FC2ブログ
2019/04/18

インスタに現る七海さん。

いや、もう、てんてこ舞い。

5月末まで息する暇もない状況なのですが、そんな中、あっちコッチのOGのインスタに

七海ひろき降臨✨

インスタこまめなチェックしていないので、仕事でも使ってるTwitterに上がってくるのを追ってる感じですが

なんか、こう、

七海ひろきだなぁ

って、すごく安心するっていうか、ホッコリするっていうか

見てるだけで幸せになれる

昨日はついにまぁ様のインスタに

まぁ様を抱きしめる七海ひろきが!!!!

そんなん、泣くわ
もはや泣く

次、どんな形でどんなかいちゃんに会えるかわからないけど、なんだかステキな髪色になったキラキラしたかいちゃんをこうして見ることができてSNSが発展した世の中でよかったなぁってシミジミ思います

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/04/16

「CASANOVA」感想文1〜ドゥカーレ宮殿〜

すっかり遅くなりましたが、CASANOVAの感想文をちまちま書いていきます。

行ってきたばかりのヴェネツィアのお話!
大好きなドーヴ・アチア氏の書き下ろし音楽!!

もうほんと、見る前からワクワクしてましたが、見てからしばらくもワクワクが止まりません。

曲が本当に素敵で
セットや照明がマジでヴェネツィアで

衣装はカラフルで可愛くて
出演者もみんな素敵

チケット難じゃなければ…通ったかもしれないけれど、超絶チケット難なのでなんとかあと1回の観劇とあとはBDとCDで楽しみます。

今年すごく楽しくてステキな街だったヴェネツィア、来年以降も毎年カーニバルの季節は仮装をしに行くことが私の年中行事にしっかり組み込まれましたが、ヴェネツィアの衣装作るときはこのミュージカルのCD聴きながら作ろう!とか想像すると、旅と舞台がまじわってたのしいが何倍にも膨らんで、よりワクワクします。

ちょうど初めてのフランスから帰国後に1789を初見
今回は初めてのヴェネツィアから帰国してのCASANOVA

どちらも抜群のタイミングで見ることができて、ほんとタイミングがよくてよかったです!

さて、出演者の感想の前に旅の写真たちとこの作品の主な舞台になっているドゥカーレ宮殿について

201904161344049c6.jpeg


ヴェネツィアに関して、全くの無知状態で、ただただカーニバル仮装を楽しみに行った私ですが、行ってみたら、ヴェネツィアの歴史、芸術、建造物、どれもこれも非常に興味深く、中でもこのドゥカーレ宮殿は1番印象に残っている場所です。
2日間に渡り、かなりじっくり見学してきました。

カーニバル中は、衣装を着た状態で内部を見学することができます(ただし、撮影は見学の邪魔にならないよう、最低限の撮影のみ。一眼使ってガンガン撮影とかはお勧めしません)

歴史的建造物で撮影するとき、いつもその建物や土地に敬意を持ってその場にいさせていただくこと、その場の空気に受け入れてもらえるように私なりに細心の注意を払って行くことにしています。
感覚的な話だけど、同じ場所でも衣装が違ったりするだけで場所に拒否される感じがしたり、何回か行く度に感じ方が全然違ったりして、面白いのです。

同行のFRANさんも感じていたらしいけど、ドゥカーレも1回目よりも2回目の方が建物に受け入れてもらえて、2回目の帰り際なんかは、もう建物に溶け込んでしまっているような不思議な感覚がありました。

20190416135438b71.jpeg


その感覚がリアルに残っていたから、花組の舞台で再現されたドゥカーレ宮殿内を登場人物が動いているだけで、よりワクワクした気がします

行ってきたばかりの場所が、目の前の舞台に再現されてるってほんと、ある意味贅沢で不思議な経験

1789でも感じたけど、照明と舞台セットのバランスというか、なんというか、ぱって目に入ってくる感覚が

あぁ!ヴェネツィアだ!
あぁ!フランスだ!
あぁ!ウィーンだ!

って改めて実感できる宝塚の舞台って本当にすごい。

カサノヴァが捕まってから入ったのは上の方の監獄とのことですが、この宮殿には地下にも監獄があります。

有名な観光スポットため息橋

20190416183418f3b.jpeg


↑は外観だけれども、この橋を渡る時に囚人たちが「もう、あの美しいヴェネツィアの風景を生きてみることはない」っとため息をついたことから名付けられたらしいです

地下の監獄は見学コースに組み込まれているため、そこを通らないと出口にたどり着くことが出来ず

201904161835482f1.jpeg


狭っ

20190416183618eae.jpeg


狭っっ

20190416183649d12.jpeg


寒っ
(地下牢なのでひんやりしてる)

20190416183732372.jpeg


出してー!!

っと囚われの王妃ゴッコができます。
そして、ちょうどバカンスでフランス人観光客が多かったため、フランス人のマダムに

「あなたこの後ギロチンねww」

っと大ウケでした。

ガイドツアー(イタリア語と英語のみ)に参加するともっとディープな監獄とか絞首刑の処刑場とかもみれるらしいです

もちろん見学のメインはどっしりとした各広間ですが、王侯貴族の宮殿ではないので

あぁ、ここで議会が開かれてたんだな感

がすごくあって面白かったです。
壁に椅子がずらーってなってたり。
壁や天井に描かれるのは、基本

ヴェネツィア万歳!な歴史絵画ですが

ティントレットの天国

2019041618422851c.jpeg


はその大きさからも、絵自体からのオーラもすごくて、ぶわーっって黄金色のビームを発しているように見えて涙が出ました。

ルーブルにあったヴェネツィア絵画にさほど興味を示すことはなかったけど、ヴェネツィアの光の中で、ヴェネツィアの建物の中でみる絵画はどれもこれも本当に素晴らしかったです

2019041618441569f.jpeg


↑で着用しているのはローブ・ア・ラ・フランセーズ

ちょうどカサノヴァが生きた時代にフランスで主流だったドレスです

今回のヅカ版の衣装はだいぶぶっ飛んだデザインも織り交ぜつつ、バロックとロココの間をとってネズミーシー掛け合わせたみたいな面白いデザインのものが多くて、見ていてとっても楽しかった!

20190416184700733.jpeg


中庭を望むバルコニーや

20190416184735f74.jpeg


回廊も舞台セットを思い出しながらみるとよりこの宮殿が楽しめる気がします。

舞台を見てから本物を見るもよし
本物を見てから舞台を見るもよし

今回の旅では残念ながら、れいちゃんが活躍してたサン・マルコ寺院に入れてなくてすごく悔いが残ったので、来年のヴェネツィアでは舞台に思いを馳せながら、より楽しめる気がする!

旅の舞台と宝塚の舞台と、両方を楽しむのはとても贅沢なことだけれど、より宝塚を楽しめるので行けるだけたくさんの場所に足を運んでみたい!っと思いつつ、ついつい気にいると何度も同じ場所に行っちゃうんだよね…私。

つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/04/12

4/5〜4/11台湾にいってきました!

お久しぶりです。
汐音です。

台湾に行ってきました!
ヴェネツィアの疲れも全く癒えぬまま、怒涛の修羅場をまたもや繰り広げ、ほぼ徹夜で出国(海外出国前もはや恒例)

今回は星組でも上演された「Thunderbolt Fantasy〜東離劍遊紀〜」通称サンファンがうまれた場所、台湾布袋劇の最王手

霹靂社(PILI社)

の特別展示と、本社見学ツアー、日台コスプレ交流会を含んだ大人の修学旅行(総勢30人!)に参加し、その後、高雄から台北に移動してロケ撮影したり、買い物したり目一杯詰め込んだツアーでした。

十数年前から台湾行く度にTVの布袋劇気になってたのですが、星組版サンファンにハマたのをキッカケに、サンファン沼にずっぷりはまり、今回本拠地霹靂社(PILI社)で改めて台湾布袋劇の素晴らしさ実感した結果

サンファン以外の布袋劇沼にも落ちる

時を経てハマるべくしてハマった感

でお送りしておりました。

台湾布袋劇、特にヅカオタの方々はハマる要素たくさんあります。

イケメン祭✨

特別展示には広いスペースに沢山の木偶(人形)が並び、

「あれはゆりか」

「あれはちなつ」

とか、ジェンヌさんに似ているキャラクターを見つけては楽しんでました。

中でも、PILI社のミキミニ的存在
素還真と風采鈴の婚礼衣装の展示が素敵過ぎて心を奪われ、その後の旅、この2人にまつわるものを集めまくる旅と化しました

201904121347323f7.jpeg


↑通常盤

20190412134803040.jpeg


↑婚礼版

もうほんと素敵で、ここのスペースで流れてた映像も素敵過ぎて

すごいヅカ感満載✨

言葉もわからないので、まだまだわからないことだらけですが

「大丈夫。顔が素敵!とか衣装が素敵とかのきっかけでも、突っ込んできていいんだよ!!」

っと先輩オタに行ってもらってからのすっ転びっぷりが激しかった 笑

詳細はまた後日

20190412135006ecc.jpeg


今回は緒海さんとの2人旅でしたが、高雄では常に色々な方達と楽しく旅をし、台北に移動してからもみんなでワイワイできて、いつもと違った台湾を満喫してきました。

途中で高熱でて倒れそうだったけど
北京ダック食べたら治った✨

ヴェネツィアの旅行記も全然書けてないし、またすぐヴェルサイユへ出国だけれども、旅行記もダラダラかけたらいいなぁっと思います!

旅の企画や運営をしてくださった桐乃さん、一緒に遊んでくださった方々、本当にありがとうございました

今日からバリバリ仕事ですが
8月ごろまた台湾に行かなくちゃいけなので、またすぐ戻るからね!台湾!!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/04/03

カサノヴァと20世記号観てきたよ!

土曜にカサノヴァ
日曜に20世記号

観てきましたー!

先週カイちゃんを見送って
大号泣した劇場。
そこから1週間、なんだか頭にもやがかかったような、重たい気持ちと体調で過ごしていましたが、素敵なミュージカルを立て続けに見れて

すっかり復活✨

復活して冴えた頭でバリバリ仕事に取り組んでます

89期のカイちゃんで疲れた心は
89期のみりおとだいもんに癒してもらった

89期よ、永遠に!!

なんだかそんな気分です。

すっかり明るい雰囲気い包まれた花組公演の劇場。幕開き、みりおさまが登場した瞬間

カイちゃんへのお花、ありがとうございました!!(大劇場の話だけど)

っていう、謎の感謝が込み上げて泣きそうでした。

さて、カサノヴァ
すっごく楽しかったです!!

行ってきたばっかりのヴェネツィアが舞台だからか、セットや照明が

うわっぁ!ヴェネツィアだ!!

ってすごく感動した。
宝塚の舞台は素晴らしい

衣装はどっちかっていうとディズイーシーを思い出す感じでしたが、可愛くて、ヴェネツィアのぱぁーっと明るい感じと、ちょっと怪しい感じと、どっちも出てて見ているだけで楽しかった。
曲も凄くいい。

いやぁ、いいミュージカル
テーマがそもそも薄いから
お話的には軽めだけど

それでいいんだと思う

心がゔぁーって軽くなって
るんるんしながら劇場を出れるってのも楽しいです。

でも、ほんと、
個人的に、ヴェネツィアの私のお家

ドゥカーレ宮殿

ここが物語の軸だったので

20190403001015e6d.jpeg


20190403001046079.jpeg


2019040300110463c.jpeg


ヴェネツィアで1番印象深くて
2回行って1番長くいたこの場所が
衣装をまとって歩き回っていた(カーニバルの期間中は衣装での入館OK)この場所が、
宝塚の舞台でまた見れるっていうのが、凄く不思議な感じでした

ちょうど1789を見たのも、はじめてのフランスの後で、同じように感動して、不思議な感じがしたかも

宝塚の舞台ってみているだけで世界旅行ができるんだな!って実際に現地に行ってからみると思います。

詳しい感想はまたかけたら別記

翌日、20世記号に乗ってきました

なんかもう、

ずるいよね 笑

いや、もう

面白すぎるよね!!

ひげのだいもん、ひげもんが大好きな私は、お腹いっぱい大好きなタイプのだいもんがみれて、美しい歌声が聴けて、爆笑して、ほんと幸せでした

雪組子の細かいお芝居のうまさ際立つし!

なんか、ファントムすごくよかったけど重いじゃん。あれ、エリックのだいもん大好きだけど、やっぱり思い返すと泣きすぎてちょっとしんどいんだよね。

こういうの!
だいもんの本領はこういうの!!

こういうコメディーで渋い役柄のだいもん、ほんと好きすぎる

映像化されるかなぁ?どうかなぁ???

こちらも詳しい感想かけたらまた別記!

なんせ、今週末から1週間台湾ですのでバタバタしておりますが、2つの良質なミュージカルから元気をもらって、出発までの追い込み各種頑張ります!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/31

華劇〜16年間ありがとうございました!〜

ジオシティーズの終了に伴い
華劇を閉じました

20190331224412d6a.jpeg


私と緒海が知り合って
宝塚のコスプレという趣味を通して表現したかったことをまとめた初期に作ったHPです。

最近では全く更新していなかったし
正直昔の写真ばかりで今見返すと恥ずかしいのですが

なんかこう、
汐音創世記というか、
ガムシャラだった頃の恐れを知らない勢いが今となっては眩しいです。

宝塚のコスプレっていうのは、まぁ、全ての方にご理解いただくことはむずかしいことだと思いますが

大好きな作品への情熱や
大好きな役への情熱や
大好きな役者さんへの情熱や

いろいろな思いを込めて、自分たちなりの表現方法として選んだ道です。

歌うことも、踊ることも、できない私たちですが、作品への熱い想いを込めて頑張って衣装を自作して、世界中のいろいろなロケ地に行って、1枚の写真で表現をするっという作業は、やってみたものにしかわからない膨大な時間とお金と動力を要することです。

しかし、そこから

とてもたくさんのことを学び
とてもたくさんのことを経験させてくれました。

普通に生きていたら、まず経験できないようなスペシャルな経験も、特別な出会いも
、ここがきっかけだったと思います。

舞台の衣装は舞台を出ることはできません

ただ、私たちをその衣装を纏って
憧れのヴェルサイユへ、ウィーンへと、旅立つことができます。

セットではない
本物の場所で衣装を纏う

という経験は、とても特別なことでした。
そしてそこから、宝塚の衣装のコスプレを卒業して、もう1歩先へ

いま、一生懸命突っ走っています。

宝塚のベルサイユのばらの衣装は、
ベルサイユ宮殿には似合いません
宝塚のマリー・アントワネットは、鏡の回廊に全くそぐいません
そして、着ることも許されません

同じドレスなのになにが違うの?

その違いがわかるようになったのが成長であり、経験であり、知識です。

それは、私が何度も渡仏して舞踏会に参加して、場の空気から学んできたことです。

宝塚の衣装を通して本物を学び、本場の空気を感じ取って、今度は宝塚の衣装のルーツを探る旅です。

ここ3年くらい、歴史衣装の勉強をガムシャラにしていますが、勉強すればするほど、宝塚の衣装がもっともっと好きになります。とってもとっても奥が深いです。

私の愛する宝塚は素晴らしい!!

って何度も何度も思います。
勉強すればするほど、思います。


華劇は私が生きている限り、続く生涯のテーマです。

歌う歌劇ではなく、写真に閉じ込めた“華”やかな“劇”を表現したい!っと思って2003年に名付けた名前。

今までは、自分たちが表現する華劇でしたが、これからは多くの方々に体験していただける華劇へ。

私がしてきた素晴らしい体験や経験を
皆様に提供し
その経験を通して、前を向けるように

そんなことができるように

服飾を勉強したこともなければ
誰に教わることもなく
ただ好き!に突っ走って今があります。
長く長く、コツコツと、すごい情熱でここまで突っ走ってきましたが、まだ折り返しにも来てない実感。

これからも爆進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/26

七海さんはもういない。

七海ひろきが宝塚にいない日、1日目。

昨日泣きすぎたせいで、帰ってから仕事しようと思っていたのに寝込んでしまい、今朝も頭がぼーっとしていつもの3割しか稼働しない。

もう、昨日泣きじゃくってだいぶ落ち着いたので、泣いたりはしないけど

あぁ、カイちゃんもう宝塚にいないわ

って思うと、

うっ

って胸が詰まる


『変わらないために、変わり続けよう。』

カイちゃんの最後のあいさつにあった言葉。変わらないために、変わり続ける。とても難しい事だと思う。当たり前の変化じゃなくて、自分の1番大事な部分を変えないための変化。

今日から私も頑張ろう

って、思うしかない。
もはや、そうするしかない。

無性にTOP HATが見たくてDVDを探したら見当たらない。見当たるはずがない。
私、DVD買ってなかったんだ!買おうと思うといつも売り切れてて、結局買ってないじゃん。

HDDに大量に溜まっている七海さん関連の録画はまだみる気になれない。なんとなく。さよなら番組も、楽を見に行く前にやっと見ることができた。

でも、いま、もう1回見ろって言われてもまだちょっときつい

っというか、
普通に仕事もりもりしなくてはならなくて…土曜日、本当は自分の仕事進めるはずだったのに、サンファン関連で発表があったため、急遽ビックサイトで行われるアニメジャパンなるイベントに行ってしまい

ま、さよなら記念ってことでヅカ版殤不患着てきたんですけど

20190326004353d6f.jpeg


20190326004405539.jpeg


クロシオさんにバッチリメイクしてもらって着たのに、ほんとうもう、

疲れすぎて目が寝てる!!

ここのところの3時間睡眠続きが祟ったようで…

だって眠れないんだもん!!

退団の日までの1週間の情緒不安っぷりったらなかったよ。ほんと。

今日も、午前中ローペースで仕事してしまったため、午後すごく時間に追われててんてこ舞いになってしまった。

変わらないことも大事だけど、
いい加減、この年中テンパってる感じはいい加減変わった方がいいとしか言いようがない。ほんと、劇場で会う人会う人に命の心配されてるのはやばい!!

で、正直、まだちょっと、カイちゃんが卒業しちゃったこと飲み込めてないんだと思う。
そもそもよく考えたら、すごい今更だけどもカイちゃんが星組にいることすら飲み込めてなかったのかも知れない。TOP HATで私の時が一旦止まってしまったからなぁ。

はぁ。

でも、次から次へとめまぐるしい宝塚は

愛ちゃんが巴里祭!!

とか

どうリアクションしていいのかわからない花男先行画像!!

とか

いろいろあって
あっという間に時は過ぎ行くのね…

今日、自転車を爆走しながら問屋を巡っていたら、あちこちで満開の桜を見かけた

桜が舞い散る前に
行かなくちゃ!

って歌いながら行ってしまった、カイちゃん

まだしばらく引きずると思うけど
そこはヅカオタ長いから、なんとか切り替えていきたい。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/24

さようなら。男役、七海ひろき。

劇場で、男役 七海ひろきの最後を見送ってきました。

暖かい千秋楽でした。
お芝居も、幕間も、周りの方々に心配されるほど号泣でした。

今日のあばよ!
渾身のあばよ!だったなぁ

銀橋でのソロで登場するまでの一瞬の緊張感。トビアスの晴れやかな笑顔と歌声に涙。あばよ!の後にはトビアスを祝福する万雷の拍手。劇場中から鳴り止まないその拍手が、カイちゃんが私達に与えてくれたものへの私達からの愛です。
カイちゃんを見送る私達からの、ありったけの愛です!!って空気が劇場中に満ちた。


カイちゃんのお芝居が大好きだったから、今日のトビアスに今まで見てきたいろいろな役を重ねた。
でも、そのどれよりも、今日のカイちゃん格好良かった。思い出の中のどれよりも、一挙一動の全てが、格好良かった。

カイちゃんが、あばよ!と去ってから
しばらく静かなシーンが続くので
嗚咽を一生懸命堪えて、幕間に涙が大噴射!!
ぐちゃぐちゃだった。

思いっきり泣くがいい!

って言ってもらったので、遠慮なく号泣し、頂いたチョコレートをもぐもぐ食べて、少し気持ちを立て直した

ショーのOP、カイちゃんのウィンクがバッチリ飛んできた

大好きなカイちゃんのウィンク!

このウィンクをみるだけで、しんどい毎日を乗り越えることができた。このウィンクで何回元気もらって、何回ときめいただろう。

カイちゃんのセンターの場面はやっぱり号泣でしたが、すごくドヤってしてるカイちゃんがかんだか可愛らしくて、すこしほっこりした。そして、途中からカイちゃんを追いかけた6年間が走馬灯のように脳内を駆け巡る。全部楽しかった!沢山沢山、何度も何度も、見たいだけ、目一杯カイちゃんを見ることができた

思い残すことがないなぁ

って思えた

悔いないなぁ。

って思えた。

最後の階段降りではまた号泣してしまったけど、他の場面はカイちゃんを笑顔で見ることができた。

カイちゃんを通して沢山の方々と出会って、沢山助けて頂いた。
今から6年前。
博多座公演の銀河英雄伝説からカイちゃんに落ちた私は、毎日毎日このブログにカイちゃんのことを書いた。1日に何度も七海ひろき!って叫んだ。
私のブログがきっかけで「カイちゃんに注目しました」なんてかたもいらっしゃったし、私がチケットに困っているときに沢山の暖かい手を差し伸べてくださった方々がいた。カイちゃんを好きだという気持ちが、このブログを通して沢山の方に伝わって、沢山のご縁をいただいて、沢山の舞台を見せていただいた。
この6年間、カイちゃんをきっかけに私のヅカ人生が変わったと言っても過言ではないと思う。

なかなか手に入らないチケットをお譲り頂いた時には、いつも目一杯の感謝を込めてこの場に感想を書いた。そうすることで少しでもカイちゃんの良さを伝えることが、頂いたチケットへの恩返しだった。

私は、本当に恵まれていると思う。
幸せだと思う。
沢山の方々に支えていただいて、いま、こうして宝塚ファンをできているなって思う。

今日もこうして劇場に座らせて頂いた。
最後を見送ることができた。

今迄、私の七海ひろきファン人生を支えて下さった全ての方々には、感謝しかない。
ここに名前を書き連ねることはできないけれど、みなさんのおかげで私はいま、こうして悔いなく七海ひろきを見送ることができました。

楽しい七海ひろきファン人生でした。

今日まで私の七海ひろきファン人生を支えてくださった方々、本当に、本当に、
ありがとうございました!

って、まるで退団の挨拶の様なキモチいっぱい 笑

大階段を降りて最後のあいさつが、今までの七海ひろきの集大成だった。

カイちゃんのお芝居が苦手になってしまった時期がある。ついこの前まで。
割と最近の話。
上手いとか下手とか、私はあまりそこを気にして宝塚を観ていないのだけれど、
カイちゃんのお芝居が、私が大好きだったカイちゃんのお芝居が、今までと違ったものになった気がして、失望してしまった。

でも、また戻ってこれた
命をかけて演じたという殤不患で
大好きなカイちゃんのお芝居がまた見れた。これが観たかったんだ!ってものが見れた。

やっぱり、どうしたって、七海ひろきの舞台姿は私を虜にするのだな!っと思い知らされた

大好きなんだ
七海ひろきの舞台姿が

お茶会行かないの?とか
入出はしないの?とか
声をかけられるのですが

私は、舞台の上での七海ひろきが1番好きなので、お茶会もだいぶ前に1度しか行っていない。

カイちゃんのやりたいことは
きっと舞台の上に全ての答えがあるって思ってたから、あえて行かなかったのかもしれない。

宙組時代から考えられないほど
気がついたら大スターさん。

七海ひろきという男役が
私に残してくれたもの

全部全部、本当に楽しかった!

紅さんが声が出なくなってしまって、しょんぼりしながら挨拶している姿をカイちゃんがお兄さんのようなすごく優しい眼差しで見つめてて、その見守るような眼差しに男役ってのと、七海ひろきの人間としての優しさの全てが溢れてた。

格好いいなぁ。
七海ひろき。

最後の最後まで、本当に!!

最後はとても晴れやかな顔をしていた
カイちゃん、16年間お疲れ様

私も、なんとか笑顔で見送ることができてホッとしている。

宝塚の男役としての七海ひろきは今日で卒業だけど、根深目なオタクの七海ひろきが、明日から私達と同じ世界に降臨するってことじゃね?!って気付いて、帰りの電車でちょっとテンション上がった

宝塚から旅立った七海ひろきさんが
この後どんな道を歩むのか、今はまだみえてこないけど、いつか、またどこかで、カイちゃんに会いたいなぁ

「宝塚に恋をした私は、皆様に愛を教えていただきました」

素晴らしいあいさつだった。男役七海ひろきは沢山の愛を受け止めてあと数分でいなくなってしまう。

さようなら。男役 七海ひろき。
たくさんたくさん、楽しい思い出をありがとう!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/24

千秋楽の日に。

深夜0時を過ぎたら
急にまた寂しくなって
シクシクと泣いてしまった

千秋楽の日

パリで買った純白のレースのスカート
2019032414300459b.jpeg


スミレ色のイヤリング
20190324143028d92.jpeg


七海ひろきの男役を見送るために、劇場へ

行かなくちゃ!

今日が最後まで素晴らしい1日でありますように

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/22

七海ひろきが、大好きなんです。

星組公演見てきました。
5回目。

お芝居も、ショーも、
何度見ても、

宝塚が大好きだ!!!!

って気持ちで一杯になる。

前回の観劇時は、ビア祭の段階で号泣しすぎだったので、今回はちゃんと感情をある程度調整して、見ただけで泣く現象は極力おさえて、ラストのあばよ!まで頑張った。

頑張ったけど、
頑張ったけど、

あばよの後は、ガン泣きすぎて頭痛

ショーは、もうなんか、
いろいろなことが走馬灯で、
宙組時代のことばっかり思い出す。
なぜか、Amour de 99!!をやたら思い出すんだよね。あの頃、カイちゃんだけを死ぬほど見まくったあの頃、本当に本当に楽しかったなぁって、思い出して、今もこうして文章書いてて、楽しかったことしか思い浮かばなくて涙が出てくる

行かなくちゃ

ってカイちゃんが歌う。

どこに行っちゃうの?
嫌だ!行かないでよ!!

って凄く思う。

でもあの清々しい眩しい笑顔を見たら、もう何も言えない。


行ってしまうのだね。


七海ひろきという男役は、私にたくさんの思い出を残して、何処か遠くへ

終演後、泣きすぎて呆然と客席にいたらカイちゃんのファンの方から優しく声をかけて頂いて、また号泣。

「カイちゃんに戻ってきてくれてありがとう」

って言って頂けて、本当に嬉しかった。

そして、七海ひろきに戻ってこれて本当に良かった

七海ひろきを好きだけで見れない時期もあった。でも、またこうして戻ってきて、胸いっぱいにカイちゃんを好きな気持ちで見送ることができる。

途中、カイちゃんから離れた私にそんな風に声をかけてくださって、私自身まで応援してくださって、ここのところ落ち込むことが多かった私は、とても元気付けられた。そして、またその場で大号泣してしまい、友人共々フラフラになりながら劇場を出た

キラキラして、退団前の白いオーラを纏ったカイちゃんが格好良すぎて、

ずるいよね。
退団する直前が今までで1番格好いいなんて

退団するスターを見送る時はいつも思うけど、かいちゃんもやっぱり、今までよりも今が1番格好良くて、

男役 七海ひろきが大好きです

千秋楽のその日まで
目一杯、大好きです!!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/18

台湾のお友達とサンファン撮影会してきたよ。

ヴェネツィアボケも治らぬまま…

帰国したらいきなり新人君入社してて(4月って言ってたのに!)、新人君教育は、急すぎてなんの準備もしてない時差ボケの汐音さんが担当となり、神経衰弱しつつも、新人君が去年の子より100倍ちゃんとしてるのが幸い…みたいな疲れ切った会社員は、そんな中、なんとか時間を工面して新作コスプレ衣装を作りあげまして、撮影会に行ってきました

今時男子な新人君は、休みの日はベッドでゴロゴロしながらスマホで動画を見るしかやることがないそうで

「なにか趣味が欲しいです。
なにかおススメありますか?」

とか聞いてきたので、

「コスプレでもすれば?」

って言ってやりたかった(言うわないけど)

いや、コスプレの世間的な意味合いはだいぶ誤解があるのであれですが、好きなキャラクターの衣装やウィッグを、情熱かけて準備して、撮影して楽しむっていうのは、いくつになってもやるべき趣味で、年齢を重ねれば重ねるだけけ、実はできることも増えてくるのですよ。露出系とか美少女系がメインだと厳しいだろうが。
海外勢のガチ仮装陣と仲良くなると、これは逆に20代だとできないやつだなぁっと思う。ほんと。

っと、まぁ、そんなわけで

いい歳してコスプレして恥ずかしくないの?

とか、おっしゃる方には、

こんな楽しいこと知らなくて、おかわいそうに!

っと心から同情するスタンです。

さて、

前置きが長くなりましたが

私が年末から 凜雪鴉を仕上げ、
ヴェネツィアに行っている間にも
緒海さんはせっせとThunderbolt Fantasy〜東離劍遊紀〜の衣装を作ってました。
台湾公演の星組版は1期の内容でしたが
緒海さんは2期のキャラクター浪巫謠を作成。

いや、丁寧だけど
作るの遅すぎて!!

緒海待ちしている間に、私の凛さんは何度も出動してすでにちょっとくたびれてきたよww

そして、先週、
台湾のハオトさんが「蠍瓔珞ちゃん作りました!」っと写真をあげてきて

きゃー

まさかのサプライズ蠍瓔珞ちゃんも合流で3キャラで撮影することができました。

サンファンの衣装は、本当に作るのがすっっっっっっっごっく大変でして💦
やっぱりハオトさんとか、緒海とか気合の入った人たちが作る衣装は見ているだけでたのしいです。
撮影前にみんなの衣装を並べると

2019031723420650c.jpeg


楽屋みたいww

私は 凜雪鴉と

201903172343094ec.jpeg


新作の木偶版 殤不患を着てきました

2019031723434568c.jpeg


1日のうちに 凜雪鴉と殤不患の2着を着ると、死ぬほど疲れるってことが

よーくわかった。

今日が死んだ。帰ってから爆寝

ちなみに、浪巫謠は緒海さん的にものすっっっっっごく久し振りの男装です

20190317235330b5a.jpeg


↑速報ぺたり

そして、撮影会で、なにってさ、
前半 凜雪鴉着て、ラスト30分くらいクロシオさんにメイクしてもらって殤不患着たんですが、殤不患に着替えた途端、撮影会メンバー全員が急にものすごく優しくなって、甲斐甲斐しくお世話してくださり、みんな殤不患どんだけ大好きなんだよ!凛の時と態度が違いすぎ!!

20190317235802d6e.jpeg



20190317234519c9c.jpeg


とても楽しい撮影会でした!

アフターは久々に肉アバンギャルドに行ってきた

2019031723550231f.jpeg


クロシオさんとハオトさんはもう15年くらい、日本と台湾をお互いに行き来した大切な友人達。
こうして1つの作品を好きになって、みんなでこうして遊べるなんて、やっぱり、私、コスプレっていう文化は素晴らしいと思うんですよね。いろんな偏見があるけど、世界中のいろいろな年代の方々とお知り合いになって、いままで出会うことも中たった素晴らしい経験をすることができる。

今回の撮影会もとても、とても、楽しかったです!
次は台湾で、サンファンの本拠地での展示会とコスプレ交流会に参加してきます!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/12

それでも、宝塚ファンはやめられない。

みりおが退団を発表した

止まらない…
89期の退団。

もう、

あとは、だいもんとあゆみちゃんとかちゃ(ごめん…さっき忘れてた)だけとか…寂しくて、切なくてやりきれない。

そんな今日は星組観劇。
ひさびさに友人との観劇。

幕間にこんな話をしていた。

「だいもんとあゆみちゃんが退団しちゃったら、私、もう宝塚をしばらくおやすみすると思う。」

っと私が言った

いろんなことが重なって、
宙組の退団者も結構なトドメとなり
今日のみりおの退団まで受け止めたら
すごく疲れてしまったので、本音だった

「でもね」

友人が続けた

「月組にちなつがくるよ」

ちなたま!!!!!!

夏、梅芸に行かなくてはならなくなった

ちなたまは美味しい。
白飯何杯でもいける!っとのりたま語るテンションでちなたまを語る。

「あとね、せおっちとマイティ」

私が絶対に諦めることのできない95期の2名。あぁ。この2人がいる組は、たとえ何があっても見に行かなくてはならない

今後は花と雪をメインで見に行くかなぁって思ってたけど

いや、月も
いや、星も

見なきゃいけないらしい。。。

20年長ヅカオタしてきて

何度もつかれて
何度もくじけて

宝塚と距離をとったことも1度じゃない
それでもやっぱり宝塚とは離れられない。

今日、とてもステキなお席で観劇させていただいた。
チケットの神様が、ヅカの人事に疲れた私にご褒美をくれたのかと思った

宝塚の素晴らしさを
宝塚の楽しさを

星組から胸いっぱいにもらった

たくさん泣いて

たくさん笑って

たっくさんときめいて

私の大好きな宝塚だった

この星組でかいちゃんを見送って
このあと、しばらく89期を見送り続ける。
どうしたってしんどい。しんどいよ。

でも、そうやって宝塚が新陳代謝を繰り返して来たのも知っている

あぁ。ヅカオタがやめられない。
絶対にやめられない。

私の全てのきっかけが、この劇場にあった。今の私のたくさんのことが、ここから始まった

うん。
今年も、来年も、その次も、
私はきっと死ぬまで宝塚ファンだ

疲れすぎないように
程よい距離感を持って

これからも末永く宝塚を愛したい

とりあえず七海ひろきの退団まで、あと2回。

まだまだいろんな思いが交錯して、
今日もオープニングのビア祭りから号泣の体制だったけど、少しでもカイちゃんを笑顔で見送れるように!

このあとも、乗り越えなきゃならないシンドイ色々を楽しいヅカオタとしてやっていけるように、

宝塚とほどよくつきあっていけますように!







ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/08

汐音のヴェネツィア2019その4〜初日からMAX〜

水上バスで50分くらい

目的地に到着!

っというか、

本来、ホテルの真ん前に到着する予定でしたが、その停留地に止まる水上バスが時間帯的になかったので、橋を2本越えなければならない停留地に漂着。。。

そう

大荷物だよ!!

石畳をゴロゴロと
転がりの悪い巨大なキャリーを引っ張る

去年のフランスぶり
久しぶりのヨーロッパ!
はじめての、憧れのヴェネツィア!!

そんな情緒に浸っている暇もなく、霧の中をホテルに向かいます。

20190308133305135.jpeg


20190308133731697.jpeg


おそらく5分くらいの道のりを
なんせ橋を越えなきゃいけないのでえっちらおっちら15分くらいかけてホテルに到着!!

この時のほっとした感半端なかった…

8時間遅れで、チェックインだよ…

201903081338244bb.jpeg


ステキなお部屋だ✨

とりあえず、日本を発つ前の荷造り、空港での荷物のバタバタ、ロシアで8時間などなどでドロドロだったためシャワーを浴びてスッキリ✨

詰め込まれていた衣装は、シワを伸ばすために

2019030813400292c.jpeg


クローゼットにずらり

このホテルは朝食が無料だったので、10時までの朝食をギリギリ食べることができて、

ま、1泊損したって言われればそうだけれども…こうしてシャワー浴びて、朝ごはん食べて、ちょっとベッドでゴロゴロできたので

よしとしましょう!

少しベッドで仮眠を取るつもりが

全然眠れない!!

初ヴェネツィアに興奮状態でギラギラしてしまい、30分くらいゴロゴロしたあとは、私服に着替えて市内を散策。

まぁ、ヴェネツィアの街の楽しいこと!!

知らないイタリアブランド沢山あって
どれもこれもかわいすぎて
片っ端からお店に入ってわきゃわきゃ

初日だから買い物しなかったけど、よくかんがえたらこの時色々買っておくんだったな…このあと、買い物っていう時間はほぼなかったのです…

ランチは私が事前リサーチしたお店に行ってみることにしました

サン・マルコ広場から15分くらい歩いたところ。普通に探していたら絶対に見つからない隠れ家的レストラン。観光客が沢山いるエリアからはちょっと離れたそのレストラン

ちょっと

びっくりするくらい美味しかった!!

20190308134547a46.jpeg


突き出しのエビのスープを1口

やばい!ここ!!やばい!!!

静かに興奮

20190308134639261.jpeg


私の前菜は冷たい前菜を2種盛りに
マグロのタルタルとエビのなんかしたやつ


きゃあああああああああ
美味しすぎる!!!!


私、そこそこ舌が肥えている自信がありますが、これはちょっとほんと、
食通のFRANさんも同様に、大変に感動

20190308134800b5c.jpeg


メインに選んだお魚のスープ
これ、私が人生で味わったスープで1番美味しいスープでした

20190308134845650.jpeg


う、うますぎる
叫んでいいって言われたら絶叫する

こういうお魚のスープって、スープに魚介の旨味が溶け込んで…みたいな感じじゃないですか

違うの!

上質のバターとサフランとちょっと柑橘のなかにかすかに魚介の旨味成分を感じる上品なスープ。魚介の旨みは具である魚介の個々に完全に閉じ込めてあって

こんなスープ味わったことがない!!

あまりのうまさに、これまた美味しいパンを食べすぎた

20190308135045f05.jpeg


デザートまでたどり着けなかったのですが、カーニバルの期間中に食べるお菓子を出してくださり、なんだったか覚えてないけど、FRANさんが頼んだ食後酒をいただきながら

なんて幸せな街なんんだ!ヴェネツィア!!

っとMAXヴェネツィアが好きになりました

201903081352020d1.jpeg


店内にはお洒落なヴェネツィアングラス

そして帰り際、最終日のディナーはここ!っと予約を入れました!

駅の方を通って、お土産街を通って、
たくさん街を楽しく見ながらホテルまで戻る。途中、モスクワの空港で声かけてくださった中国語のお兄さんにも再開したよ!

ステキな生地屋さんを見つけてしまい

それじゃなくても荷物が…みたいなあれなんですが、ちょっと一回保留にした

途中のスーパーでお水とブラッドオレンジを買って、ホテルに戻りました

戻ったら、ロビーにNomiさん御一行!

わーい!本当にヴェネツィアで会えた!!

Nomiさんの案内でホテルの周りの色々なお店を見て回り、これまたテンション爆上がり
ディナーに向かう3人を見送って

20190308135424905.jpeg


ホテルに戻ったら

汐音、電池が切れました

夕食を取らずに
ぶっ倒れました

FRANさんを1人で夕食に送り出し
バタン

初日は結局衣装きませんでしたが
翌日から仮装5連勤が始まります!

つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/07

宙組退団者に関して、今日はもう考えたくない。

衝撃のメンバーすぎて

もうなにも考えたくない

ひと時代終わるなってのを、最近ヒシヒシと感じてるけど

もう…
これ…

このメンバーが退団してしまったら
もう私の知っている宙組は無くなってしまうような喪失感。

オーシャンズ11は観ない予定だったけど

どうしよう。
どうしたらいいんだろう。

もうほんと、
今日はこれ以上考えたくないので、寝ます!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/07

汐音のヴェネツィア2019その3〜遠い道のり〜

旅行記を書き始めるよ!
今回は、さらっとでもいいから…全部書き終わりますように!!

そんなわけで、出発当日。
朝、8時くらいに家を出たのですが
その日の朝4時に起きて4時間かけて荷造りをした結果

荷物がでか過ぎて1人で運べないんですが…

父の力をかりまして、なんとかタクシーに乗り込みました。最初から前途多難。一人で運べないったって、一人で運ぶしか無いんだから、どうしたもんか!!

上野からスカイライナーで成田へ向かうんですが、スカイライナー乗るまでも荷物でドタバタしまして、なんとか乗車し、乗りながら再度荷物を整えてなんとか成田に着く頃には1人でスムーズに動けるように。

ま、空港のキャリー使えばどんな荷物でも余裕で運べるんだけども!

FRANさんと合流しまして、搭乗手続きです。
ここでも、荷物が…規定より大き過ぎるってことで、どったんばったん。
極限まで手荷物にできるように荷物を掻き出して、スーツケースを縮め(布製なのでジッパーで縮むのだ)

20190307150433114.jpeg


なんとか、預けることができました。
アエロフロート、荷物の量の規定の厳しさを除けばパーフェクトなんだけど…他の航空会社が2個までokなのが1個までだし…スーツケースの大きさの規定も厳しいので
荷物の少ないときにしか利用できないなぁ…ま、ほかより5万円くらい安いんですけどね!

そんなわけで、掻き出した荷物は全て手荷物になり

2019030715061763c.jpeg


とんでも大荷物で出国です

いつも座席バラバラにとって飛行機乗ってますが、今回はFRANさんと前後の席にしてみました。うん。なかなか便利。

20190307150734bac.jpeg


機内食も無難に美味しいし、無料提供でアルコールもありました。
機体も快適。ほんと、荷物さえなければいつもアエロフロートでいいくらいだわ

10時間後、モスクワ着

モスクワ上空で悪天候のため30分ほど旋回してましたが、あまりにもスムーズに着陸したので、なんにも心配していなかったのですよ…

ところが!!

乗り継ぎのヴェネツィアへの飛行機が7時間半遅れと判明

いや、スムーズなはずだわ
アエロフロートのパイロットさんって軍隊あがりだったりする…と風の噂できいたけど、まさしくそんな感じ。着陸できただけ御の字だったのかもしれない。

しかたがないので

20190222184105942.jpeg


ビール

電光掲示板の表示が不明瞭で
FRANさん曰く、英語的に曖昧なニュアンスとのこと。たまたま近くにいらした中国語も日本語もわかるお兄さんが、中国語でも曖昧なニュアンスだっていうので、こりゃもう、どうしようもない!っと腹をくくり、とにかく待つしかないってことで、
アエロフロートのゴールド会員であるFRANさんの恩恵に預かって、ラウンジを利用させていただきました

201902221842542f9.jpeg


↑ご飯が美味しいラウンジ

20190222184342224.jpeg


↑ソファーが快適なラウンジ

ソファーでぐっすり快眠して
8時間後…やっと搭乗です!

2019030715132482c.jpeg


みんなゾンビのようだったよ

ヴェネツィアまでの3時間、当初の時間帯では夕食だったので、そのまま夕食メニューが早朝に提供され、もぐもぐ

なんか…
ずっと食べてる

早朝のマルコポーロ空港へ到着!
到着ロビーまで霧が舞いこんでいて
到着ロビーから下に降りると、直で船着場!

20190307151507c99.jpeg


おおぉ。
なんか素敵✨

そして、イタリアに上陸した途端
FRANさんがペラペライタリア語を喋り始める。
フランスでもフランス語しゃべっているようにみえたけど(本人は喋れないと言ってるけど)

いや、これがあなたの本拠地なのね!

って感じで、日本語オンリーの私は全てお任せの体制で、切符を買っていただき、乗船いたしました✨

実はギリギリまで航空会社悩んでて、アエロフロートと同じ時間帯到着予定の別便で現地合流しようかと思ってたんですよ。

もし

もしこれが別便合流だったら、FRANさんと合流できないわけで…語学力0の私にはなんでFRANさんが来ないのかもわからないかもだし…もう、1回行ってるからコツわかったけど、いきなり水上バス乗れとか言われても勝手分からず、しかも係のおじちゃん英語できてないし…ホテルもFRANさんが予約してくれていたので、私でチェックインできたかわからないし…

マジ、アエロフロートにしてよかった!!

いきなりパニックになるところだった。

モスクワでFRANさん以外の全日本人無料Wi-Fi使えないパニックだったのですごく久しぶりに繋がったネット環境。(Wi-Fiルータ借りてます)

水上バス乗ってもずーーーーっと霧だったので景色楽しめないって事で、せっせとリサーチしておいたレストランの再チェックをこなしているうちに、水上バスは目的地に到着です

つづく



ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/06

星組3回目。私の日常が帰ってきた。

日曜日、時差ぼけと疲労で寝たきりだった体に鞭打って
星組公演を見てまいりました

もう、気持ちが全然ヴェネツィアから帰ってこなくて
日本に帰ってからかなり虚ろな時間を過ごしていましたが(ほぼほぼ寝てたんだけど)

劇場に1歩足を踏み入れた途端

「あぁ。帰ってきたんだな」

感が半端なかったです。

エルベ、この日も号泣。

刺激の強い経験の後は、自律神経が失調しやすくて、

まぁ、

これは疲れとか、時差ボケとかもあるんだけど、

意味もなく寂しくなったり、
自分の無力さ思い知ったりして凹むんです。

そんな時に紅さんのカールの切ない気持ちを全力で受け止めながら観劇すると、


気持ちが磁石のように持っていかれてしまう…


別にカールと私の共通点なんて全くないし、
なにも共鳴する部分なんてないはずなのに、
自分の中の切なさとか寂しさとか押し込めてたものをぐわっとむき出しにされた気分。

だから怖い。

上田久美子の芝居は。

どんな気持ちで幸せそうな妹を送り出したんだろう…とか、
どんな気持ちで船からマルグリットを見たんだろう…とか考えると苦しい。

どうにもならない自分に一番嫌気がさしているのに、
それでも前に進まなきゃいけないカールの気持ちがすごく切なくてしんどい。

昨日が3回目の観劇だったけど、

ダントツ1番素晴らしいお芝居だった。

あーちゃんの無垢な可憐さと紅さんの切ない芝居の対比が本当に素晴らしいとしか言いようがなく、宝塚を見たってすごく思う。疲れ切った体に鞭打って観劇して本当によかった!

幕間

元気になったらお腹が空いて

D0uH0fnU4AEHbsi.jpg

まぼろしぃの豚まん

あぁ。この味。
すごく日本。すごく日比谷。

そして、気分が高まったところで

D0uKLHzU4AE7PpC.jpg

好物のカルーアソフト

幕間のフルコースを一人堪能したのでした

ショーはすごく楽しんだけど、
やっぱりカイちゃんの場面はな涙がでてしまうし
デュエットダンスのあーちゃんの可憐さと
紅さんの温かさに号泣して

ぐっちゃぐちゃで劇場を出た

あぁ。いつも通りの日々だな。
ここはもうヴェネツィアじゃなくて日本で
私の、いつもの、日比谷だな

すごくそう感じて
なんだか安心した。

いい公演だな。今回の星組。

実は来月また1週間ほど台湾に旅立つ上に
再来月には10日くらいフランスに飛ぶので
この合間の日々に宝塚を思いっきり感じて
カイちゃんをちゃんと見送れるように3月はできる限り日比谷に通えるように頑張ろうと思います!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート