FC2ブログ
2014/08/19

柚希 礼音の退団。

発表に対して、私なりのレオンに対する思いを書きます。

たくさんのファンがいらっしゃる方です。
退団を惜しむ声、退団を悲しむ声、
レオンのトップスターとしての功績を称える声、
色々あるかと思いますが
あくまで下級生時代からレオンを見てきた私なりの思いを書かせてください。

ファンの方々がお読みになったら少なからず気分を害するかと思います。
退団発表の日にわざわざこんなことを書くものではないのかもしれません。

読むからには苦言・苦情・罵倒は受け付けません。
とても熱狂的な方々が多いので、今回は特にしつこく言いますが

退団が信じられない!
もっと居てくれればいいのに!
レオンこそトップオブトップ!

とか思われる方は、読まないほうがいいです。
ここまで言ったんだから、読んで気分を害したら自己責任ですよ。


それでは、まいります。


1人のトップを最初から最後まで大好きで居続けることが私は難しい

っと前にも言った。
レオンも、その中の1人だろう。
相手役さんが致命的に苦手だったのもあるけど
作品的に私が見たいレオンと違うものが多かったのもあるけど

一言で言うと


見飽きた。


飽きてしまった。飽きてしまったんだよ。
レオンの男役に心のそこから飽きてしまった。


長すぎたんだと思う。


私の周りにもレオンファンはたくさんいるが
2年位前からボチボチファンの中からもそんな声が聞こえていた。

もともと星担だった私にとって
下級生時代のレオンはかなり熱狂的に見ていたと思う。
新公時代~2番手時代のレオンは公演ごとに成長著しく
まばゆいばかりのスターだった。

新人公演も何度も見に行った。
2番手時代で言えばショーブランは衝撃だった。

大好きだったトウコちゃんを見送った後、星の王子としてレオンがトップとなり
ヅカから離れていた時期でさえ、レオンの公演だけは見に行っていた私が
いつのまにやら5組中一番見に行かない組が星組になってしまった。

理由はいろいろある。

ちえねねキライ
一部怖いファンの方からの嫌がらせもあった。

ファンというのは盲目なもので
自分の贔屓を絶対として他を認めない
そしてそれをけなすものを許さない

いろんなタイプのファンの方がいらっしゃるとは思うけれど
多かれ少なかれみんな持っている感情だとは思う。
ファンの分母が大きい分、そういった熱心なファンの方々も多いのかな?っとも思う。

とにかく、私は星組公演を見に行くのが怖くなってしまった。

まぁ、私も相当我が強いので
そんな恐怖も見たさが勝れば吹っ飛ばすんですが
それを吹っ飛ばすほどの見たさを感じられなくなってしまったのだよ…

いつくらいからだろうか

男役としてのレオンにものすごく見飽きてしまった。

役者としての伸びしろをあまり感じなくなってしまったのかもしれない。
技術的な面ではそりゃ年数を重ねれば上達していく部分はあるけれど
男役としての幅が固まってしまった気がした。
ノバボサくらいまでは楽しんで見れたものが、いつのまにか飽きたに変わった。
見に行けばそれなりに楽しめても、途中で飽きてしまうこともしばしばだった。

ファンの方がたくさんいらっしゃるんなら私なんぞが見に行かなくても…

ってことで、ぱったり星組を見なくなった。

それ以降、大好きだったレオンをこんなキモチで見続けるのは正直しんどくて
いつまでいるんだろう…と、遠巻きに見ていた。

1つだけ、望んでいたことがある。

トップスターとして他の娘役を相手役とする公演が見たかった。

これは「太陽王」でかなうこととなる。

ルイ14世は、まさしく私がみたかったレオンそのものだった!
たくさんの相手役と絡み、やわらかい物言いでそれでいて王としての威厳。
迫力のあるダンス。頭をめぐるメロディ。豪華な衣装。
賛否両論あった公演らしいが、
私の中では間違いなくレオンがトップになってから一番好きな作品だ。
全部見ても居ないくせに!っといわれそうだが、

この公演を見れて、本当によかった。

太陽王は2回しか見れなかったけど、最後の1回を観劇したときに
私は私なりにレオンに心の中でさよならをした。
この後に退団発表があるなんてことは、誰の目からみても遅かれ早かれわかりきったことで
私にとって太陽王はとてもすばらしい公演だったから。
ヅカオタとしての私の青春の1ページを傾けたレオンを
私の中で素敵な思い出にとどめておきたかったから。

レオンをキライだったわけじゃない。
でも、トップスターとしてのレオンの売り出し方が私にあわなかった。

その売り出し方は結果として成功だったのかな?
よくわからないけれど。


100周年は大きな変革の年だった


トップの在位にはさまざまな大人の事情が絡んでいるのだろうけれど
長すぎる在位はさまざまなひずみを生む。
どんなに長く見ていたくても、新陳代謝をしなくては宝塚は死んでしまうのだけれど…

こうも一気にトップが辞めていくのをはじめて経験した。

1人1人のトップにいろいろ思うことがあれど

やっぱり、とても寂しいよ。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート