FC2ブログ
2016/05/17

汐音さんのパリたび・その20~ベルサイユの外交~

はいはいはいはい

人に言われて、そういえばアップしてない!って思った旅行記
書き溜めてあった分をバタバタしていて(日々のブログ参照)うっかりしてましたが

目標月内完結!

ってことで頑張ります。

汐音さんのパリたび・その19~暮れ行くベルサイユの撮影会~

からの続きになります…


宮殿周りでパチパチと撮影して遊び、
いよいよたくさんの人たちが入る噴水の方へ向かってみる。
ほんと、何度も言うけどこの庭園の広さ半端ない。
宮殿付近からメインの噴水の方まで、普通に歩いても20分くらいかかりそう
もっとかかるかな?先が見えない
宮殿からまっすぐに伸びる噴水までの道

そこを埋め尽くす人!人!人!!
衣装をつけている人が5分の1くらいで
あとは世界中からやってきてこの夜の庭園噴水&花火ショーを楽しみに来た方々です

ベルサイユ宮殿では5月末くらいからの夏の時期の週末
宮廷の庭園で夜の噴水ショー&花火ショーが繰り広げられてて
特別チケット買って入るこのショーは大人気!
それにプラスして今日は0時から始まる仮面舞踏会への参加者も混ざって

そりゃもうすごい光景!

現代の格好をした一般観光客と

時代衣装を身につけた人たちが

ベルサイユ宮殿の庭園に入り混じって
噴水ショーや花火を楽しむ

タイムトリップしたような
それともまたちがったような

不思議な不思議な世界でございました

なんとも言えない興奮で
興奮しすぎていっそどうしていいのかわからない!みたいな感じでしたが

本当に本当にたくさんの方々から声をかけていただき
いろいろな言語で話しかけてくださって

すごく楽しかったし、すごく嬉しかった!

フランス人男性がすごくいいカメラで私たちが歩いているところを撮ってくださって
そのあと、奥様が声かけてくださって

「私の夫の腕は確かだから写真を送るわ!メールアドレスを教えて!!」

ってフランス語でたぶん言ってくれたのでアドレスをお教えして
まぁ、大方の想像通りメールは来なかったけど
そのやりとりというか、日本語とフランス語でほぼ言葉通じてないんだけど
物事はっきりいうフランス人が褒めてくれて褒めてくれて褒めちぎってくれて
本当に素直に嬉しかった

日本のイベントでは最近あんまり感じないことだなぁって思いました

欧州の方々の明け透けのないカラッとした褒め言葉に
素直に嬉しい!って思った。

トレビア〜ン!

って言われれば

メルシー!

って素直に返せる

素直な気持ちと素直な感想のやりとりがとても心地よかったです
中には意地悪な態度を取る方もいらしたけど
それはそれで、なんかこうサッパリとした嫌味というか
あからさまに顔をプイって背けられたり無視されたりしても

あなたは私が嫌い。
じゃ、ま、いいわ!

ってあっさり割り切れる。
気候と同じようにカラっとしてる。

日本人にはない気質だなぁってすごく思った。

渡航中何度かそういう場面に出くわしたけど
私はフランス人の考え方とか物事の捉え方にすごく共感することが何個かあって
たとえば人と自分との割り切り方とか、仕事と遊びの捉え方とか、
日本にいて窮屈に感じる考え方は、フランスでは普通だった。
日本で自分の考え方と周りの何かとぶつかった時にちょっと孤独感を感じることがあったけど(だからって人に流されることがどうしてもできないのだけれど)世界中のどこかで同じ人類が自分と同じ考え方で生きてるって見て感じて知ったらすごく気が楽になった。
実はこれ、今回のフランス旅行の大きな収穫の1つだったかも。
その反面、半分くらいはやっぱり私は日本人。
真面目で綺麗好きでいい加減が嫌いで融通が利かない!って思うこともあって、面白かった。
自分と同じ考え方をする人たちを知って、
そのことでなおさら自分が日本人であることを思い知らされるというか。
これはもう、海を渡って現地に行ってたくさんの人と触れあわなければ分からなかったこと。

ヨーロッパに来てみてよかった!

心からそう思った。

さて、ここまででたくさんの方々に声をかけられて
たくさん写真を撮られたのだけれども

私たちのカメラをあまり作動させることはなくて…

以外とシャイな私は
何語で話しかけたらいいのかわからない方々に

「写真を撮らせてください」がなかなか言えなくて…尻込み

そうこうしている間に私たちの写真を撮りに来る観光客に囲まれてパンダ
この繰り返しだった…意気地なしの私!
何語だかわからなければ日本語でいけばよかったのだよ!いっそ!!
私たちに話しかけて下さる方々は、フランス語、英語、イタリア語、ほかいろいろ
たくさんの言語だった。でも、だいたい伝わる
言葉って不思議。
そして衣装着けている私は日本人に全く見えないらしく
日本人だというと大層おどろかれた

なぜだ…
こんなに日本人顏なのに…

どうやらそれは体型。
ワタクシ自慢のデコルテからバストにかけてのボリューム感が東洋人のそれではないww

DSC04631.jpg

あとはもう暗いし化粧濃いしねw

何枚か撮らせていただいた方々をご紹介!

DSC04628.jpg

この中にすごく撮りたい人が2名いたんだけれども
ものすごーく意地悪する人もいていろいろがいろいろ。
私なんてまだまだ細い!っていう勇気をありがとう…とでも言っておこうか!

DSC04600.jpg

たぶんイタリア語を話されていた御一行
たぶん貸衣装だって言ってた
私たちをみてすごく喜んで飛んできてくれた

DSC04646.jpg

もはや歴史衣装でもなんでもないんだけれども
仮面舞踏会という趣旨には概ね合ってる個々にアニマルイメージの衣装をつけた3人組のフランス人の方々

DSC04647.jpg

私も鳥だから!って混ぜてもらったw
すっごく可愛らしい方々で、このあとオランジュリーの仮面舞踏会でメッチャばててぐでんぐでんの時に再開してなぜか爆笑しあったりした。連絡先くらい聞けばよかった!

1866922-le-grand-bal-masque-orchestre-par-950x0-2.jpg

絵のように美しいカップル

DSC04654.jpg

この方々もたぶん貸衣装だけど年齢が結構いっていても、こうして着飾って場を楽しむってことが好き!ってのが伝わってきて私もこういう年の取り方したいって思った!

DSC04655.jpg

彼女さんが超絶美少女だった。身長が150センチくらいしかない小柄で!

DSC04650.jpg

ゆっくり、ゆっくり、優雅という言葉を全身にまとって奥の方からものすごいオーラで登場した2人組。翌日見たドレスの本にまんま同じようなデザインのものが載ってて、これ見て作ったんだな!ってのはわかったw
とにかく動きが優美。私の5倍くらいゆっくり。そして小石が敷き詰められている上に結構ポイ捨てのタバコなんかも落ちてるこの場でドレスの裾をたっぷりと引きずって歩くっていう…根性の座りっぷり

DSC04652.jpg

なんといか…こう…本物感っていうか…うーん

すごい

としかいいようがない。別にドレスの作りもすごい雑だし、材料変だし、いろいろ突っ込みどころは有るんだけど

すごい

そうか。この場はこうして楽しむものなのか!って教えてくれた方々。

時間を超えて、このベルサイユ宮殿の庭園で
本気になって貴族になりきっているこの方々を見て目がさめる思いだった

ドレスの作りがどうとか、
デザインがとか、素材がとか、時代考証がとか、
美人とか、ブスとか、

そんなことすべてどうでもよくて

この場に浸りきって楽しむことがすべて!

あぁ。なんて素敵なんだ。
他人など全く気にせず、空気なんて全く読まず、
どんな突っ込みもはねのける位
自分を楽しんでいる人たちってある意味素敵!

そうこうしているうちにあたりは少しずつ暗くなり
足の痛さは限界になり
人はさらにどんどん増えていよいよ花火大会が始まります…

つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート