2017/06/20

イノサンが面白い。



ブログを書く時間がない!

猛烈に本を読んでおります。

フランスから帰ってから、西洋美術やブルボン王朝、フランス革命に関する本や、ベルサイユで購入した服飾史の本、読み漁り一杯一杯。
読書の時間がなかなか取れないので、昼休み、仕事の合間、寝る前の時間のみが読書タイムにあてられるためネットにつながる時間が極端に減っております。


何そんな急に勉強始めたよ!!


って感じですが、私の中で


知りたい欲


が何よりも強いので、こればっかはしょうがない。

で、活字を読みすぎると頭の中に字があふれるのでブログ書いたり、ブツブツつぶやいたりしないと、これまた頭が混乱しちゃうのでたまに吐き出さないとだめなのね。

さて、

フランス渡航前から各方面に進められていた「イノサン」
渡航前に読みたかったけど
渡航前は全然そんな時間がなかったので
渡航後に妹のだんなさんに一式借りて一気読み

ストーリーとしては
フランスで代々処刑人としての役目を担う一族の苦悩や葛藤を描く事を軸に、ベルサイユでの華やかな宮廷と貧しい庶民の生活のコントラストを鮮やかに描ききっていて

私の中で、

これこれ、こういうのが読みたかった!

にビシッとはまった感じ。

処刑シーンや人体の解剖シーン、残忍な出来事や、飲み込みきれない様々な理不尽、そして生々しいエロスが詰め込まれているため、受け入れられない人には厳しいかもしれない。

ただ、

私は1回目のフランス渡航以来、ベルサイユのばらをどうしても受け付けなくなってしまいまして。。。
今、ベルばら拒否反応がひどい状態なの。
なんというか、あれで知ってあれが全てだと思っていたフランス宮廷も、フランス革命も、
余りにも何もかもが違って脳が「あれはファンタジーだ」で割り切れなくなっちゃった感じ。

イノサンも、もちろんかなりの部分がファンタジーだけども、史実や時代考証をかなりしっかりしていて、そのバランスが絶妙。
ベルばらを思わせる演出も組み込まれ(意図的に同じせりふを言わせたりしている)
そのひねり方が素敵。

キャラクターの設定はベルばら以上にファンタジーだけども、それが生々しい世界観と調和することでリアリティを感じるし
今まで日本で一般的に持たれているイメージとは全然違うんだけど、
どの登場人物もよく調べてあるな…あながち全部がファンタジーじゃないなって感じる。
特にルイ16世は、私たちが思っているほど無能ではなかったかもしれないし、
アントワネットは私たちには想像すらできないような超絶貴族感覚の持ち主で、一概に悲劇のヒロインではない。

調べれば調べるほど
持ってたイメージと違う人たちに感じるギャップを
イノサンはちょっと埋めてくれた



グロさとエロさと血なまぐささは
18世紀フランスと切っても切り離せないもの。
ベルサイユのばらに慣れ親しみ
それが全てと思う人には衝撃的で拒否反応が起こるかもしれない

だけど、今まで触れられなかった
っというか、日本人的に都合よくベールに隠れていた部分を
さらけ出して見せてくれた

グロさも、エロスも、
作画の美しさと演出力で
後にひかない。そこだけが突出していない。
純粋に作品として楽しめる1部に溶け込んでる

まさに
漫画の真骨頂のような作品だと思う

連載はまだ外伝が続いていて
後半以降はファンタジー色がどんどん暴走気味だけど
ベルばらが全て!と思っている人にこそ
読んで知ってほしいと思う作品です。

うん。
すごい。
漫画ってすごい文化だと思った。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/06/17

総選挙。

毎年、なんだかんだ見てしまう。
特別何か応援しているわけでも
誰かをグングン押しているわけでもないけれど

見てしまう

いろんなことを言われて
いろんなことにさらされるアイドルという職業を一生懸命こなす彼女たち。

私も年をとったもんで…若い子が頑張っている姿に涙が止まらない。
今までのように安泰ではなく、危機感漂うAKBグループで
いろいろな子がいろいろな感情をぶつけてくる。

アイドルに結婚するなとは決して言わないけれど
あれはない。ほんとない。あんなことを許すってない。
あの子の発表の時、顔を歪めたまゆゆ
歪んだ顔ですら美しいと思った
本当にアイドルに青春と人生をぶつけてきたまゆゆだからこそ
あの顔だよね。

卒業すると思ってたけど
やっぱり卒業です

まゆゆはアイドルだよ。
本当に本当にアイドルだよ。
ほんとすごいアイドルだよ。

好きだよ。芯が通ってて。ほんと。

今年も総選挙見ながら号泣してた。
若い子が何かに向かって、頑張る姿はそれだけで泣ける。
そして今、危機感を抱えて立ち向かう姿に胸が熱くなる。

さほど興味がなくても、
本当の感情はテレビ越しでも伝わってくる。
それすらも感じ取れずに只々ヤジを飛ばすだけの人に負けるな!

女性アイドルも、男性アイドルも、
アイドルって職業は本当に本当に大変だなぁと思う。
だからこそ、美しい何かが見える時がある。

その美しい一瞬が好きなんだ
全てに何かを求めないけど
一瞬の本当に美しいが好き

それが私のアイドル像

来年総選挙があるかどうかはわからないけど
彼女たちの頑張りを、
せめて守る側の大人が踏みにじらないように!と祈ります

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/04/07

ブルボン家とハプスブルク家を脳内に叩き込む。

本を読んでいる。
先日、上野公園に友人達と花見をした際に西洋美術スキーの母を持つ友人から

「簡単でわかりやすくてあっという間に読めて概要がだいたい詰まってるよ!」

っとオススメされた本



昨年、ウィーンに行った際にハプスブルク家の系図があまりにも頭に入らず、私が知っているのがマリア・テレジアとフランツ・ヨーゼフの時代のみだったので、いろいろなものを見ても半分以上がちゃんと理解できず

正直、歯がゆかった

もっといろいろなことを知っていれば
最低限ハプスブルク家の系図だけでもちゃんと頭に叩き込んでいれば、もっともっと見方も変わったし、感銘を受けられたかもしれないのに!

ま、

私は何かを初めて見る場合は前知識無しでその場を味わいたいので、また訪れた際に見れればそれで良しってことで読み始めた。
新書とかなかなか手に取ったことがなく、あんまり新書自体にいいイメージがなかったが、純粋に字が大きくて読みやすく、だいたい3時間くらいで読み終えるので手軽。

怖い絵シリーズ



で有名になった中野京子さんの本をここから読み散らかす日々が続いている。
1人の人の歴史や美術に関する見解を間に受けるつもりはないけど、なかなかこの手の本で自分とフィーリングがあう文章や見解をもつ人っていない。中野京子さんとはフィーリングがとても合うので、ひとまず概要をここでさらって、そこで興味を持った人物や事件に関しては手元の文献や資料とネット検索でもうちょっと掘り下げて、さらに興味を持った場合はちょっと難しそうだけどがんばろう!っと本を取り寄せてみたり…
中野京子さんの本を入り口に枝分かれした知識欲が、毎日我が家にAmazonからの荷物を届けさせる自体。

これまた、私は本は自分所有の新品の紙ベースの本じゃなきゃ嫌だ!

というフェチなので、借り物の本や中古の本はいらない。
場所もとる!

ハプスブルク家に続いて刊行された



ブルボン家

ハプスブルク家はほとんどエリザベートが生きた終焉の時代と、マリア・テレジアのことくらいしか知らなかったので、読む物語、知る知識がほぼはじめましてで新鮮で面白かったけど、ブルボン王朝はちがう。

宝塚とのシンクロがおもしろい

宝塚の演出家もちゃんと歴史を調べてそれをいかにも宝塚的に仕上げていて、本当にすごいなぁっと改めて感動する。

宙組の愛ちゃん主演「SANCTUARY」と星組のレオン様主演の「太陽王」の登場人物がザクザク出てきて、

あ、これはせーこが演じた怖いママンね!とか
あ、これはゆず長とまさこの演じたあれね!とか

今まで見てきた宝塚作品の断片的な役柄やエピソードが、この本を読むことでものすごい勢いでパパパッと頭の中で紐付けされて脳内で年表化されていくのはちょっと快感だった。

伊達にヅカオタ20年以上やってない

今まで以上にその家、その土地、それにまつわるエピソードや人物を知れば知るほど興味が湧いて、また新しい本が必要になって…気がつくと結構な金額だよね…新書は1000円くらいだけど、歴史書は3000円〜6000円代のものも多くて、お金かかるよね!!

ま、でも、楽しいからしょうがない。

この年になってもまだまだ知りたい!調べたい!っと思う欲が強すぎて自分で自分にびっくりするが、ちょっと記憶力に衰えを感じ始めた今日この頃、新しいことを色々知って脳鍛えないと!

先日終了したマリー・アントワネット展の出品物に沿った本も出てた



これを開催後に読むっていうのもなんかな。
ま、4回も見に行って、それぞれ2時間以上じっくり目に焼き付けたから、この本も楽しく1時間足らずで読み終えて「すごく良かった!!」と、この手のタイプの新書でまさか、泣いた。思わず泣いたのよ。

あとは、ロマノフ王朝とイギリスとあるんだけど、これはその土地を訪れる予定が立った時に読もうかな…いや、でも…敵国、同盟国いろいろいっぺんに読んで調べたほうが頭に入りやすいかなって気もするが、果てしない…本がこれ以上増えたらどこに置くんだ…歴史書専用の本棚買わねば!!

ついでに、私は絵画に関する知識が皆無なのだけれども、ルーブル美術館をより楽しむためにやっぱり絵画の知識も多少はもった方がいいだろう…と、また中野京子さん頼みで本をいろいろ買ってしまいそう…

そんなにいろいろ調べて何になる?って感じだけども、私の知りたい欲は抑えられない。
なんせ、食欲よりも、睡眠欲よりもつよいらしいので。私の知識欲。

な、もんで、1日に1〜2冊ペースで本を読むと当然ブログを書く暇がない。仕事もぎゅうぎゅうで忙しく、ベルサイユまで1ヶ月半だってのに持ってくドレスがまだ生地状態。

しばらくブログの更新はまばらになりますが(ウィーン旅行記も描き終わりませんが…)どうぞご了承くださいっ

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/02/20

3人のトートをめぐる私のグランドアモーレ。

ちょっと疲れ気味で病んでいる!

仕事が忙しいのと、低気圧?なんかこれ、低気圧のせい?
リフォームの諸々で日常生活の些細な不便がまたストレス。

したがって、ごく真っ当に病んだ。

うううううっ

そんな病んだ私に付け入るように導入された東宝エリザ
今日、キャトルうろうろしてたら、井上さんまた売り切れ!金曜日はあったのに!!(でも八重洲ブックセンターには山積みだったw)城田トートは緒海さん所有なので、買うか…どうか…どうするか…何度も手にとって悩んで、ふと見ると、宙組公演の舞台写真が!

まぁ様!!!!!

現在、私をもっともトチ狂わせるのはまぁ様である。
これはおそらく間違いない。

まぁ様!
ゆりかちゃん!
あっきー!
あいちゃん!

ってか、

あきりく!!

興奮してたくさん買いそうになったが、一旦落ち着こうか。
今日はやめとこう。

明日は発売日。

ポケットカレンダーの発売日!!

ポケットにいつも入れとく彼氏
略してポケカレ
宙組いっそ全部買いしたい…

いろいろ出費がかさむので
全てが出揃う明日以降で再検討だ

ところで、

私はなんだかんだ言って、宙エリザのBlu-rayを買っていない。
諭吉を握りしめてキャトルに向かっていったら、品切れしてて、買えなかった。
こういうのって勢いとタイミングが大事じゃない?そのタイミングを逃してしまったもんで、買っていなかった。

東宝エリザをずっぷり見まくった結果

まぁ様トートが恋しい

という結論。
どうしよう。次のお給料でどっち買おう。
ってか、エリザの映像買いまくる前にプレリザーブとかしまくった宙組のチケットがもし当選しまくったらチケット代!チケット代が引き落とされる!!

いろいろ決着ついてから買おう。そうしよう。

まぁ様と井上さんと城田優が
グルグルグランドアモーレしている

それぞれに、それぞれの良さがある

井上トートは無機質ですっとつけいってくる感じがゾクゾクたまらない
私が踊る時が一番好きかな。たまらん!あのやりとりが!!

城田トートは闇が広がる〜ルドルフ死ぬまでの一連の流れな。これな。
対ルドルフのBL感すげーよな。
キスシーンの唇と唇のぷっくりくっついた感じがすげーよな。

まぁ様トートはオラオラ
とにもかくにもオラオラ
トートを見るならやっぱり宝塚版の方が見せ場は多いよね
あと、やっぱりフィナーレ!あのデュエットダンス!!

はぁ。どのトートも好きすぎて選べないww

っと、

そんな最中NEWSコンの当落が発表になり
私はフランスから帰国して2日後に広島行きらしい。

ハードだ

そして広島の翌週は東京でNEWS
その翌週からはまぁ様のコンサート

7月になった雪組公演抱えながら、月組遠征と大阪インドと関ジャニ∞

夏までノンストップぶっ続けのハードで濃厚

毎年後半は繁忙期だけど、今年は3月くらいから本格的に繁忙期。そんな繁忙期の私を支えるために…3人のトートに萌えを提供していただきたい…

やっぱ全部買いか!そうなのか!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/02/19

東宝エリザ、WhiteとBlack見比べてみた。

世間からだいぶ時差をへて、
今更東宝エリザが大ブームの私と緒海さん。

なんかもう、すごいテンションが上がって
今すぐにでも生で舞台を見たいけど、とっくに終わってるし(いや、でもある意味終わっててよかったよ…身を持ち崩すよ…)今、ウィーンに行きたくてしょうがないんだけど、次のヨーロッパはおそらくフランス

もどかしい思いの全てをDVD鑑賞にぶつけております!

先週は購入した井上トートをDVDで鑑賞して
今週はさらに購入した城田バージョンのトートを鑑賞

なるほどぉ

またこれ、全然違うトート像ですな。
どっちがいいかなぁ
どっちが好きかなぁ

っとああだ、こうだ、と言いながら見れるのがDVD鑑賞のいいところ。ツッコミ入れながら見れるのも楽しいよね。
こうしてWキャスト見比べできるって本当に贅沢だわ〜
東宝もどんどんDVD出していただきたい!欲を言えばBlu-rayで出してください!!

もうほんと、擦り切れるんじゃないか?ってほど見まくってチケット1回分にも満たない金額で元が取れまくり感がすごい。

ホテルのお部屋で撮影&試着会しながら鑑賞していたので、

C4_qL3_UYAAxJSn.jpg

井上トートとの共演も実現www

早く衣装作りたいなぁ〜
リフォーム早く終われ!

井上トートは風のようで、人感がまるでない
中性的な存在
城田トートは帝王感すごくて、肉食系
オス感がすごい

どっちが好きか嫌いかで色々協議した結果
僅差でやっぱり井上さん!ってことになったが
城田トートでトートという役納得する部分もあったりして、選び難し!!

ルドルフとの場面がね…城田トートは絶品!

お花様との対談もみたけど
あれでいてワンコのように甘えるとかずるい

帰宅してからWOWOWさんで録るだけ録ってある井上さんの番組見まして、まゆゆがゲストのミュージカル応援し隊!とか見たんですが、まゆゆ最近は東宝ミュージカルも見るんだねぇ。
私、あんまり芸能人でヅカとかミュージカル好きだって公言している人が好きでなはいのですが、まゆゆは好き。劇場でめっちゃ何度もあって、その度にキラキラした目で感激してて

ガチ感がすごいから

ほんと、ガチオタ感がすごいから

いつかまゆゆが東宝ミュージカルの舞台に立ったりしそうなアレな感じの話で終わってたけど、井上さんとの共演とかあったら面白いかもね〜

ヅカファンって一度東宝に転がって、そのままズブズブ突っ込んで結局両方見る羽目になって、東京宝塚劇場と帝国劇場行ったり来たりになるんだよね…わかる。まゆゆ、すっごくわかるよ!!
私も数年前までそうだったよ。今はほとんどヅカばかりだけど…今年は東宝も見ちゃう予感しかしないよ…ってか井上さんを追っかけ出す気がするよ…またまゆゆにたくさん遭遇しそうだよ!!!

いや、今年は海外に3回行きたいので、どうしてもそんなに観劇につぎ込む時間とお金がないんですが…まゆゆだってあのハードスケジュールの合間に観劇しまくってるんだから、私もきっとできるはず!っということで、ぼちぼち帝劇復帰もしていこう。そうしよう。またチケット大変だけど!!

やっぱり…去年の東宝エリザを見なかったことを心のそこから後悔しています…うん…


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート