FC2ブログ
2010/12/23

テレビに出て来た話1◆交渉編

最初に言っておきます。

私は、フツーのOLですので。

決して自分からテレビとか出たいタイプの人間ではありません。


シャイなのよvv


自分のやりたい事を
やりたいだけ
やりとげたい

それだけ。ホントそれだけなの。
平凡な日常を送りつつ、趣味を精一杯生きるギャップを楽しみたいって言う、究極の自己満足に浸りたい人間なのですよ。


が、


突然、それを晒す事になった。

事の発端は9月だか10月だか。
ハロウィンパニックの真っ最中の事。
緒海から

「私達の趣味をテレビで取り上げたいって」

との相談。

( ̄Д ̄;;

むぅりぃ!
無理無理無理無理無理無理!!!

私には無理だ。
自分のハズカシい趣味を人目に晒すなんて無理!

ひっそりやりたいだけなの。だれに褒めて欲しい訳でもないの。
テレビなんてコワイヨ。コワイヨ。コワイヨ。

やだやだやだやだやだやだ!!!!!

それはもう、だだっ子のように(笑)
無理の連発。
緒海のお友達がテレビ局でお仕事していた事が発端で舞い降りたお話ですが、あまりにも唐突に降り掛かった出来事に無理!とお断り。

話は、そこでなくなったもんだとばっかり思っていた…



がっ



12月に入ってから突如

「話、進んでたらしいよ…」と。


Σ(゚д゚;) ヌオォ!?


上層部の決定でテーマが”宝塚”に決まってしまったらしい。

しかも、普段15分枠の番組。
新年ってことで30分拡大スペシャル。
新年早々、めでたさ満開”タカラヅカ”!

で、

やっぱりどうにか出てくれないかと。

考えた。多分2秒くらい考えた。

「よし、出よう」

なんでそうなったのか分からないが、急に腹が据わった。

趣味に突っ走る人生に

「何やってんだ?私。」

と思う事が多くなって来た今日この頃。
これは何かに区切りをつけるチャンスかもしれない。
そう思った。

で、すぐに電話がかかってくる。
ディレクターの土佐岡さんから。


テ、テレビ局のディレクターさんから
で、でんわかかってくるっ???


この時点ですでにテンパリ気味。
自分の人生で、テレビ局で働いているような方からお電話頂くなんて事がおこるんか?何なんだ?!と少々パニック。

しかし…

そんなテンパリやパニックはホンノ序の口。
これから5日間。夜も眠れないほどテンパル日々が始まる。





そもそも、私の宝塚の愛し方ってのがちょっと特殊であるという事。
番組の趣旨としては、それで良いのかもしれないが…

衣装を着ている姿をテレビで放送するにあたって、許可は?

という大問題が、実は撮影の前日まで不透明だった。
っていうか、撮影2日前まではNGだった。

私の宝塚ファン人生から扮装とったら…
ただ劇場に行って観劇しているだけの普通のファンですが…

これ、特集しておもしろい?

っていう、根本的な疑問。
衣装がダメだったら、

「何かグッズを紹介してください」

って言われても…
グッズって写真とかパンフとかDVDとか?

なーんも面白くない。

扮装とったら、番組的に特集したい”コア”な部分が無くなっちゃうのよ。

だってさ。

「宝塚で誰が好きですか?」

って聞かれれば間違いなく

「有村さん」※衣装デザイナー

って答える私が、その部分除いて何話すっていうのよ?

扮装の許可が下りなくて、もうダメか…と思ったのが7日。
何度も色んな方々と電話でやり取りして、私の考えを伝えて
昼休みもご飯食べる時間なくて。帰ってからもずっと電話で。

基本的に

土佐岡さんと電話



激怒



緒海に電話して愚痴

の繰り返し。
憔悴。神経衰弱。
緒海が災難(笑)


そこに、救世主現る!!

土佐岡さんから小川ディレクターにこーたいっ!

「今後のお話は小川さんに!」となった。

で、小川Dとお話。

ビックリするくらい。
驚くほどに。

話が簡単に進む。

マジで、王子様が現れたかと思った。

こんなにスムーズに話進むんじゃん!
なんなんだよ!!土佐岡っ!!!

扮装無しでもなんとかなりそうな感じにまとまった。

と、思っていたら…

翌朝、土佐岡さんから着信。

ま、また土佐岡!?
代わったんじゃないのかよっ!!!

で、話を聞いてみると

「やっぱり扮装ありで収録出来るように、もう一度交渉してみる」と…

はぁぁぁぁぁ?

なんなの?

なんなのぉ?

なんだってぇのぉ?

で、許可下りなかったらどうなるの?キャンセル?
撮影無し?っていうか、どうすんの?

ってか、今日水曜日だし。
宝塚休みだし。
撮影金曜だよ?私、仕事休まなきゃだよ?


どーすんのぉ?!


この日、怒りとパニックで食事をほとんど取らなかった。
反動で23時30分、ステーキ300gおもむろに焼いて食べた。
やけ食いじゃ!

9日。撮影前日。
朝、小川Dに今回の出演はなかった事にして頂く旨メール。
もう、散々だし。
なんで私がこんな事までしなくちゃいけないのよ…

と。

テレビに出たい人なんてたくさん居るのに。
なんで出たくない私がこんな目に。

と。

昼休み。小川さんから着信。

「許可が取れました!」

と。

もう無理と思った。
しかし、この1週間さんざん振り回されて来た事をココに来て

「ムカつくからやめる」

でいいのか?としばし考える。
もう少しがんばってみれば何か残せるんじゃないか?と。

「分かりました。出ます。」

出演を自分の腹に据える。

「そのかわり、なんか奢ってくださいヨォ!」

横で聞いていた同僚がギョッとしていた(笑)

職場に急遽休日の申請。
他の人と休みが重なっていて、本来であれば休めない日。

「どうしよう…」

とおもいつつも、ここは本当の事を言った方がよいと判断。

「テレビに出る事になりまして…」

小声で呟く。

「お先に失礼しますっ!」


と足早に去る。

しかも、諸々あって実はこの時点でまだ本決まりではなくて…
結局本当に本当に撮影決行になったのは21時近かったと思う。

ココからがまた大変だ。
明日、朝7時の飛行機に乗らなくてはならない。

やらなきゃイケナイ事は、

1、緒海との相談
2、衣装の準備
3、私服の準備
4、普通の荷造り
5、グッズ選定

これを。急に。
10日に大劇場で私服でロケして、11日に広島で扮装ロケの段取り。
もっと早く分かっていれば。
服だってもうちょっとまともなものを着たかったし…
髪型だって、ネイルだって、フェイシャルだって…
とおとめチックな事を考える暇もあったかもしれないが

時間が無さ過ぎる。

衣装の他に、結局グッズの紹介もしてくれと無茶振りされ
とりあえずエピソード話せそうなものをザザッとセレクトして突っ込む。
衣装はとれいあえず、ベルばらとエリザと。
それはもう、天地がひっくり返るような荷造りだった。
大劇場ロケで着る服なんて…いい加減にも程がある…

うわぁーん。

やり直したい。

★★★★★

そんな訳で、テレビ出演が決まった訳だ。

今になって、この時の動乱を思い起こすと
逆に日数何日もあって、準備したり考えたりしたら
今回の撮影乗り切れなかったかもな…と思う。

1週間分の怒りのパワーあればこそ、出来たのよ!


で、私をさんざん激怒させた土佐岡くんですが。

やっぱりここは土下座をしてもらったよ。


DSC00298.jpg
どーも




DSC00297.jpg
すみませんでしたっ!



「ねえねえ、土佐岡さん。ちょっとネタで土下座してよ」

と言ったら

「いいすよぉ♪」

と快く土下座(笑)

しかも、1回目に撮った写真が気に食わなくて
連続写真風に撮り直したっていう。土佐岡さんこだわりの土下座。

見てやってくれ…
この嬉しそうな顔を。


DSC00238.jpg


逢えばイイヤツだった。

★★★★★
その2◆大劇場のロケはテンパリました編に続く

ホビーの匠

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート