2014/02/28

「翼ある人びと」3回目。

仕事のあとの駆け込み青年館。
微妙に開演時間に間に合わないと悟り
超微妙なタイミングで早退する羽目になったけど
結局早く着きすぎて、早く着きすぎるといよいよ時間のつぶしようがない。

それが青年館。

そんなわけで、通算3回目の「翼ある人びと」です。


~~ネタバレを含みます~~


観劇から時間がたつと、自分の中でその舞台が美化されすぎて
東京公演ってちょっとがっかりすることが多いのですが

私の中の美しい思い出よりも、全然上いく美しさだった。

役者の熱がすごい。

特に

まーさまが本当にすごい。
ダンスのまーさまという印象が強いけれど
芝居もスゴイまーさまなんだとスカーレット辺りから思い始め

もう今回、ほんとすごいと思った。

出てきた途端の青年感。
美青年感がハンパない。
どの回よりもこの3回目の観劇で感じた、
まーさまの作り出す青年ブラームスの雰囲気。

なにもかもあきらめているようでいて、誰よりも熱い熱。
内に秘めた熱の溢れる瞬間の凶器にも似た強さと
儚げで切なさを誘う容姿とのコントラスト

なんて文章で書くと陳腐なんだ!

とわれながら思うんですが、

うまく言葉をつむげないもどかしさ。

ううっ

なんか萩尾望都先生の描く人間像に近いものを感じるんだよね。
綺麗だけじゃない人間としての感情や欠点を物語で魅せていく手法が。

だからこんなに好きなのかなー

っと思います。
宝塚に上田先生のような新星が現れて本当によかった。
人間の描ける数少ない演出家だよ!!

で、

そんなまーさまに引っ張られるように、舞台全体がグッと深くよくなってました。
オヅキが若干最初から病んで見えたんだけど
登場からすでに神経蝕まれているんだからいいのか。そうか。

うららがあまりにも美人過ぎて、もはやオペラで直視できない。
綺麗過ぎて。
そしてお芝居もどんどんよくなってる。

春瀬央季のギラギラ感が大阪より3割り増し。
この子の今後が本気で楽しみでしょうがない。

あと、りんきらね。
終演後はみんなこの話題でもちきりなようで(笑)
私はこの役、とっても好きだ。
そしてあの船は先生たっての御要望とアフタートークショーで本人が言ってたけど
そんなに違和感感じないんだよね。私には溶け込んで見える。
役としての存在感が必要な場面と、そうでない場面のメリハリがいい。
たぶん、りんきらってお芝居の間が上手なんだと思う。
言い過ぎかもしれないが未沙のえるに似た芝居感を感じた。
この子の今後も私は楽しみでしょうがない。

全体的に静かなトーンのお芝居だけど

なんだろうね

このしっとりと胸に残る美しい情景は。

舞台に感動したり、キモチが高まると
私はつい大泣きしてしまうことが多いんだけど
今回のこの舞台はほとんど涙が出ない。
それがとても自分的に不思議。

胸にじーんと
涙と一緒に何かが染み込んでく感覚

切ないけど、暖かい。

今回のお席、前の席の方が遅れて入場してきた挙句
ずっと前のめりで観劇されていて

すっげー

じゃなくて

とても邪魔だった。

しかも小刻みに揺れたり、首を傾げるので、
おそらく見づらくてそうなってしまっているんだろうけど

すっげー

じゃなくて

とても邪魔だった。

プチストレスを感じながらの観劇でこれだけ感動できるんだから
ほんと、この舞台が自分にピタっとはまったというか
久しぶりに宝塚で良いお芝居を作る演出家に出会えてよかった。

さて、

フィナーレのことを書かせてくれ。

まーさまの黒燕尾が尋常じゃない。
ブラームスの儚げな青年感からの

ドSのまーさま

バリバリのまーさま


ふおぅっ


っておもわず小さくうめいてしまった。

ギャップ!
ギャップやばい!!


まーさまの黒燕尾には花組を感じる。
花の子だったんだから、当たり前かもしれないが
花組の伝統が染み込みつつ、宙でのびのびと羽ばたくこの人は

天使なのか
小悪魔なのか

とりあえず、

観劇翌日の今日、私はなんだかとっても肌の調子がいい。

そして、

千秋楽のチケットゲット。

特別公演を5回もみるなんて、
ものスッゴい久しぶりだ!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/28

続々・上から目線と言われます。

しつこくすみません。
一昨日に引き続き、昨日も、今日も、
たくさんの方々から拍手やメッセージをいただきました。
何百もの拍手、100件近いコメント

本当に、本当にありがとうございます。

お1人お1人にお返事したいのですが、そうもいかず
どうやってこの感謝を伝えたらいいのか分からず
とりあえず私に出来ることは

このブログの通常運用です。

今までどおり、今までと変わらず、
出来る限り続けていこうと思います。

私は昔からけなされて、なじられて、悔しい思いをして伸びるタイプだと
自分のことを分析しています。
マイナスのメッセージを頂くことは、
必ずしも私にとって悪いことばかりではなく

文章でキモチを正しく伝える努力
文章でどんな人でも思いやろうとする心意気

ということに気づかせてくれたなっと思います。

自分を表に晒して表現することはマイナスばかりだと思いつめることもありますが
こういう風に顔の見えないたくさんの方々から暖かさを感じると

ホッ

とします。

私は非常に気性の荒い人間で、喧嘩っ早いし、すぐに頭に血が上って
暴言を吐きたくてしかたがないような人間です。

思いっきり暴言はいて、ブログなんか閉じちまえ!

と何度も考えましたが、それはあまりにも浅はかでバカだと
思えるくらいに大人になれました。
そして、リアルなトゲや毒はいつもオミや友人達が受け止めてくれています。
特にオミには…本当に申し訳ないとしか言いようがないくらい
私のトゲを受け止めてもらっています。
オミさんこそ、ストレスで禿げないかと心配なほどです。
オミが禿げたら私のせいです。
そのときは責任を取っていい感じのカツラをプレゼントしようと思います(笑)

継続こそ力!

というコメントもいただきました。
その通りだと思います。
続けること自体に意味がありますよね。
うん。ほんとにそう。

日々の生活の中で、ちょっとした時間の隙間に、
このブログを通して、多くの方々に何か感じていただいているというのは
文章を書くという事しか特技のない私にとって

とっても
とっても

うれしくて、ありがたくて、幸せなことです。

先日、某TV局の方から電話取材を受けました。

「汐音さんは宝塚を受験しようと思ったことはないのですか?」

→我が家にはちゃんと鏡がありますので、鏡をみればそんな夢はみません

「汐音さんにとって宝塚とはなんですか?」

→別れたいのに別れられないダメな男みたいなもんです
 どうしようもないのに、どうしようもなく好きなんです

そんな淡々とした質疑応答のなか

「汐音さんは宝塚にとってどんな存在でありたいですか?」

っと聞かれて、考えた。

私は宝塚にとってどんな存在でありたいのかと。

普通のファンでいたい。
普通のファンで。

ただ、宝塚的に好ましくないのであろう”宝塚の扮装”という
変な趣味が私にはありまして。

私はコスプレや扮装や仮装を
世の中に対して胸を張っていえるようなことじゃない非常に恥ずかしいこと

っという意識の中でしているのですが、
これはこれで私のアイデンティティの1つであり、
こういった写真を目にすることを好ましく思わない方々がいることも重々承知。
自分で自分のブログに拍手することがないので
こってり忘れてたけど、
拍手すると画像出るように設定してたんだった…

なんか、ごめんなさい!

劇場などで声をかけていただくと「ごめんなさい!ごめんなさい!」と
無意味に謝ってしまうのはおそらくこの変な趣味に引け目があるからなんだけど

この際だから、そこは開き直って


宝塚の非公認ゆるキャラ的な存在でありたい!


っと言ってしまおう。
っていうか、言ってしまった。

微妙なクオリティの衣装。
微妙なクオリティのビジュアル。
そして、決して公式でありえない存在。

そう。

ふなっ●ーのように!!


…。


なんちゃって。


これからも、1ファンとして
調子に乗りすぎることなく、ふつーに過ごして行こうと思います。

ぬるーく。
ゆるーく。
見守ってやってください。


汐音

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/27

続・上から目線と言われます。

昨日の「上から目線といわれます」に対して
たくさんの拍手、コメント、ありがとうございます。

本当に。本当に。

ありがとうございます。

頂いたコメントに

泣きました。

自分の記録用と割り切って書いているブログですが
こんなにもたくさんの方々に見守られながら
書いているんだ!っと今回実感できました。

本気の本気で泣きましたよ。

強がってはいますが、私も人間なので
少し疲れていたんだとおもいます。。
スルーしているつもりでも、少しずつ積み重なっていくストレスってのが
きっとあの文面を書かせたのかと。

過去に何人も大好きだったヅカブロガーさんが
サイトを閉じていくのを目の当たりにしてきました。

なぜそういう結果になったのか。

とってもわかった気がします。

しんどい思いもすることがあるけど
ネットという世界を通しての素敵な出会いや
顔の見えない相手でもぬくもりを感じるメッセージを頂ける。

私、このブログやっててよかったよ!

本当に、本当に、ありがとうございました。

ついでに、

この場を借りまして、どうでもいいことを1つ。
昨年辺りから、劇場やハロウィーンの際に直接お声をかけていただいたときに



っと思ったのですが

私の名前

汐音

と書きまして

シオネ

と読みます。

しおね

でございます。

「シオンさん!」

って呼ばれることが多く、そういえばこれ「シオン」とも読めるのか
と気づいた次第。
別にどっちでもいいのですが(笑)

どうぞ今後ともシオネがボヤく卵とオレンジの日々。をどうぞよろしくお願いいたします!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/27

さぁ、遠征だ!

来週は遠征だ。
花組を見て、花組を見て、雪組のベルばらを見て、花組を見てくる!

中日公演に追加遠征なんてことはやっぱりありえず、
頂いた感想に、

いくらかやる気が見えてきて良くなっている

というのがありまして

それ聞いてちょっと安心した!

ってことで、あの残念すぎた1回が私の中日公演ってことで終了。
まぁ、次もベルばらでショーないし
しばらくはあの残念な印象引きずっちゃうかもしれないけど
よくよく考えるとドラマシティ組に比較的ショーで光る子もってかれてて…
ってことで、心の言い訳としておく。

前回の遠征で花組公演1回しか見られなかったので
今回はおなかいっぱいに見られるって事で楽しみ!
そして雪のベルばらもあきらめかけてたけどなんとか日程かぶせていけるので楽しみ!

新幹線よし!
ホテルよし!
チケットよし!

昨日、一気にいろいろ確保してテンションがあがった!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/26

上から目線と言われます。

どうも。汐音です。
いつも「卵とオレンジの日々」をごらん頂き、ありがとうございます。

じわり、じわりとアクセス数が伸び続け
たくさんの方からこのような駄文を楽しんでいただくことは
私自身も大変喜ばしいというか、ありがたいなぁっと思います。

コメント欄を設けておりませんので、私へのメッセージというと
拍手のコメント欄か直接頂くメッセージになるのですが
さまざまなメッセージやコメントをいただきます。

本当にいろいろです。
いろいろすぎるほどにいろいろです。

好意的な文章であったり
情報を教えてくださったり
感想文を送ってくださったり
私の目撃情報だったり(笑)

大抵は楽しく読ませていただいているのですが
中には攻撃的というか否定的というか、なんというか

すっごいのもいただきます。

「あなたは上から目線だ」

っというのも、その中の1つなのですが
私は舞台に対してチケット代金を払って劇場に入っている以上
演者を下から目線で見ることはありません。

舞台や役者をけなしたくて見に行くなんていうヒマも時間もないので
わくわくと楽しみに舞台を見に行っているのですが
その上で感じた感想はありのままに書きたいし
それを書くことが演者に対して失礼だとも思いません。

これは私の考えなので、それにそぐわぬ感想をお持ちの方もいらっしゃるでしょうが

ここ、私のブログなので。

書きたいことを書かないのであれば意味がありません。

「私だったらこういう風に書く」
「あなたのそういう考えは間違っている」

なんてのも頂くのですが
ご自分のお考えは、私なんぞにぶつけてもしょうがないので
せっかくなにか深いお考えをお持ちであれば、
それを何かに活かせばいいのに!っと思わずにはいられず。

なんせ

せっかくなにか御意見いただいても

たいしたお構いも出来ませんので(笑)


そんなに嫌だったら見なきゃいいのに!


って思うんですが、こういう方々こそ細かくチェックしてくださってたりするので
ほんとに、なんかもう、重ねて申し上げますと

なんのお構いも出来ませんで

そこのところ、御了承いただきたい。

そういう攻撃的なコメントを送ってこられる方は
もしかしたらそのコメントに反論して欲しいとか
私になんらかのダメージを加えたいとか
とにもかくにも腹が立つとか
いろんなことがあるのかなっと思ったり
私なりに頂いた文章に対して検証してみようとは思うのですが

特にそういったメッセージで私が何かを考え直すこともなく

スルー

っと通り過ぎていくだけなのです

ただ、

1つだけ思うところがあって今回このような文章をつづっております。

攻撃的な文章を書いてこられる方が誰のファンなのか

それが文章の端々から見えてくることがあります。
そうすると自分でも知らず知らずのうちに
どーしても、どーしても、そのジェンヌさん自身へのイメージが
少なからずダウンしてしまいます。
別にそのジェンヌさんに何の関係があるわけではないのですが
どうしても、「こんなことを書いてきたのは●●さんのファンの方」っという
気持ちがどこかに残ってしまうんです。
それこそ、そのジェンヌさんに対して大変に失礼だと思うのですが。
どうしてもね。思っちゃうのよね。
それってとっても残念だなぁって思うのです。

人を嫌な気持ちにさせる

ということを、自分がこのブログ上でしてしまっているのかもしれませんが
それは書く側の権利として、自分の意見を曲げることはできず
だれにでも当たり障りのない文章を綴る事は出来ません。

書き手のモラル

ばかりを求められますが

読み手にもモラル

が必要なんじゃないかと

「上から目線だ」という、”上から目線な御意見”に

上から目線返し。

こういうことを文章だけで完璧に表現するだけの力が私にはありません。
きっと誤解を招くんだろうなって思いますが

ちょっと、ぼやきたくなったのでぼやかせていただいた。

これからもどうぞ、
なまぬるーい感じでこのブログを見守っていただければと思います。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/26

翼ある人びとがやってくる。

1回目見たときは、なんかぶわぁ~っと終わってしまった印象。
美しい音楽も、美しい台詞も、
初日の緊張感が勝ってしまった感じがした。

ただ、見終わった直後よりもあとからジワジワとよぎる美しい情景。

あぁ、もう1回みたい

っとすぐ思って、翌日のチケットを急遽おさえた。

2回目、演じる側も見る側もしっとりと落ち着いたとても美しい舞台を堪能。
本当に美しい舞台だと思った。
役を演じる個々の熱も、舞台を動かすパワーも、
全てが”美しい”に包まれる舞台。

あぁ、まだまだ見たい

そんな矢先、BSでシューマンとクララとブラームスの特集番組を見た。
なんてタイムリー!
ブラームスとクララの関係性とか
実際にやり取りされた手紙の文面
作られた音楽
それらを通して見えてくる愛ってものが
分かりやすく説明されていてますます熱があがったため

東京公演を急遽2公演おさえる。

今日からあの美しい世界が東京にやってくる。
私の初日は明日だけど、
またあの世界観に浸れると思うと本当に楽しみです!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/25

今年初扮装に行ってきた。

※注意※
昨日に続きまして、コスプレ画像あり!苦手な方は回れ右!!


素敵なロケーションでの撮影会にお誘いいただいて行って来ました。

衣装、迷いに迷って新作2着。

DSC08485.jpg
クララ・シューマン


そして人生で4着目の

DSC08705.jpg
鏡の間:星組バージョン



クララは前記の通り、突発で1週間前に思いつき家にあったありあわせの材料でガシガシ縫ったもの。
一発ネタなので、装飾をだいぶ省きました。

DSC08539.jpg

鏡の間は10年前に作った1着目の材料を一部いかしつつ、土台から作り直したもの。
白城あやかバージョンなんですが、このドレス歴代1番シンプルデザインで…
生地もありきたりの生地でなんだかなーなのですが
自分的に思い入れが強いものってことでとりあえずコレクション的に作っておいた。
ウイッグも今回新調しました。髪飾りもな!

自分で言うのもなんですが、鏡の間がほんとーーーーに似合わない!

分かってても作っちゃう。好きだから。しょうがない。うん。

他、オミサンがもう着ないということで汐音が引き取ったろざりーさんを
すがに着ていただいた

DSC08567.jpg

オミが着ていたものを他の人が着ているっていうのがすごく不思議だったが
さすが童顔!似合ってる!!
画像見せたらオミサンも「ドレスが報われたw」って喜んでいたので、なによりでした。

FRANさんが「悪魔城ドラキュラ」というまったく別作品の衣装で
イケメイテらしたので

DSC08677.jpg

これはチャンス!っとトートとエリザごっこをさせていただいた!
ごつくてごめんなさい。
FRANさんが割りとやる気満々で攻め込んでくるのに
受身がわかんなくてごめんなさい。

でも、めったに味わえない娘役気分が楽しかった!
てんぱったけど!!

昨年の夏祭りで舞浜焼けがハンパない状態になってしまい
去年のハロウィンはもはや色黒に近い状態でお送りしてたんですが
がんばった甲斐あって、なんとか白く戻った。
安いコスメでもがんばればそれなりに効果があるんだな。
昔はすぐ戻ったんだけど、今は努力しないと白に戻らん!
あんまりほめるところのない私の数少ない長所なので、色白死守!!

そんな感じで、

なかなか充実した楽しい撮影会でした。

アフターは庄屋でガンガン呑んだ。
ここの庄屋すごくいい庄屋さんで、おっもい荷物を階段で全部持ってくれた上に
最後にお花のプレゼントまでいただいた!

前の晩、衣装が修羅場過ぎ&スケート見てたで寝不足な上に
はしゃいで遊びすぎで疲れていたらしく

酒が回った!

翌日もちょっとぐるぐるしてた!!

月曜日が廃人すぎて、さすがに会社にもうしわけないくらいのポンコツ★

衣装作って、衣装着て、写真とってまでの工程が

もはやスポーツ過ぎる。

体力の低下を根性で補うにも限界があるので
今年はより一層の体力UPに力を注ごうと思います。
ほんと、同年代のジェンヌさんの体力とかすご過ぎて尊敬するよ!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/24

うららのくららに憧れて・その2

※注意※
コスプレ画像あり!苦手な方は回れ右!!




うららのクララの美しさに憧れてうっかりです。

ほんと、すんません。

うららのくららのおかあさん位の感じで仕上がりましたww

DSC08524.jpg


DSC08564.jpg


ステキなスタジオで一生懸命撮って頂いたんですが
ほんと、おかーちゃんだな!おかーちゃん!!

グレーの衣装って初めて着たんですが、
意外と肌馴染みが良くてホッとしました。
ウイッグが…やっぱりこの髪型すっごく難しいよっ

急激に諦めがつかなくなって作りはじめたので
やっぱり時間が無さ過ぎてやりたかった装飾が半分も出来なかったので
もしまた着る事があれば直したいと思います。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/24

「ナポレオン」な1ヵ月半。

東京公演1ヵ月半もあるんですね。長いよ!

今のところ見に行く予定はないのですが、
公演始まってから何人かに「見に行った方がいいよ」っと熱烈に薦められて
どうしたものかと思いながら毎日劇場の前を通り過ぎています。

見に行けって言われても気が進まなければ行かないし
見に行くなって言われても見たくなったら見に行くし

時間とお金と萌の兼ね合いの中でぐるぐる

ぽちぽちサバキも出ているようなので、機会があれば見たいような…みたいな。
宝塚が久しぶりに本気で挑んだセットと衣装に興味があるんだよね。

頻繁に通っていた東京宝塚劇場にまるっと1ヶ月半行かないというのは
日比谷に職場があるのになんだか本当に寂しいもんです。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/23

卵とオレンジ。




衣装修羅場あけの撮影会当日!

エキシビション見ちゃった…
早く寝ればいいのに!

オレンジは朝食で
卵は顔のマッサージ機

新作2着がどっちも微妙だけどいってきまーす


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/21

今回の花組公演の評価に対して。

私、他の方が書かれているヅカブログも
プロが書かれる劇評も一切読まないので今まで気づかなかったのですが
拍手のコメント欄を通して頂くコメントとか
ブログ村での記事タイトル見てると

え?

この花組公演だめなの?!

っとびっくり。

そっかー
そうなのかー


舞台に抱く感想ってのは、ほんと人それぞれですな。


私の場合、観劇すぐの一言感想しか書いてなくて
あとから感想文書こうとPCの前に向かったら

なんか、何にも覚えてなかった。

いつも観劇中に心のメモ帳に心に残ったことを書きとめながら観てるんですが
今回の花組は、あまりにも

泣きすぎて
泣きすぎて
泣きすぎて

そりゃもう泣きすぎて、ショーの途中でオペラグラスのレンズが水没しそうになって
最後の黒燕尾の辺りではとうとう涙が枯れ果てて出なくなって、
観劇後はぼぉぉぉぉぉっとしすぎて、すぐに電車に乗ることが困難になり
ロッテリアで放心しすぎてオミさんに心配するっていう感じだったもんで

心のメモ帳、涙で水没して滲みすぎて読み込めん!

ま、また遠征するのでそのときにしっかりと書ければいいやってかんじなんですが。

お芝居良かったけどなー
生田君、考えすぎちゃったかな?とかいろいろちょっとまだ力不足は感じたけど
よーく、よーく、考えて練って練って練りすぎて作りこみが足りなくなったって感じかな?
こういう設定って割と宝塚では良くある設定で、
ストーリーもありきたりといえばありきたりだけど
セットも演出もオシャレで楽しかったし

なによりも

なによりも

らんトムと花組子の関わり方が泣けるというか
個々が役を通してらんトムを感じられるというか
なんかうまくいえないけど
私は良かったと思う。

今までの私のイメージでさよなら公演ってのは駄作が多いのだけれども
今回の作品、私的には少なくとも前作の「愛と革命の詩」よりは100倍マシ!
っと言いたい。私どんだけ「愛と革命の詩」苦手なんだって話だけれども。

あまりにあっけなかったけど
こんなさよなら公演でもいいのかもって思った。

ショーはね。
ショーはホントね。

サイトー君がやっちゃった!

っとは言いましたが、それがどうやっちゃったかといえば

今まで大の苦手だったサイトー君のショーが
私のツボにはまり込んできやがった!!

っていう方向のやっちゃったでした。

褒め称えるにはいたらないが、私はものすっごい楽しかった。
ショーが始まる前のあの文字と出だしこそ???過ぎて
もういい加減にしてくれ…さいとー君!って思ったんですが

その後のオープニングからしばらく

楽しくて
楽しくて
楽しすぎて

らんトムのさよならだってこと忘れて
楽しすぎて身悶えた。

『これまで培われてきた宝塚独自のレビュー、ショーに、
 時代を反映した洒落たセンスを織り込み、
 100周年以降のレビュー、ショーの新たな形式を提示する意欲的なステージ』

っていう、公式の解説文まんまの事を感じた。
前も言ったけど賛否両論だと思うし、サイトー君もそれを覚悟で作ったんじゃないかな?

今までだめだと思ってたサイトー演出のショーをついに受け入れた自分に若干動揺したもん。

挑戦的というか実験的というか、サイトーワールド全開な感じのオープニングから
中詰め頃から徐々にクラッシックな宝塚の世界観に戻っていくって言う演出が
私はとても好き。

ただねー

何?その曲?!その曲使うの???

とか、

そこでそんな衣装着せなくても…っていうか剣いらねー

とか、

思うことはたくさんあるが、
ダイスケフジイの初期の頃を思い出して、それはそれで香ばしい☆

蘭寿とむのサヨナラとして、
ショーの構成上の人員配置が私的には完璧だったので

もうほんと、

サイトー君、やっちゃってくれてありがとう!!

っと言いたい。

このお芝居もショーも、受け入れられない方がいるであろうことは分かります。
冒険しすぎちゃってたり、蘭寿とむの魅力を100%出せてないかもしれない。
それはスッゴイ分かります。

でも私は楽しかった。
きっと私のような感想を抱く方もいらっしゃるでしょう。

東京公演は既にチケ難です。
一般発売前だけど、もう割りと大変です。
この公演受け入れられない!ってなっちゃった方、
どうぞ、どうぞ、私のように観たい!って者に譲ってやってください。
ほんとに切実ですよっ

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/21

真央ちゃんにありがとうを。

なんてすばらしいんだろう。

本当に、本当に、すばらしいとしか言えない。

自分に勝つということは、
自分が納得できることをやり遂げるということは、

誰にもできるわけではなく
それをやり遂げた真央ちゃんの強さと努力に感動した。

真央ちゃんのことをメンタルが弱いなんていう人がいるが
私はあんなにメンタルの強い人を見たことがない。

昨日のショートプログラムが怖かった。
見ているだけの私はただただ、怖かった。
あの真っ白になってしまったショートプログラムからたった1日で
自分を取り戻せるなんて。

なんて強いんだろうと思う。

今まで受けてきたさまざまな困難にも
プレッシャーにも
自分自身にも

勝ったんだよ。

どんな戦いでも、最終的に勝つべくは自分自身。

誰にもやれないことをやり遂げたというより
自分がやりたかったことをやり遂げた

感動をありがとう。

今日も、今までも、全てを戦い抜いた浅田真央というアスリートにありがとう。

感動して、感動して、
朝からだーだー泣いて、
化粧もぐちゃぐちゃでとりあえず会社に来てみた。
まだ思い出すと泣いちゃう。
今日はとりあえずドライアイで困ることはないが、

とりあえず眠い!
感動の反動で眠気が!!

このオフィスの片隅で
”眠気”という小さな小さな自分自身との戦いに挑みながら
今日をやり過ごそうと思います。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/20

あゆっちの退団会見が泣けた。

退団の理由を

「壮さんのことを知れば知るほど、この方と一緒に宝塚人生を終わりたいと思うようになりました。壮さんから退団のお話を伺ったときには、すぐにその場で『ご一緒させていただいていいですか?』とお聞きしました。」

って言えるのは、すっごくステキな娘役さんだなぁっと思って涙が出た。

必ずしもトップコンビが同時退団が好ましいわけではないし
必ずしも娘役トップがこんな風であって欲しいというわけではないけど

共によいパートナーとして歩み、進み、築き上げてきた1つの時代を
一緒に終わらせる。
そして目に涙を浮かべて、幸せな日々を思う姿は

涙が出た。

あゆっち、すっごくかわいかった。

この会見を見てますます思った。
娘役トップに必要なのは、
容姿、実力、その他諸々いろいろあるけれど

愛嬌と、素直さと、ある程度の頭の良さと、空気を読む感。

スカイステージが出来てもう10年以上が経つけど
インタビューやら、なんやらの露出が増えた分
娘役トップにはこの最期の空気を読む感が昔より強く求められている気がする。

ぜーんぜん読めてない人もいるけれど(笑)

あゆっちのこの退団会見は
すがすがしく、可愛らしく、
えりたんの大きな存在と愛を聴くものに感じさせる
素晴らしい会見だったと思う。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/19

銀英伝の新公を見すぎている。

最低でも1日1回。
多い日だと3回。

ここのところ毎日のように銀英伝の新公を見続けています。

新公を見に行かなかったこと猛烈に後悔!

なんで見に行かなかったのかといえば、
ものすっごい勢いで本公演に通い詰めたため
新公にまわすだけの余裕がなかった次第。

あぁ。無念。

どうせスカイステージで放送するし!

とか思ってて、まぁ放送はされたんですが


なんだ?!このダイジェスト版!!


たった45分にまとめられてしまうっていうのも悲しいが
編集が…編集がイマイチすぎて…
歌の途中でぶち切れるし、見たかったところは全然入ってないしで


非常にイライラします


だれ?あれを編集したの?
編集へたくそすぎ!!
全部フルで見たいよぉ
DVD売ってくれ!昔みたいに売ってくれ!!

っとまぁ、思うわけですがあの長い話を45分にまとめられてしまった為に
短い時間で気軽に見れるってのもあいまって、繰り返し見てしまいます。

もうね。
もうね、ずんのキルヒアイスがね!

超可愛い
もう、可愛い。
完全に天使。ちっちゃい天使。
赤毛の天使!!

まぁさまのキルヒアイスもそりゃもう天使だったが
ずんのキルヒの方が原作に近い役作りな気がする。
ちょっと、小さいが。
ちょっと、小さくてまぁさまの軍服ぶかぶかだが

マジ天使!!

特に最後の方のラインハルトに「お前は俺のなんだ?」って言われた後の

「閣下の忠実な部下です」

このくだりね。
もうね、ここよ。ここ。
表情といい、声といい、その後の歌といい
すっごくいい。

キュン

っとする。ここ、本公演でもすごく好きなシーンなんだけど
新公はまた違ったキュンがあっていい。

それを受けてのりくのラインハルトの表情もよくってねぇ

ほんと、ほんと、ほんとに

なんでこの2人のフレイアの星をあんなふうにカットしたのかっていう。
残念すぎる。全部見たかったよぉ

ずんのキルヒアイスには、ラインハルトが超キラキラに見えてて
本当にラインハルトのこと大好きなんだなぁって。
仕えている誇りっていうのがすごく伝わってくるんだよね。

もう好きすぎてさぁ、
中日公演のシトラスの風でロケットで赤の羽根ウイッグかぶって踊っている姿に
尋常じゃないときめきを感じてしまった。
赤毛の天使!!

そして、やっぱりりくが上手だよね。
初めこそ、かなめ見すぎてて違和感感じたんだけど
だんだん見慣れてきた。
りくのラインハルトはなんかいい人そうなんだ。
なんかいろんなこと抱え込んじゃいそう。
そして笑顔が可愛い。
ずんのキルヒと2人でかわいい。

あいちゃんのオーベルシュタインが
あまりにもオーベルシュタインなビジュアルすぎてしびれる。
義眼取り出すあの気持ち悪いくだりがカットだったのが悔やまれてならない。
ともちんにいろいろ教え込んでもらったんだろうけど
ヒルダが元帥府に乗り込んできたときの、前髪べろんが可愛かった。
ダンスがエロイからさ~
この新公3人の天使と悪魔とか鳥肌だった。

あと、りんきらのヤンね。
ヤンは割と難しい役だと思うんだけど
超うまい。キタローヤンとのシンクロ具合がハンパない上に
その上乗せで自分なりのヤンも重ねてて、すっごくよかった。

今、わたしの中で”りんきらすごくいい!キャンペーン”開催中なので

ますますりんきらを見直した。

うららのアンネローゼも超アンネローゼだった!
ビジュアルがアンネローゼにすっごくはまってて、色気があるっていうか。
この話、アンネローゼの美貌って結構大事なんだと思うんだけど
本公演ではあんまり感じなかったので…
本公演もそのままうららだったらっと思わずにはいられない。

他にも双璧もよかったし、ソラちゃんも若いけど上手だったし
もんちはもうホント何をやっても役者だなぁって感じだし
隅々までみんなすっごくがんばってて、本公演に引けをとらない新人公演だったとおもう。

もう、いますぐもう1回見直したい。
この、何度も見直して見直して見直してしまう衝動!!

なんだこの湧き上がる萌っ

また宙で銀英伝やらないかなぁって妄想ばかりしてしまう。
なんか銀英伝今年新しくアニメ化されるって先日発表になって

もしかしたらまだ発表されていない次回宙は銀英伝だったりして!

みたいな。
さすがに風去りからのベルばらからの銀英伝はちょっとしんどいけどね。
しんどすぎるけどね。
っていうか、イケコがハードスケジュール過ぎて無理だけどね。

いつでもいいから、、あのメンバーがいるうちに続編を望むっ!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/18

うららのくららに憧れて・その1

うっかりうっかり、作ってしまいました。

140217_231230.jpg

現在7割完成。パニエはいてないので写真はショボンだけれども
週末の撮影会用に黙々と作ってます。
本当は全然別の衣装を2着作ろうと思ってて、途中まで作ってあるんですが
どうしてもこのドレスを着てみたくて…あきらめきれず
土曜日に雪積もり、なおかつあちこちの屋根から雪落ちてくる恐怖におびえながら
ペンギンのように日暮里に着いたところで生地屋がほぼ休みという状態の中
なんとか土台の生地だけ買ってきて縫い縫い。

オミさんから頂いた物資が我が家にいろいろあって、
今回は白マリーを解体した資源を活用。

だから、シックなドレスの割りに無駄ゴージャス過ぎる素材感でバランスが難しいです。

難しいといえばあの髪型で、私がしたらきっと

おかめ納豆★

そんなことはわかっとる。
わかっとるんだが、どうしてもちょっと着てみたかったんだ。
もしあまりにも似合わなかったら、作りかけのもう1着を着ようと思います。

また

こうしてテンションだけで勢いづいてドレスを作ってしまった…
このドレスをしまう場所なんてどこにも無いのに!

まぁ、1発ネタということで1度着たらバラしてまた資源に戻そうと思います。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/17

愛加あゆの退団。

はじめっからわかってたように発表された。
1人残る事は絶対にないだろうなって誰もが思っていたと思う。

えりたんとあゆっちのカップルが好きだった。

どうか?

って組む前は思ったけど
思っていた以上にステキなコンビ

あゆっちを認識したのがずっと最近で
最初はもうほんと苦手で苦手でどうしようかと思ったけど
えりたんとのトップコンビを見ているうちに
どんどん好きになった。

笑顔が愛らしい
そして
ぷくぷくしているのすら愛らしい

耐える役や難しい役が多かったと思う。

アントワネットはすっごく似合ってて可愛かっただけに
あんな脚本で本当に残念だった。
次はまた日本物だけど
あのチラシ裏の写真のようにえりたんと一緒にキラキラしながら
熱いお芝居を見せてくれるんだろうな。

CONGRATULATIONS 宝塚!!のデュエットダンスが好きだった。

えりたんの軽やかな色気にあゆっちの華やかな明るさがプラスされて
涙が出そうな位、ハッピーなキモチになったあのデュエットダンス。
落ち込んだ時とか、しんどい時にあの時の2人を思い出すと
今日がどんな日でも、明日が明るくなった。

短かったけどステキなトップコンビをありがとう。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/17

続・「シトラスの風2」感想文。

前回の「シトラスの風2」感想文。 でイロイロな反響を頂いたのですが
どうも私の文章の書き方が悪かったのか…
うまく自分の言いたいことが言い表せてなかったのかなぁっと思いまして、補足。

っというかですね、

オブラートに包みすぎたかも。

この中日公演の「シトラスの風2」は、はっきり言って初演よりショー自体は面白い。
すっきりと楽しくまとまってるし、初演にはあった謎なシーンは一切無くて
岡田先生のショーのいいところ取りみたいな。
古臭いっていうのはあるけど、私は古臭いレビューがとっても好きなので
これはこれでOK!

それと私は基本、そのときそのときの宝塚がベストだ!と思いながら見ているので
「あの時はよかった」「あの時はすごかった」とは思うけど
懐古主義者ではない。
昔ばかりを賛美することもしたくないし、今は今の宝塚が好きなのです。

だから決して今回のシトラスの風も初演メンバーの強烈な印象にばかりおされて
残念に見えたわけではなく…ほんと、どうオブラートに包もうかと思ったけど
誤解を招くくらいならズバッというと

あまりにも真ん中3人に華がなく
あまりに真ん中3人から客席を楽しませようという気持ちが感じられなかった

ただそれだけのことです。
この3人のファンじゃなければ特に感じないことかもしれないし
私が何かを期待しすぎたのかもしれないし
花組の超サービス精神旺盛なショーを見た後だったかもしれないけど

この3人が大好きだからこそ

このなまぬるい感じでショーをなんとなくこなしていることに

非常に腹が立った

っという1観客の嘆きっていうか。

ショー自体が楽しく仕上がっていただけに
大好きな3人のあまりにもパッとしない姿に残念さがこみ上げて
その残念さが怒りにも似た感情に切り替わり、やけ酒したってことです。

いろんな感想いただきまして捕らえ方、見方は人それぞれだなぁっと思った次第ですが
なんとなく、他の組や他のショーと比較するのは意味の無いことかもしれないけれど
この3人の残念さはなにかこう…腹のそこの方から「ヤバイ」と思わせるなにかがあって
ちょっと怖くなってしまったのです。

自分が見たかった3人の並び。
自分が大好きな3人の並びだっただけに。

今日は違うのかもしれない
楽ごろには違っているのかもしれない

って思いたいんですが
また見に行ってまた同じ気持ちになるのが怖い。
けどやっぱりちょっと見てみたい…
チケットがたくさんあまっているとか聞くと心が揺れる。それが乙女心。

私ごときが心配してもしょうがないことを


ひたすら心配している日々です。


何度も言うけど

宙組子が大好きなんです。

中日遠征を足すか、花組遠征を足すか、
すっごく心が揺れています。
迷う時間がとっても迫られてきて、どーしよぉぉぉ!

はぁ。くだらない。
きっと人もそう思ってるんだろうし、
私自身もとってもくだらないと思ってるんだけど、
何しててもずっと頭がグルグル。

はぁ~あ。って感じです。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/16

中日公演が気になって。気になって。気になって。

脱力のシトラスの風から数日。
なんだか、中日公演が気になって気になってしょうがない日々を過ごしております。

あの日の私の体調が悪かっただけなんじゃないか?

とか

あの日たまたまあんな感じになっちゃっただけなんじゃないか?

とか

なんかもう1回見て確認したい衝動。
実質、もう遠征は不可能に近い状況なのですが
もしかしたらもっと良くなってるかもしれないし
もしかしたら私の見る目がなかったのかもしれない

もしかしてだけど
もしかしてだけど

っと、思ってしまう。

あのぱっとしなさは気のせいだった事にしたいんだと思います。

前回の中日帰りは、あまりに腹が立つというかガッカリして
新幹線の中でやけ酒をしてしまった

140211_153920.jpg
つまみはみそかつと手羽先というベタベタな名古屋感。


名古屋→東京近過ぎて酔っぱらったまま極寒の東京に到着した思い出。

キャパはもう1回あのりくの勇姿を拝みたい。
シトラスは後の若手に注目してもう1回みたい。

しかし…

もう1回見てダメだった時のショックは今度こそ受けとめられない

宙組子が大好きなんだ。
だからこそ、あのショックは2回は無理。

乙女心は複雑です。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/15

雪の夜、チラシ裏に泣く。

雪が舞う夜。

妹が大劇場から持ってきてくれたチラシの裏を見て


泣く。


シンプルだけど、ステキなキャッチコピーと
白黒だけど、ステキなえりたんとあゆっちと

退団が発表された時よりも
記者会見を見た時よりも

このチラシを見た瞬間が1番泣いた。

140215_111143.jpg

こんな風に、爽やかに颯爽と
宝塚を去ろうとするえりたんがあまりにも格好いい。

もう退団へのカウントダウンが始まった。

私的にあまりにも退団がたて続いて、正直精神が参ってしまいそうだけど

悔いの無いように

最期のえりたんを見送ろうと思う。
ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/14

トラウマの雪。

遠征の疲れをどっぷり引きずる金曜日。
あのバッタンバッタンの遠征からもう1週間ですか。

早いなぁ。

今回の遠征はとっても濃厚でした。
初見の観劇3本もあったってのもあるけど
そのほかにもいろいろありまして

偶然にも憧れのかたがたのお仕事っぷりを間近で見る機会に出くわしたり
同業者のお仲間と仲良くなったり
5年間ずっと探していたものに出会えて感動したけど混乱したり

詳しいことをここに書けないのがアレだけど
私的には衝撃的なことの連続で
お仕事に活かせる出会いがイロイロあったので充実してた!

充実してて濃厚だった分、頭がぽわぽわしてたのか
なんかいろいろやらかしてて

帰宅早々、手帳をホテルに置いてきたパニック★

ホテルに電話したら出てきて、ホテルの方はすっごく気遣って

「表紙が白っぽくてカラフルなストライプの…」

とか言ってくれたんだけど、そのものずばり

「TAKARAZUKA REVUE」って書いてあるその表紙…

そして中にはキルヒアイスとブラックジャックと
W.M.W.のちーカイブロマイドにNEWSの記念スチールが入ってて

スケジュールには観劇予定がびっしり書いてあって


煩悩丸出し手帳。


恥ずかしい。
割りと使うホテルだからまた行くのがちょっと恥ずかしい。
中身までは見られていないにしても、今年はカバーかけてなくて
ヅカオタ丸出し過ぎて恥ずかしい。

名古屋のホテルにも忘れ物しちゃってて、ほんとあちこち申し訳ない。

そんなバタバタもありまして、水曜日は廃人のように出社して、
忙しいかと思ったら超ヒマだったため、ぼちぼちと観劇記を綴ってたら
えりたんの退団発表。

翌、木曜日は鬼のように急がしくてバタバタしてて
えりたんの退団をちゃんと受け止めきることもできないまま迎えた週末。

また雪ですよ。真っ白ですよ。
先週の遠征も大変だったけど、今週の遠征もきっと大変だろうなぁ。
先週の東京の大雪に直接出くわしてはいないので、私は真っ白な東京が新鮮すぎて
日比谷公園で雪合戦でもしてやりたいくらいの気持ちなんですが
まわりはみんなうんざり顔で…そうですよね。

帰れるか?帰れないか?!みたいな。

東京はホント、ちょっとした気象状況に弱すぎて大変です。 ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/12

壮 一帆の退団。

えりたんのトップが決まったときのことを思い出す。
思わず職場で泣いてしまうほどうれしかったっけ。

ロングインタビューでえりたんの胸のうちを聞きながら
またつらかった時を思って涙が出た。

いつだってえりたんは明るくキラキラしてたけど
絶対につらかったであろう時期の、あの時期の笑顔に秘められた思い。


トップが決まったときは本当に、本当にうれしかった。


決まっていたことのように発表になった。
私はなんとなく一昨日か、明日か、だと思っていた。

今日だったのか。

えりたんは暖かくて素敵なトップさんだ。
雪組がほわっと楽しげなのはそんなえりたんの率いる雪組だから。

もっともっといろんな作品を見たかった。

洋モノが見たかった。コスチュームものの。

いまの雪組にしかできないような楽しいコメディが見たかった


見たかったを言い出せばきりがないけれど、


一番見たかったのは

一番見たかったのはトップで輝くえりたんだから


それが見れたのだから私は幸せです。

えりたん、ありがとう


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/12

「シトラスの風2」感想文。

愛ゆえに、超辛口。

心の広い方のみお読みください。


~~ネタバレを含みます~~

私は初演を相当数観劇していて
なおかつ、ビデオでも相当見ていて
なんならオープニングとか出て踊れるくらいに覚えているので

どーしても
どーしても

初演の印象ぬぐえず…
あの華やかな印象がぬぐえず…

出だしはまだしも
真ん中からかなめが出てきたときの脱力感
そのあと、両端からちーかい出てきたときの”?”感

なんて言ったらいいんだろう

なんかこう…一言でズバッというと


地味。


ぱっとしない。
シトラスの風吹かない。

初演メンバーと比べるのは酷だと思うけど
思ったより残念な結果に、見ているこっちもどうしていいのかわからなかった。

動揺したよ。
ほんと、割とマジで動揺したよ。

衣装は初演そのままのものに装飾を付け替えたり、足したりして少しキラキラ増殖。
相変わらず宝塚衣装部の物持ちのよさに関心。
衣装って保管難しいんだよ。素人の私は四苦八苦だよ。

初演では結構けったいなシーンがあったんですが
それはすっきりとロマンチックな感じに差し替えられました。
その差し替えのメリーポピンズみたいなシーンがすっごい可愛かった!
みりおんマジ可愛すぎる。きゅんきゅん。
私はメリー・ポピンズ大好きなので、まんまな衣装にびっくりでしたが
そのあと、バートにそっくりな衣装まで出てきてますますびっくり。
っていうかいいのか?あれ、まんまパクリにしか見えないぞ?

でもまぁ、とにかく可愛くて
みりおんで花占いも見たかったけど、こっちでよかった。

あと、初演で私が勝手に「お花様無意味な着替えの場面」と呼んでいたシーン。
男役2人で取り合うシーンね。
今回は組長とかなめの間で揺れ動くみりおんでしたが
やっぱりお花さまと同じ白ドレスを同じようなデザインの白ドレスにわざわざ着替えてて
初演時「さすがお花様。無駄ゴージャス」と思った思い出がよみがえる(笑)

このシーン、なんで組長?って一瞬思ったけど
組長でも出さなきゃ、かなめとちーかカイじゃ成り立たなかったかも知れない。

全体を通して思ったことだけど

踊りがへたくそとか
歌がへたくそとか

それ以前に

なんか自分達が中心でショーを進めているという勢いに欠けるというか
自覚に欠けるというか、真ん中で演じる何かが
真ん中3人に決定的に足りていなくて非常に残念だった。

今まで他の誰かの後ろに隠れてなんとなくやってきたんだけど
いきなり今回バーンと前に出されちゃって、どうしようみたいな。

そしてそのどうしようがどうもなってない。

ラテンの場面とか、目を覆いたくなるような微妙感。

これ、ファンである私が見てもこんだけ微妙な気持ちになったのに
ファンじゃない人が見たらどう見えるんだろうか。

そして、決定打は「明日へのエナジー」

かなめ、ちー、カイには
この歌詞の意味が分かっているんだろうか?

未来を託されたものよ…
こんなふにゃふにゃじゃ未来なんて託せないよ…

後ろで踊る組長やりくやその他下級生がどれだけまぶしかったか。

かなめなんて途中で息あがっちゃって…歌はボロボロ
お芝居ではどの歌もあんなに丁寧に歌ってたのに
ショーはボロボロ

なおかつ、初演からの風習で幕中カーテンコールがあるんですが
暗転して再び明かりがついても私は拍手ができなかった。
本来なら鳴り止まない拍手であるこの誰がやっても鉄板的に感動するシーンで
感動しないというあるいみ奇跡。

やばいよ。
これは、やばいよ。

私の心がひねくれてるのかと不安になり、
この後に観劇した妹や友人にも聞いてみたけど
やっぱり同じような感想で、本当にやばいと思った。

なんでシトラスの風にしたかな~
作品のチョイスミスも大きかったと思うよ。
同じ岡田先生なら「魅惑3」のが絶対かなめにあってたのに。
宙組でゴールデンロケット見たかったのに。

もっともっとがんばれば
もっともっとできるはずなのに
なんだかぬるーくまとまってた。

これからどんどん良くなるのかもしれないが
私はこの1回こっきりの観劇で、この残念な観劇が私の「シトラスの風2」なのだ。
わざわざ遠征2回するにはとてもじゃないけど至らない。

大好きなメンバーだから本当にショックだったしがっかりした。

こんながっかりは2度とごめんだ。
あんなに前で見てこんなに感動しない宝塚も初めてだった。

目を覚ましてくれ。
そして現実をもっと的確に捉えて精進してくれ。

私がこんなことをここで叫んでどうなることでもないが
あまりにもやるせなくて、叫ばずにはいられない!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/12

「ロバート・キャパ 魂の記録」感想文。

まずは昨日見てきたフレッシュな感想文から。

前回の公演をCSで途中までしか見ていない状態での観劇。
正直まったく期待してなかったです。
ショーが見たくて行った公演なので、キャパは…
まぁ、おまけ?みたいな。

観劇してみた結果、


ショーがおまけ状態だったよ(笑)


とても良いお芝居に仕上がっていたと思います。

感動した。
泣いちゃった。

私も含めたヅカファンにはフランス革命みたいな歴史ものは比較的歓迎されるけど
近代史・現代史はどうも嫌煙されがちで。
フランス革命だって、第1次世界大戦だって、
そこに生きた人間のドラマには違いないんだけど。
それは分かってるけど、どうしたって
華やかなコスチュームや金髪巻き毛の登場人物には夢は見れても
近代史にはどうしても生々しい記録や記憶が付きまとってしまう。
目を背けたくなっちゃうんだよね。
お金を払ってまで華やかなものを求める観客としては。
なもんで、こういう題材を宝塚で取り上げるってのはどうなんだろう?
って常々思ってたけど、たまにはいいのかなって思う。

たまにはね。

~~ここからネタバレを含みます~~

お芝居の内容としては、無難にまとまっていたと思う。

かなめはこの1年でお芝居にグッと深みが増したね。
昔は何をやってもいつも一緒に見えたんだけど
人物ごとに深くお芝居をするようになっていつもグッと来るものがある。
歌も丁寧に歌ってたし、表情も、芝居相手に対する空気の作り方も、
私はかなめのお芝居好きなんだなぁって今回改めて思った。

特に、みりおんとの空気感が好きな私としては
ベタベタしているわけでもなく、仰々しいせりふがあるわけでもないけど
信頼感と愛情とが言葉が無くても伝わってきてすごく好き。
キスシーンも上手だった。

みりおんはホントこの子は何をやっても上手。
お化粧がちょっと変わったかな?ますます可愛くなった。
途中までヒルダとかぶるところがあったんだけど、ちゃんと演じ分けているし
この役、結構難しい役だと思うんだけどホント上手だった。

ちーちゃんのピカソ
ピカソって…って思ったけど、なるほど。こういう見せ場があるのか。
なかなか鬼気迫る演技だった。
そして、なんか衣装がちーちゃんの私服っぽかった(笑)

カイちゃん
台詞回しや声の出し方をすごく気をつけていたし、顎もちゃんと引いて
とっても進歩!っていう学年でもないんだけどね…もう…
あまりに今頃になって前回気になると指摘したところを急に改善に乗り出したから

こいつまさか、私のブログ読んでんのか?

といらぬ疑惑を思ってしまった(笑)

ふと思ったんだよね。
ジェンヌさんとて人間だから、ネットめぐってて
このブログに立ち寄っちゃうこともあるのか?って。
まぁ、そんなことはどうでもいいんだけど。

あとは、台詞を言うときに頭がグラグラ定まらないのが気になるんですが
指摘するだけで改善できるのなら、もういっそ本人に直接ビシビシ言ってしまいたい(笑)

もんちやズンも相変わらず上手で可愛い。
もんちはカメラを構えてものすっごい近くまで客席降りしてきて
しみじみと見つめてしまったけど、くるくるパーマにめがねが可愛すぎる。
あともんちって多分小柄なんだと思うけど、舞台で大きく見えるよね。
貴重な人材だ。

そして、今回はなんといってもりくだ。
ハンパない格好良さと、ハンパない気迫とで
客席の心をグッとつかんだ。
ベタな展開というか、登場から死亡フラグビシビシの中
それでも物語の軸というか、ストーリーの要をしっかり担って
客席を感動させるだけのパワーと力があった。
存在感ありまくり。
りくがこんなに出来る子なんて…
知ってたけど、知ってたんだけど改めてびっくりだよ!

いやぁ~格好良かった。
ほんと、格好良かった。

これを見れただけでも行った価値があった。

ドラマシティ組もそうだけど、風去り、ベルばらと続く
ある意味作品に恵まれない今の宙組にこういうお芝居は貴重だ。

見れて良かった!
今日は帰ったら前回のバージョンを見直してみようと思う。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/11

遠征中に発表になったいろいろまとめて突っ込み。

観劇記の前に、ひとまずツッコミ。

まず、

花組の副組長人事と、まりんさんの専科移動と、みつるの巴里祭について。

これは…

これは…

考えれば考えるほどグルグルしちゃうんだけど。
いろんな事がグルグルしちゃうんだけど。
このグルグルがただの杞憂に終われば良いんだけど…
なんかすっごいグルグル

みつるが巴里祭?

なぜ、

いま、

みつるが巴里祭?

いっそ行きたいよ!


そして、ほっくんのディナーショーが決まった。

なぜ、

いま、

ほっくんがディナーショー?
このタイミングでディナーショー?

なんかこっちもいろいろ妄想してしまう。
そして

いっそ行きたいよ!
ほっくんのディナーショーとかどんなにディナーが×でも
絶対素晴らしいもん。あの歌声にどっぷり酔いしれたい。

どっちも岡田せんせー演出か。
どっちも見たいな。この時期そんな予算はきっとないけど…

そして、
そして、

雪の全ツベルばらのキャストがヤバい

大ちゃんのジェローデル見たさに梅芸に行ってしまいそうだ。

それだけでなく

キングがフェルゼンとか(2役でロベスピエールとか)

なぎがアランで
かぜがベルナールで

なんか、なんか、

配役だけでもすっごい面白そうなんですけど!!

その分のチケット代をらんトムに回すべきなのは重々承知だが
これを見逃していいのかどうかの自問自答がハンパない。
中日が1回でいいやになった今、見るべきはベルばらか…な?

あってんのかな?私?!

今年は去年にも増してヅカ急がしそうで、
これから発表になるであろう色々がコワイです。
とりあえず11月からの宙の演目決まらないと
Halloweenのスケジュールが立てられなくて困るよ!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/11

宙組中日公演一言感想。

キャパがよかった!
思ったよりも全然よかった!!

面白かったし、泣けた。

りくが男前過ぎて惚れてしまう。
っていうか、惚れてしまった。

初演バージョンをちゃんと見ていないので
前回と比べてどうだったかってのがよくわからないんだけど
1時間半にこんなにまとまってるものをどうやって2幕にしてたんだろうか?謎。
私はかなめとみりおんが作り出す空気感がとっても好き。
今回は派手なコスチュームがない分、とっても堪能できた。

シトラスの風…
シトラスの風ね。たしかにシトラスの風だったと思う。
初演でケッタイだと思っていたシーンは差し替えられて
上品にステキにまとまってたと思う。

しかし…

私は宙組ファンで、
かなめも、ちーも、かいちゃんも、すっごく好きだからあえて言う。

それがきみらの本気だとしたら、やばいくらいに

残念過ぎる。

今日は3列通路脇という良席での観劇で
ちーちゃんもかいちゃんも沢山近くまで来る席だったけど

目と鼻の先で見たちーカイよりも
先日の大劇場で26列から見ただいもんの方が鮮烈

ほんきか?ほんきであれか?
根本的なダンスや歌唱の云々以前に、ショーにおける
客席を楽しませようとする努力が決定的に足りていない。
そして、今回立たされたポジションの重さもわかっていない。

心配になる位、地味で印象が薄い真ん中3人。

私が見たかった理想の3人並びを見に行ったつもりだったのに…

そうか。
そうなのか。

っと残念なキモチ一杯で劇場をあとにした。

みりおんが可愛かったのと、すっしーが男前だったのと、
りくがショーでも目を引きまくったのと、ズンのラインダンスが鼻血だったのと
それだけが良い思い出です。

ちょっともう…
がんばって。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/11

遠征最終日。

13時間寝てやったぜ!

おはようございます。
名古屋です。

この中日11時公演で遠征も終わり

すっごく楽しくて濃かったけど


やっと帰れる


雪のために前のりしたバタバタとか遠い昔のようです。

ともちんの観劇会とは微妙にずれて観劇してます。
スケジュールとチケットの都合があわなかった!ざんねん!!

妹は今日から遠征入りで、姉妹入れ違い(笑)
仕事の都合上仕方なかったんですが
一人遠征はなにかと不経済なので、そこはあわせておきたいよね。

昨夜は名古屋で名古屋めし!っと張り切ってたのに寒さと疲れでバタンキュー
きしめんだけは食べた!
酒が呑みたかったけど、疲れすぎた。

まぁ、観劇がメインの遠征ですから。

たくさん寝たので今日は元気!

たぶん、1回しか見れない予感がする中日公演なので
悔いのないように楽しんで、
さっさと帰宅して4日ぶりに愛猫との再会をしたいと思います。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/10

公演3日目の「翼ある人々」アフタートークのおまけ付き

アフタートークでまーさまが言ってたけど


地に足がついた!


まーさまのみせたかったものが、くっきりとした輪郭で見えてきた。


もう1回見てよかったです。

初日はみんな緊張してたんだな~


大作(笑)←みたいな1本もの2連発のなか

こんなに美しく
こんなに素敵な舞台がめぐってきて良かった。

オヅキが言ってた。
いま、この役を演じることができて幸せだって。


台詞がひとつひとつキレイで
場面もひとつひとつ大切に作り込まれてて

なにより登場人物がみな魅力的に見える。

貴重だよ!いまの宙には貴重な公演!!

今日は月組生ご一行が来てました。
通路はさんですぐ隣が月組生で、にわかに緊張した(笑)

ジェンヌさんたちの舞台に対するリアクションって面白いよね。
アフタートークはどうするのかと思ったらちゃんと最後まで観てた。
月組全然わからなくてだれがだれだか?状態なのが悔やまれる!

まぁ、とにかく

すてきなんだよ
すてきな舞台なんだよ

あとは東京を待ちます。

花組公演の強烈なインパクトと号泣
宙ドラマシティの美しい舞台

これに明日キャパみて大丈夫だろうか?

感動と狂乱と萌えとトキメキと涙と

すでにいっぱいいっぱいですっ


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/10

「TAKARAZUKA∞夢眩」一言感想。

サイトウくんがやっちまった!


っと、初日映像を見た段階からガッカリだった


どうやっちまったのか…
何をかましてしまったのか…

もういっそけちょんけちょんに言ってやろうと思って
端っから残念な気持ち一杯での観劇。


正直、好き嫌いのあるショーだと思う。

苦手な方にはとことん受け入れがたい世界観の連続だと思う。

ほんと、解説文のまんまなショーだと思った。
宝塚の古きをくみとりつつ、新しい息吹きな感じの意欲作。

作品の内容の前に

サイトウくんは、とても空気を読んだよ。

場面の振り分け、並び、構成において、
サイトウくんには感謝でいっぱい。

あと、

蘭寿とむには最強の心の浄化作用があって

らんちゃんに対するいらいらも
みりおにたいする違和感も

ぜーんぶ、ぜーんぶ、
花組のぜーんぶを受け入れられるキモチになったのは
蘭寿とむの暖かな愛に
組も客席も
全部が包み込まれた瞬間を何度も感じたから

これが蘭寿とむのもつ本当のすごさなのかと

もうなんて言っていいかわからないけど

心がすごく穏やかになって
気持ちがすーっと軽くなって

とっても暖かい。


私は

私はこの蘭寿とむのファンであることが幸せだ。

この蘭寿とむのトップ時代を見ることが、感じることができて幸せだ。


涙で溺れ死ぬかと思った。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/10

遠征は続く。

遠征生活満喫中!

無理矢理にでも前日入りがんばってよかった。

観劇以外にも自分的になんかスッゴい衝撃的な事が起こって
気持ちがバタバタしてます。

あんまり気持ちがバタつくもんだから、
緒海さんとおもいっきりヅカカラオケしてきたよ!
コンガ2回歌った。
やりきった感があるっ

明日からは1人旅で、まーさまを見てから名古屋に移動し
火曜は中日だ!

毎日ホテルもちがうし、見る演目も違うので
ほんと気持ちも身体もバタバタですが


充実!


各観劇の感想文は帰ってからジックリ書こうと思います

よーし

寝る! ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2014/02/09

「ラスト・タイクーン」一言感想。

ほんとに一言で言うと


あっけなかった。


いい意味でも
わるい意味でも


あっけなかった。


こんなサヨナラ公演もありなのかもな。
ただもうちょっと残るものがあってもいいかなって思った。

どういう意図かは知らないけれど
新人のデビューにサヨナラ公演をあてがうのは
ちょっと荷が重いんじゃないんだろうか。

生田くんはなにかとても考えすぎたのかなぁ


まぁ、
でも、


とても素敵な作品でした!

ぶっちゃけ泣きすぎてもうよく話とか覚えてないや


はぁ


サヨナラなんてつらい。
どんなに素敵な公演でも、サヨナラなんてつらい。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート