FC2ブログ
2011/05/24

テレビに出て来た話4◆OAとDVD編


約半年引きずったレポも、
やっとこすっとここれで最終章。

これまでのいきさつは↓

テレビに出て来た話1◆交渉編
テレビに出て来た話2◆大劇場ロケ編
テレビに出て来た話3◆宝塚扮装編

最初に言っておきますが、このレポあんまり楽しい感じじゃない。
っていうか、暗い。
そこんとこ、よろしくです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

撮影終了


緒海とフレンチで祝杯

1637618850_91.jpg



広島にもう一泊

918165_897904613_27large.jpg


夢から醒めたシンデレラ状態



市内観光



帰宅

もう、怒濤過ぎた。
ここまでの流れが。
そんでもって、ココから汐音さんはながーい”鬱”に突入。

なんだろうね。
なんかこう

「自分の限界知っちゃった」

っていうか。
私が出せる最大限出しちゃった気がしたの。あの時。

火事場の馬鹿力を出し切ったあと、人は耄ける。

「これが自分のがんばりの最大限だった」

と、思ったんだよね。
まぁ、それくらい大変だったのよ。

頭のフル回転を要求され、
むちゃな要求に臨機応変に対応し、
すべてが怒濤ですべてが唐突。

自分で言うのも何だけど
他の人には出来ない事だったと思うよ。
やれるもんならやってみろってなもんだよ。

今なら、あの時の自分よくやった!と思えるけど。
あの時は、ダメだった。
年末~台湾旅行くらいまで引きずってたから3ヶ月。
随分長い迷路だった。

まず、収録終わってからすぐ

「仕事辞めます」と言って、職場を混乱させる事態に。

まぁ、結局辞めさせてもらえなかったのでいいんだけど。
趣味も仕事も家族も、何もかも捨てさってどっかに行ってやろうかと思った。
自分の限界感じると、新しい自分を捜したくなるのかもしれない。

何を大げさな!

と、今の私なら思えるんだけど。
いろいろ思うところがあった。

そんな感じで迎えたOA。
新春。新春SP。
いつもは15分番組なのに30分スペシャル。

当然私は見れないので、見ない。
広島県のみでの放送だからね。
かわりに緒海が見た。見終わったあとの感想は

「フツーだった」

とのこと。良く出来てたって。
こういうのって、イタい感じになったり
自分の伝えたい事間違って伝えられちゃったりしがちだけど
その辺り上手い具合に編集されて、いい感じだったと。

良かったー。

とりあえず。
で、放送直後からブログのアクセスドーンと増えた。
出演時の約束でHPやブログのアドレスの公表はNGでお願いしたんだけど
検索で来た方が、深夜にも関わらず結構な数でビビる。
凄いな。ローカルの深夜番組なのに、わざわざ検索する人いるんだな。
web拍手で感想送って下さった方々もいた。
自分自身が放送見ていないもんだから、動揺。
そもそもケーブルテレビかなんかだと思ってたのに、
テレ朝系列の局だったのね…あのHTBと同じ…

1/4、小川DよりDVD受け取る。

怖いので、1人で見れなくて緒海と電話しながら見た。
結果として


面白かった。
私。


番組もいい具合で編集されていた。
まあ、容姿が残念なのは想定の範囲内だから仕方ない。
伝えたい事伝えていたし、私が見る宝塚をちゃんと紹介出来ていたと思う。
劇場の紹介とか、キャトルやプチミュージアムの紹介だって
ぬかりなく出来てた。凄いガンバッタな。私。
大劇場での収録中は、ずっと劇団の広報の方がついていて
収録中もずーーーっと私の話を聞いているもんだから

「変な事言ったらどうしよう」

と、緊張したんだよ。
だってさ、宝塚見たことのない広島県民の
宝塚第一印象が私になっちゃうかもしれないんだよ。

超プレッシャー

カンペがあるわけでもなく、
だれが助けてくれる訳でもなく、
リハもなく、撮り直しも無く、

一発勝負でガンバッタ。
そして、緊張しているようには見えず
いつも通りの汐音さんだった。

続いて、扮装シーン。

コレもいい具合にまとめてあった。
やっぱりプロは凄いね。
扮装シーンはコテコテの照明たくさん入れてもらって
時間をかけて撮影してもらったけど

あぁ。素人でもこんなふうに。
あぁ。素人でもそれなりに。

記念。記念。
一生の記念だよ。
写真は山ほどあるけど、こうやって撮影してもらって
自分の生き様、映像に残せるなんてこれ以上無い記念。

しかし…

私は…

この手の番組の”よく喋る素人”と”出しゃばる素人”が嫌いなのだ。

で、

自分がまさしくそんな感じだった。

おぉぉぉぉぉぉ。
はずかしいぃぃぃぃ。

1回見たきり見ていない。
怖くて見れない。

数日後、今度は土佐岡Dからメール。
放送は4年間の番組史上ベスト5に入る高視聴率を記録し
局内のスタッフやプロデューサー陣にも好評だった模様。

よかった。

せっかく頑張ったんだからさ。
やっぱりそれなりに評価頂いた方が嬉しい訳ですよ。
これで視聴率すっごい低いとかだったら、やってられない。
なにより。なにより。

なおかつ、「宝塚の方も喜んでおられるようでした」って

宝塚にもDVD送ったんかい!

いや、そりゃそうだけど。
取材協力頂いたんだから、当たり前だけど。

超ハズカシいじゃないか!!

なんだと思って見られるんだろう。私。
モドキ劇団とかの人とも違うし。

熱く。ネチッコイ。衣装フェチ。

番組中に「有村さんが大好きです」って熱く語ってたけど
まさか本人の目や耳に入っていない事を祈る。切実に。

初めての告白はお手紙で!って決めてるんだからっ!!(笑)

っていうか、そんだけ有村さん好きって言っときながら
メインで着たベルばらの衣装有村さんじゃないし。大恥だ。

で、

翌週も未公開映像放送って!

わー

確かに、まるっとカットされてるなーと思ったんだよね。
私が「エリザベート」について熱く語るシーンとか。
ナツメさんのフェルゼンに恋した話とか。
語った訳よ。大劇場のテラスで。

未公開映像ではその辺りがドーン放送された。
前回は小川Dの編集だったけど、今度は土佐岡Dが編集。
編集する人によって、番組って変わるんだねっとちょっと思った。

計45分。

918165_1144318914_146large.jpg

送られて来たDVDのタイトルの”宝塚”の”宝”抜けてるのとか
もう面倒くさくて指摘しないけど
このDVDはきっと、10年後。
何ものにも代えられない思い出になる筈。
今はまだ恥ずかしけど。
自分の趣味を。命がけで頑張って来た趣味を。
こんな風にまとめてもらえるなんて

オタク冥利に尽きるってもんだよ!

今やっと、そういう風に思えるようになってきた。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

これにて、長い長いレポ終了。
華劇史上もっともくだらなく、もっとも大それた出来事でした。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート