2017/01/31

シシィスターの大人買い~汐音さんのウィーン旅その9~

前日ゆっくり見れなかったホーフブルク宮殿に朝1でリベンジ!

前日のシシィミュージアム~ホーフブルク宮殿の見学は、時間がなかったのもあるけどとにかく人が多くて!どこいってもぎちぎちに人が居て、みんながガイダンス聞きながら立ち止まるのであんまり集中して見れなかったんですが、

やっぱ朝1はいいね!

昨日と同じくチケットを購入し、
新食器コレクションをすっ飛ばし、

まだがらがらのシシィミュージアムリベンジ

誰も居ない時間に、あの幸せの広間を再度訪れる
朝の光の中で見ると
すべてがよりいっそうまばゆい

肖像画の1つ1つも
戴冠式のドレスのレプリカも
まるで私たちのためだけにそこにあるみたいで
夢のような空間だった

ほぼ貸しきり状態だったから!

昨日の見学では、後半の展示に割りとくらってしまってくらーい気持ちになったりもしたけど、今日はもう明るいこの広間のことだけを思う存分焼き付けて、吸収してキラキラとした幸せな気持ちで宮廷内の展示へ移動。

シェーンブルン宮殿がパーンと明るい雰囲気なのに対し
ホーフブルク宮殿はズーンと重苦しい感じがする
ミュージカルの世界では青の世界観だけど、本当は赤の世界観。

フランツヨーゼフ没後100年の特別展示中なので、フランツに関する詳しいことが随所に展示されてた。(解説は英語とドイツ語のみ)

エリザベートがすごした部屋や、実際に使っていた運動器具や、詩をしたためたデスク、ミルク風呂に入っていたバスタブなどガイダンスを聞きながらめぐって、また戻ってガイダンスなしでもう一回展示をなぞる

うーん

私がシシィと同じ立場になったら
もしかしたら彼女と同じようになってしまったかもしれない

ガイダンスの内容が結構ズーンとくるほど、シシィの気難しさと息苦しさを伝えてくるので彼女の闇の部分がだいぶ理解しやすかった。
シシィが読んだ詩とか、いままであまり触れることがなかったけど、とにかく聴いていて苦しい。

部屋の室内は思ったより明るくてかわいらしかった

バスタブではミルク風呂のほかに、オイル風呂やミストサウナも楽しんだらしい。髪を洗うのは大仕事で大変だったとか、もうとにかく面倒くさい人!シシィ!!

わかるような、わからないような、
なんだかなぁ、でもなんか、わかるかなぁ

ここで共感できるかどうかは人によるんだろう。
私は7割くらい窮屈な王宮になじめないシシィに共感できた
ここがほんと、人によっては感じ方が違うらしく
同行の友人たちとも意見が食い違って面白い

そして、ウィーンでいろいろなものを見ているうちに
フランツが大好きになった


皇帝陛下は神のご加護で臣民すべてに義務を果たす


ミュージカルの中で繰り返し歌われるフレーズ

これね、これこそがフランツのすべて。


毎日の厳しいスケジュールの中に身をおきつつ、フランツが誠実に国民に対する義務を果たしていたことがひしひしと伝わってきて、この歌詞の意味が

ズーン

っと私の中に響き渡った

宮殿内でも最も簡素でシンプルな部屋で過ごすフランツ
書斎は愛するシシィの肖像画や写真で埋め尽くされていたフランツ

まじめで、誠実で、家族愛に、妻への愛にあふれていたフランツ

シシィから見たら、さぞ

重たい旦那

だったんだろうな…とか思っちゃう…

不憫なフランツ!

シシィへの愛を感じる文章や言葉に触れると、対極に居るシシィの日記や詩の言葉がポワっと浮かんできて

まさに


永遠のすれ違い夫婦


うん。
これ、しょうがない。
最初っからすれ違いまくってるっていうか、無理があった。

たくさんの肖像画が飾られていた
あの絵も、この絵も、見たことあるものばかり
初めて見る肖像画もたくさんあって見ごたえ十分
また、空いてるから!すごくゆっくりその場の空気を堪能することができた。

いやぁ!2日連続同じところ見学とかなかなかできないけど
堪能した。すごく満足した。

胸いっぱいのフランツやシシィへの思いを詰め込んで

おみやげ売り場へ!

ここで、
意を決して

シシィスターの大人買いだ!!

約6万円近く(このあとシェーンブルンで買い足した)
シシィスターを購入。
髪飾りにするにはこれくらい必要だったので。
そして、通販でもじつは買えるんだけど


やっぱりここで買いたかった。




ものすごく満足です。
ここでこの大人買いすることが旅の目的の1つだったので。
ついでに、ホーフブルク宮殿のガイドブック(日本語版)も購入した!

館内は写真撮影ができないので、思い出!!

ちなみに、免税いけるかとおもったら、宮殿内のお土産は免税ダメでした

シシィスター、これだけ買うと結構な重さ…
まだ朝1でこれからいろいろめぐるのに…シシィスター…こんなに…


重いやんけ!!!


いや、しかし幸せだ
念願のシシィスターを手に入れることができて
やっぱり、本場の本物がうれしい

ちなみにシシィスターはホーフブルク宮殿とシェーンブルン宮殿内のお土産や産にしかないと思われます。他のお店でも少し取り扱っているのみたけどぱっちものっぽい。オフィシャルじゃない感じがすごい。

夜、部屋に帰ってから並べてみた



キラキラキララ~


眺めているだけで幸せ一杯です!

つづく


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/31

TV収録してきたよ。

あれだけテレビとか出たくない!と大口叩いていたのはここ最近の話ですが、昨日テレビ番組の収録に行ってまいりました。
声をかけてくださったディレクターさんが、私と同じ年で、もともとヅカファンだったため、ものすっごく話が通じやすく、私が不快な思いをしないように誠心誠意手を尽くしてくださり、

っていうか

渋谷のオッシャレーでめまいがするような場所での打ち合わせの段階で、話盛り上がりすぎて面白すぎたww

なんというか、かんというか、
もう、なんか、いいかなって

いまさら

「テレビとか出ないし」

と頑なに拒んでもしょうがないかなって
こんな素人に声かけてくださるんだったら
まぁ、やれるだけやってみるかな…みたいな
あと、私が将来的にやりたいことを見越すと
テレビ出てく方がメリットあるかなってのが最大の理由です
あと、なんかトラブった時に間に入って交渉してくれる友人がいるっていう心強さが後押ししてくれた。

テレビ出る条件としては

私のことはどんだけいじってもいい
素人なんていじってもらってなんぼなんだから
ただ、私のことはいじっても、宝塚のことは、宝塚のことだけはいじらないで!!!

これが必須条件
で、これを死守してくださった今回のディレクターさんには感謝です。
ま、私はいじり倒されたけれどもww

昨年末に出演が決まり、昨日スタジオで収録でした
テレビ何度か出たと言っても、地方ローカルの番組はスタジオ収録なかったし、ほかは取材を受けるみたいな感じだったので、よくよく考えたらスタジオでがっつりテレビ収録なんて初めてでございますよ!

今回は衣装を持って行って、それを着て
私のヅカに対する&衣装に対する情熱を熱弁

事前にいただいた台本(と言っても進行確認するようなもの)は全く頭に入らず、カンペ出していただいても、カンペの存在をどうこなしていいのかわからず、終始緊張状態でしたが、番組レギュラーの柴田さん(アンタッチャブル)はじめ、周りのスタッフの方々が盛り上げてください、柴田さんが話を的確に勧めてくれる&引き出してくださり、なんとか面白くまとまったような気がします。
お笑い芸人さんってすごいね。私的には、あのアンタッチャブルの柴田さん!漫才大好きでした!!とか色々な思いが駆け巡ったり、去年の柴田さんのドタバタ(ファンキーな例のやつ)思い出したりとか、いろいろ思い出して、柴田さんどんな方なんだろう?って思ったらなんかすごい優しくて気遣いできる方でした。
今まで何人かお笑い芸人さん間近で見たけど、こんなに優しげな人初めてみたかも。
素人毎回紹介する番組とはいえ、ズブズブの素人を緊張させないようにうまく話を引き出すのが本当に上手だなぁって思いました。

私はメイクや着付けがあったので、かなり早めにスタジオ入りしてお支度していたんですがプロのヘアメイクさんいるのにその目の前で自分の道具を広げて我流メイクするのが死ぬほど恥ずかしかったです。
いや、でも、ヅカメイクは自分でしなきゃだしとゴシゴシメイク頑張って、唇描くのだけ苦手なのでプロの手を借りた。

image2.jpg

見たことない道具使って丁寧に塗ってくれた!
そして、当たり前だけど収録中にメイク崩れればすぐにメイクさんが直してくれて

テレビすげーな!っと
いつもは何もかも自分でしなきゃだからね。

メイクさんの持ってるメイク用品に興味津々になり
いろいろお話を伺った
特にメイク筆のたばに興奮

image1.jpg

お勉強になった
貧乏だけどメイク筆2本でメイクしてるのやっぱりありえないのでちゃんと揃えよう


収録はグリーンのバックで後から合成して背景を入れる感じ
設定は宇宙船なので、その中にヅカ衣装の私が舞い込むというかなりトンチキな設定が

テレ東深夜枠っぽくて素敵ですねw

って思ったのが出演OKの決め手でもありました。
地方ローカルとちがって、すごいたくさんのスタッフさんがいらっしゃって、当たり前だけどみんなプロフェッショナルで、お話聞いてても「ぎょーかいのかたですねー」みたいな感じで、異空間にいるみたいだった

テレビ毎日見てるけど
テレビ作ってる人ってこうやって本当にいるんだね!

みたいな。
いや、当たり前だけど、テレビ出てる人よりもテレビ作っている人たちの存在に現実味がなくて、目の当たりにしたらキラキラしててすごかった。
みんな服装とかオシャレだしね。さりげなく。
自分が行ってる会社なんて女子社員私以外全員制服着てるからね(私は制服を頑なに拒否している)えらい違いだよ。まったく。
こういう空気の中でそれぞれのプロフェッショナルが何か1つを作るために常に向かって行ってるってすごい楽しそうだしワクワクするけど、やっぱり私の現実とはちょっとずれててフワフワしてた。

ま、
とにかく、

収録でも控え室でも刺激がいっぱいで
とても楽しかったです

帰りは、大荷物の私をディレクターさんが送ってくださり
1時間近くいろんな話を聞いた
同じ年なのに、見てきた世界も、経験もまるで違う人の話を聞けるのは本当に貴重な時間。
すごく面白かったです。

放送は関東ローカルのみ
放送日はまだ未定なので、決まったらお知らせします

なんか当初は放送終わってから言おうと思ってて
恥ずかしいから事前告知はしない!って決めてたんですが

面白かったから、見てもらったほうがいい

っていう心持ちに変わった。
うん。
なんか引っ込んでてもしょうがないよね。うんうん。

いつか

「マツコの知らない世界」に出るために私は頑張る

テレビ出演としてはそこが最終目標
宝塚でも、衣装でも、なんでもいいから
あの番組に出たいのだ。

あんまり表に出ることに関してガツガツしてこなかったけど
自分の中で出せるものは出して生きていこう!

っと思いつつ

別にタレントになりたいわけではないので

一般会社員としての自分が一番大事!

ってことで、

今後はこのスタンでまいります
緩く応援してやってください

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/29

スカピンもろもろ。

詳細な配役が発表になって、会社でランチたべながら

「は?ありさひとみ?!」

っと思わず声を上げてしまったのはもう金曜日のお話。
組み替え忘れてタァ!もう有沙瞳嬢は星の子なのですね!!
せおっちの恋人に有沙瞳嬢
アルマンとマリーの力関係がうまく表現できそうなカップリングで楽しみです。

そしてチームロベスピエール(ロベスピエールが革命の親玉だからこう呼ぶ)が濃いめのメンバーで!!!

楽しみだなぁ〜
うふふ〜

さて、
いまだかつてないほど、波紋を呼んでいる


マルグリットの新作ドレスが度を越したダサさな件


記者発表の様子を見て、後ろ姿までのすべてを検証した結果

もう泣きたいほどダサい

そのダサいリボンと腕の所の白いライン
耐えられないほどダサいからいっそとっちゃってくださいってほど

ダサい

予算とか大人の事情で装飾プラスすることが無理なら
せめて…せめて…
ダサい装飾をマイナスしてすっきりさせて欲しい…

あまりにもダサすぎてショックなのです

初演のマルグリットのドレスが現れた時の
震えるほどの興奮をまだ覚えているから

マルグリットは

フランスの女優

ファッションの最先端のフランスの女優

その彼女があんなドレスを着るなんて…
衣装部さんお願いです。どうにかしてください!初日までにとってください!!
そのクソダサいリボンと白いライン!!!!

衣装っていうのは、観客の興味をものすっごく引くものなのだ
だから、やっぱり、ダサいドレスだとわかっていると
観客のテンションも下がる

これはもう私だけじゃなく、みんなからのお願いだ!

このドレス発表されてから、ドレス関係に詳しい各方面に思わず聞いて回ってしまった。私の主観だけでどうこう言ってはいけないと思って。でもさ、やっぱりさ、誰に聞いてもさ

ダサいよ

もう初演のドレス引っ張り出すんでいいですよ。
その方がいい。一万倍いい!!!

このドレスと同じ場面のパーシーはどんな衣装なのか
こんなドレスを出されたら不安でいっぱい…またシマウマ?色違い?それとも他の動物?!

スカーレットピンパーネルの楽しみの3割くらいが衣装の豪華さなので…ほんと…お願い…

楽しみにしている分、思うところもいろいろですが
もしかしたら全体的にみたらあのドレスが調和している…なんてことが…そんな奇跡が…起こるかどうかはわからないけど、割とマジで衣装がダサいと作品に集中できないので、私が世界一愛する宝塚の衣装には夢見る衣装をお願いしたい!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/29

Facebookをはじめたのよ。

必要に迫られてFacebookをはじめました。

Twitterですらまだ使い方慣れないのに…
Facebookいろいろわからなすぎて
友人にレクチャーを受けながらヨチヨチ運営してもう5日くらいになるかな?

海外のいろいろな方とお友達になれて非常に楽しいです!

ベルサイユ宮殿で素敵な衣装だった方々や、世界中の仮装(仮装ってのはDハロ云々じゃなくてヒストリカルドレスやヴェネツィアでの仮装の方々です)の方々の写真目の当たりにして

ポカーン

世の中には私の知らないすごい人がいるもんだ!

ちょっと目が覚めた
世界は広い

そんなわけで、海外の方々とのコミュニケーションツールとして活用…できるといいね…指導とマネージメントにお友達の助けがないと自分で自分がヨチヨチ危なっかすぎてドキドキします。

自動翻訳を3個くらい駆使しながら様々な言語と格闘中です。
せめて…せめて英語できればもうちょっと楽なんだけどね…

それと、ここ3年くらい撮影した写真をほとんどアップしていない状況だったので、過去分含めて今後の撮影した写真はFacebookメインの公開になるとおもいます(もちろんブログやTwitterにもぼちぼちアップしますが)Facebookのほうではいままであまりしていなかった制作過程も細かく紹介予定です。

早く使いこなせるようになりたいヨォ!

華劇 ←汐音と緒海の写真や衣装過程の紹介ページ

Rin Shione ←私の個人ページ

どうぞフォローしてやってください

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/28

横山裕が美しくて。

佐々木蔵之介さんと関ジャニ∞の横山裕くんがW主演の映画「破門」
本日公開でございます。

本日見に行けませんが、なんとか来週中には見に行こうと思ってます。
私は関ジャニ∞のファンをしておりまして
いわゆるエイターとしてファンをはじめて7年が経過しました。
ジャニオタどっぷりだった時期はヅカを年間2回くらいしか見なかったりもしましたが、現在はヅカを中心にしているのでジャニオタがだいぶ緩くなりました。遠征してライブみるとかあんまりしなくなった。(今年大阪行ったけど)

ヅカオタにどっぷり返り咲いた時にジャニオタはどうなるのかと思ったら


きっちり両立

脳内に宝塚とジャニーズが常に両立できる状態です。
私を知っている人たちは、私という人間とジャニオタの部分があまり結びつかないようで未だに「あんたがジャニオタなんて信じられないよ」とか言われますが、ジャニオタだっていったらジャニオタです。
ヅカ関連のお知り合いにはなんか酸っぱい顔されますが

ジャニオタやめることはヅカオタやめるの無理と同じくらい無理

さて、関ジャニ∞とNEWSをメインにジャニオタ続行中ですが、先日の遠征時に京セラドームのコンサートでエイト見てきたばかりなのでエイト熱高めでお送りしております。
初一人京セラ。ってか、初大阪エイトコン。
そして、泊まっていたホテルに鳥貴族が組み込まれていたので(ホテルの2階が鳥貴族だった)

初一人トリキ!!

C2DdrnhUsAAm9Ko.jpg

ものすごいスピードで夕食と晩酌を済ませて
エイターでいっぱいの店内を足早に出ましたが
とても楽しくてご機嫌でした
(鳥貴族の社長はメンバー大倉くんのパパ)

さて、

破門公開によせて
自担の横山裕が番宣でテレビに出まくるシーズンを迎えておりました
我が家のHDDはジャニーズウェブの言うままに稼働しまくり
情報番組やらバラエティやらバラエティ番組に出まくる横山裕を録画しまくり。
重症の風邪を患い、病床→病み上がりのヘロヘロな日々を

横山裕の美貌が彩ってくれた

美しい
横山裕が最高に美しい

誰がなんというと、私は横山裕の顔がジャニーズで一番好きなのだ。
なんか去年くらいから、ふわっとヨコが肩の力抜けた気がして
一時は色々心配したりもしましたが、今が楽しそうで最高に美しい

いろんな番組みては、笑って、泣いて、萌えて、
もうすぐ番宣祭が終わってしまうのが残念でしょうがないです。

私がエイトにハマりたての頃に、ちょうどヨコのソロコンが決まり
駆け回った日々はもう7年前。
ライブツアー中にお母様が亡くなり、ファンとしても色々な思いが駆け巡ったライブでした。
友人と泣きながら電話してたもんな。

昨日のAーstudioがなけた
つるべえはすごい人だな。ほんと。

すごくどうでもいいですが
熱心にジャニオタしていた時代に、出来心で衣装を作ってました。
(細かいツッコミはしないであげてくださいww)
それこそ何十着もあります。特にエイトは衣装がものすっごく可愛いのでね。

C3O5duOUMAAFmRi.jpg

C3O5gSoUEAAVLWe.jpg

C3O5e3FUYAEzyzL.jpg

これはヨコのそのソロコンで着用された♪チョコレートという曲の衣装です。
迷彩にギンガムチェックに水玉にパリをあしらうという

ひっちゃかめっちゃかな衣装

それでもこの可愛さ。すごい。
帽子が行方不明。どこいったんだろ。

このライブは映像化されてないし、雑誌の小さな切り抜きと
自分の目で見た記憶を元に、ライブオーラスまでに頑張って仕上げました

ま、

生で見た記憶だけで衣装作るのは私の得意分野なのでww

この衣装大事すぎて、死ぬまで持ってる衣装の1つだと思う。
こうして、自担が気分的に上がった時は
トルソーに着せて愛でるだけで幸せです。
衣装フェチなので、もはや見ているだけで幸せ。
宝塚の殿堂とかそんな感じですよ。

せめてジャニオタだけでもやめればなぁって、よく思います。

ジャニーズって嫌いな人から見れば心底どうでもいいし
どっちかっていうと見るのも聞くのも嫌な存在でしょうが
私はエイトの曲やエイトの存在自体に日々生きる糧をもらって生きているので
誰がどう言おうと生涯エイターなのです。
それはかわらないのです。

理解できない人にこの年でジャニオタだっていうと
割ときつめの返しをくらいますが

私の好きなものがあなたにとってくだらなくても
私は私の好きなものを大事にすることにはかわりなく、

人が大事にしているものを軽々しくけなすような
軽率な人間にだけはなりたくないなって思う日々です。
気をつけなくては。私もね。

「ジャニーズなんて見てんの?くだならない!」

とかいうやつ、とりあえず自分でドーム5万5千人埋めれるようになってから言え!

ってなもんですよ



好きが多い人生の方が
圧倒的にたのしいんだから!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/26

チープグルメとお部屋食~汐音さんのウィーン旅8~

ホーフブルク宮殿を出て、すっかり暗くなったウィーンの街を歩く。

パリで街歩きをしていたときは、道があまりにもきたいないのと、路上駐車が多すぎるのと、そもそも空気自体が排気ガスで汚く、常に何かしらの不安があったからか(治安悪すぎてスリたくさんいるとか)あんまり街歩きしてても楽しい!って思うことはなかったんですが、ウィーンの街は治安も良いし、道もきれいだし、とっても快適!

夜でも怖くない

これ結構大事。

ランチを抜いてとにかく歩き回っていたので、空腹が限界
カフェに入ろうか、レストランに入ろうか迷いましたが
目の前にスーパーマーケットがあったので、ひとまず入ってみる。

海外のスーパーって楽しい!

オペラの前の小さめの店舗でしたが、

「キットカットがめっちゃ安い!」とか、
見たことないミネラルウォーターとか、
ウィーンのビールとか、

眺めているだけでも楽しい。

楽しいんだけど、疲れきっているので、若干ぱさぱさの心で買い物をざくざく済ませ、空腹に耐えかねて、路面電車の駅のスタンドにあった謎のお店で謎の焼きそばを購入。

IMG_1242.jpg
IMG_1245.jpg

このスタンド、事前に調べてちょっと気にはなっていたんだけれども
日本と、タイと、中国が混ざったみたいなラインナップのメニュー。
メインは焼きそばかな?ウィーンの街中に結構たくさん店舗があります。
ちょっと怖そうなおじさんたちが群がってたので怖かったけど
話しかけてみたらみんな優しく、つたない英語でも会話ができて
無事焼きそばをゲット。

注文してからいためてくれるんですが

「チリソース入れる?」

とか

「スイートソース入れる?」

とかいろいろ聞いてくれる。
結局ベーシックにしょうゆみたいな味のソースだけにしたんだけど、これ全部入れたらどうなったんだろう?

熱々の焼きそばをオミと2人で夢中で食す。

飢えすぎww

味は…微妙。まずくもうまくもない。
おそらく店舗によって味に差がありそう。
ウィーンでの食事にあきたらアクセントとしてまた食べても良いかも。

路面電車でお部屋に戻りまして
お湯を沸かそうと思ったら、湯沸しポットがない…
パリのホテルにあったから当たり前にあるかと思ったけど
ヨーロッパのホテルに湯沸しポットはまずないらしい…

今回も

アルファー米もって行きました




疲れすぎると一刻も早く部屋に帰りたい
もう、お店入るとか面倒くさい

ってなってしまうので。
小さいカップめんと味噌汁とコーヒーともって言ってたのですが

お湯!!!

次回から、絶対持って行くぞ!湯沸しポット!!
お部屋で暖かいコーヒーやお茶が飲めないのは結構私無理だわ。

仕方がないのでフロントでお湯をいただく
ホテルのバーのお兄さんが

「お湯は5ユーロだ!」

っていうから、

た、高い…
しかし、背に腹は代えられぬ…っとごそごそお金を出そうとしたら

「ジョークだよ!」



ウィーンジョークかよ!!

そんなわけで、
アルファー米とカップめんにお湯を注いでいただき
うれしげに部屋に帰る日本人女2名を
フロントの女性が生ぬるい視線で見守っていたが

旅の恥は掻き捨て

ってことで。翌日ももらいに行ったww

IMG_1243.jpg

お部屋で買ってきたウィーンのビールのあてに
たこのオリーブオイル漬けの缶詰食べてみる
これ1.2ユーロとすごく安かったんだけど

IMG_1244.jpg

たこがぎっしりでこの値段はかなり安い
おいしかった!お土産に買ってくれば良かった!
そして、ウィーンのビール

おいしいじゃないか!!!

せっかく海外行ったら現地のお店で現地のものを!っていう考え方もわかるんだけれども、こうやってお部屋で買ってきたものを食べるのも楽しいのです。

広すぎておぼれる湯船で温まって、翌日に備えて…早めに就寝…っと思いきや
オミサンが早々に床に入るのを見守ってから、翌日のスケジュールを練り
翌日合流する友達と連絡を取り、ロケ用の衣装の手直しをしたり、終わってない部分を縫ってたりなんなりして、そこそこの夜更かし。

早く寝ろ!

つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/26

シシィ博物館とホーフブルク宮殿~汐音さんのウィーン旅その7~

シェーンブルン宮殿から地下鉄で15分くらいだったか、
ホーフブルク宮殿に戻ります。
この時点で土地勘まだ曖昧だったんですが、
GoogleマップさんとSiriを両方使ってなんとか目的地に到着
この時点で閉館まで1時間半

すごい時間がない!!

IMG_1240.jpg

シシィチケットでそのまま入場できます。

入場すると、まずハプスブルク家の膨大な銀食器コレクション

ぶったまげる豪華さとその量!

無料ガイダンスを借りて、途中までは真面目に聞いてたんですが
銀食器のところだけでも1時間以上かかりそうなので割愛
興味がないわけではないが、もっと興味があることがその先にあるので!!

足早にシシィミュージアムに向かいます。

銀食器コレクションの迷路を抜けて、一度お土産売り場を通過し
皇帝陛下も歩いたという階段を上って2階へ
シシィのシルエットが出迎えてくれます。
チケットチェックのところのガラスケースに
割と雑めにシシィの髪型を再現したディスプレイとかあって興味深かった。
私たち、あの髪型作るのにウィッグを3個くらい使って作ったりするのですが
シシィは地毛だもんね!

憧れのシシィミュージアムに入場

シシィにゆかりの品や、映像、結構現代的な展示方式で
シシィの生い立ちからフランツとの出会いまでを1部屋で紹介

なんかミュージカルのイメージ強すぎて、キャラクターが私たちの中で確立されちゃってるけど、実際の文献や証言紐解いたら、シシィもフランツもゾフィーもみんな私たちが思っているような人じゃないんだなって思った。
特にゾフィーに関しては完全にキャラクター誤解していると思う。
彼女こそ、その美貌と頭脳でハプスブルクを牛耳ったすごい女性なのだよ!!

で、幼少のシシィを模った人形が子ども服着てブランコしているよくよく見るとちょっと怖いお部屋を抜けますと、シシィの等身大像やら、新聞記事やら、実物の衣装が展示してあります。
ガイドを聞きながら、展示を1つ1つ見ていくと

やっぱ、シシィに対してキャラクターに誤解が生じているなぁ

ってすっごく感じた。
美貌の皇后として神聖化されすぎてるけど
実際問題、決して素晴らしい人物とは言い難い。

展示の序盤では様々なシシィのイメージが紹介されていて
皇后として存在していた当時は、ウィーン市民のほとんどのは無関心な存在だったそうで(そりゃ公式行事にもほとんど顔出さないから当たり前)、死後美貌を神聖化して等身大の像や胸像があちこちに建てられ、「プリンセスシシィ」という映画でとても間違った印象を世の中に植え付けてしまっている!みたいなことが展示してありました。
この映画、私も大嫌いで…見た目は美しいんだけど
シシィの本質を全く描いていない…なんていうか…悪い意味でディズニー映画みたいな作品。
そんなに愛されるような存在じゃなかったようですよ。シシィは。
オーストリアの人たち、未だにシシィに対してあんまりいいイメージないもん。

展示の中盤はゴージャスな広間に有名な肖像画がどどどどーん!

超有名なスタードレス(いわゆるシシィの白の一番有名なドレス)はフランツの大きな肖像画と対でならび、横には銀婚式の肖像画、その反対側には戴冠式の肖像画!真ん中のショーケースには、シシィがバイエルンを去る前のお別れパーティーで着たドレスのレプリカ、その反対側には戴冠式のドレスのレプリカ、そして別のショーケースにはシシィスターの髪飾り27個と戴冠式と銀婚式のアクセサリーをスワロフスキー社が再現したもの

なんじゃこの部屋
詰め込みすぎだろ!!

とにかく幸せすぎる空間というか
右見ても左見ても興奮するものばかりで

めまいがした

椅子がおいてあったので、しばしその場に座って
受け止めきれないほどのシシィへの憧れの部分の集合体みたいな部屋の空気を満喫

あぁ、幸せすぎる
こんなにたくさんのシシィに囲まれて

幸せすぎる!!!!

だいぶ長い時間をここで過ごし、展示の後半へ
後半部分の展示はシシィの闇がメイン
日本の展示にも持ってきていたものがたくさんあった
興味深かったのが、シシィが意外とよく食べる人だったってこと。
お菓子大好きで、スイスで暗殺される前もお菓子買ってたとか
だから歯医者が欠かせなくて、しょっちゅう治療してたとか
人間らしい一面も覗けた

しかし

あまりにも彼女の闇が深すぎて

等身大の喪服のレプリカの展示はなんかこう…360度稲妻はしって闇が広がるみたいな展示で見ているだけで精神蝕まれそう。っていうか、そういう闇の部分を過剰に摂取したり、当時の証言を元にしたいろいろを見たり、聞いたり、シシィが実際に読んだ詩とか日記とか覗くと

シシィが一旦嫌いになる

ちょっと、この人、マジ無理
なんなの。超めんどくさい。
この人なんなの?!

ってなる。

理解できる部分もある。
同じ自由を愛する人間として、シシィが結婚という過ち(本人が過ちってはっきり言っちゃってる)を犯して一番大事な自由を失い、窮屈な生活の中で何もかもが受け入れられなくて、反抗心があったうちはいいけど、それすらなくなって、とにかくただただ悲観する日々に陥ったっていう概要は理解できないこともない

でもなぁ

ちょっとなぁ

身近にこんな人いたら手に負えない!

っとおもっちゃうだろうなってほど、シシィの闇が深く
展示を最後まで見て、シシィの闇を過剰摂取して
泣きたくなるほどシシィが苦手な人に見えてきてしまったので

先ほどの素敵なシシィてんこ盛りな部屋にもう一度戻って素敵なシシィを再度摂取。

まぁ、この光と闇のコントラストが彼女の魅力だよな!ってことでまとめて先を急ぐ。
あと30分しかない。
まだ、宮殿の展示がみれていない!

途中、オミサンのガイドが電池切れになって
ガイドを一度聞いた汐音が、オミサンに簡単にガイドをしながら歩くという二度手間行為をしなければならなくなり、最後の方は超巻きで見なきゃならなかったので「ここは風呂場!ミルク風呂ここね!!」みたいな雑な汐音ガイドが繰り広げられ、最後まで見きれないうちに、ウィーン版蛍の光みたいのがなりだして

強制撤収

お土産売り場を見る暇もない!

お外に出たら真っ暗だった

駆け足で見すぎて何が何だかよくわからなかったが…いいのだ。


明日もまた見るからいいや!


そうやって時間を自由に使って、何度でも好きなところに繰り返し行ける幸せよ!!

そんなこんなで1日目が終了〜

すっごく頑張ったけど、私たちのしつこい見学の仕方だとシシィチケットはタイムオーバーで使い切れませんでした!

つづく…



ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/25

六本木 de アントワネット~待ち合わせはアマンドで~

前回からの続き!

そんなわけで、ホテルのお部屋にフランスクルーがやってきまして
まず始まったのが

名刺交換!!

フランス人も名刺交換するのかっ
いや、在日の方々だから必然的にそうなったのかもしれないが、カタカナで名前が書かれたお名刺いただきまして

なんだかちょっと不思議な感じ

準備の段階でどれくらいの時間がかかるのかをまず説明

メイクに1時間半かかるといったら

女性クルー3人びっくり!!

いや、かかるよ。
この平らな顔に凹凸つけて
ドレスに負けない顔作るのにそれくらいはかかるよ?

ドすっぴんから、濃い目のメイクが出来上がるまで、じっくり至近距離でメイクシーン撮影されて、さすがに緊張して、メイクが変になって、ひよこさんにたくさんなおしてもらった…緊張すると塗りすぎる!!

Nomiさんと妹さんは別のホテルでお支度していて、待ち合わせの連絡をやり取り

「18時半にアマンドの前で」

っとのNomiさんからの連絡に

「わかりました!ルマンドの前ですね!」

とナチュラルに返す私。


脳みそBURUBONのお菓子でできてます


長い時間をかけての支度をフランス女性3人に見守られ、会話していくうちに、考え方の違いとか、カルチャーショックとか、
いろんなことを感じる貴重な時間でした

「どうしてマリー・アントワネットの衣装を着るのに香水をつけないの?」

ってすっごくナチュラルに質問されて
そうだよな。香水は文化だもんな。
ここまで衣装着るからには当たり前につけるんだろうな。

っと思いつつも

臭いから。
臭いが衣装に付くのがすごく嫌だから。

っという非常にそっけない回答がまたフランス女を驚かす。

支度している途中に、この企画のメインのジャーナリストの女性から

「六本木を歩く姿を写真撮影してイギリスのファッション雑誌に載せたいの!」

っという提案を受ける。

もう、
なにがなんだか。

ここまでしてて断る理由もないので快諾。

さて、ホテルでの支度を終えて出陣です!

ホテルを出て少し歩くと六本木交差点
アマンド前での待ち合わせ


4人のアントワネットが
六本木交差点アマンド前で
待ち合わせ








すごい奇妙な状況だ
まぁ、でも、取材クルーが付いているからか、さほど騒ぎにも起きず
六本木のみなさんは華麗なスルースキルで
変人4人を素通り

さすが六本木!







⬆︎行進

ちょっとやそっとの変人にはびくともしない



交差点で撮影したいといわれ
ハイハイってなったんですが
みんなで撮影かと思いきや
私一人が引っ張り出されて

交差点へと向かう

え?
へ?

ってなっているうちに
人ごみにまぎれて

マリー・アントワネットが六本木交差点に立つ

あっちにカメラマン
こっちにドキュメンタリーのカメラ

撮影をされているから
やっぱりさほど不自然に周りからは見られなかったが
撮影クルーが全部私についてきてしまったので、
アマンド前で待つ3人の方が羞恥プレイだったらしい。

六本木の真ん中で、横断歩道を渡り
1人交差点にたたずむ

他の方の迷惑にならないように
ほんの一瞬の出来事だったけど
あの光景は忘れられない。なんとも不思議な気分だった。


人生って面白いな


ってすごく思った。
私は普通の人間だ。いたって普通の。

会社に行けば1人の従業員。
家に帰ればただの娘。
我が家の猫にとっては自動エサ出し機

それくらいの人間だ

何が特別なわけでもない
何がすごいわけでもない

美人でもないし、スタイルも悪いし、若くもない

なんのとりえもない私が
今、ここでたたずむ姿を
フランス人ががむしゃらに撮影している

この奇妙ともいえる一瞬

なんだろう
なんなんだろう
なんでこんなことになってるんだろう

すっごくすっごく、面白い経験だった

緊張もしなかった
むしろ堂々としてた

この瞬間を楽しもうって全身で思った

人生は何があるかわからないね

この経験で、私はなんだか意味もなく抱えていたモヤモヤとか
過剰に自信がない自分に少し蹴りが付いた気がする。

ぐるっと見回す六本木の夜が
いつもどおりの六本木で
その中に居る奇妙な私が
なんだかすごく面白くって

こんな2度とない経験をさせてくれたフランスクルーには感謝!

なんか、この特別な時間が
日常の平凡さをより愛おしく感じさせてくれた

今までに味わったことのない経験で
高揚感はあったけど、気持ちはぐっと落ち着いてた

翌日、六本木から会社に出勤して荷物を取りに会社帰りに再び六本木
昨日と同じ道を普通の格好で歩いてたら
特別な私がいるのは、こうして1歩1歩地味に歩いてる普段の私がいるからで
夢だったみたいな昨日が、どんなに特別でも
私は普通の会社員だってかみ締めるたびに、なんだか笑いがこみ上げた

ギャップが面白いんだよ。
このギャップが。
普段の私が地味に生きていればいるほど、特別な一瞬が面白い。

もう2度と六本木をアントワネットで歩くことはないけれど、この後の人生でも六本木に行くたびにあのときの面白すぎた一瞬を思い出して、クスクス笑いたくなるんだろうな。


人生は短すぎて、退屈している暇などない


シシィパパの言うとおり。

人生、面白いったらありゃしない!

同行のひよこさんが面白い写真たくさん撮ってくれたので
あれは夢じゃなかった!って今、こうして思い出すことができる。

4人集合


フランスクルーは、アントワネット展での撮影許可がとれていなかったためヒルズでバイバイ!



あとは番組でどれくらい自分たちが使われるのか
どんな風に取り上げられるのかわからないが
100%良い風に伝わっていない&取り上げられないとしても
なにか私たちの熱い思いの1つでも届けば良いなと思います。
2月くらいには番組できるらしいよ。フランス語だけども!

つづく
ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/24

まだまだグランドホテルを引きずってる。

熱でうなされながら
脳内が常にベルリンにワープ

ベルベットの椅子
かぐわしき香水
シャンデリアの光

どれもこれもない、下町の小さな我が家で
脳内だけは、脳内だけは、1928年のベルリンへ!!

いやぁ。遠征から帰ってきて
ずーっと、ずーっと、
グランドホテルと関ジャニ∞のこと考える日々です。
(関ジャニ∞もかよ!っていうツッコミはなしよw)

たまきちの男爵が歌い出すあのオープニングと
美しすぎるラストの演出がもう!もう!!

スカイステージをほとんど見ない生活が続いていて
あまりにも見ないから、いっそ解約しようか…なんて思ってましたが、不意にやってた月組公演のCMで

ぎゅーん!

あぁ、今すぐにでも大劇場に飛んでいきたい
ベルリンに行くと思えば、近いじゃないか!大劇場!!

とか思いつつ、病の床に伏せっておりました。

ベルリンのグランドホテルって現存しているウェスティン系列のアレなんだろうか?どうなんだろうか?現存しているのなら行ってみたい!(しかし、調べてみてみた写真はいまいちの高級感だった…本当にこれ???)

なんかこう、すっごい高級な海外のホテルに泊まりたい!!

前回の遠征が場末のビジネスホテルの最低ランク感がすごくて(京セラドームへのアクセスの良さ&安さ重視)己の置かれた現実とグランドホテルの距離感がすごかったんですが、私だって本気出せば年に1回くらいはいいホテルに泊まれるんだから!!っと唇を噛み締めたのでした。

体調が復活しまして、本日出社
キャトルではル・サンク発売でございます



うひょー
うひょー

なかなかいい写真が揃ってる
しかし、販売写真も、ルサンクも、あーさのラファエラないの…なんで…おかしくない?
あーさのラファエラが見たいんだってばよ!
写真が欲しいんだってばよ!!
そして映像化すら危ぶまれるとか…辛い…お願いだから映像化確約してから上演して!!
絶対メディア化!というぬるま湯に育っちゃってるから、版権どうのとか受け入れ難いの。
ガイズで懲りてるはずなのに!又してもなんかあやふやで…

どうか発売されますように!!

っと、いいつつも、このミュージカルの良さはその空気感
劇場ごとの空気感なのであります。
だから劇場へ足を極力運びたい。うん。
すごい忙しい時期だけど、極力!

なんせ10代の多感な時期に、CDで曲は叩き込んであるため、
頭の中でぐるぐると名曲が回るのですが
肝心の初演のCDが我が家の地層から発掘できず
ひたすら脳内のあやふやな記憶による演奏で非常に気持ち悪い…
CD化はされるよね?!

とりあえず、この状態を落ち着けるためにはアーサー王伝説のDVDを買うしかない!
今日フラゲできるかと思ったら、なかった!残念!!
明日はお給料日なので、ナイスタイミングでのフラゲを狙って
明日も元気にキャトルに向かいたいと思います。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/23

スカピン制作発表、どうしたってドレスをチェックしちゃうのです。

ポスター撮影時には装飾が全部間に合わなかったから、
あのドレスはきっと作りかけで、制作発表にはきっと完成系が登場するはず!!


っという淡い期待は消え去った…


制作発表の写真が上がってきましたが

袖のデザインはフリルブリブリしとけばいいだろ!
オーバースカートのデザインはでかいリボンつけときゃいいだろ!
スカートの下の方の装飾は…とりあえず共布寄せとけばいいだろ!

みたいな…

私がなんでこのドレスにこんなに拘るかと言いますと
有村さんが数多く作ってきた衣装の中で
初演のマルグリットの衣装が一番好きだから
物語をくんだ色使いや、斬新でいてすっきりとしたデザイン
凝った装飾や、たっぷりと使われた高級シルク
装飾や生地も、とにかくふんだんに豪華に使われた
最高のデザインで

NHKの番組に有村さんが出演した際も、
有村さん意気揚々とこのドレスのこと説明していて
自分でも自信作だと言っていた。

だから月組の再演で色が逆転したバージョンが出てきたときも

「あぁ、あのデザインが完璧すぎたからしょうがないよね」

って思ったんだけど。

どうしたことか!!

衣装に詳しくない方には何がどう悪いのかとか、デザイン性の欠落とかよくわからないかもしれないが、パッと見たときにいわゆるみなさんが想像するお姫様がきてるドレス!みたいな単調なデザインが…残念すぎる…
リボンの位置も、スカートのデザインも、なんでこんなことになってしまったのか…わからないけど
他の貴族達の衣装も全部作り替えないと、

マルグリットが一番地味になっちゃうんじゃ?!

っていう懸念すらある。

大人の事情とかいろいろあるのかもしれないけど、なんかな。
なんでこんなデザインを有村さんが納得して出したんだろう…わからん。

ま、初演のときと比べると
信じられないほど、生地も、レースも、ブレードも、ドレス制作に必要な全てが品薄で、廃盤、もう作ってない、工場ごと潰れたのオンパレードで、現在衣装作るにも材料集めは困難を極め、世界中飛び回って探しても10年前にはたくさんあったような素晴らしい材料は手に入りません。それはもう、私が身をもって一番知っている。

だから宝塚の衣装がどんどんしょぼくなるのは仕方がないの。

生地を作っている工場は軒並み潰れてしまったんだから。
そんな中、宝塚の衣装部さんの作り出す衣装は創意工夫にあふれていて、殿堂で間近に見るたびにいろいろな工夫に感動して泣きそうになる。アイデアがすごすぎて、感心する。
まじすごいと思う。あんな粗悪な生地やボロボロ落ちちゃうようなスパンコールの生地であれだけの衣装を作り上げてる工夫が本当に本当にすごくて、やっぱり私は宝塚の衣装が世界で一番好きって言える

だーけーどもぉー

有村さんという大御所デザイナーが
このドレス…うーん
パーシーの衣装がだいぶファッショナブルになったので
それに合わせた?いや、あってないし。
なんでーーーーー?

っと頭がぐるぐるするのです。

ま、ね、先日のインドであーちゃんみて

もう、あーちゃんが天性のヒロインすぎて
可愛すぎて、可愛すぎて、
何着てても文句なくヒロインに見えるから
ドレスどんなのでも問題ないんだけどね!

結論そこなんだけどね。

このつまんないデザインのドレスだって
あーちゃんが着れば女優が着るドレスになる!きっとなる!!

そういうことだ!

っと自分の中で無理やり納得です。

とにかく、スカピン楽しみなのに違いなく
パーシーはどんな衣装で舞踏会に行くのかわっくわくしつつ
初日の幕が上がるのを待つばかり!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/23

上がって、下がって。

いや、昨日は治ったと思ったの。
金曜日にドロドロの具合悪さで早く寝て
土曜日に動くこともできないほどの具合悪さで寝込んで
体温計故障しててしょうがないから、同じタニタだからいけるか?っと
キッチン用の温度計で測ったら34度とか言われて(結論測定不能だった)
1日寝て過ごしたんですが、

昨日になったら、生まれ変わったように体が軽くて
爽やかに目覚めて、熱っぽさも取れて、
咳もほとんど治って

俺の自然治癒力バンザイ!

っておもってたら

今朝再び…動けない頭痛と中途半端な熱と咳が復活し
会社に電話したら「インフル2人増えたよ」とか言われてビビり
医者に行って検査したら「陰性だけどインフルだったかもしれない」といわれ
心の底から、劇場やらなんやら行ってたくさん人に会ってなくてよかった…と思った。
おそらく先週の遠征のどっかか、会社でもらってきたんだろうな…
会社と家しか行き来してなかったとはいえ、家族には感染してるんじゃないか…とか、インフルだったかどうかわからないって中途半端にどうしていいのかわからない!!

とりあえず、今はパソコンに向かって仕事できるくらいには復活した

明日以降は様子見だけども

自分の治癒力を過信してはいけない
怪しいと思ったらすぐに医者

これ、絶対ね!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/21

風邪ひいた。

熱と頭痛と咳でぶっ倒れ中。

いやぁ。
うん。まぁ、先週までフルで遊びまくって今週フルで仕事して
会社で風邪が大流行で、私もまんまと流行りに乗りました。

予定がない土日でよかったけどぉ
土日が寝たきりで潰れるのはせつないよぉ

とにかく早く治さないと!

そんなわけでブログなんざ書いている場合じゃないんですが
とりあえず生きてはいる…死にそうだけど…生きてはいる!ってことで
再びお布団へ…

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/19

六本木 de アントワネット~ガラパゴス化する日本のアントワネット~

さて、今更ながら先日行われましたマリー・アントワネット展の仮装ナイトレポでございます。

コミケから引き続き、フランスのテレビ局から密着取材が…今回はホテルのお部屋での準備段階から入りました。コミケのときは男性クルーでしたが、今回は着替えるシーンなども立ち会うため(さすがに着替えそのものの撮影はNG願った)女性クルー
待ち合わせの場所に3人のフランス美女が現れて、思わずビビル

めっちゃフランス人だ!(当たり前)

ホテルの部屋で仮装の準備をいろいろする過程を余すところなく撮影しながら、さまざまな質問に答えていく。

今回の取材は日本人がなぜこんなにマリー・アントワネットに興味があるのか?っていうのがテーマらしく

「マリー・アントワネットのことをどう思っていますか?」

とか

「マリー・アントワネットのどこが好きですか?」

とか

「なぜマリー・アントワネットの仮装をしようと思ったのですか?」

とか

そんなような、ほぼほぼ同じような質問を繰り返しされて(コミケでも同じ質問されている)それにいちいち答えていく。
おそらく放送に適した答えを選べるように繰り返し質問したんだと思うけど、同じ質問繰り返されるのは素人の私には結構ハードルが高かった。

今回の取材で、フランスクルーからフランス人にとってのマリー・アントワネット像ってのをきいて、があまりにも日本人のそれとかけ離れていて

びっくり

いや、実はフランス版の「1789」の映像を見たときに、アントワネットがギロチンで処刑されるシーンで拍手喝采が起きて…なんというか、日本人とは違った価値観でこのシーンは捉えられているのだな…って思ったんですが、どうやら根本的にフランス人にとってのアントワネットが、われわれ日本人が持つイメージとかけ離れている…どころか、興味すらそんなにない存在らしい。

古いフランスの象徴とか、日本人が徳川のお姫様に抱くイメージと一緒だといわれて、そういえば私は徳川のお姫様にほとんど興味ないし、ほとんどしらないよな…っと気づいた。

それなのになぜ、日本人は他国の王妃にそんなに興味があるのか?

彼らフランス人にとって、六本木で開催されている「マリー・アントワネット展」に連日大勢の日本人が訪れているっていう事実が不思議でしょうがないらしい。

なるほどぉ

そんなわけで、前回のアントワネット展でこのフランスクルーに出会いそのまま密着取材へといたったのでした。

日本人がマリー・アントワネットを知るほとんどの情報源は「ベルサイユのばら」だろう。他国からの輿入れ、フェルゼンとの恋、王妃としての断頭台などのイメージは、ほぼほぼベルばら仕込みでみなが知るところ。

物語のなかの彼女はとてもドラマチックで1人の女性としての成長や葛藤を感情移入しながら見ることができるため、日本人女性は彼女の断頭台を悲劇的と捉えて、舞台などでは涙する人も多い。

もちろん私もその一人。

フランス人はまず泣かないらしい!
ここの捉え方が、全く違う!!

おもしろいなぁ

さらに、日本におけるアントワネットのイメージは実在の彼女からかけ離れ、ある意味ガラパゴス化し、ゴージャスで華やかなイメージ、さらには”かわいい”ものの象徴としても捉えられ

日本式マリー・アントワネット風

が、もはや日本のアントワネットのイメージ

とくに彼女の衣装に関するイメージは実在と日本人が持つイメージがだいぶかけ離れていて面白い。
これはやっぱりベルばらと宝塚の影響なんだろうけど。
宝塚の衣装やベルばらの中に登場するアントワネットの衣装はほぼほぼ架空の衣装で、実際にアントワネットが着用した衣装とは異なります。
ドレスの構造がやデザインが全く違う。
そして、正しい知識は日本では収集が難しい。
私自身も勉強を始めたばかりで、私のコスプレ師匠であるNomiさんからの聞きかじりがほとんどだけど
実際勉強した視点で見てみると、よくぞここまで日本独自でイメージ爆走したな!と関心すらする。

日本でアントワネット風とされているドレスやお洋服は、99%実在のアントワネットの着ていたドレスとは全く異なるもので、
ちょっと歴史衣装に詳しくなると、みんな一斉にローブ・ア・ラ・フランセーズを着たがるけど(私も着たいし、作ったし、これからも作るけど)これはアントワネットの時代ではすでに時代遅れのデザインだったりする。

正しい知識がほとんど広まってないし、日本語で調べようとしても正しい情報は皆無です(汐音調べ)

今回のアントワネット展で私が着用したローブ・ド・クール





アントワネットが最高潮に盛りに盛った時代のドレス
私もベルサイユ宮殿の仮面舞踏会で始めてそのドレスを再現して着ている方を見たとき

なんじゃそりゃ?

っとちょっとびっくりするような形をしています。
パニエが横にぐわーんと伸びてて、まるでギャグみたいに見えたのね。

私の白のドレスも、ヅカ風のパニエから本物に近い形のパニエに実はマイナーチェンジしているのですが、本当はもっと横に広げてもいいくらいなんですよ。これが。

正直、この形が素敵かといえば…微妙なところ
やっぱり見慣れている宝塚風パニエのほうがやっぱり好きだったりするのですが
これも勉強!と、いつかちゃんとローブ・ド・クール作れるようにお勉強中です。

ほんと、日本ではまったくこのドレスの情報ないから!

なんでこんなにアントワネットの衣装のイメージは日本で独走して爆走しているんだろうね。不思議だ!

そんなわけで、フランスクルーの方々にはせっかくだから

宝塚風(「ベルサイユのばら」いわゆるアントワネットのドレス)
宝塚風(「1789」誇張された王妃のイメージ花ドレス)




宝塚風(「ベルサイユのばら」ショーイメージのアントワネットドレス)
肖像画風 

この4パターンと

Nomiさん作のアニメ版と、アントワネット後期のドレスを撮影していただきました



これだけたくさんパターン揃えられるのはなかなかないだろw
ってか身内だけでこれだけ揃えられるって改めて面白すぎるだろww

どれだけの部分が私たちで構成されるドキュメンタリーなのかは知らないが
かなり面白い素材が提供できたんじゃないかと思います

つづく


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/18

「グランドホテル」その、世界観から抜けられず。


すばらしかった


その一言に尽きる。

ミュージカル「グランドホテル」

舞台としては初見。

宝塚にはまりたてのころ、BSの涼風オスカルに衝撃を覚え、そこからかなめさんが出ているあらゆるものを買いあさった。
その中にあった「グランドホテル」のCD
音楽と、著作権の関係で映像化されなかったため、写真でしか見ることができない舞台。
それでもこの作品は私の中で衝撃的で、
10代の私に多大なる影響を与えた作品の1つだ。

幕が開いて、オーケストラが奏でる音楽で物語が始まる

登場人物が1人1人回転扉から登場し
たまきち演じる男爵が登場

テーマ曲の1小節が流れて、男爵が♪ベルベットの椅子に~と歌い始めた瞬間ブワーッと鳥肌が立った。

まるでレコードに針が触れて音を鳴らし始めるように、男爵の物語がそこから始まる。

このなんともいえないゾクゾクする感じ!!

大きな見せ場のあるミュージカルではない。
どちらかというと淡々としている。
場面転換も地味で盆もセリも銀橋も使わない。

でもそこにある空間がホテルのあらゆる場所に変化して
あらゆる人種、あらゆる職業の人たちの人生が交差して

美しい音楽に乗せて繰り広げられるその1場面1場面が美しく、それで居てどこか退廃的で1928年のベルリンというどこか危うい世界観が見事に表現されている。

今回、男爵が主役ということで演出に何箇所か変更があったんじゃないかと思う。
なんせ音源でしか聴いていないので詳細な変更点なんかはわからないけれど、どこからが岡田先生や生田先生の演出なのかはわからないけれど

一言でいうと、

とてもセンスの良い演出だった。

すべてが線と光でピシッと整理されていて
このミュージカルの特徴である床と椅子とで作られる舞台空間は、シンプルだからこそセンスが光って飽きない。

役が少ないミュージカルなので、多くの月組生が名前のない群衆のような役柄なのだけれど、月組のすばらしいところはこの群集1人1人がおのおのに埋没せず、なおかつ集団としてのパワーの引き出し方や表現力が上手い。

その他大勢としてただそこに居るのではなく、その場にいる役割を的確に判断して呼吸を合わせ、何かしらを1人1人が演じているのに1つの塊に見える。

舞台に立つ人間としての意識がとても高い組だと思う。

舞台役者として番大切なことを月組生はみんな知っていて、それをとても大事にしている。

今の月組で、この作品を観れたこと本当に幸せです。

10代の私が触れたグランドホテルは、私に「どんな人にもそれぞれの人生がある」と教えてくれた。
私には高級ホテルに年に数回は泊まりたいという、贅沢な趣味がある。
正直私の収入から考えたら相当分不相応だ。
でも、高級ホテルの雰囲気が好きなのだ。空気が好きなのだ。
そこに居る人、訪れる人を眺めるのが好きなのだ。
ミュージカル「グランドホテル」に対する憧れがそこには大きく関係していて、
そこですれ違う人、私の荷物を運んでくれた人、その人たち1人1人にそれぞれのドラマがあると思うととてもワクワクする。

日本にはなかなか私のイメージするホテルがないのだけれど、以前宿泊したリッツカールトン大阪の静かな夜。バーラウンジやロビーに漂う空気は、なんかは

うわぁ!こういうのがグランドホテルの世界だよな!!!

と、ひそかに興奮した。

気分はオットー!

たくさんの人たちに出会い、いろいろな経験をして、30代の私が見たグランドホテルは、私が夢見る憧れの世界そのままで、
すでに知っている展開と、想像以上の素敵な演出と、初演と微妙に違うラストの演出に鳥肌が何度も立って興奮した。

出演者一人一人がすばらしすぎて涙が出た

来ては帰る
それが人生

グランドホテルという特別な場所にそれぞれの人生を持った人々が来ては帰る。
ただ、それだけのことなのに。
この濃縮された1時間半に見た、たくさんのドラマは
生々しい人間らしさと、それを覆い隠すホテルという特別な場所に
すばらしい音楽を掛け合わせて、とてもドラマチックな作品になっている

もちろん、今回出演者の個性と役柄のマッチングがすばらしく
私はBパターンを見たのだけれど、本当にすばらしかった

個々の役柄に関してはまた別途。

お披露目公演にこの作品はどうかな?とか
たまきちに男爵はどうかな?とか

ちょっと懸念していたのだけれど

全く問題なし
むしろたまきちの男爵素敵過ぎて恋しそうだった。

できることならもう1回遠征して別パターンも見たいくらいだ。
東京公演が待ちきれない!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/16

馬車博物館をぜひ見てほしい!~汐音さんのウィーン旅その6~

長らく間が開いてしまいましたが、ウィーン旅行記再開です!

前回のシェーンブルン宮殿見学からの続きです

宮殿内の見学を終え、外に出たら観光客がドカドカきて大混雑になっていた。
中国や香港から直行便があるので、中国系の観光客が多い印象

庭園フラッとのぞいたけど、花がすべて終わってて何にもなかったので特に見学なし

庭園の奥の丘の上にあるカフェ グロリエッテに向かいます。
グーグルマップさんの道案内で「この山突っ切れ」とか無茶振りされたりしつつ、なんとか歩きまくってたどり着いたカフェ。
結構な上りを強いられます。
この日はお天気がよかったので、芝生でたくさんの人たちがピクニックしてた

IMG_1190.jpg

IMG_1192.jpg


汗ばみそうな暖かな気候!

あとから聞いたら、雨や曇りがずーっと続いていて、肌寒い日が続き、この日が約1ヵ月半ぶりの晴天だったようで、
ものすっごい久しぶりの晴れ間にウィーン中がウキウキしていたらしい
天候に恵まれタァ!

外装は工事中でしたが、中はなかなか素敵でした。

IMG_1183.jpg

休日はシシィブッフェなる食べ放題があるそうで
ケーキ類や軽食メニューもそれなりに充実。

ここではシシィタルトをいただきました。

IMG_1186.jpg
ウィーンのカフェではコーヒーにお水が付いてくる!


IMG_1188.jpg

味は、普通!

ウィーン初カフェだったので
いろいろわからないことだらけでしたが
つたない英語を聞き取ってくれるので非常にスムーズにやり取りして店を出る。

馬車博物館へ!

シェーンブルン宮殿の庭園敷地内にある地味目の建物。

IMG_2263_2.jpg

観光客はほとんどいない感じでひっそりとしています。
手持ちのシシィチケットを提示したら、入場料は割引に。

あんまり期待しないで行ったんですが

すごすぎた!!!

ここ、エリザベートファンの方には絶対にお勧めのスポットです。
正直、ウィーンで一番感動したのここかもしれない。

馬車って実物を見る機会がほとんどないので
あっても観光用の簡素なものだったりするので

ガチの王族用の馬車を目の当たりにして

ハプスブルク家の威力思い知った感じ

すごい
すごいとしか言いようがない

とにかくでかい
とにかく豪華

ハプスブルク家にゆかりの馬車が年代別にがーーーーーーーーっと並んでいて


圧巻


マリア・テレジアの時代のものから車に移り変わるまで幅広い年代の馬車が並びます。

フランツ没後100年展示の内容も濃く
フランツが実際に着用した軍服や礼服や狩の際の衣類などが並べられ

IMG_1213.jpg

IMG_2303_2.jpg

宝塚の衣装再現度すごいじゃん!とか思ってみたりw

肖像画や映像やいろいろ展示してあったんですが

ドイツ語と英語しか説明がございません!

超がんばって英語よみとったけど

さっぱりわからんかったので
後日英語できるひよこさん連れて行っていろいろ読んでもらった!

フランツが普段使っていた馬車とか
シシィがバイエルンから来るときに乗った馬車とか

IMG_2311_2.jpg

IMG_2309.jpg

いろいろあったんですが
最大の見所はこのゴージャス過ぎる馬車!!!!

IMG_1205.jpg

IMG_1203.jpg

馬の実物大模型とあいまって圧巻の迫力

IMG_2347_2.jpg

でかくて、ゴージャスすぎて、
もうほんと

意味不明だった

建物とか、衣装とか、いろんなもの見てきたけど
馬車ってなんかすごいよ!!!

あまりの迫力にぽかーん

立派なお馬さん達がつけているハーネス(装飾品)は

すべて

HERMESだってよっ

IMG_2360_2.jpg

IMG_2359.jpg

そうだった。エルメスって馬具屋だったね…
そうだった。そうだった。

馬車の内部の細かいところまでものすっごい精巧で何時間でも見ていられる勢い。

明るい日中と、夕方と、
2回見にいけたのでまた趣が違って面白かった

IMG_2332_2.jpg
夜見るとまた別の顔<


この豪華絢爛な馬車はエリザベートのハンガリー女王の戴冠式の際にウィーンからハンガリーまで使われました

IMG_2345.jpg
せっかくだからそんな感じの気分で記念撮影


IMG_2342_2.jpg
オミサンが乗ってみたい…って大変だったww


なんかもう

いろいろすごい!!!

一番印象に残ったのは、ハプスブルク家の霊柩馬車
真っ黒なその馬車は、なんというか、こう、

近づきがたかった…

IMG_1222.jpg

近くに行って見てはいけないような、なんかこう、
あんまり近づくと食らうっていうか、なんというか、
漂うものがただ事じゃない感じがすごい。
ところどころにカラス?っと思ったら双頭の鷲
横にフランツ・ヨーゼフの葬列の映像が流されていて
それを見たらズーンと重い気持ちになった

物語の中ではなく、実際に
ハプスブルク家はここにあったのだ。
フランツは、シシィは、ここで生きてここにいたのだ
ってなんかすごく感じた

観光化されすぎた宮殿と違い
このひっそりとした博物館には、まだ当時の何かが漂っている気がして
建物自体は簡素でシンプルだけど、その分中の展示物1つ1つが際立って
その背景にある歴史を直で感じることができた気がする。


ウィーンで行って良かった場所№1!


ガイドブックにもあまり熱心に紹介されていないけど
エリザベートファンには絶対に行ってほしい場所の1つ。

シシィの喪服も展示されてます!

IMG_2265.jpg

大満足&大興奮で博物館を後にし、
時間が大幅に押してしまったので大急ぎでホーフブルク宮殿に向かいます

ランチタイムなんざとっていられない
さっきタルトはんぶんこで食べたのと
ポケットの中のハッピーターン!これでランチは終わり!!

時間が、時間がない!!

とにかく今回の旅行は

見たい欲炸裂

歩いて!歩いて!歩きまくれ!!!

つづく…
ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/15

「燃ゆる風」感想文を書きます。

七海ひろき初単独主演「燃ゆる風」観劇してまいりました

もっと号泣したり
取り乱したり

大変なことになるかなぁっと思っていたのですが
主演が決まった時から観劇までの間に
ドキドキとか心配とか大方やり尽くしていたようで
割と冷静に観劇でしました。

開演アナウンスを聞いて改めて

あぁ。単独初主演なんだな

って胸に染み渡ってウルっとしたけど
ほんと、自分でもびっくりするくらい冷静に舞台を見つめてました。

戦国ものに疎いにもほどがある!ってほど疎く
何度勉強しても、宝塚で様々な演目を見ても
全く誰がなんなのかがいつも頭に入らず
超基礎的な登場人物でさえよくわからなくなってしまう私ですが(興味があることに関してすごい記憶力な分、苦手なことは全く覚えられない性質)昨年、月組でNOBUNAGA見ていたので比較的頭の中が整理しやすかったです。あと断片的に見た岡田くんの官兵衛ね。あのあたりのことがパパパッと頭で繋がってなんとか頭の大混乱は免れました。

よかったー!

鈴木圭氏が描く人物像がいつも二次元的であまり今までの作品で深い人間ドラマを感じたことがなかったのですが、今回はそのあたりしっかり描けていてとても良かったです。

ただただ、みんなが半兵衛大好き!っていうお話だったww

オープニング早々、非常に格好良い七海ひろきの登場に
やっぱりなんとなく現実味がない感じがして
センターに立つかいちゃんは現実なんだけど現実味がなくて混乱。
小顔に大きなカブトやらなんやらつくので、顔どこよ!小さすぎるわ!!と何度もツッコミ入れたくなった。戦国衣装にときめきほとんど感じない私ですが、かいちゃん格好良かったから衣装作ろうかなっと思ったほどに(いや、つくり方わからないから作りませんけどw)

1幕は割と淡々と話が進んだ印象で、1幕ラストくらいからガーッと話が盛り上がり、2幕は人生ドラマがいろいろ交差して見ごたえがありました。随所に芸達者が配置されているので、泣かせる。
とくにみっきー&はるこの91期コンビは本当に名演技の連続で素晴らしかったです。

はるこの濃姫、しっとりと素敵だった。
只者じゃないオナゴ感がちゃんと備わりつつ、凛としてて。
これまた直近で見たメイちゃんの執事のあのメイちゃんが月日を経てこんなに立派に!と胸熱。

みっきーの黒田官兵衛は本当に素晴らしかった。
なんか、岡田くんの黒田官兵衛のイメージにすごく近いかも。
ほんと、みっきー舞台をきちっと纏め上げてくれるいい役者だよなって改めて思い知った。みっきーのシーンが一番泣けたかも!

あと、まりんさん!まりんさんがこの舞台を締めて引っ張ってくれてる感が非常に強かった。

下級生が、星組勉強不足であまりにもわからない子が多くいいお芝居していても誰だかわからないもどかしさが…勉強不足でゴメンなさい状態でした。

150%のビジュアル力なマオくんが…マオくんの信長が…
あまりにも…ちょっと微妙な完成度というか…何言ってるのか聞き取れなくて…ほんとビジュアルは150%なのに…前回の桜華でだいぶ良くなったかな?って思ったけど「アルカサル」から変わってないね…っていう印象で残念でした。大事な役だからさ。ここはもうちょっと頑張って欲しかった。

戦国ものにありがちな戦闘シーンばかりではなく
人と人との思いやりや、生きることに話の軸を持って行っているので
苦手な戦国モノでしたが割とすんなり頭に入りやすかったかも

かいちゃん、本当に立ち姿は美しかった
途中、お芝居力みすぎて、それは大丈夫なんだろうか?と心配になる部分もあったけど、穏やかで人間味あふれる竹中半兵衛という人物を着実に演じていたと思う。
途中、演出で客席に降りるんですがちょうど通路側の席だったので真横をかいちゃんが見たことのないような形相で通過して行って、ほんと、あの表情は忘れられない。

私は正直このお話を手放しで名作だ!素晴らしい脚本だ!とは言えません。でも、星組子の、かいちゃんの、大熱演でとっても感動的に仕上がっていたので、初単独主演作品としてはとても素晴らしかったんじゃないかと思います。

ほんと
びっくりするほど冷静です
思い返せば、初主演の気の動転はWMWの時に1回経験しちゃってて
私の中ではドーンと肝が座っていたのかも。

ちょっと観劇中思うことあって気がそれそうになったこともありましたが、そんなことを吹き飛ばすくらいの星組子とかいちゃんの熱演に、雑念は吹き去り物語に集中することができました。
竹中半兵衛とかいちゃんが持つ暖かさ、思いやる気持ち、穏やかさと内に秘めた熱い思い。様々な感情に触れることができて幸せでした。

これからのかいちゃんが何を思い
どんな人生を歩んでいくのかを楽しみに
その宝塚人生の1歩1歩を見守っていこう!
そう改めて胸に誓った。

この舞台を糧に、これからの七海ひろきがどんどん成長していく姿を楽しみにしようと思います!




ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/14

グランドホテルと竹中半兵衛と∞濃厚遠征!



午前大阪で仕事➡︎グランドホテル➡︎エイトコン➡︎グランドホテル➡︎カイちゃんバウの欲張りプランでお送りした遠征終了です。東京帰ります!

短期間にインドとベルリンと戦国と関ジャニを詰め込んだらどうなるかと思いましたが、どれもこれも魅力的で楽しかった!オームは夏に再演が決まって、これまた楽しみです!!

グランドホテル素晴らしすぎるんですが✨✨✨
2回目の方がグッと引き込まれて、ジワジワとたまきちの男爵の虜に…ヤバい。色々ツボでヤバすぎる。

何回も鳥肌!男爵主役バージョンなるほどの演出。擦り切れそうなほど聴いた初演のCD、あの世界観が目の前に新しい月組と共に広がって感無量ですっ

あーさのラファエラがとにかくよかった!!ラファエラってすっごく難しい役で、この役を宝塚の男役が演じるのはかなり酷だけど、あーさのラファエラは内に絶対に消えない炎が灯ってて、表面では色んなことに翻弄されているけど人生の全てがグルシンツカヤである事が当たり前で何の迷いもない感がスゴイ

終演後ダッシュで京セラドームのエイトコン行ってきた!エイターそこそこの年数やってるのに何気に初京セラ!!
いつも年末のイメージなエイトコンに新年早々に行くの不思議な感じだけどめっちゃ楽しかった!

今日はおみさんと合流して、グランドホテルもう1回。

そして、そして、

「燃ゆる風 」見て来ました!開演アナウンスから泣きそうになった!!

竹中半兵衛という人物をほとんど知らず、戦国時代にも相当疎い私ですがお話は分かりやすく、特に2幕は人が人を思いやる気持ちがあちこちに溢れ出す展開で普通の戦国ものとは違った印象。特に2幕は劇場中にすすり泣き状態でした

かいちゃんはかいちゃんじゃないみたいにビシッと格好良く、歌もお芝居もすごく丁寧で素敵だった!1幕ラストの方、客席降りで真横を通ったかいちゃんの表情が凄すぎて忘れられない

とにかく濃厚で…帰ってからまたレポ書きます!

今年初遠征はとっても濃厚でした❤️
また来月に!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/12

『燃ゆる風 』初日おめでとうございます!

ギリギリセーフで初日祝い

開演時間に日比谷シャンテのキャトルでパンフを握りしめて

ついに…

っと1人テンパってました

私は明日から関西で、明日はグランドホテルと関ジャニ∞のコンサート、土曜日にかいちゃんを見ます。

今年初遠征はなんだかものすっごい緊張感がっ!!

初日は一体どんな感じだったんでしょうか…どうなんでしょうか…ネタバレ嫌なのでレポ漁りなどはしませんが、どうか素敵な舞台でありますように!!!




ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/12

なぜか大号泣、オーム・シャンティ・オーム2回目。

2回目行ってまいりました。
1回目が楽しすぎて腹筋崩壊状態だったので

うっかり油断していたが…

謎な位の大号泣

小柳先生の脚本が面白すぎて泣き
青木先生の編曲がすばらしすぎて泣き
星組子がきらきらしすぎて泣き
せおっちの成長に泣き
かなえ様が格好良すぎて泣き
あーちゃんがかわいすぎて泣き
紅ゆずるがトップになった!で泣き

なんかもう、
ずっとうれし泣き状態で大判ハンカチの用意がなかったのですごく困った。

まぁ、とにかく楽しい
2回目はストーリーがわかっているので個々の役をより楽しめるし
音楽もすっかり耳になじんで青木先生の編曲のすばらしさを改めて思い知る。

オペラグラスで覗く星組生はみんなきらきら楽しそうで
客席もうきうき楽しい

新年から明るく、楽しく、
なんてすばらしいお披露目公演なんだ!!

っと胸が一杯でございます。

2回目の方がストーリーに奥行き感じられて
切なかったり、もどかしかったりして、
感動的だった

2回目の観劇でツボだったシーンは

オームを追いかけてダンスに巻き込まれるシーンでうっかり楽しくなってきちゃって「パパ!なんか楽しいね!!」とか言っちゃうぽこちゃん

例のダンスのシーンは本日「巷で流行のやついくわよ!」と恋ダンス
そして、せおっちも巻き込まれ恋ダンスww
せおっち誰よりも上手に踊ってたwwww
タカラジェンヌが踊ると恋ダンスもキレキレだね!!

なっちゃん、客席からのナマステー!がちゃんと聞こえてきてご満悦だったww

客席降りはちかくにぽんちょが来てくれた
直近で「メイちゃんの執事」みてたから
なんか…なんかこう…男役のぽんちょをみると妙に照れるww
ぽんちょの「ドジッコだ」っていうせりふすきすぎて繰り返し見ちゃうんだよね
そして相変わらずあの大きな目を間近で見るとすごいどきどきするよね

で、もう、しつこいかもしれないけど
かなえ様(漣れいら様)のSPな。

男役通り越して男過ぎて、
なんかもうひたすらに凄い

360度どこから見てもSPにしか見えない!
男にしか見えない!!

いやぁ。そしてダンスシーンでのほとばしるエロスよ…エロス…
30年前のギラっとした感じもいいけど、2幕の渋い感じがほんともうたまらん!!

泣きすぎるては、かなえ様見てトキメキの流れを何度も繰り返してしまった

桜雅のときと同じじゃん!!


2回目落ち着いて観たら、各々の役の気持ちの重なり方とか
人の人との気持ちが触れ合うことの暖かさとか
金ぴかゴージャスなイメージばかりのインド映画だけど
この作品にはしっかりとドラマがあって
ベタなお話ではあるけれど、面白い!楽しい!ばかりじゃないんだなぁって思った。

なによりも紅さんにこの作品がめぐり合ったことがすばらしい
あーちゃんにこの役がめぐり合ったことがすばらしい

見終わった後の満足度が非常に高い作品でした
2回見れてよかった。
もっと観たかったけどあとは映像購入しようと思います。

次はいよいよスカピンかぁ
たのしみだな!!!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/12

お姫様・王子様ナイト、とりあえず速報。

マリー・アントワネット展の仮装イベント
お姫様・王子様ナイトに行ってまいりました!

いろいろ面白珍道中があったのですが、とりあえずダイジェストで!

ちなみに今回もフランスのテレビ局から密着取材付き
しかも今回は仮装の支度をするところまでのフル撮影

いろいろテンパりました!

本日のクルーは女性!(着替えシーンがあるため)

C10DuxbVIAADjv1.jpg

C1zMZrkUoAAhbYo.jpg

六本木交差点でポート撮影をしたいからと、1人交差点何度も往復して撮影する羞恥プレイ。アントワネット in 六本木交差点はイタリアのファッション雑誌に載せたいらしいwwちらっと見たけどかなり愉快な写真が撮れてた

C12OFFnUoAEEMLU.jpg

すっぴんからフルメイク、着替え、ヘアセットまで余すとこなく晒して、交差点アントワネット撮影して、フランスクルーとバイバイ!

C12vda2UUAAusXO.jpg

プレスの方に撮影していただき(本来は撮影禁止エリア)念願の本物の肖像画の前で記念撮影出来た!!

C13N8O2UcAAZzsV.jpg

会場に入ってすぐに目に付いた長身の素敵な紳士。あまりのオーラとキラキラ感に声をかけられずにいたら、あちらから声をかけて頂き震えるほどの興奮!そしてこの素敵すぎる紳士がオナペッツの宝ダイヤ様だったと知りさらなる興奮!!

C13Pe3xUcAAzJZK.jpg

ラデュレのマカロン大好きだけど高いなぁ…と怖気付いていたら、「みんなでマカロンパーティーしましょう!!」と振る舞いマカロンを頂き🌹みんなでマカロンあ〜ん!やっぱり美味しいわぁ💕💕💕

ほか、愉快なことがたくさんありました
今回かなり愉快だったので、レポは遠征から帰ったらしっかり書きます!

IMG_2531.jpg

当日遊んでくださった皆様
撮影くださった&写真提供くださった方々
そしてなにより、フランス取材との交渉に間に入って物事をスムーズに進めてくださったひよこさん!
大変にお世話になりました

なんか、すっごいエキサイティングな経験ができたよ!
そして翌日には普通のOLに戻って黙々と会社で仕事をこなす
この現実とのギャップが醍醐味なのだ

そんなわけで、続報は週末に〜
ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/10

マリー・アントワネット展 仮装ナイトに行って来ます!



前回のOZモールのイベントから2ヶ月
本日もマリー・アントワネット展の仮装ナイトに行って来ます!

ドレス、作り直しました…
3回目のやり直し



パニエの構造からスカートの構造から
やり直し





ケーキの盛り付けのように少しずつ装飾足して



やっとこできあがり!

今回はゴールドのフリンジを3反たっぷり使っているのでちょっとは見栄えがするようになったかな?

重装備で身動き取りにくいかと思いますが、お会いできる方々どうぞ遊んでやってください!!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/08

オーム・シャンティ・オーム、楽しすぎかっ!!!

2017年観劇始め。
国際フォーラムにゴーでございます。

友人と妹と、2016年を締めたメンツで2017年も明けました。

それなりの期待を抱いての観劇でしたが

期待の3倍くらい上回る面白さでっ

新年早々腹筋が崩壊するかと思いました

楽しいし、面白いし、格好いいし、可愛いし

大満足だっ!!

原作を全く知らず予備知識なしでの観劇でした。
お話の展開は、そういえばタイトルに恋する輪廻ってはいってるねwって途中で気付くようなアレで、思ったよりはストーリー性があって見ごたえあったけど、ちょっと強引な展開くらいが


マサラ・ミュージカルぽいよね!!


なにそのマサラ・ミュージカルってw
紅さんの開演アナウンスで初めてマサラ・ミュージカルという言葉を耳にして思わず笑った。

私はもともと小柳先生大好きな人なのでいつも信頼感満載で観劇しているけど、今回も強引なストリーをうまくまとめている感じとキャスティングの素晴らしさね!何よりもそこね!!
SPの漣 レイラ&ひろ香 祐とか、れんれんのパパ&ぽこちゃんのバカ息子とか、しーらんの使い方とか、なっちゃんの使い方とか、本当もう、細かいところまでツボをくすぐるキャスティング

かなえさまファンとしてはここで如何しても言わせて欲しいが

今回のSPヤヴァイ
いや、マジヤヴァイ
その髪型!そのヒゲ!!
エロすぎるぞSP!!!
こうもりでも好きだったひろ香 祐くんとの並びが再び見れて嬉しかった!

なっちゃんのレポーターも30年の月日をちゃんと感じる役作りが光るし、ほんとなっちゃんは声が良くてセリフも歌もずば抜けているのでこういう感じでどんどん使って欲しい。

しーらんのパパ、素敵すぎて萌えた

ぽこちゃん、ぽこちゃんさ、
格好良すぎないか?!
ビジュアル良すぎて話ぶっ飛ぶ
そんで、れんたと横の方でこちょこちょ面白いことしすぎてて
反対側の紅さんとせおっちも見たいのにとっても目が大変なことになった

おかあさんのみきちぐ…なんでここお母さんみきちぐよ?って思ったけど


なるほど


これはみきちぐでなければならない。
うん。ほんと。


終始面白すぎるから!!!!


あーちゃんにアドリブ(?)を強いるシーンとか最強に最高だった。
母としてもしっとり良かったしね。

そして、せおっち
せおっちヨォォォォォォ

なんて格好いいんだ

そして

素敵なんだ

せおっちは与えられたものを的確に吸収してどんどん成長していくので見ているのがとても楽しい役者の一人だけれども、今回3回りくらい成長したせおっち見た気がした。紅さんとのお芝居の相性も最高にいい!
1幕があまりにもよかったので、2幕出番が少なかったらどうしよう…って思ったら

枯れたせおっち最強!!

老けた出で立ちのめがねせおっちに萌えすぎて鼻血
そしてその首のストールをねじねじしたい衝動が抑えきれなかった

せおっちがこんなに美味しい役だと思わなかったのでなんかとっても嬉しかったヨォ!!

あーちゃん、あーちゃん可愛すぎて

目が溶けた

でてくるとあーちゃんしか見れなくなるほどとにかく可愛い
あーちゃんがヒロインをしているのを初めて見たんだけれど
この子はヒロインになるために生まれてきたんですってのを全身全霊で感じる
とにかくかわいい。かわいいとしか言えない。
お芝居にしっかり深みもでて、ダンスもいいし、スタイルもいいし、
なにより紅さんと並んだ時のバランスの良さが尋常じゃない!

これはまさしくゴールデン眼福コンビの誕生だ!

金ぴかのなかでさらに光り輝く2人をみてそう思わずにはいられなかった

紅さん、歌はもともと私はあんまり心配していなんだけど
台詞回しで今まで気になっていたところがだいぶ改良されて
びっくりするほど聞き取りやすくなった

なんだかこう、すごい努力を感じる

なによりも、私は紅さんが嬉しそうに、楽しそうに、
舞台の上で生き生きとしているのを観れるだけで
心の底から嬉しくて嬉しくて、泣きそうだった

キラキラと輝く紅さんは
格好いいし、変な衣装もちゃんと着こなすし
かわいい相手役と、頼もしい仲間と
新しい組を盛り立てるぞ!って言う心意気を感じて

胸が熱い

あぁ、ついに、ついにトップになるんだねぇ。

ファンだった下級生時代から
苦手だったここ3年くらいをへて
またトップになった紅さんをこんなに嬉しい気持ちで見ることができて幸せです

セットも衣装もゴージャスで
インドものって宝塚では少ないから、目新しくて新鮮
インド系の衣装って有村さんが今風にアレンジするとこんなかんじかぁ
みたいな視点でも十分に見ごたえがあった

とっても楽しいこの公演、あと1回観れる!楽しみ!!
見所多いから本当はもっと見たいけど、
1月は立て込んでるのヨォォォォォ!!!

映像出たら買おう!そうしよう!!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/05

祝!留依蒔世新人公演主演!!

あーちゃんと呼びなれないので
るいまきと呼ばせていただくが

新人公演主演おめでとぉぉぉぉぉぉ!!!!


つらいつらい休演を乗り越えて復帰して
歌でもダンスでもより一層魅せてくれるようになったるいまき
顔がシュッとシャープになってどんどん男役として格好良くなってきたるいまき

先日の全ツでは歌とダンスでしっかりと骨太に宙の柱の1つになったなぁっと胸を熱くさせてくれたるいまき

本当に、本当に、新人公演主演おめでとう!!!

コメディってことで、ここはるいまき!ここはるいまきで!!と念じた甲斐がありました

見に行けるかどうかはわからないけれど、
るいまきにビシっとスポットライトが当たったことは確か

宙組のなんかえらい人たち本当にありがとう!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/05

かいちゃん、観れることになりました。


ご心配をおかけしましたっ

なんとか、
なんとか、

救いの女神が現れまして
救済していただきました。

無事かいちゃんの初主演バウ観劇できそうです。

ありがとうございます
ありがとうございます

私が大騒ぎしたせいで、各方面からご心配いただきました

ブログを通じてチケット救済を叫ぶのは、多少心苦しい部分もあるのですが、できるだけ毎日一生懸命宝塚愛を叫んだご褒美ということで…そこはお見苦しいとは思いますが見逃してやってください…

観劇にあわせてワンピースまで新調してたのに、これで観劇できなかったら…本当に切なかった。

心配くださったかたがた、お声かけ下さった方々本当にありがとうございました。

※以下私信
メールくださったようちゃん様、いただいたメールにアドレス記載がございませんでしたのでお返事ができておりません。わざわざお声かけくださりありがとうございました。今回は日程がどうしても合わず、ほかの方からお譲りいただくことになりました。本当に本当にありがとうございます!!



ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/04

かいちゃんが観れない!

うーむ
うーむ
うーむ


「燃ゆる風」のチケットがどうにもならん!!


初日とあわせて遠征し
グランドホテルと関ジャニ∞のコンサートを詰め込んだ
充実の遠征プランを練っていたが

肝心の
肝心の

バウのチケットがどうにもこうにも!

いつもどうにかこうにか、なんとかなっていたが
現状でどうにもこうにも、なんともなっていないので
交通手段や宿泊手段の確保にも踏み切れず

このままだと


七海ひろきのバウ初主演を観れない


いいのか…
現宝塚では誰のファンかといわれれれば「七海ひろき」と答える私が、初主演バウを見逃していいのか…
いや、いいも、わるいもないんだけれども
私はだいもんの初主演バウを見逃した後悔の念が強烈過ぎて、いまだに「ヴィクトリアンジャズ」を録画しても見ることができないくらいに辛い思い出になっているのだが…かいちゃんで再びか…

なんかなぁ
どうしたもんかなぁ

苦手な戦国ものだし…
いつかスカステでやるし…

とかあきらめていいものかどうか…すごく悩む。
あらゆる手を尽くしたが、チケットは私の元に舞い降りなかった。

どうしたものか…
どうしたものか…

悩むも何もチケットがないんだからどうにもならないんだけれども…


うーーーーーーむ


年に何度かチケットがにっちもさっちもいかなくなる事態に陥るが、今年は年始早々贔屓の主演で陥った。

いや、しかし、
今年はぬるくヅカオタしようと心に決めたので
がんばりすぎずに、観れないものは観れないと割り切る心も必要だけれども…

観て後悔することはめったにないけど
観ないで後悔するのは後々までも引きずるからなぁ

とはいえ、ないものはないし!

どうしたもんか!!

このままだと、ただ∞のライブに遠征する人になってしまう。
別にそれでもいいんだけれども…

心のモヤモヤがハンパない!

この観たくても観れないものを我慢するってのが
できないのが私の悪いところだとわかってはいるが
みなさんこのモヤモヤどうやって乗り切っているんだろうか…ほんと…しんどい


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/02

冬コミの思い出2日目~フランスから取材がやってきた!~

コミケ2日目!

この日もサークル入場のため早起き。
昨夜、大江戸温泉で遊びすぎたため荷造りが出来ていなくて朝大慌てで荷造り!
そんな最中、アラームをかけていたあいふぉんさんが行方不明になりパニック…結局シーツの中に潜んでいたんだけど、かすかに♪渚のお姉サマーを流し続けるあいふぉんさんがまじ見つからなくて2時間くらいパニックだった。

朝からテンパっていた!

オスカルのFRANさんと合流して、更衣室でお着替え。
Wアントワネットはお支度に時間がとてもかかります。
更衣室が大混雑で、かさばる衣装は周りに多大なるご迷惑をかけるってことで大急ぎで支度→出動!

この日は、フランスのテレビ局の密着取材ってことで
とりあえず、フランス側のクルーが来る前に身支度をちゃんと整えて腹ごなしを軽くし、

IMG_3397.jpg

「あ、イケメンがいる!」

ってことで記念写真

IMG_4386.jpg

後から聞いたら、このイケメン
プライベートでコミケ参加しているスイスの大使!だったのか!!イケメン!!!

そうこうしているうちにフランスのクルー到着
密着取材のスタートです

C05H_YNVEAAPgik.jpg


密着取材って言っても何をするのか?みたいなアレでしたが
簡単に言ってしまうと「youは何しにニッポンへ?」みたいな感じで
私たちが日本でマリー・アントワネットをどのように捉えて
どうしてこのような格好でコミケに参加して
どれくらいの愛を持って衣装を作って着ているかを取材したいってことで

アントワネットへの愛
衣装への愛
この衣装を着てコミケへ参加することの意味

などをとくとくと語った。語ってくれって言うから語りまくった。
そして、フランス人と日本人ではマリー・アントワネットという人物の捉え方が全く違うようで、そのギャップにカルチャーショックを受けつつも、日本におけるマリー・アントワネットのイメージと人物像は「ベルサイユのばら」と宝塚によりほぼ成り立っている!と力説。
日本でのマリー・アントワネットって、もはや実在の彼女とはかけ離れたところにあって、お姫様の象徴だったり、ゴージャス、かわいい、などなど、およそフランス人からは考えられないようなイメージになっているらしい。
そのあたりの取材ってことで、今回は宝塚の衣装2種で取材を受けて、後日また別の衣装で密着される予定

日本でのアントワネット像と、私たちの彼女への愛着と、コミケに参加することの意義を語りまくるインタビューをわりとがっつり撮影し

C05AxN6UoAAIOgH.jpg

C05H_YPUoAAaNHE.jpg

フランスメディアの密着取材の様子をさらに日本のメディアやコミケスタッフ、他の組のメディアが取材しててなんかもう、よくわからん状況ww

お友達のサークルを巡って挨拶回りしたり
本を買いに西に東にと大移動したり
途中であったお友達とわきゃわきゃしたり
コスプレ広場で囲まれて動けなくなったり

いつもの、私たちのコミケを
余すところなくいろんな角度から撮影していただいた

これは、あとからちゃんと映像欲しいなぁ(くれるかわからないけど)

「コミケでのコスプレはアニメや漫画のキャラクターが多いけど
 このようなドレスでコスプレするのはなぜですか?」

っていう質問に

私たちにとっては宝塚や実在のアントワネットのコスプレをすることは
アニメや漫画のコスプレをするのと同じ、そのキャラクターへ対する愛情表現であり
コミケでのコスプレはキャラクターへの愛を表現する場なのだから
私たちはここでこのような格好をするのです!

っと答え

「コミケには何をしにきているのですか?」

の質問には

本を買いに来ています!

っときっぱり答え、

「どのような本を買いに?」

の問いには…

言えない。ここでは言えない。

と口を濁したww

ま、

巡っているサークルさんに並ぶポップや本を見て
大方察してくれたとは思うがwwww

質問を通してあたらめて自分たちがコミケに来る意味ってのを考えたけど

愛情表現であるコスプレをして、
本を買って、
ここでしか会えない友人たちと交流する

この3つが大事

暮れと盆に当たり前のように参加するコミケだけど
この3つのために、私たちは頑張ってコミケに参加しているわけで
たまたま好きの矛先がドレスや宝塚の衣装だったってだけ

目立ちたいからそんな格好してるんだろ!とか、すごく傷つく言い方を以前友人だった人に言われたことがあったけど


ただ目立ちたいだけで、こんな面倒くさいこと頑張れるほど若くない!

愛だよ!
愛!! 

コスプレ広場で撮影されている様子を一通り撮影して
撮影してくれた方のインタビューまで撮影して、
帰り際にちゃっかり別のかわいいレイヤーさんまで撮影してww
フランスクルーは帰って行きました。

IMG_3297.jpg

また来年!ってことで。

そのフランスクルーと入れ違いでルナさんが合流!
去年の2月に赤子を出産後初コス

IMG_3324.jpg

チームヅカ!

オミサンとルナさんによる羽根と羽根とのご挨拶ww

IMG_3316.jpg

アントワネット3人とオスカル1人
この後熾烈なオスカル争奪戦が巻き起こり

IMG_3409.jpg

ベルばらの世界のオスカルと
1789の世界のアントワネット
夢のコラボ!!

IMG_3338.jpg

してみるもやっぱり作品違うとなんか変!っという発見www

Nomiさんとも記念写真

IMG_3306.jpg

Dハロで会えなかったお友達にも
この日たくさん会えて楽しかったー!

とってもよい1年の締めくくりでした!!

ただ、取材対応が思いの外疲れて
アフターのご飯ではグダグダに疲れ切り(でもマシンガントーク止まらず)
帰りの電車では意識を失いかけ
帰宅後何があったのか覚えてないけどメイクは落として寝たらしい

目一杯楽しんだコミケでした!

取材に協力くださったお友達各位、フランスクルーとの間にたってくれたひよこさん、本当にありがとう!!!


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/01

冬コミの思い出1日目〜いつものコミケ!〜

年末のお話!

仕事納めを28日にがっつり納め
有明に前日入り!

夕食は体力つけるために焼肉さ!!

翌朝は早朝からサークル入場し、買い物を私服で済ませ
一度ホテルに戻ってからお着替え

久しぶりに水さんのトート着ました


IMG_3179_20170101211049faa.jpg

次の干支は鳥ってことで、鳥トート!

IMG_3188.jpg

オミサンの鏡の間はウィーンで初だししたので、日本での着用初めてですww

IMG_3196_20170101211050d44.jpg

コスプレ広場に着いて早々にエリザ集合を発見!
突進して合流記念写真撮らせていただいた!!

IMG_3402.jpg

「どうも、あさこトートです!」
「どうもどうも、水トートです!」

っていう会話が繰り広げられておもしろかったですww

Dハロでいつもお会いするみみちゃん
前回会ったのはアリス姿だったのに…

IMG_5072.jpg

真田幸村で登場だよ!!

IMG_3236.jpg

しかも笑うとちょっと堺雅人似であることを発見した衝撃!

IMG_3403.jpg

Nomiさん御一行とも合流

IMG_3213_2017010121105275e.jpg

この日コスプレ広場が激混みで、なかなかたってる場所を確保できず
なんとか確保できた場所でわきゃわきゃと遊び

C02CokcUcAAjVDX.jpg

C02Cm1uUkAEbOY-.jpg

自撮りが相変わらずうまくとれねーよ!と嘆いて1日目早めに終了!

IMG_3243.jpg

疲れきったので、そのままホテルでトートメイクのまま3時間爆睡
寝て、体力が戻ったので、メイクを落として大江戸温泉へ!

IMG_3406.jpg

21時頃着いて、終電まで遊んでたw
大江戸温泉久しぶりに行ったけど、やっぱ楽しいよね!!

そんなわけで、体力ギリギリまで遊び倒してしまいましたw
うっかりww

翌朝、5時半起き!

続く

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

2017/01/01

2017。

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

大晦日は、コミケで疲れ切ってほぼ寝たきりで過ごし
紅白ダラダラ見て、お蕎麦を食べて、
ジャニーズカウントダウンで年が明けて
新年早々「4月からNEWSがツアーかよ!」っという動揺を抱えつつ、星野源のカウントダウンTVをしっかり見て、おもしろ荘を見ながら寝てしまいました。
元旦の朝は8時半に起きて、家族揃って出かけて、帰ってきて、雑煮とご馳走を食べて、うたた寝して、妹夫婦が遊びにきて、義弟が焼酎飲みすぎて泥酔しているのが面白くて、これから焼きガニでもするか!みたいな感じです。

昨年、妹が嫁に行って我が家の生活スタイルもだいぶ変わりましたが、義弟という新たなキャラ登場によりいろいろ面白いなぁっと思う今日この頃です。

昨年は、充実している反面、非常に大変な1年でしたが
今年はなんだか元旦からワクワクしてしょうがなくて
きっとすっごく楽しい1年になる予感しかしません!
なんだろう。この無意味な自信!!

いろいろなことにチャレンジすべく、正月明けからいろいろ動き出します。
今まで避けてきたことにもどんどん挑戦していく所存。
来年の自分がもっと面白くなっているように!!

年齢的にも活発に動けるタイムリミットが刻一刻と近づいているので、逃げるのやめる!

人生について色々悩ましいお年頃ではありますが
たくさんの友人知人に支えられて、より面白く生きていけるように努めたいと思います。

ブログを書く頻度はもしかしたらだいぶ落ちてしまうかもしれませんが
ここが、このブログがあっての私ですので
極力ここに何かを毎日書けるようにがんばりたい!

今年もどうぞ、ゆるく見守ってやってください。

汐音

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート