ほぼ寝るだけだから無駄なのだ

高級ホテルは楽しめる年齢になったときに楽しもう。

さて、何も食べないと全く動けない汐音
とりあえず味噌汁とおかきを食べて
本日1番目の目的地であるシテ島方面へ向かいます。

シテ島はパリ発祥の地とも言われるもっとも古い建造物があるエリア
島といっても橋渡ればすぐです

オペラ地区からはがんばると徒歩40分くらい
私たちはメトロでお出かけしました
10回券が便利って言われて炊けど
買い方わからず1回券購入
前回はスリと思しき人がウヨウヨ居て超おびえたオペラの地下ですが
朝早すぎて誰も居ないよ!(朝8時半過ぎ)

IMG_5509.jpg

グーグルマップさんによると、シテ島にあるノートルダム寺院近くの駅に行くよりChâtelet駅から歩け!ってことなので乗り継ぎしてChâteletへ。

パリの地下鉄は東京の地下鉄よりはわかりやすいかな?
東京の地下鉄って、東京メトロのほかに都営地下鉄とかいろんな電車が乗り入れしてたりしてすっごく難しいもんな。

乗り換えの順序も、目的地に向かう出口もグーグルマップさんが教えてくれるのでスムーズでした

地下からでるとすぐに橋

IMG_5511.jpg

セーヌ川を渡ってすぐにパリ歴史地区となります

目の前に見えるゴシック建築のいかにもお城っぽい屋根の付いた建物がコンシェルジュリーです。(こちらの詳細は後ほど)

IMG_5512.jpg

橋を渡って5分ほど歩くと
ノートルダム大聖堂がお目見え

IMG_5515.jpg

この広場でFRANさんと待ち合わせです

先日、テロ未遂事件が起きたこの広場
たくさんの警官や兵士の方々が銃を持って警備している中
朝早くからたくさんの観光客が詰め掛けてました
印象としては中国人が多い印象

ちょっと並んで中に入ります

中はどっしりとして
教会の重厚さというよりは、観光地っぽさが強いかな?



そんな感じでしたiPhoneではステンドグラスが上手に撮影できなくて残念!!

IMG_5522.jpg

すごーい!
と上を見上げすぎて首が痛い!!

朝食をとるために3人でカフェを探す

ノートルダム側はザッツ観光地のカフェがずらーっとしてて
どれもイマイチっぽかったので
ちょっと戻ってコンシェルジュリー側のちょっと落ち着いた素敵なカフェでクロワッサンとカフェオレ

IMG_5556.jpg

おっしゃれーな、パリ感満載

IMG_5543.jpg

IMG_5553.jpg

汐音、クロワッサンおいしかったので2個目

IMG_5557.jpgクロワッサン食らう

サクサクしてて、バターの味がどっしりで

うまぁー!!

夢見たとおりのパリの朝食堪能して
続いてはこの日のメインであるコンシェルジュリーに向かいます!

つづく
ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/12

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLANDオーラス見てきました。

先週の広島に引き続き、東京ドームのオーラス見てきました。

image1_201706120016213b9.jpg

ライブの内容はアリーナツアーラストの広島とさほど変わりませんが
追加曲が好きな曲だったので嬉しかった!
特に♪渚のお姉サマーは大好きなのですっごくすっごく嬉しかった!!

MCは、いいのか?ってくらいシゲちゃんのソロ曲イジリで
まさかのセットまで出動し、
ってか、3人ともシゲのソロ曲完璧に覚えてんのね。すごいねww
とっても面白かったけど、私の文章力では伝わらないので
詳細はそのうち発売されるDVDでご確認を

それにしても、
この回がDVDに残るって胸熱です

ここ最近、手越に関する様々な報道があり
さすがの手越も元気をなくしてました
広島でも今にも泣きそうで本当に心配だったし
いつもポジティブな手越が
実はとってもナイーブだって大方のファンは知っているので
どこの会場行ってもみんな手越の心配してた

アイドルがなんらかのスキャンダルなりなんなりに巻き込まれると、ジャニオタはいちいち意見を求められます。

私としては犯罪になるようなことしてなければどうでもいいです
彼らの仕事としての部分を愛でて楽しんでいるので
それ以外のことはどうでもいいんです

ああだ。こうだ。という言葉の暴力に
人は流されやすくて

アイドルっていう職業がとてつもなく大変だなぁ

と思う今日この頃

私の自担の小山くんもいろいろありました。うん。

とにかく、順風満帆に落ち着いてきたと思っていたかと思えば
ひっくり返そうと躍起になる人たちに狙われて
ファンはそんなことにびくともしないんだけど
やっぱり色々なことをいう人がいるわけで

私にとっては彼らのパフォーマンスこそが全て
そこからたくさんの元気や萌えをもらってるから

今回のツアーアンコールではUR not aloneとう曲を客席が一緒に歌う演出があるんだけど

目一杯
声の限り歌いました

繰り返し繰り返し

歌いました

平らな道じゃない
いつもいつも波乱に満ちて
いつもいつも手に汗握って応援してきた
そんな道のりをこれからも歩めるように

一生懸命歌いました

GReeeeNさんが作ってくれたこの曲の歌詞を
今のNEWSと私たちに重ねて
何度も何度も同じフレーズを歌いました

それを聞いて、手越号泣

歌ってすごいなって思った。
この歌の持つ力すごいなって思った。

アンコールがその曲で終わって
退場の挨拶が流れても誰もひかない
大きなNEWSコールが東京ドームを揺らした

NEWS!
NEWS!

って

何分間も大きなNEWSコールに
メンバー4人が出てきた

小山号泣
加藤号泣
手越はフードをかぶって泣き崩れて支えられるように出てきた
まっすーは誰よりも男らしく笑顔で手を振ってくれた

素敵な4人じゃないか
こんなグループのファンでよかったよ

いつも強がってる手越が
ファンの前で流した涙がどんなものなのか
私たちはちゃんと受け止めたよ

いろんなこという人がいるよ
この歳でアイドルのコンサート行くなんて痛いと実の親にまで言われるよ
理解できない人にとっては理解できない世界かもしれない

でもね、
アイドルはね、

すごいんだよ。

わかんない人にはわかんなくていいよ。

このコンサートという空間はすごいんだよ
特別なんだよ。

いつもアイドルファンは偶像崇拝だと思って愛でてきた。
それでいいと思ってる。
アイドルとしての商品の彼らを愛でれればそれが楽しい。

でもね、今日

音楽もない。
なんの効果もない。
明るい照明が灯る東京ドームの花道を
4人がバックステージに向かって歩いてきた
観客からはNEWSコールと拍手

そして、

またUR not aloneを誰かが歌い始めた
その歌声がどんどん大きくなって
ドーム中の大合唱となった

音楽も歌詞も出ない
それでも私たちはNEWSにむかって
この歌を歌いたかった
東京ドームにいる6万人の気持ち
それをNEWSにとどけたかった

こんなことってある?って思うほど
ファンの強さとアイドルとの絆を感じた

うまく伝えられないけど

アイドルとファンは支え合ってるってのを
目の前で見た気がした

そしてそこにいる私1人が、
NEWSを支えるファンの1人なのだと強く実感した

私達の思いをNEWSに伝えたかった
そして、伝わったと思う

たくさん泣きながらバックステージまできて
マイクなしで「ありがとうございました」といった彼ら

なんだろうな。この瞬間。
東京ドームが1つになってた。

こんな経験、今までにない。
これだけたくさんの人が思いを1つにするなんて
めったにあることじゃない。

すごいことだ。本当に。

また、来年かな?
NEWSに会えるのが楽しみ。
とりあえず、結婚して住所も名前も変わった妹は
東京NEWS枠増枠のためにFC入会
来年はもっとたくさん見に行けるといいなぁ

超至近距離の広島グリーンアリーナと
超天井席の東京ドームと
2回見れたNEVERLAND

image2_20170612001620bfb.jpg


素敵な思い出をありがとう。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/11

宝塚ニュース時間差攻撃。

時差ぼけです。
時差ぼけが1週間後に来ました。
夜全く眠れなくて、昼間眠すぎて起きれない生活

先日のまぁコンの中継も
中継こそちゃんと見ていたものの、
そのあと眠すぎてどうやって家に帰ったかも覚えてない…

宝塚ニュースに至ってはほぼ3週間ノータッチで
妹からパリにいるときに赤べこに乗ったちぎの画像が送られてきて

ナンノコッチャ?

っと思ったら、大劇場が千秋楽か!!

月日が経つのがあっという間すぎます。
そんな状況なので
雪組の千秋楽映像も
花組の稽古場映像も
月組の製作発表映像も
まぁコンの稽古場映像も

もろもろ全く見れてない!
録画はしてある。

が、見れてない!!

この土日でみようかと思ったら
時差ぼけに苦しめられて見る余裕がありませんでした

ほんと、海外旅行は若いうちに
行けるだけ行った方がいいよ!!
ヨーロッパ、特に夏時間は危険。
2年前は時差ぼけなかったけど、2年後の私には時差ぼけがある。

さて、

そんな寝てんだか起きてんだかわかんない状況で
うっかり見過ごしてましたが

蓮つかさくんの新人公演初主演が決定してて

わーい!!

っと今更喜んでみたり
グランドホテルの新人公演のあと
見てきた人がみんな大絶賛だったれんこんくん
ダンスも歌もお芝居も上手で
美貌と怪しい色気があって

新公主演!早くっ!!!

っと思ってましたが
劇団はちゃんとれんこんにチャンスを与えた

しかもイケコの1本物の大作だ。
華奢なれんこんにたまきちの衣装大丈夫か?などと
いらぬ心配もありつつ、本公演共々大変に楽しみであります!

来週からは雪組がもう東京に来るのね…
で、まぁコンも来るのね…

私の仕事も本格的に繁忙期に入ります

この3週間分の宝塚ニュース
見れるかな…見れる気が全然しないんだけれども
ってか、スカステのタイマーすらちゃんとしてなくて
いよいよスカステ本当に必要なのかな?問題が再浮上
いつも浮上しては、必要!っていう結論になるんだけどね
あと、カフェブレイクは3ヶ月分溜まってしまって

映像で宝塚見るのに向いてない人ってのが浮き彫りになる今日この頃。

買ったブルーレイは割と見るんだけどもね…

ちょっと宝塚の最新情報に関しては浦島太郎状態です。

このあと、割と観劇ラッシュなので
ちゃんと情報追いたい!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/10

A Motion中継を見てきましたよ!

フランス渡航で10日も会社休んだのに、早退とかできない!って思ってたら、この日会社に行かない日(でも家で仕事する日)だったので、

行ける(いや、本当は仕事をしなきゃ…)

ってことで、急遽チケットをGETして映画館で見てきました。

今回も台湾で中継あるってことで

台湾の友人たちも映画館で同じ中継を…って思ってたら

彼女たちは梅田の劇場で生観劇してたww

想像の斜め上行く熱いまぁ様ファンでしたwwww


〜〜ネタバレを含みます〜〜


1幕、Jポップに疎い私には

へぇ?

ってくらい知らない曲ばかり。
聞いたことあるような…ないような…
9割知らない曲

1幕見終わった段階では

ヨシマサ💢💢💢

みたいな感じで
そういえばラブドリ初見した時も割と怒ってたけど
コンサートとなるとヨシマサせんせーと私は好みが合わないらしい

ってか

アニメーションいらねーよ
まじ、いらねー

三次元を愛する人には
二次元苦手なタイプも多いって

いい加減覚えて

あれみて、わぁ!素敵!!ってワクワクする人の方が少ないって

いい加減覚えて!!!

選曲に関しても
こういう曲をジェンヌで聞きたいのかな?みなさんどうなんでしょうか?
知らない曲のオンパレードをジェンヌで聞いても
どうのっていいのかもわからず…でした

もうちょっとなんかなかったかな…

1幕はまぁ様が格好いいと
宙組子愛おしいしかわからなかったです

幕間に期待とは違いすぎて動揺してたら
3回位見るとじわじわ良くなってくると聞き
とりあえず中継でワンバウンド入れておいてよかった!

2幕はおもしろかったです。
そうそう!こういうのが見たかったのね!!
なに?1幕は2幕のための焦らしプレイ?

みたいな

今回はチームBによるパフォーマンスでした

愛ちゃんの色気が大変なことに…

ジュルリ

しかし、トークになると
まぁ様を囲む乙女たち(かける兄除く)となり
その筆頭の愛ちゃんが誰よりも乙女で

かわいすぎか!

っというツッコミ
お歌頑張った。

ってか、2幕のミュージカルメドレーは

泣いた

そのラインナップは泣く

一番泣いたのは
かなめのグスタフの衣装を着て歌うまぁ様
たぶんフェルゼンのヅラかな?
グスタフもフェルゼンもスエーデンだもんね!とか思いつつ
かなめの衣装を…まぁ様が…っと思うと
涙だーだーでした

衣装は全体的に使い回し多め
あらゆるコンサートの衣装が登場
らんトムコン、れおんコン、まさおコン、

それに新作衣装がまぁ様には何着かありましたが
どれもこれもなんとなく

及川光博ワンマンショー

を彷彿させる…
ミッチーっぽいまぁ様…なんだかな?でした

ま、でもコンサートだから
さほど気にならなかったかな。

みたい!と思っていたものがみれたわけではなくて
やっぱりヨシマサせんせーになにか物申せるのであれば、物申したい気持ちは山々ですが

宙組子の得意分野を生かす場面が1人1人に用意されていて、組子への愛を感じるコンサートでした

あとは東京で
3回見るので

全力で待ってるヨォー!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/09

汐音のフランス旅2017~その3・パリ1口目~

自分でも薄々わかってますが
旅行記細かく書きすぎるから、最後まで書き終わる前にチカラ尽きるんだよね。
わかってるんだよね。自分でも。
記録魔過ぎて、自分の魔に当てられてる感じ!

でも、ま、
今回も刻んで参ります。
このままだとその50くらいまで行きそうよっ

さてさて、
ギャラリーラファイエットで気に入った財布を見つけ
乙女心が揺れたりしましたが
待ち合わせの時間が近づいておりましたので
ダッシュでホテルに戻ります。

いつも通り私と緒海の2人でフランスに渡ってきましたが
3週間前から欧州をお仕事で転々としていたFRANさんと
パリで合流です!

なんか私の周りの友人、世界中を飛び回る人が多すぎて
若干感覚麻痺してますが、
普通に考えてパリで待ち合わせとか

格好よすぎるww

昔、まだFRANさんと知り合ったばかりの頃(10年以上前だね)

「パリで待ち合わせ!とか冗談で言っても
 FRANさんだと本気でやりかねないよねぇww」

みたいな話をして笑ってたのに
本当に、普通に、

パリで待ち合わせだよっ

前回あったのは下町の中華屋で、お互いスッピンによるミーティングだったのに…次に会うのがパリだよ!パリ!!

ぼんそわっ!

20時ですが明るいパリ
FRANさんが堪能な英語でホテルのお姉さんにオススメのビストロを聞き出してくれて、グーグルマップを駆使してお店に到着!絶対自分たちでは探し出せない様な地元の人しかいない素敵なビストロ

ここのお料理が

何食べても本当美味しかった!

本場で食べてみたかったエスカルゴさん。
やっぱさ。サイゼリアのとは違うよね。(当たり前)

IMG_5475.jpg

ウマッ


FRANさんが頼んだナッツが入ったサラミにバター付けて食べるやつ

IMG_5476.jpg

ウマッ

鴨のコンフィ

image1_20170609015206c79.jpg

ウマッ

基本シンプルな味付けだけどね
エスカルゴについてるガーリックバターだけでパン3ついけちゃうし
(ってか、ここのパンが美味かった)
オミが頼んだ蟹とアボガドのサラダもさっぱり美味しいし
鴨のコンフィはお肉ホロホロっと柔らかくて
ジューシーだけどさっぱりしてる

うまぁぁぁぁ

ワインも1本空けちゃったw

いつも、緒海と2人だと
緒海さんがネギ系とマヨネーズとマスタードが食べれなくて
それがないものがどれなのか、わからないし、聞けないしで、
ヨーロッパで外食するのがいつもとても困難で
私たちのヨーロッパといえば、部屋でドライ米とカップラーメンだったのですが…

今回は
言葉が堪能で、海外食材を仕事にしているFRANさんという最強の友と同行だったため

食いまくった!

1日1回はちゃんとしたレストランで食事できた!
しかもどれもすこぶる美味しくて!!

渡航2回目にして

フランスって美味しいんだなぁ

って知ったのでした。
前回のパリ、ほんと何?

FRANさんはフランス語は喋れないとのことですが
簡単な会話とかオーダーはスラスラできるので
フランス人も褒めてたし
やっぱりちょっとでもフランス語喋れる人がいると
フランス人の私たちに対する態度も全然違う!
前回は、私がものすごく警戒してピリピリしてたので
パリの人たちに対して怖い印象だったけど

今回はびっくりするほどみんないい人たちだったよぉ!

で、デザートにタルトタタンを頼んだら

ブランデーが…
どかどか燃え盛った

IMG_5506.jpg

そして、どれもソースが美味しかったからパンを食べ過ぎてお腹いっぱいのところ、タルトタタンが巨大で腹がはち切れそう&案の定酔っ払った。。。
ワインとブランデーのちゃんぽんしちゃったwくらいのいきおいで酒だった!

IMG_5505.jpg

3人だとたくさん食べれるねーってことで、お店を後にし

IMG_5497.jpg

今日は別の場所に宿泊しているFRANさんとバイバイしてホテルまで20分お散歩

途中深夜のルーブルに行ってみる

IMG_5508.jpg

ルーブルはね、夜の方が明るくて気持ち良い場所
逆に昼のルーブル何度行っても苦手…苦手なのよルーブル(詳細は後記)
テンションが高かったので、このままコンコルド広場まで歩いて行って(さらに徒歩15分)しまおうかと思ったけど時計を見たら23時半だったので諦めてホテルに帰って就寝

いつも旅先でも少し読書しないと眠れない私ですが

バタン

きゅー

で眠りに落ちてしまいました。
そりゃもう眠かった…酒入ってるしね。
翌朝も早いので、久々のゆっくり寝れるベッドが幸せだった!

つづく



ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート