FC2ブログ
2019/01/17

エリックの歌声に包まれて、至福!

ファントム見てきました。

たぶん、これが、見納めになるかと思います。本当はもっともっと見たいけど…もうこの先、時間も、体力も、精神的余裕もなく、自分で立てたスケジュールに押しつぶされ中!

お正月休みが嘘のようだわ。

今日もヘトヘトの状態で劇場に向かいました。

あぁ
疲れた心と体に染み入る
エリックの歌声
劇場の空気をゆりかごのように優しく揺らすあの歌声

だいもんの歌声に包まれる感覚

これはもう、映像や音源では伝えきれない
劇場という空間にいたものだけが味わえる贅沢な体験

聴いているだけで心が浄化される気がする

1幕を見終わって、

だいもん、歌うまっ

っていう、超絶いまさらな感想が思わず口から出てしまう感動。

ひかりふる路や凱旋門でも感じたけど
これがミュージカル!
っと思わせる力を、だいもんが率いる雪組からすごく感じる

歌が上手いだけじゃない
歌が芝居してこその歌劇

その歌声に心が動かされ
芝居が動き、劇場の空気が染まる

この感覚がだいもんだと味わえる

エリックが毎回ちょっとずつ違って見える
子供のような、青年のような、
宝塚の男役の根源は決して失わず
怪人とされてしまった人生を語るのに十分な根拠を感じるコミュ障感ありありのエリック。

だいもんのエリックは
どんなに辛い境遇でも
どんなに辛いシチュエーションでも

かわいそうに見えない

これって、わたしには新鮮だった

とても幸せそうに見える

もちろん、舞台の上で起こっている出来事の全てはとても辛いのだけれど

何かを信じることができる人生は
どんなつらい現実をも乗り越えて
生きることを幸福にしてくれるのだ

っとだいもんのエリックを見ていると思う。彼はあの境遇でありながら、
父を、クリスティーヌを、そして自身の音楽を信じることができてる。

かわいそうだけど、幸せそう

この矛盾が舞台の上のエリックから溢れていた

今日、初めてエリックとキャリエールが一緒にセリ下がっていることに気づいた

あの親子の絆は
何があっても断ち切れない

そう、強く感じた。

いろいろな場面の
いろいろな表情のエリックが脳裏に焼き付いてる。そしてそのビジュアルと共に、その歌声から感じた全身鳥肌がたつような、まるで神がかった歌声を聴いた瞬間や、心に優しくしみる温かさを思い出す

少ない回数の観劇だけど
心に染み渡る幸福感
悲劇だけど、幸せをかんじる雪組版「ファントム」千秋楽の頃にはどんな風に進化するんだろうか。いつものようにその行く末を見守れないのは、

大変、大変、切ない…

が、仕方がない。
わたしはわたしの場所で一生懸命やることがあるのだから。
エリックの面影と音を糧に、この後の日々を戦っていこうと思う。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/12/22

タカスペ2018、七海ひろきが好きすぎて。

中継見てきました。

カイちゃんが出てくる度に


号泣


はぁぁぁぁぁ
なんだよぉぉぉぉぉ

そんなに七海ひろきのこと好きなのかよ。自分。

ここ1ヶ月くらいほぼヅカオタ活動してなかったので、ちょっといろいろ忘れてて、タカスペ見ながらこの1年を振り返って、あんなことや、こんなことをいろいろ思い出し、

あ、そうだ。
私、そういえばヅカオタだったね!

っともはや細胞レベルに浸透しているヅカオタ成分が呼び起こされた

今年もコントコーナーがなくてがっかりだったのと、たま様がちょっと格好良すぎてびっくりしちゃったのと、あーちゃんが可愛すぎてびっくりしちゃったのと、なんかいろいろあったのですが、

とにかくカイちゃんが!カイちゃんが!!

階段に座り込んでキザっている姿も泣けたけど、やっぱり星組コーナーでカイちゃんメインでRAIMEI聞けたのが…もう…ほんと…

引くほど泣いた。

たぶん1分くらいの間だったけど

やっぱり、なにかのキャラクターになっているカイちゃんが好き
宝塚版「東離劍遊紀」の殤不患がカイちゃんで、凛が紅さんで本当によかった!って楽しすぎた台湾公演のこととかいろいろ思い出し、七海ひろきを愛した数年間が走馬灯のようだった。

好きになったその時からだけど
なんでこんなにも七海ひろきが好きなのか、自分でもさっぱりわからない。

カイちゃんにRAIMEI(東離劍遊紀の主題歌)をあててくれて本当にありがとうございます!!

今年も無事タカスペでヅカ納め
来年もいろいろ忙しそうですが
ひとまずなんとかカイちゃんを見に遠征できる日程を組まなければ!!




ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/11/27

花全ツ、神奈川2回見てきました。

とてもつもなくそれどころじゃない日々ですが、この全ツの感想だけは叫ばずにはいられないので、

ちょっとだけ、叫ばせて!!

メランコリックジゴロ最高だった!
いや、もう、わたし、心の底から思うけど

れいちゃん、マイティ、華ちゃんが3人並んでいるの見るだけで幸せの極みなんだわ

舞空 瞳ちゃん、なんかもう

完成品?
できあがりまくっててびっくりしたけども。なんかもう、あんないきなりトップでもなんでもすぐできまっせ!な下級生すごいですね。花娘って感じ!

金曜日に見にいきましたが
マイティとれいちゃんの掛け合いが
マチネよりもソワレがすごい良くて
これ、千秋楽の頃はさぞいんだろうなぁ
いいなぁ。梅田の民



ショーですよ!!

あの赤のスパンの衣装!
れいちゃんと華ちゃんが
キラキラのトップ衣装で並んでるの見て

泣いた

なんて素晴らしいんだ
なんて、なんて、

忘れもしない
前回のエキサイターもこの神奈川県民ホールだった
そのとき、ちょうど客席降りで華ちゃんが目の前に来てくれて、めっちゃ笑顔で可愛かったのが忘れられないんだけどお

その子が、いま、
トップの衣装着て、こうしてセンターで!

母か!

ってくらい泣いた

でね、またね、

れいちゃんが!!!!
れいちゃんが!!!!!

エキサイター各所でれいちゃんが華ちゃんを見つめる眼差しが、

ものすっごく熱くて熱くて、
優しかったり、
セクシーだったり、

もう、なんか、凄すぎて!!!

あの熱い眼差しを全身で受け止めて相手役を務める華 優希がうらやまし過ぎるけど、華ちゃんはこれまた可愛すぎて、嫉妬する余地もない!

オープニングはね、

『れい華タンゴがヤバ過ぎて大興奮!』

同時上映
『マイティがエロ過ぎてパニック』

同時上映『和海 しょう氏の国宝級の歌声』

四方八方いろいろすごくて

トキメキが大渋滞!!

はぁ。やばい。
れいちゃんと華ちゃんのならびにマイティ入るの、ちょっと、今までにない感じにやばい。3にんのこと同じくらい大好きで、この3人をどうかけあわせても

すごい楽しいことしかない!

ちょっと、私、今後花組増えるね。確実に。うん。しょうがない。

マイティもいろいろすごくて
ながい電車移動の中で、ふとマイティのこと思い出したら

はぁっ

って急激な高まりが発動して、間違えて2駅前で降りちゃったりとか…マイティのせいで、わけわかんな行動とか余裕でしちゃう

このあとどうしたって公演を足せなくて切ないが、Blu-rayでるらしいから

全力で買う!

とりあえず、トークショー終わったら感想文書きますっ





ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/11/18

ありがとう。ちゃぴ。

終わってしまった。
千秋楽は友人から急遽お誘いを頂いて、映画館で参戦しました。

昨日の最後の劇場での観劇が、あまりに凄すぎて、脳みそがいっぱいいっぱいになり、すごく仕事が山積みな今日この頃ですが、昨日も今日も何もできずに寝込んでしまった。脳みそ強制終了!って感じだった。

今日の昼過ぎ、のそのそと動き出して、身支度整えて出かけるも、なんだか、ずっと泣いてて泣き疲れた後感が抜けなくて、ぼーーーーっとしてしまい、コレド室町とコレド日本橋を間違えてエライコッチャだった。友よ、すまぬ。その友は今日のマチネを見ていたので、同じように

ボー

放心状態だった。
うん。わかる。
昨日があれだけだったから、今日はきっとよっぽどだろうな。うん。わかるわかる。


なんかもう、月組がすごすぎて
ちゃぴがすごすぎて
たまさまがすきすぎて

いっぱいいっぱい

そんな感じでライブビューイングが始まりました。

映画館で改めてアップ多めで見るエリザベート。なんかこう、楽ちん。オペラグラスがいらないし、細かい表情までよく見える!
映像で映らないであろうところはあらかじめ網膜に焼き付けておいたので、今日は「あぁ、そこは…あっちを映してほしい!」みたいなところもちょっとだけあったけど、映し出されるものをありのまま受け取った。たま様満喫っていう面では100点に近い映像で満足!

映像で見ているだけなのに、昨日に引き続き何度も鳥肌がたった。

あぁ、もう、
本当にすごい
すごいよ。月組。

映像だし、疲れているから眠くなるかな?っておもってたけど、釘付けになっているうちに1幕が終わり、2幕。

私的にチャピのシシィは鏡の間よりも、この戴冠式のドレスでの♩私が踊る時 が1番好き!

この曲はトートとシシィのパワーバランスがちょうど同じになっていないと成り立たない。黄泉の帝王の冷たい息吹と、シシィの生きる輝きがバチバチぶつかる音がするようで、ここはほんと、たま様とちゃぴならでわの呼吸だなぁっと思う。

ルドルフとのシーン、必死にすがるルドルフを直視することができないシシィが痛々しくて、ヴィンディッシュのシーンもだけど、シシィの孤独がどんどん浮き彫りになっていく。フランツの温かい愛が全く届かなくて、それでも愛し続けるみやちゃんのフランツの誠実な愛が、またシシィを縛り付けて苦しめているのがツライ。

ラスト、たま様のトートが一瞬トートじゃなくてたま様に見えた

あぁ、これで、全てが終わる

まさしく、その瞬間だった。

フィナーレは、これまたあっという間で、デュエットダンスで号泣しているうちに終わる。

さよならショー

あぁ。ジュリエットのあの日から、ちゃぴを見てきた。可憐で、努力家で、キラキラしてて、どんなことにも歯を食いしばって、自分のできる精一杯を舞台に捧げた人。

決してその努力をひけらかすことなく
舞台での結果で見せてくれた人
私たちがもとめるちゃぴをずっと保ち、7年も見せ続けてくれた人

1つ1つの歌を、想いを込めて歌う姿に、この7年の色々を思い出した。

エリザベートを演じたことで、歌唱力にさらに磨きがかかったのかもしれない。1つ1つの曲があの頃よりもキラキラして聞こえたし、その声だけで舞台の全てを思い出せた

笑顔のちゃぴが眩しくて
この笑顔をたくさん見れたことが幸せで

胸がいっぱいになった

たま様が男爵で現れる
わざわざメイクを直して、髪型も男爵仕様で。

この2人のコンビは
いつも夢のようだった
このコンビが踊るデュエットダンスは、いつも愛が溢れて、翻るスカートが歌っていた。たま様の包容力につつまれたちゃぴの笑顔は、私が宝塚で見たいものの全てを詰め込んだような幸福感に溢れてた

最後まで、ちゃぴらしく
笑顔いっぱいのさよならショー

はぁ。終わってしまった。

最後の挨拶

っと、その前に、

光月るう氏の挨拶が素敵すぎて!!なんというか、言葉の1つ1つがすーっと胸に染み込んで、素直に心にしみる
すーさんの挨拶の後、カメラが光月るう氏に向けば目にはキラっと涙が。それを見てまた号泣してしまった

ちゃぴの挨拶
本人は泣きたくなかったと言っていたが、ちゃぴを見てきたファンの1人としては、その涙ですらも尊くて美しくて、ちゃぴらしかった

あぁ、かわいいね。
あぁ、ほんともう。

同期のメンツが父、母、義母、弟ってかんじでちゃぴを暖かく見守っているのにも胸がいっぱい。

たま様が姉の表情でちゃぴを優しく包み込む様子に胸がいっぱい

あぁ、もう、胸がいっぱい

さようなら
ちゃぴ
ありがとう
ちゃぴ

たくさん、たくさんの感動と素晴らしい思い出を、本当にありがとう!!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2018/11/18

昇りつめるエリザベート。

今日のエリザベートが凄すぎて、
鳥肌止まんないレベルで、

なんかもう、びっくりだった。

まだ伸び幅があるのかと
まだまだ高みに登っていくのかと

終始鳥肌が止まらない。

ちゃぴはや神様みたいに輝いてて、

天空の神と
黄泉の帝王が
愛を巡ってバトルしてる

みたいな凄さで、
それをまた月組生がものすごい熱量で押し上げてて、観終わった後のすごいもの見た感半端なかった

1人1人が、自分物として舞台で生きてた
キラキラしてた
ルドルフが追い込まれたハンガリー独立運動のシーン、群衆の熱量が凄すぎて、圧倒されて涙がでた。ミルクの場面も。

火曜日に見たときに
まさかこんな風にどんどんすごくなるなんて思わなかった。
月組が作り上げる舞台は、いつもすごいけど、今回は、もう、本当にびっくりするレベル

あの神々しいちゃぴは、どこまで上り詰めるのだろうか

残すは千秋楽のみ
劇場ではなく、ライビュだけどしっかりと見届けたいと思う ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート