FC2ブログ
2019/04/16

「CASANOVA」感想文1〜ドゥカーレ宮殿〜

すっかり遅くなりましたが、CASANOVAの感想文をちまちま書いていきます。

行ってきたばかりのヴェネツィアのお話!
大好きなドーヴ・アチア氏の書き下ろし音楽!!

もうほんと、見る前からワクワクしてましたが、見てからしばらくもワクワクが止まりません。

曲が本当に素敵で
セットや照明がマジでヴェネツィアで

衣装はカラフルで可愛くて
出演者もみんな素敵

チケット難じゃなければ…通ったかもしれないけれど、超絶チケット難なのでなんとかあと1回の観劇とあとはBDとCDで楽しみます。

今年すごく楽しくてステキな街だったヴェネツィア、来年以降も毎年カーニバルの季節は仮装をしに行くことが私の年中行事にしっかり組み込まれましたが、ヴェネツィアの衣装作るときはこのミュージカルのCD聴きながら作ろう!とか想像すると、旅と舞台がまじわってたのしいが何倍にも膨らんで、よりワクワクします。

ちょうど初めてのフランスから帰国後に1789を初見
今回は初めてのヴェネツィアから帰国してのCASANOVA

どちらも抜群のタイミングで見ることができて、ほんとタイミングがよくてよかったです!

さて、出演者の感想の前に旅の写真たちとこの作品の主な舞台になっているドゥカーレ宮殿について

201904161344049c6.jpeg


ヴェネツィアに関して、全くの無知状態で、ただただカーニバル仮装を楽しみに行った私ですが、行ってみたら、ヴェネツィアの歴史、芸術、建造物、どれもこれも非常に興味深く、中でもこのドゥカーレ宮殿は1番印象に残っている場所です。
2日間に渡り、かなりじっくり見学してきました。

カーニバル中は、衣装を着た状態で内部を見学することができます(ただし、撮影は見学の邪魔にならないよう、最低限の撮影のみ。一眼使ってガンガン撮影とかはお勧めしません)

歴史的建造物で撮影するとき、いつもその建物や土地に敬意を持ってその場にいさせていただくこと、その場の空気に受け入れてもらえるように私なりに細心の注意を払って行くことにしています。
感覚的な話だけど、同じ場所でも衣装が違ったりするだけで場所に拒否される感じがしたり、何回か行く度に感じ方が全然違ったりして、面白いのです。

同行のFRANさんも感じていたらしいけど、ドゥカーレも1回目よりも2回目の方が建物に受け入れてもらえて、2回目の帰り際なんかは、もう建物に溶け込んでしまっているような不思議な感覚がありました。

20190416135438b71.jpeg


その感覚がリアルに残っていたから、花組の舞台で再現されたドゥカーレ宮殿内を登場人物が動いているだけで、よりワクワクした気がします

行ってきたばかりの場所が、目の前の舞台に再現されてるってほんと、ある意味贅沢で不思議な経験

1789でも感じたけど、照明と舞台セットのバランスというか、なんというか、ぱって目に入ってくる感覚が

あぁ!ヴェネツィアだ!
あぁ!フランスだ!
あぁ!ウィーンだ!

って改めて実感できる宝塚の舞台って本当にすごい。

カサノヴァが捕まってから入ったのは上の方の監獄とのことですが、この宮殿には地下にも監獄があります。

有名な観光スポットため息橋

20190416183418f3b.jpeg


↑は外観だけれども、この橋を渡る時に囚人たちが「もう、あの美しいヴェネツィアの風景を生きてみることはない」っとため息をついたことから名付けられたらしいです

地下の監獄は見学コースに組み込まれているため、そこを通らないと出口にたどり着くことが出来ず

201904161835482f1.jpeg


狭っ

20190416183618eae.jpeg


狭っっ

20190416183649d12.jpeg


寒っ
(地下牢なのでひんやりしてる)

20190416183732372.jpeg


出してー!!

っと囚われの王妃ゴッコができます。
そして、ちょうどバカンスでフランス人観光客が多かったため、フランス人のマダムに

「あなたこの後ギロチンねww」

っと大ウケでした。

ガイドツアー(イタリア語と英語のみ)に参加するともっとディープな監獄とか絞首刑の処刑場とかもみれるらしいです

もちろん見学のメインはどっしりとした各広間ですが、王侯貴族の宮殿ではないので

あぁ、ここで議会が開かれてたんだな感

がすごくあって面白かったです。
壁に椅子がずらーってなってたり。
壁や天井に描かれるのは、基本

ヴェネツィア万歳!な歴史絵画ですが

ティントレットの天国

2019041618422851c.jpeg


はその大きさからも、絵自体からのオーラもすごくて、ぶわーっって黄金色のビームを発しているように見えて涙が出ました。

ルーブルにあったヴェネツィア絵画にさほど興味を示すことはなかったけど、ヴェネツィアの光の中で、ヴェネツィアの建物の中でみる絵画はどれもこれも本当に素晴らしかったです

2019041618441569f.jpeg


↑で着用しているのはローブ・ア・ラ・フランセーズ

ちょうどカサノヴァが生きた時代にフランスで主流だったドレスです

今回のヅカ版の衣装はだいぶぶっ飛んだデザインも織り交ぜつつ、バロックとロココの間をとってネズミーシー掛け合わせたみたいな面白いデザインのものが多くて、見ていてとっても楽しかった!

20190416184700733.jpeg


中庭を望むバルコニーや

20190416184735f74.jpeg


回廊も舞台セットを思い出しながらみるとよりこの宮殿が楽しめる気がします。

舞台を見てから本物を見るもよし
本物を見てから舞台を見るもよし

今回の旅では残念ながら、れいちゃんが活躍してたサン・マルコ寺院に入れてなくてすごく悔いが残ったので、来年のヴェネツィアでは舞台に思いを馳せながら、より楽しめる気がする!

旅の舞台と宝塚の舞台と、両方を楽しむのはとても贅沢なことだけれど、より宝塚を楽しめるので行けるだけたくさんの場所に足を運んでみたい!っと思いつつ、ついつい気にいると何度も同じ場所に行っちゃうんだよね…私。

つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/04/03

カサノヴァと20世記号観てきたよ!

土曜にカサノヴァ
日曜に20世記号

観てきましたー!

先週カイちゃんを見送って
大号泣した劇場。
そこから1週間、なんだか頭にもやがかかったような、重たい気持ちと体調で過ごしていましたが、素敵なミュージカルを立て続けに見れて

すっかり復活✨

復活して冴えた頭でバリバリ仕事に取り組んでます

89期のカイちゃんで疲れた心は
89期のみりおとだいもんに癒してもらった

89期よ、永遠に!!

なんだかそんな気分です。

すっかり明るい雰囲気い包まれた花組公演の劇場。幕開き、みりおさまが登場した瞬間

カイちゃんへのお花、ありがとうございました!!(大劇場の話だけど)

っていう、謎の感謝が込み上げて泣きそうでした。

さて、カサノヴァ
すっごく楽しかったです!!

行ってきたばっかりのヴェネツィアが舞台だからか、セットや照明が

うわっぁ!ヴェネツィアだ!!

ってすごく感動した。
宝塚の舞台は素晴らしい

衣装はどっちかっていうとディズイーシーを思い出す感じでしたが、可愛くて、ヴェネツィアのぱぁーっと明るい感じと、ちょっと怪しい感じと、どっちも出てて見ているだけで楽しかった。
曲も凄くいい。

いやぁ、いいミュージカル
テーマがそもそも薄いから
お話的には軽めだけど

それでいいんだと思う

心がゔぁーって軽くなって
るんるんしながら劇場を出れるってのも楽しいです。

でも、ほんと、
個人的に、ヴェネツィアの私のお家

ドゥカーレ宮殿

ここが物語の軸だったので

20190403001015e6d.jpeg


20190403001046079.jpeg


2019040300110463c.jpeg


ヴェネツィアで1番印象深くて
2回行って1番長くいたこの場所が
衣装をまとって歩き回っていた(カーニバルの期間中は衣装での入館OK)この場所が、
宝塚の舞台でまた見れるっていうのが、凄く不思議な感じでした

ちょうど1789を見たのも、はじめてのフランスの後で、同じように感動して、不思議な感じがしたかも

宝塚の舞台ってみているだけで世界旅行ができるんだな!って実際に現地に行ってからみると思います。

詳しい感想はまたかけたら別記

翌日、20世記号に乗ってきました

なんかもう、

ずるいよね 笑

いや、もう

面白すぎるよね!!

ひげのだいもん、ひげもんが大好きな私は、お腹いっぱい大好きなタイプのだいもんがみれて、美しい歌声が聴けて、爆笑して、ほんと幸せでした

雪組子の細かいお芝居のうまさ際立つし!

なんか、ファントムすごくよかったけど重いじゃん。あれ、エリックのだいもん大好きだけど、やっぱり思い返すと泣きすぎてちょっとしんどいんだよね。

こういうの!
だいもんの本領はこういうの!!

こういうコメディーで渋い役柄のだいもん、ほんと好きすぎる

映像化されるかなぁ?どうかなぁ???

こちらも詳しい感想かけたらまた別記!

なんせ、今週末から1週間台湾ですのでバタバタしておりますが、2つの良質なミュージカルから元気をもらって、出発までの追い込み各種頑張ります!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/22

七海ひろきが、大好きなんです。

星組公演見てきました。
5回目。

お芝居も、ショーも、
何度見ても、

宝塚が大好きだ!!!!

って気持ちで一杯になる。

前回の観劇時は、ビア祭の段階で号泣しすぎだったので、今回はちゃんと感情をある程度調整して、見ただけで泣く現象は極力おさえて、ラストのあばよ!まで頑張った。

頑張ったけど、
頑張ったけど、

あばよの後は、ガン泣きすぎて頭痛

ショーは、もうなんか、
いろいろなことが走馬灯で、
宙組時代のことばっかり思い出す。
なぜか、Amour de 99!!をやたら思い出すんだよね。あの頃、カイちゃんだけを死ぬほど見まくったあの頃、本当に本当に楽しかったなぁって、思い出して、今もこうして文章書いてて、楽しかったことしか思い浮かばなくて涙が出てくる

行かなくちゃ

ってカイちゃんが歌う。

どこに行っちゃうの?
嫌だ!行かないでよ!!

って凄く思う。

でもあの清々しい眩しい笑顔を見たら、もう何も言えない。


行ってしまうのだね。


七海ひろきという男役は、私にたくさんの思い出を残して、何処か遠くへ

終演後、泣きすぎて呆然と客席にいたらカイちゃんのファンの方から優しく声をかけて頂いて、また号泣。

「カイちゃんに戻ってきてくれてありがとう」

って言って頂けて、本当に嬉しかった。

そして、七海ひろきに戻ってこれて本当に良かった

七海ひろきを好きだけで見れない時期もあった。でも、またこうして戻ってきて、胸いっぱいにカイちゃんを好きな気持ちで見送ることができる。

途中、カイちゃんから離れた私にそんな風に声をかけてくださって、私自身まで応援してくださって、ここのところ落ち込むことが多かった私は、とても元気付けられた。そして、またその場で大号泣してしまい、友人共々フラフラになりながら劇場を出た

キラキラして、退団前の白いオーラを纏ったカイちゃんが格好良すぎて、

ずるいよね。
退団する直前が今までで1番格好いいなんて

退団するスターを見送る時はいつも思うけど、かいちゃんもやっぱり、今までよりも今が1番格好良くて、

男役 七海ひろきが大好きです

千秋楽のその日まで
目一杯、大好きです!!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/03/06

星組3回目。私の日常が帰ってきた。

日曜日、時差ぼけと疲労で寝たきりだった体に鞭打って
星組公演を見てまいりました

もう、気持ちが全然ヴェネツィアから帰ってこなくて
日本に帰ってからかなり虚ろな時間を過ごしていましたが(ほぼほぼ寝てたんだけど)

劇場に1歩足を踏み入れた途端

「あぁ。帰ってきたんだな」

感が半端なかったです。

エルベ、この日も号泣。

刺激の強い経験の後は、自律神経が失調しやすくて、

まぁ、

これは疲れとか、時差ボケとかもあるんだけど、

意味もなく寂しくなったり、
自分の無力さ思い知ったりして凹むんです。

そんな時に紅さんのカールの切ない気持ちを全力で受け止めながら観劇すると、


気持ちが磁石のように持っていかれてしまう…


別にカールと私の共通点なんて全くないし、
なにも共鳴する部分なんてないはずなのに、
自分の中の切なさとか寂しさとか押し込めてたものをぐわっとむき出しにされた気分。

だから怖い。

上田久美子の芝居は。

どんな気持ちで幸せそうな妹を送り出したんだろう…とか、
どんな気持ちで船からマルグリットを見たんだろう…とか考えると苦しい。

どうにもならない自分に一番嫌気がさしているのに、
それでも前に進まなきゃいけないカールの気持ちがすごく切なくてしんどい。

昨日が3回目の観劇だったけど、

ダントツ1番素晴らしいお芝居だった。

あーちゃんの無垢な可憐さと紅さんの切ない芝居の対比が本当に素晴らしいとしか言いようがなく、宝塚を見たってすごく思う。疲れ切った体に鞭打って観劇して本当によかった!

幕間

元気になったらお腹が空いて

D0uH0fnU4AEHbsi.jpg

まぼろしぃの豚まん

あぁ。この味。
すごく日本。すごく日比谷。

そして、気分が高まったところで

D0uKLHzU4AE7PpC.jpg

好物のカルーアソフト

幕間のフルコースを一人堪能したのでした

ショーはすごく楽しんだけど、
やっぱりカイちゃんの場面はな涙がでてしまうし
デュエットダンスのあーちゃんの可憐さと
紅さんの温かさに号泣して

ぐっちゃぐちゃで劇場を出た

あぁ。いつも通りの日々だな。
ここはもうヴェネツィアじゃなくて日本で
私の、いつもの、日比谷だな

すごくそう感じて
なんだか安心した。

いい公演だな。今回の星組。

実は来月また1週間ほど台湾に旅立つ上に
再来月には10日くらいフランスに飛ぶので
この合間の日々に宝塚を思いっきり感じて
カイちゃんをちゃんと見送れるように3月はできる限り日比谷に通えるように頑張ろうと思います!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2019/02/07

ファントムmy楽!とりあえず、僕の叫びを聞いてくれ!!!

土曜日のトークイベントの準備に大わらわで、感想文をちゃんと書く時間がないのですが、

帰りの電車で
泣きながらtwitterにぶつけたのを叫んどく!

大劇初日ぶりの凪様シャンドン伯爵に

オペラ座前で唐突に恋をした。

初日の頃とのキャラ変がすごい。

なにあの

余裕と品と金持ち感が溢れ出る

アホくさいほどのイケメンは!!

劇場中に恋をしやがれって命令してくるレベル

◆◆◆

若き日のキャリエールひとこが、
70年代の少女漫画に出てくる人過ぎて素敵✨
特に腰掛けてる時の脚の置き方が超70年代の少女漫画!!
体型とか顔とかポージングがいちいち

少女漫画!!!

◆◆◆

ファントム見た後は、お風呂に入る前に

“僕の森のバード縣”

の振りマネをするのが定番です
体をひねってピロピロリー

◆◆◆

フィナーレの娘役ばっかで踊るあのシーン、初日からずっと思ってたんだけど、

なに?
あれ?!


最高なんですがっ!!!!!!


ほぼあゆみ姐さん見て終わってる気がするけど、雪娘のあの手の場面って割とどの演出家も組込よね。わかる!やらせたくなるもん!!

◆◆◆

my楽となった今日の観劇、

泣きすぎて、泣きすぎて、
眉毛に至るまで全化粧がハゲて、
安定の泣きっぷりにもはや自分でも笑えてくるんだけど、

何度も鳥肌が立って、
私の全細胞がだいもんの歌声の全てを感じ取ろうと必死だった。だいもんの歌声は聴くっていうより、細胞で感じる派

だいもんの歌声が

美しいとか、
上手いとか、

そんなの超越してなんかすごいところに到達しようとしてる。
魂に直で触れてくるエリックの心。
こんなエリックだいもんじゃなきゃできないと思った。
だいもんがエリックという役に巡り会えて、この舞台で演じていることの喜びをだいもんと一緒に感じることができて

こんな夢みたいなことあるんだなぁって
この作品の上演が決まった時から
ずっと思っていたことを改めて実感した

私自身が、しんどいこともある
辛いことも沢山ある
苦しくて苦しくてもがいてももがいても闇が広がることもある

でも、♩homeでクリスティーヌの歌声を始めて聞いて、驚きと感動と喜びと興奮に目を見開いて震えるエリックのあの表情を思い出し、エリックとクリスティーヌの互いの気持ちの高まりが1つになったあの瞬間を思い出し、私が立ちたい舞台をいつか夢見て、

きっと叶うさ
夢は

っとだいもんのエリックに背中を押してもらった気がした

ありがとう、だいもん
ありがとう、雪組

叶えたい夢に向かって
また大きく進める気がするよ!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート