2018/02/19

続々・誰もが認める名作なんて無いのかも知れないけれど。




たとえ萩尾先生が許しても、
私はイケコを許せない。


右見ても、左見ても、
大絶賛しか聞こえないので
過度に期待してしまったのだろうか…私は

何も知らない人が見ても

とても面白かった!

っと思える作品が作れることが、全てなんだろうか?
誰にでも、何も考えることなく、
ただただ楽しめることが、良しとされるのだろうか?

昨日からずっとグルグルしている。

『このブログの内容は作品の良し悪しとはまた別次元の話で
決して花組の「ポーの一族」を批判したいわけではない。』

というような一文を入れないと
まともに本音の感想を書くこともはばかられる今日この頃。
ま、入れたところで文章のうわべを逆手にとってブチ切れされることもしばしばなので、意見の違う方の抗議にいちいち取り合わないけれど。

作品自体のわかりやすさと簡略化を求める風潮は…着実に日本のエンターテイメント全般を蝕んでいるのだな

っと昨日の観劇で痛感した


小池先生に伺いたい

これが本当にやりたかったことなのか?
観客に擦り寄った結果がこれなのか?

ビジュアルが完璧で
個々のキャラクターがしっかり作りこまれている分

過度な効果音、説明を過度に含んだ登場人物の歌う歌詞、
無意味に感じられるような大掛かりなセット
そして、ワンパターンなイケコの演出に

違和感を感じまくった

余白が全く無い
私たちが想像する隙が全く無い
全て言葉と説明で埋められてしまった「ポーの一族」

なんで?
なんでポーの一族をそんなに上演したかったの?小池先生。
宝塚を受けたきっかけがポーの一族を上演したかったからだと
そのために何度も交渉してやっと上演にこぎつけて
みりおのエドガーという最強の武器を携えて

この演出???

さっぱりわからなくなってしまった。
なぜポーの一族にここまでこだわっていたのか。

ここのところ

上田演出の「神々の土地」
原田演出の「ベルリン、わが愛」
生田演出の「ひかりふる路」

などの、若手の良作を見まくっていたから
考え抜かれて、言葉の1つ1つ
細かい演出の1つ1つまで作りこまれた舞台の世界にずっと浸っていたから

大雑把なハリウッド映画みたいなイケコの演出に

ぎょっ

としてしまったのだろうか。

小池先生の演出がきらいなわけじゃない。
むしろ好きだ。私のヅカオタ人生なんて
半分以上、イケコの手のひらで転がされてきたようなもんだ

しかし、ここにきて
若手の良作をたくさんみたあとに
イケコ演出に感じる違和感はなんだろうか

私が今後宝塚が進む道や
観客が望む作品の方向性と
だんだんそれてきてしまっているのかもしれないとも思った
それはそれで、
私が宝塚を見なきゃいいだけの話だからいいのだけれど。

観客の『わからない、難しい』には手を差し伸べるのに、『舞台の余白を楽しみたい、世界観に浸りたい』人間は切り捨てる方向でいいのだろうか?
いいんだったら、私にはそれを止める権限もなにもないから…どうしようもないのだけれど

何度も言うが「ポーの一族」の作品自体と、この話は別の話だ。

先日書いた記事「誰もが認める名作なんて無いのかも知れないけれど。」に続く記事としてこの記事を書きました。

宝塚の今後がどうなろうと
どのような作品が評価されようと
私には全く関係ないことです。

ただ、私が楽しみにしていることが
少しずつ、少しずつ、
何かに蝕まれていくのを感じる

漫画でも、本でも、テレビでも、舞台でも、政治でも、報道でも、なんでもかんでも、
どんどん簡単でわかりやすいものばかりが求められ、提供されていく。
考えることを止めようとしているのだろうか…私たち人間は。

私はこの現状が、とても怖い。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/02/11

雪組千秋楽の朝に。

晴れてよかった!

爽やかな千秋楽の朝。
ついにこの日が来てしまいました。

昨年の11月10日
のぞみ1号に乗って向かった大劇場初日のあの日から今日まで、本当に本当に楽しかった。

大劇場公演中は初日から楽の2回目の遠征まで日にちがあいたので、「大劇場はどうなってるんだろう?」って気になってしょうがなかったし、まぁ様を見送ったあとも、この公演があるから全く凹まなかった。

東京公演が始まってからは
久々にやりきった!!
ってほど劇場に通いこみました

悔いない。

たくさんの本を読んで、たくさんの資料を集めて、フランス語や英語とも格闘しつつ、勉強するのは本当に楽しい。
これは奥が深いから、パリに何度も渡航して少しずつ少しずつ照らし合わせつつ、調べつつ、生涯楽しんでいけるテーマと出会える気がする。
どうしても勉強!ってなると目を背けたくなる恐怖政治の時代を「ひかりふる路」をきっかけに自然に頭にはいってくるようになって、ほんとこの作品がこのタイミングで上演されたことに感謝!

東京公演が始まってから
日々変化する雪組に、
毎日違って見えるだいもんのロベスピエールに、
夢中になた日々。

たのしかったー!

自分が見れない日は、観に行っている誰かが感想教えてくれて、だいもんマクシムの観察日記でもつけようかと思ったww

今朝は朝からバタバタとたまった仕事をこなし、基本の朝食がボール1杯のミルクだったらしいマクシムに習って、私も今日の朝食はミルク1杯にしようと思ってたのに、昨夜食べなかったからお腹空きすぎてうどんをがっつりいってしまった!そしてそもそも私、牛乳飲めないんだった

今日の千秋楽が終わったら、

作りかけのマクシムの衣装を仕上げて、
読みかけのロベスピエールの本を読んで、書きかけの観劇記を書き上げて、

私の中の「ひかりふる路」を仕上げる!

そのあとはベルサイユに向けて、王妃のドレスと真剣勝負で戦う3ヶ月。
あと3ヶ月しかない!ちまちまと厳選しながら集めたドレスの資材が大方揃ったので、今年の新作王妃にとりかかるよ。

革命から一気に王政復古ww

今日はマチネを観劇して、そのあと映画館でライビュの千秋楽!残り1回の生観劇と、最後の最後のライビュ、全身全霊で観てきます。

今日が素晴らしい1日になりますように!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/02/10

月組初日映像とトリコロール。

テンパっている。

わかっている。
観劇し過ぎて、スケジュールが押し押し。

さすがに本気で仕事モードに切り替えなきゃ!!

っという感じなのですが、朝から何度も月組公演初日映像を見ている

ショーのなんかすごい感じは昨日の大きな羽根背負ったたまきちの写真1枚ですごい伝わって着たけど

これ、お芝居もなかなかじゃね?

私、基本石田せんせーのお芝居きらいじゃないので(1回目は怒って、2回目からなんかひっかかってきて、3回目でハマるパターン)通いつめたらはまりそうなきがする。
ってか、現代劇、ほんと久しぶりでいろいろ楽しみだ。

スーツ姿の月組生萌!!

ショーは、だいぶ想像の斜め上に行ってて、エビとか牡蠣とかなんかもう、さっぱり

意味がわからない

見なきゃわからないのかもしれないあ
見てきた人から

「とりあえずまゆぽんが出てくるたびに全てかっさらっていくからあと3回はみないと全容がつかめない」

との感想が届き、
どんなもんか?あのスチールの通りのなのか?とドキドキしながら初日映像みたら

まゆぽん映ってないじゃん!

早急に遠征が必要だ。やっぱり。

そして、フィナーレのあの扇子

ジュリ扇?!

むじんくん、に続いて
ある一定の年齢層から下はなんのことやらなあれだけども

扇子の先のフニャってついたファーが
組長のやつは

にゅんっ

って跳ね上がってて

かわゆかった

ってか、頭に地球儀。
かわゆい。私も載せたい。

月組いつ見に行けるかぐるぐるしながら、仕事してたはずなのに、気がついたら



トリコロールのタスキが完成。

🇫🇷✨

タスキだけでもテンションが上がる!!

ちなみにタスキの下のは明日に備えて作った「なんかこの生地ちょっとジャコバンクラブのマクシムのシマシマに似てんじゃね?」なスカート。
当初ワンピースだったんだけど、スカートになった。

明日で雪組も終わりですもノォ!!

そんなわけで、仕事はとりあえず明日の楽のライビュが終わってから頑張るとして、今日は早めに寝る!

明日が素晴らしい千秋楽でありますように!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/02/06

ひかりふる路から、フランス革命を読み解く~私が観劇の参考に読み漁った本たち~

フランス革命に関する本って、ものすごくたくさん出ている
昨今の新書ブームに乗って
色々な角度に焦点を当てた本があって
5000円くらいする分厚い単行本、長編の歴史小説、ライトにまとめた新書などなど、星の数ほど出ている。

ただ、
私が読みたい!
読んでよかった!!

って思えた本って実はものすごく少ない。
ある一定の歴史を深く勉強するのは幕末に続いて2回目だけど
幕末の勉強を始めたときに司馬遼太郎さんの小説を読み漁ったことが、あとあと私を苦しめるというかなんというか大変だったトラウマがあるからだ。
司馬遼太郎さんの小説の登場人物はみんなすこぶる魅力的で、ストーリーも面白く、寝食忘れて読み漁ったのだけれども

物語としては最高に面白いけど
歴史資料ではない!という事を忘れてしまうほど魅力的だった

だから、司馬先生の書いた小説の中の登場人物が
まるで史実の人物のように思えてしまって
あとあと、史跡をめぐったり資料を漁ったりするうちに
たくさんのギャップにもがくことになる
結局完璧にイメージを拭い去ることは出来なかった

そこから、
何かを学ぶときは極力誰かのイメージの手垢がついたものを読みたくない。
文章の書き方の合う合わないもあるのだけれど
フランス革命を扱った文章を書く方には
なぜか偉そうな文面(これは義弟とこの話をしたときも同一見解だった)の人が多くてしんどい。

私が求めるのは

現存する資料を個人の見解無く読み解いた本

なかなかこの理想の本はない
なので、極力自分のイメージに近い見解の持ち主の本も含んで読んだ。

あまり1人の人に偏って物事を知りたくないので、できるだけたくさんの方の本を読もうとしたけど、
フランス革命を扱った本という割には内容がぺらぺらのものも多くてがっかりすることも度々だった。

どうやら私が読みたい本は英語圏とフランス語で書かれているものが多いらしく

語学力がない私には絶望的!!

おそらくあと2~3年すれば自動翻訳がもうちょっと精度があがると見込んで、英語圏の本は見つけたら買っている状態。


さて、

昨年、フランスの国営放送からマリー・アントワネットに関する密着取材を受けた際に、
自分があまりにも浮かれポンチにフランス革命を理解していないと悟り、勉強せねば!!っと思った矢先に、だいもんのお披露目がロベスピエールに決まった。
決まった直後にフランスへ渡航。パリのコンシェルジュリ等でその場の空気に触れることが出来た。

そして漫画「イノサン」にドはまり。
イノサンは、パリの処刑人を扱った漫画で
ルイ16世も、アントワネットも、ロベスピエールも
みんなこの人によって処刑された
現在まだ連載中。
ベルサイユのばらに失望した私に現れた救世主のような漫画!
グロイし、エロイし、最近はファンタジーかましまくりだけど
ひかりふる路の中のフランス革命は正直

キレイすぎる!

ので、言葉だけではない血なまぐさいがどんなものか
ビジュアルで見てみたい方は最新刊がおススメ
悪名高い9月虐殺がリアルすぎるほどリアルに見れます…

『イノサン Rougeルージュ 7 』


漫画「イノサン」自体はまだ革命の序盤で、革命には触れている程度ですが、この漫画の原作がとても興味深く面白いのでおススメ

『死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男』


処刑人という立場から革命を見つめたサンソンの苦悩が想像以上で、かなり興味深かったです。

この本と同じ安達 正勝さんが書いた

『物語 フランス革命』


以前も書きましたが、読みやすい文体と
「ひかりふる路」に登場した人物が少しずつたくさん知ることが出来てお得感があります。とても面白かったです。

ちょっと違った角度から
革命家やフランス革命にかかわる人々の肖像画をまとめた1冊

『フランス革命の肖像』



この本を書かれた佐藤 賢一 さんは長編のフランス革命の小説を書かれてらっしゃいますが、

ものすっごい文章が私と合わず!

1冊買って10ページくらいで挫折しました…本買って読みきらないなんてこと無いんだけどね。なかなか。
合わないもんは合わん!
ただ、この本はたくさんの顔ぶれをギュッとまとめてあって便利です!


フランス革命の大まかな流れや登場人物や出来事を
図解を使って非常にわかりやすく説明してくれるのが

『世界史劇場 フランス革命の激流』


河合塾監修のガチの参考書ですが
すごくわかりやすいです
コレを読んで「ひかりふる路」を見れば
よりスムーズに、隅々まで物語を楽しむことができます
ものすごいスピードでものすごい端折ってる物語だけど
生田君が細かいところにこだわってるのがわかります



ロベスピエール本人の事を知れた気がしたのはこの2冊

1冊目は『シャルロット・ロベスピエールの回想録をひもとく』


劇中で野々花 ひまりちゃんが演じている、マクシムの妹さんの話を書き留めてまとめた1冊です。
妹さんはマクシムの粛清後、迫害を恐れてひっそりと引きこもり、生涯独身ですごしたそうです。
相当仲のよい兄妹だったようで、やや、兄を崇拝しすぎwwみたいな部分もあります。
あくまで彼女からみた優しいお兄さん。人間としてのマクシムが垣間見れる気がします。
ただ、汚名を返上するために、ちょっと言い過ぎかもな…みたいな部分もありましたがマクシムの革命以外の部分に触れることが出来る貴重な1冊です

そして最後に
『ロベスピエール』
ピーター・マクフィー (著),‎ 高橋 暁生 (翻訳)


先日も紹介した3900円くらいする辞書のように分厚い本です。
文章が読みにくく、言葉が難しく、フランス人の名前が覚えられず、
日本語の辞書を引きつつ、人物相関図を書きつつ読み進めました。

苦労して読んでますが(まだ読み終わってない)
その苦労の分、この1冊が一番ロベスピエールを感じることが出来ます
私はこの本が1番面白い!!
すごいおススメとは言いかねますが…生田先生がこの本をかなり参考にしていることは確かです!
(ポスター撮影の段階で鳥かごやカナリアを登場させていた意味もなんとなくわかります)

他、私の大好きな中野京子さんの著書「怖い絵」シリーズで、画家のダヴィットに関する項目が結構面白かったです。
「ひかりふる路」では至高の祭典の演出として登場しますが、
マリー・アントワネットの最後の肖像を描いたのも彼であり、球戯場の誓いも、ナポレオンの戴冠も
長いものに巻かれまくったゲス感と(時の権力者に媚びる)描く絵の素晴らしさのコントラストが人物として興味深いです。
ギロチンに向かうダントンに罵倒を浴びせられたとういうエピソードもある。


ここに紹介している本の3倍くらいの量の本をこの公演が始まってから読みました。
つまらないものもたくさんあったし、私に合わないものもたくさんあった。
でも少しずつ拾える知識や事実を吸収して、私の中のイメージが出来上がって、それと照らし合わせながら生の舞台を楽しめる贅沢な3ヶ月間

本当に幸せでした

この日々を胸にっ
5月のパリで史跡を訪ねて、この目で見て感じてこようと思います。

今日、BDが手に入ったからね!
細かい部分をしっかりチェックしながら見れるってことで
私の中のフランス革命ブームまだまだ続きそうです。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/02/05

修羅場って、ラデュレ。

今年初修羅場となりまして

ブログ書くどころの騒ぎじゃないよ!

みたいな感じで、さぼりました。

なんで修羅場になったかと言えば、

観劇のしすぎて!!

ってことで、自覚あるし、ものすごい自業自得だし、なんもいえん。


だって、そこに雪組公演があったから!


しょうがない。
しょうがないよ。

2時間睡眠でフラフラしながら劇場に行って、集中力の全てを使って観劇して、

観劇中はみじんこほども感じなかった眠気が、終演後にどばーっと出てきて

地下鉄かどっかにポンポン落として無くした…泣

とりあえず
お腹に何か入れて力を出そう!

ってことで、
劇場で合流したオミさんと、ホテルの近くだった秋葉原の万世のステーキハウスで

お昼からステーキがっつり💕



体力つけて、
少しホテルで仮眠して、

夜はにわさんのお茶会に行ってきました!
最近、雪組公演は恒例のにわ茶参加。



今回も爆笑で、爆笑で、爆笑で、
笑いすぎて腹筋痛い。

今回はにわさんたくさん動き回って、
2公演終わった後なのに、あんなに元気に動き回ってくださって

ちょっと修羅場だったくらいでヘタれている場合ではない!っと元気をもらったし、にわさんの人柄に触れると、心がホコッと幸せになる。
副組長のにわさんのお話を通して、雪組はいい組みだなぁ。みんな楽しそうだなぁっていうのが伝わってきて、時間があっという間でした。

今回はオミさんが初参戦だったけど、次回もぜひ来たい!ってことで、私が連れて行った友人はにわ茶リピーターとなるのです!

楽しかったすぎたお茶会を後にして、
秋葉原のホテルに戻り、
もう遅いけど小腹が空いたので、おにぎりを食べて倒れこむように就寝

オミさん曰く

夢の中で何か食べていた私が、突然

うまっ

っと寝言で叫んだらしい。
夕食、おにぎりじゃ足りなかったかな。

そして、今日はオミさんの東京のお買い物にお付き合い。
日暮里で、5月のベルサイユ用のドレスの装飾いろいろ揃える。買っても、買っても、終わらない…さすが王妃様のドレス!

日暮里でランチを済ませて

キャトルレーブにもしかしたら、ひかりふる路のBD出てるかも!!

っと日比谷に行ってみたら…

シャンテが休館日!

フラゲどころじゃない。
キャトルが休館日。

「もう…どうしようもないわ…」

放心するマリー・アンヌの気持ち…

仕方がないので、オミさんが新幹線までの間に銀座三越に向かい
高橋真琴さんの画展をやっていたので、オミさんと眺めつつ、オミさんが大きな絵を買うかどうか悩みつつ(買えばいいのに!)、タイムアップとなったので、
今日のお礼にラデュレでマカロンかっていただいて



バイバイし、
帰宅して、いよいよ倒れた。

バタンキュー

っていうレトロな言葉通り
バタンして、キューっと寝た

5時間爆睡してやっと目覚めたら体が鉛のように…修羅場の後遺症がすごい

ラデュレのマカロン食べて、元気をだして、
今日は早く寝て、明日の観劇(あと、会社も行かなきゃ)に備えたいと思います。
明日こそ、ひかりふる路のBDがゲットできそうな気がする!

もうね、観劇はチケットがないのでままなりませんが、とにかく映像で見まくれる環境になって安心したい。

安心したいのよ!

この作品をいつでも見れるという安心感が欲しい。

そんなわけで、とりとめもない日記じょうたいいなってしまいましたが、明日に備えてとっとと寝ます!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート