FC2ブログ
2016/07/28

宙エリザ、見所はずばりバランス。

バランスがいい。
それが宙エリザ見て一番最初に思ったこと。

誰かが極めて突出しているわけでもなく
誰かがものすごく足を引っ張るわけでもなく
脇を固めるメンツの層も厚く
コーラスの力もあって
主演メンバーのバランスがいい

こんなエリザベート久しぶりだなぁって思った

そもそもここのところシシィの人、

は?

みたいなことが連続したので…
久しぶりに納得のシシィに出会えて、なおかつ他とのバランスがいい

悪く言えば1役1役が薄味なのかもしれないが

バランス大事!

だと私は思う。

歌を心配されたメンバーたちも特に気にならない。
大きく外すことはない。

「あいちゃん大丈夫だった?」って聞かれたが


大丈夫だった!


歌も台詞もちゃんと届いた。
前回のだいもんがかなり濃いルキーニだったので
最初は薄味かな?とも思ったけど
中盤くらいから「これくらいでいいのかも」と納得。
これ以上強くある必要も無い気がした

ってか、あいちゃんの容姿が好きすぎて
それだけでお腹いっぱいです!ってのもあるけどw

ゆりかちゃんのフランツ
歌の成長っぷりがもはや驚異的

誰だ?お前は誰だ!?っと疑いたくなるほど
歌うまだったっけ?ってわかんなくなるほど
フランツの歌が歌えている
ゆりかちゃんの持つ品の良さとか
ちょっと欠点かなぁって思う押し出しの弱さが
今回のフランツにはとっても活かされてて
とってもハンサムな皇帝
2幕の髭姿もいい。
この皇帝はシシィのことをとっても愛していて
最後の審判のときに対トートにぶつけるライバルとしての存在感が
なんていうか、宝塚的というか、ちゃんと宝塚的三角関係を描けてる感じがするのです。

今まで歌詞にあってもあんまりピンとこなかった
2人の男が1人を愛するってのがよーく分かる

まぁ様のトートは…トートは…
まぁトートのこと思い出すと
胸焦げすぎて…俺の心震えすぎて…
まだ思い出すとつらいから
あんまり語りたくないんですが…

黄泉の帝王と恋する男の間を行ったりきたりする
割と恋していることを押してるトートで

まぁ、
もぉ、

とにかく私のあらゆるツボにはまるんですが
トートに人間っぽい感情成分大目なのが久しぶりな気がして
私はこの手のタイプのトートに弱いんだなぁっと。

主要3名の三角関係がきっちり樹立されているから
物語がスムーズにすっきり見えるのかも

脇を固めるアンサンブルもすごい

せーこのゾフィーはまさしく宮廷でただ一人の男。
どっしりと力強いゾフィーだけど
そこばかりが浮くことなく女官1人1人もリヒテンシュタインも
みんな強くて凄い

スゴツヨ!

さすがなにかと女官やってる宙娘
そして品がある!ここ大事!
やりすぎは禁物なのだよ!!

黒天使のビシッと感もすごい
ダンスの能力が極めて高いし
身長かなりバラバラなのになんか統一感がある
まだちょっと全員をチェックし切れていない…トートばかりを見てしまって
黒天使チェックが行き届いていない!私としたことが!!

革命家も重臣も市民1人1人も
みんなが活き活きと舞台で生きててそれでいて飛び出しすぎてない感じが
さすが宙組って気がした。
ここ最近の宙組のアンサンブル力とお芝居の力はちょっと前の宙組とは雲泥の差
このタイミングでまたエリザベートと宙組が出会えたことが本当にうれしい。

1人1人についてもっともっと細かく書きたいけれど
どんだけ長文だよ!ってかんじになりそうなので、またちまちま小出しに書きます。


チケットと、時間と、全てを見つくせる目をあと10個

私に頂戴!!


って感じですよ。
ほんとにもう!

バランスがいいってことは、1人1人がいい仕事してるってことで
その調和がいい舞台を作ってるってことで
ほんと端っこの1人1人までじっくり見たいの

でも、まぁ様のトートが出てくると

頭パーン★

しょうがない。しょうがないけどさ。
今週末の観劇は初2階席になるので、ちょっと冷静に見渡せるといいなぁ



ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート