2018/07/14

6◇汐音のフランス旅2018〜パリでの心得〜

本日7月14日は

パリ祭🇫🇷

1789年7月14日にバスティーユ襲撃が起こった日
フランス共和国の成立を祝う日

フランス語では Fête nationale française

もともと高いパリのホテルが1年で1番高い日
観光客ばっかりの日(パリ在住の人の多くはバカンスでどっか遊びに行っててパリにはあまりいない)
そんな日なのに、某刀剣ミュージカルのパリ公演が本日のため
友人がパリに飛んでおります

私も一緒に飛びたかったが、さすがに…さすがに無理だけども!
いつだってパリに隙さえあれば行きたいが
財布と有給がそうはさせてくれない。シトワイエンヌに贅沢はできないのだ。

さてさて、
パリ渡航も3回目になりました。
だいぶ、慣れてきた気がします。
偏ったエリアにしかいないので、パリの全てを知り尽くした!とは到底言えませんが
長めの滞在でパリで生活してた感があったので
よりパリを知れた気がします。
来年は1ヶ月滞在してみようかな…よっぽどのこと(ヅカの大事な公演やジャニコン)がない限りって思ってます。

一時のテロ騒ぎの頃より、日本人観光客もだいぶパリに戻ってきた感じがします。
ただ、どっちかっていうと韓国の観光客の方が多いかな?
特に若者層の日本人女子グループみたいなのはあまり見かけません。

「パリとか怖い…テロとか…スリとか」

っとパリに旅行するっていうと3人くらいに言われますが
私から言わせりゃ

日本だって十分治安悪い

どこにいたってリスクはあります。
ただ、パリで過ごすにはいくつか注意点が必要かなっと自分なりに工夫してます。
今回はそれをご紹介

パリに旅慣れた方は

「綺麗な格好するな!」
「キラキラした格好するな!」

っと口を酸っぱくしていいますが、これはまぁ、本当でしょうな。
日本人を含む、韓国、香港、中国などのアジアの女子は
そりゃもう綺麗な格好&ばっちりメイク
下手すりゃ綺麗に髪の毛巻いてきます

これは浮くね。

フランス人、まず

メイクほとんどしてない
髪の毛ボサボサ
ストッキングとかほとんど履いてない

そして夏場は

半乳出てる

そんな感じです。
なので、綺麗目なひらひらしたような服とか
日本にいるときみたいな格好は、まぁ浮くでしょうね

たださ、
やっぱりさ、
憧れのパリだし。せっかくのパリだし。
写真だってたくさん撮りたいから
自分的にテンションが上がらない服装で旅するのは嫌だ!

っと私は思ってしまうのです
わかってるよ。汚いデニムにヨレヨレのTシャツとか
小汚い格好の方がいいのは。

でもさぁ!!

1回目の渡航で、本気で小汚い格好していったら
ルーブルでスリと間違われて欧州の観光客に警戒された経歴を持つ私は
パリで過ごす自分なりの服装と安全を考慮した行動に
いつも結構な神経を使ってます。

一番安全なのは

ユニクロとZARA着てれば間違いない

これに
メイクは最低限の薄め
アクセサリーとかなし
ストッキングもなし
髪の毛も出来る限りのナチュラル
ネイルはダメよ

を守っていけばだいたいOK

パリジェンヌもよっぽどオシャレな人じゃない限り
だいたいこの2ブランドか、H&Mでやり過ごしてます

あと、出発前に一度全身のコーディネート鏡で見てみるといいかもね
私は、一度自撮りしてみて

「こりゃうかれてるな」

っと思ったら何かをマイナスしたり、着替えたりします

DeG9eC3W4AAG68a.jpg

たとえば、↑パリ2日目の朝
久々のパリで気合が入りすぎたので
この写真のあと、イヤリングを外しました
帽子は悩んだけど暑かったのでかぶったまま

カバンとくつは汚いくらいがいいです
日本ではちょっと…使うの躊躇うなってくらいのやつ持って行ってます
普段歩くときはスニーカーですが
ちょっとちゃんとした格好で行かなきゃな…みたいな場合はパンプスに比較的ちゃんとしたワンピースでいきました(今回は国民議会の傍聴のときとか)もしパンプスやワンピースの準備を忘れて、素敵なレストランやオペラやバレエの観劇!何て事になったら、まぁ、ZARAに駆け込んどきゃなんとかなりますww

ちょうどいいよね。ZARAの服。
適度なオシャレ感と、値段と。
今回もワンピースと1着とトップス持っていきました。

パリの地域にもよりますが
スリはいっときよりぐっと減っている印象です
前はオペラ座の近辺にうようよいたのに
今回は週末の金曜日の夕方にどこからともなく湧いてきたな…って感じだけでほとんど遭遇しませんでした。

ただ、やっぱりアジアの人は狙われやすいので
貴重品の管理はくれぐれも気を付けましょう
あと、海外旅行保険はカードの保険だけではなくちゃんと入っていく(4000円前後の物にいつも入ってます)のがオススメです。何かあったときの対応が格段に早く、安心感があります。

幸い、ヨーロッパ渡航で大きなトラブルには見舞われてませんが
私は何度か海外でスリやひったくりにあってます

海外旅行だけにかぎりませんが
できることは最大限してくのがオススメ

セキュリティがしっかりしているホテルであれば
現金やパスポートはあまり持ち歩かず最低限の貴重品で歩きましょう

ルーブルとか行くとき、私、財布置いてくからね。
10ユーロとカードだけ持っていきます

あ、

クレジットカードは必須ですが
できれば2枚あった方がいいです
私、デパートでエラー出てカード使えなくなったりして今回とても焦ったので。
デビットカードと普通のクレジットカード2枚持ちだと安全かも
最近はプリペイドのクレジットカードもあるので
使い分けると便利だと思います
(カードで買い物した方が両替するよりレートがいいです)

あと、私は常にGoogleMAPとGoogle翻訳、そのほか調べ物をしながら観光するので日本からWiFiルータを借りていきます。パリには無料のWiFiスポットもたくさんありますが、正直セキュリティが不安なのと、ホテルは安定しないこともしばしばです。

そしてそして、

スマホだけでなくタブレットももっていればそちらも持って行く事をオススメ
万が一、スマホが壊れてもタブレットやiPodがあればiPhoneの代わりに役立ちます

一部の移民エリア(黒人街や移民街)は相当治安が悪くてですね…
車で通っただけでも…ちょっと怖すぎてゾッとしました
パリ北エリアはできれば避けた方がいいと思います。

パリの中心エリアはそんなに警戒しなくても大丈夫な雰囲気でした
少なくとも3年前より治安が良さげだった
深夜に1人で地下鉄乗ったり、街を歩いていても
そんなに危険は感じませんでした

ま、私が慣れてきただけかもしれないけども
みなさんが思っているよりは安全だと思います

あと、パリの人たちみんな優しいですよ!

ちょっと前のイメージだと、
フランス人はフランス語以外で話しかけると話を聞いてくれない!なんて言われてましたが
それはごく一部の人の事で
みんな親切で優しい印象です

まぁ、ある程度割り切って
レストランや美術館の従業員の方々のいろいろは

国が違えばサービス違う!

っと楽しむ心意気が旅の醍醐味と思っていれば
大抵の事はにこやかに過ごせます

こっちの気の持ちようで、あっちの接し方も変わるから

お邪魔します!パリの方々!!

ってことで、ニコニコしていれば大抵大丈夫です。

警戒しすぎるとしかめっ面になってよろしくなかったパリ1回目の教訓だわな。

現地で旅行会社営まれている方が
日本からの観光客がとても減ってしまったと嘆いてました

パリ素敵な街ですよ✨

ヨーロッパ旅行なんて絵空事だと思っていた私も
重い腰を上げて飛び込んでみたら
なんてことなく楽しめました。

行ってみなきゃわかんないよね。何事も。

来年以降、私プロデュースでのベルサイユやパリでのツアーが実現するかも???

旅行会社さんとのコラボ企画、地道に進行中
ドレスを着てお城やレストランで楽しめたりとか✨
いろいろなコネクションを駆使しまして企画してます。

詳細は何か決まり次第発表いたします!

って、宣伝だよ!

いや、でも、
ヅカファンならなおさら
フランス旅行って人生に1度は行っていただきたいというか
私ごときがフランスのなんなんだ!って話ですが
私が経験してきた楽しくて素敵なこと
もっと知ってもらいたい!っていうのがずっと思っていた願いです。

そんな夢の実現に向けて少しずつですが努力してまいります!



ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/06/30

5◇汐音のフランス旅2018〜パリ1日目いきなりルーブル

おもむろに旅行記の続き!

今回は頑張ってツイッターにちょこちょこあげて
足跡を先に書いてあるので旅行記も完成できるはず!っと思いきや
逆にそれに満足して書いてない…だめじゃん

目標!今度こそ書き上げるっ

そんなわけでもう1ヶ月以上も前のことですが、旅行記本格的にはじまりはりまり

さて、

パリに着くまでの過程はこのシリーズの1に書いてあります
パリで書いた分ね

エールフランスで機内にドレス持ち込んでぶーんと12時間
フランス到着第1歩めで

盛大にコケ

足首を捻挫

そう。第1歩目
CAさんも驚愕の盛大なずっこけ

いきなり笑いの神!

っと我ながら呆然としましたが

ま、ここでコケておいたので
厄的なものここに置いてきたってことで
そのあとの旅程はいたって順調でございましたww

空港で、毎年お世話になっているマダムと合流。2人で大きなタクシーチャーターしてリッチ✨乗り合いだと私の大きすぎる荷物は運べません…ので…巨大なスーツケース2個とカツラとバックが2個…普通のタクシーではもはや積み込めないww

なので、個人利用でチャーターしてます。
1年ぶりのマダムとワキャワキャ楽しみつつ、パリのホテルに到着

この時点で夕方

まだまだ明るいパリの夜(22時半頃まで昼間のように明るい)

よーし
ルーブル美術館に行こう!

毎週水曜日と金曜日は
夜間営業21時半まで

これ、空いてておすすめです
観光客少なめ

ホテルから歩いて10分くらいのところにあるルーブルへ、荷物を置いてすぐに出発しました

いやぁ、
最高か!ルーブル!!

っと今回初めて思いました
私、ルーブル美術館とは相性が悪くてですね…行くと具合が悪くなったり、非常に機嫌が悪くなったり…なんかこう、土地とわたしが合わない!ってのをいつも感じます
今回も感じたんですが、とても感じたんですが

そんな磁場とわたしの不都合ぶっ飛ばすくらい

そこにある萌えが絶大だった!

ルーブルも3回目
やっと大まかな配置図が頭に入りました

予習もバッチリしていきました。
中野京子さんのはじめてのルーブル



私は文庫版と電子版と両方買いました。
電子版はとても便利で、解りやすい地図が入っているので

現地での地図の確認、
そして、現物を見ながら改めて作品の解説をその場で読める!っていう

なんというか1枚の絵を鑑賞するのに30分は軽くかかるのです…

電子書籍に入ってるたくさんの文献を絵画の前で反芻し、

気になる絵画はその場で調べ、

Google翻訳で翻訳したのを紐解いて

写真に撮ってあとでさらに調べ

すごい時間がかかるのです!!
(そしてiPhone大活躍!!!)

そうやって勉強すればするほど思う
ルーブルの素晴らしさ
収蔵品の多さと質の高さ

ルーブルの作品に関する紹介は別記事にしますが

汐音的ルーブルのポイントは

見たい作品を3つくらいあらかじめ決めておく

サモトラケのニケは見た方がいい

サモトラケのニケからモナ・リザに行く途中にある宗教画の数々はじっくり見ているとすごい疲れるし、割とエグくて食らうので、興味がよっぽどない限り見なくてもいい

なんならモナ・リザもそんなに見なくてもいい(混みすぎ、小さすぎ、遠すぎ)

地図はある程度脳内に入れておく
現地でもチェックをこまめに
地図見るのに自信がない方はDS借りて!
(任天堂3DSがあれば現地で日本語ナビになります)

ナポレオン3世アパルトマンは必見!

リシュリュー翼 と、ドゥノン翼を行き来するには地下の入場口から一回外に出て再入場が一番早い!←毎回この行き来が困難で迷子になるんですが、今回一度外に出て再入場が可能と判明し楽に行き来できるように

入り口はピラミッドからよりも地下の入り口の方が空いてるし天気に左右されない

などなど

なんか色々コツ的なものがわかってきた
これがわからないとイライラしてしまうのだ

あと、どんなに頑張っても4時間が限界だと思う。集中力

今回はFRANさんもご一緒に参りましたが
あまり乗り気な感じじゃなかったFRANさんも空いてる夜間のルーブルを存分に楽しみ
マニアックにスペイン絵画とフランドル絵画中心に見て
ルーベンスに大興奮しているうちに閉館時間となりました

DeG9IOZXkAAKuls.jpg
最近気づいたけど、わたし、疲れすぎると垂れ目がひどくなるね!



さて

薄々気づいておりましたが

外が大豪雨!!

大変な雨風雷で
雷が轟グランドギャラリーとか
恐怖っていうか、雰囲気満タンすぎて

なんかゾクゾクしました

ゾクゾクしている場合じゃなくて
晴れている状態でホテルを出たので
傘持ってない私たち…

外出て見たものの

滝雨!

仕方なくメトロでホテルまで帰りました
遠回り…
夕食はマダムおすすめのノルマンディー料理のお店
ホテルのすぐそばだったのでそちらに

オペラ座のすぐ近く、ノルマンディーの有名シェフが出してるレストラン。
パスカードという濃厚なバター香るパイの様な甘い生地に
サーモンやハムな度と一緒にタップリのお野菜!
かなりボリューミーで甘い生地と具のバランスが絶妙✨

DgRKxaZVAAIxIN8.jpg

DgRKxalUYAEp5lC.jpg

14 rue Daunou 75002 Paris

初日の乾杯!っといっても
汐音、かなりグロッキーで…
そりゃそうだ。

ほとんど寝てない1ヶ月→徹夜で出国→飛行機もあまり寝れず→いきなりルーブル

疲れているに決まってる!

そんなわけで、モヒートとか可愛いの飲んだ

オペラ座でバレエみてきた若いカップルが
ドレスアップして食べに来てて

なんかいいな!パリ!!

っとおいしい料理を頬張り
ホテルに帰って早々に就寝

1日目からずいぶん飛ばしたわっ

つづく
ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/06/09

4◇汐音のフランス旅2018〜旅の足跡〜

訳あって、とても忙しい
今回のフランス旅行、今後の私にプラスになるであろう素晴らしいチャンスと出会いがたくさんありまして、帰国してからもそれをどうこうするのにバタコラしております。

雪組さんは無事昨日初日を迎えましたね!
劇場に行けなかったけど、パリの凱旋門に向かって公演成功祈願しておいたので最後まで素晴らしい公演になるでしょう!っと信じてます。

DfKMj_KUYAE0ELY.jpg

フランス革命の史跡をめぐっては雪組に「ひかりふる路」に想いを馳せて
ロベスピエールの胸像に、去年は公演の成功を祈ったけど今年は公演のお礼をし

ベルサイユ宮殿やサクレクールに行っては王妃の館を思い出し

宙組の先行画像が想像以上に素敵だったので、急いで徒歩3分のルーブルにモナリザ見に行ったり

オペラ座に行ったら次の次の雪組公演の成功を祈り

凱旋門の前を通っては雪組公演の成功を祈り

街角でベタにアコーディオンとか弾いているのが耳に入ると酒井先生のショーを思い出し

あちこちに1789やレミゼやイノサンやいろんな作品の面影があって(ベルばらは…私の中で本物のフランスと結びつかない作品に成り下がったので除外)どこを歩いてもひたすらに楽しかったです

フランスも3回目
今回は10日間の比較的長期滞在で
パリのど真ん中のアパルトマンに泊まったため(ちなみにホテルより高かったんだけどね…)

パリやベルサイユで生活している感✨

がすごくあり、なんだかグッと街が近く感じられました。
相変わらずパリパリ伝説が私の教科書で、あれを熟読していたからこそ
ありのままのパリを受け止められたんだろうなって思います。

私も含めた日本人のイメージと
実際のフランス、フランス人はだいぶ違うのかもしれない

今回は現地のお知り合いとより仲良くなれたり
フランスの方とお話をする機会も何度かあったので
いろいろなことを感じ取って
日本の狭い考えの中でぐるぐる考えてたのがすごくバカバカしくなり
海外に行く旅に、心が自由になるのを感じます

すごくお金がかかるし
すごく労力や努力が必要だけど

ヨーロッパを旅することは、ただの旅以上に大きな収穫がある!

そんなことを思った旅でした。

前置きが長くなりましたが
きっと今回も旅行記が書き終わらないので
まず最初に旅の足跡をまとめてしまいます!
ここに最初に足跡書いておいて、
書ける部分は別途特記事項として記入します

★印は宝塚の公演に関連するスポット
☆印は「ひかりふる路」に関連するスポット

自分の備忘録のための記録です!

5/25 
成田空港よりエールフランスで出発
ドレス機内持ち込みの優しさに触れる



時差−7時間
同日夕方 パリ着
いつもお世話になっているマダムに1年ぶりの再会
今年もびっくり大荷物のため送迎をお願いしておりました
パリ市内へ移動 



パリのホテル着
時間が早かったのでルーブル美術館夜間営業で21時半まで美術館鑑賞



マダムおすすめのノルマンディーのガレット屋さんで夕食



26日(土)
コンコルド広場→国民議会(外を見て回っただけ)→国民議会ショップ ☆

ノートルダムの近くのレストランでランチ

コンシェルジュリ ☆

サント・シャペル教会



丸一日歩き回って疲れすぎ、汐音夕食を取らずにダウン



27日
ベルサイユへ移動
マダムの送迎で午前中の早い時間にベルサイユへ車移動



去年もお世話になったアパルトマンに到着



ベルサイユのマルシェに興奮してチーズ、生パスタ、野菜、などを大量購入
マルシェの近くのパン屋さんで激ウマバケットとケーキもゲット



アパルトマンで豪華ランチ



ベルサイユ宮殿のお土産屋さんで欲しいものチェック ★
(何も買わなかった&宮殿見学なし)



プチ・トリアノンを見学 ★
(改修が終わった王妃の劇場も見れた!)



アパルトマンで生パスタのディナー



28日
朝食・昼食共にアパルトマンで自炊
とにかく衣装が仕上がってないので黙々と各々の作業



18時半頃、宮殿舞踏会へ出発



0時半過ぎ、宮殿舞踏会より戻る



29日
朝早めの送迎でパリへ戻る
送迎、今回は毎回マダムが同行してくれたのでたくさん楽しいお話をした



ホテルに大量の荷物を運び入れ、ギャラリーラファイエットをブラブラ散策



初日の夜と同じガレット屋さんでランチ
(久々に外食すると美味い!!)



今日は休む日!と決めていたのでチェックイン後、ダラダラと部屋で過ごす



お気に入りのビストロに出向きディナー



30日

ガルニエ宮 ★



モンマルトルでランチ



サクレクール寺院 ★
上まで登った



モンマルトルのマダムおすすめのチョコ屋でここでしか買えないリヨンのチョコ大人買い



シャンゼリゼ(凱旋門付近) ★
通勤用のロンシャンのバッグ購入
LIDOのチケット購入



ホテルに戻って荷物アパートに荷物移動



徒歩5分のアパルトマンに荷物の一部を運び込みちょっと休憩



本場のレビューLIDO鑑賞



荷物の残りをアパルトマンに運ぶため一人で深夜の地下鉄に乗ってキセルGメンに捕まる



アパルトマンで夕食



31日

服飾美術館



部屋でランチ



ルーブル美術館 ★
(夜間営業と勘違いして行って1時間しか見れなかった)



デュプレ家やジャコバンクラブの跡地散策のお散歩 ☆



ジャコバンクラブ跡地でビール ☆



お気に入りのビストロ(2回目)でがっつりディナー



1日

フランス国民議会傍聴 ☆



シテ島までの歴史地区を散策



最高裁判所見学&民事裁判傍聴



アパルトマンに戻ってランチ



NINA'S パリ本店にお招きいただき
アントワネットティー&ケーキをいただく



ギャラリーラファイエットグルメ館でバターの大量購入



モノプリでお土産購入



ジャコバンクラブ跡地の横のシーフード屋さんで牡蠣



ジャコバンクラブ跡地のレストランで肉



荷造りある程度して寝落ち



2日

早朝から荷造り



送迎のマダムとワキャワキャしながら空港へ



飛行機出発遅延で1時間遅れ空港で3時間ダラダラ



エールフランス満喫して(私は個人的にエールフランス大好きなんだ!)12時間



成田着

こんな感じの旅でした!
オタ充&ひかりふる路充はしてたけど
キラキラしたパリっぽいところはもはやNINA'S パリ本店だけかもな…

朝食やランチはベルサイユのマルシェで購入した新鮮な野菜を自炊して、
ディナーはがっつり本能のままに食べてました

日本に帰ってから思うけど
パリのレストラン本当に高いね!…いや、日本の飲食店が安すぎるんだと思う!!

美味しいパリも満喫してきたので
そのあたりもまとめて書けたらなぁって思います

こうやって旅程先に書いておけば
あとはピックアップして抜き出して書くだけなので、これなら完成できるかな?!

続く!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/06/05

3◇汐音のフランス旅2018〜帰って来たよ〜

日曜日のお昼頃、無事帰宅しました

濃い目

な旅でした。
今回は遊んでいるばっかりでもなくて
いろいろ今後のワクワクすることの下ごしらえがたくさんできたので、
何かしら決まり次第、発表していこうと思います!

そのワクワクすることが急激に動き始めたため
帰国早々、私はてんてこ舞いで仕事しております
頑張るときは頑張らないと!!ってことで
ブログを書くのも随分と久しぶりですわな。1週間ぶり?
雪組公演の初日にも駆けつけようと思いましたが
今月いっぱいはちょっと頑張りたいので来月遠征します!

私の旅行記は完結したことがないので(完結する前に次の旅がすぐ来てしまうので)
またきっと完結しないかもしれませんが
旅の出来事を細かすぎるまとめでまとめて行こうと思いますので
またしばらくおつきあいください。

今回の旅は、メインはもちろんベルサイユの舞踏会でしたが
「ひかりふる路」を辿る旅というのがさらに大きなメインテーマだった気がします
緒海が今回の旅には急遽来れなくなってしまったのですが
FRANさんと2人、フランス革命の足跡を辿る旅でした

いやぁ

振り返ると

素敵なパリ✨

みたいなことがほとんどなくて

国民議会(フランスの国会)を傍聴しに行ったり
最高裁判所で裁判を傍聴してみたり
コンシェルジュリで調べ物しながら3時間ぐるぐる回ったり
マクシムの下宿先のデュプレ家跡地も
ジャコバンクラブの跡地も辿り
マクシムとマリー・アンヌが再開したであろうと推測される橋で思いにふけったり

とにかくひかりふる路充してた✨

フランス革命に身を投じすぎて
ルーブルでオランダ絵画見まくるのと
お洋服回にいくのがタイムオーバーで無理だったけども

悔いのない旅でした

オペラ座が空いてて嬉しくてくるくる回ってたら見知らぬ方(多分ドイツ人?)が写真撮ってくれたり

Deb8M8BX4AYYKm0.jpg

ジャコバンクラブの跡地はレストランになっているので
うまいフランスビールを2回も飲みに行った

DelFr09X4AAOpZF.jpg

私のベルサイユでのアントワネットの画像を見てくださった、紅茶メーカーのNINA'Sからお誘いをいただき
パリ本店でアントワネットティーとケーキをご馳走になったよ

DentVmuW0AMHJy_.jpg

唯一くらいの優雅な時間だ!

とても大変だった今回のドレス

De7cM6dVMAAxACl.jpg

頑張った甲斐がありました!

私至上最も長い旅だった10日間のフランス
旅に同行してくれたFRANさんには感謝です
生活スタイルが近いのと、お互いに干渉しないので
とっても楽な旅の友だった

いつも終わらない旅の記録だから
明日は先に旅の足跡を全部書き出してみようと思います!

どうぞしばらく愉快な珍道中におつきあいくださいっ


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/05/30

2◇汐音のフランス旅2018〜ベルサイユ宮殿舞踏会 速報!〜

2018年の FetesGalantes 無事終了いたしました!

ベルサイユでの舞踏会参加も3回目。
このために頑張った1年が全て報われて、今年も夢のようなひと時でした✨

20180530080651e9f.jpg



20180530080705244.jpg


こうして写真を見返していても、
今年は自分的に満足いくまでやり切れたので達成感でいっぱいですっ

今年は衣装ガチ勢(歴史衣装を愛して本気で取り組んでらっしゃる方々)からたくさん声をかけて頂けて嬉しかった!!
去年よりはヒストリカルドレスに寄せて作れたので、ちゃんと勉強の成果を見てもらえてて感動する

2018053008071779c.jpg


今まで作ってきた、ヅカやディズニーの衣装とは全く別物くらい作りが違うので、とにかく勉強と研究が必要と悟り、たくさんのことを学んで吸収した1年でした!
ある意味、年1の発表会みたいなもの!!

あの場の雰囲気を壊さないよう、たくさんの研究と努力と、莫大な材料費が必要でした。だから年1着が限界っ

歴史衣装をちゃんと勉強して頑張れば、今まで憧れで、声をかけるのが精一杯みたいな素敵な方々が声をかけてくださるし、去年の私を覚えていてくださった方々にもたくさん再開できて

こりゃ、また1年かけて準備だな!

って頑張る意欲が湧きました

取材のカメラも何台か入ってましたが

世界三大通信社の1つ、
AFPニュースのトップを飾った✨

20180530082148bdd.jpg


トランプ大統領と同じTLに自分たち並ぶ不思議感ったらない!

詳しいレポは帰国してから!
そして来年はさらに楽しめるように現地で色々動いてます。詳細が決まったら皆様にもお知らせいたしますね!!

残り丸3日パリを満喫して帰国しますっ

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート