FC2ブログ
2016/12/13

憧れのシェーンブルン宮殿。~汐音さんのウィーン旅その5〜

さて、さて、さて、

シェーンブルン宮殿内に入ります。

フランス行ったときも、どっかいく度にかみ締めたけど


まさか自分がシェーンブルン宮殿をこの目で見ることができるなんて!!


なんていうか、こう、
いつか行ってみたいって20年以上思っていた場所に
立っている自分が不思議っていうか、なんていうか、

とにかくその場にいること自体に感動

チケット売り場の横にお土産屋さんがあったのですが

あっち向いても
こっち向いても

シシィグッズ山盛りの興奮

シシィに限らず、ハプスブルクゆかりのいろいろが
もりもり販売されていて

お土産は後で!

っと思いつつも興奮が抑えきれない。
ベルサイユはあんまりおみやげっていうか、グッズが無かったから
ウィーンでのおみやげや関連グッズの充実っぷりはかなりうれしい悲鳴でした。

宮殿の入り口を、シシィチケットなので優先ルートから入場し
まずなんかのQRコードが張り出されていて
みんなそれを一生懸命DLしてたので、私たちもDLしようとしてましたが、すっごく重くて途中で断念。たぶん解説が見れる的な?

音声ガイドの貸し出し、無料だと知らなかったので1回目はスルーしてしまった。

っというか、

私、音声を聞きながらだと見学に集中できないので、できれば初見は自分が見たまま、感じたまま、を味わって、2回目にガイドを聞きながら見学するのが理想的。今回はその理想をかなえられて満足でした。

自分が思い描く宮殿っていうのがわりと単純なイメージで、バロックだか、ロココだか、とりあえずその辺の大まかなイメージだけを持って見学したら、内部が想像以上に豪華かつ、バラエティに飛んでいて見ごたえありまくり。
私はマリア・テレジアが大好きなんですが、浅いイメージから、こうして彼女がすごした空間やたくさんの肖像画を通して、少しずついろいろなことを知ることができてますます興味深くなった。
シェーンブルンはシシィがどうのというよりも(もちろん部屋やゆかりの肖像画などはあるけど)テレジアに関する興味深いいろいろなことや、フランツという人物の人となりに触れることができた気がして、なんかやっぱ実際この場に来て見て、感じてみないとわかんないもんだなぁってしみじみ思いました。

前知識なし、ガイドなしで宮殿内を見学するのは、確かに真っ白な状態でいろいろなものを見て感じられていいのだけれど
私の知識欲がフツフツと湧き上がり、超がんばって英語の説明文読んでみたり、日本人のプライベートガイドさんつけているグループの近くで聞き耳を立てたりしながら断片的に知識を拾う感じ。

プライベートガイド、次回は着けようかと思った。やっぱりより詳しい説明聞きたいし、いろいろ質問事項もあるし、本当はドイツ語できれば一番なんだけど、どうにもできないので…詳しいガイドさん付けて質問攻めにしたい

テレジアの娘であるアントワネットの肖像画も幼少期が中心ですがたくさんありました!
見たことの無いものがたくさんで、ウィーンでのびのびと過ごしていたアントワネットの姿をうかがえます。
子供たちの肖像画がぐわーっと並んでいるのとかなんか圧巻だった。
肖像画の中のテレジアや娘たちのドレスがどれもセンスよく素敵でうっとりしたり。

六本木のマリー・アントワネット展で見た、シェーンブルン宮殿の協力で持ってきたとあった、子供たちとテレジアの肖像画もあったwww

ま、これはよくあるお話で
同じ肖像画でも同じものが3枚あるなんてのは普通のこと。
複製やコピーの場合ももちろんあるけど、肖像画を注文するだんかいで同じもの3枚描かせている場合もあるそうな。
だからどれが本物とかじゃなく、皇族の肖像画ってのはそもそも複数存在するのが普通なかんじ…なのかな?
シェーンブルンに飾ってあっても、また同じ絵が美術史博物館にも所蔵されていたり、超有名な、私たちが一番目にするシシィの星のドレスの肖像画も注文段階から3枚あったらしい。

六本木で先週見た絵に、ウィーンで再会する摩訶不思議感★

予備知識とガイドなしで見た宮殿は、想像の斜め上行く感じの豪華さと結構な奇抜なデザイン性で圧巻でした。
絢爛豪華な宮殿内でフランツの居室だけがすごくシンプルで、逆に一番印象的だった。

後日、資料を読んでガイドを聞きながら見学したので、細かい感想はまた後ちほど!

宮殿の見学が結構な人の多さであんまりじっくり見れなかったもやもやが残りつつ、

お土産売り場へ!

エリザベートやハプスブルク家に関するおみやげ物はここが一番の品数です!
シシィミュージアムの売店や、ホーフブルクの売店よりもここ!ヅカオタ心をくすぐるグッズ盛りだくさん。
シシィスターをかたどったアクセサリー
羽根ペン、ハプスブルクの紋章をあしらったさまざまなグッズ
絵葉書、文献、などなどなどなど

あとで買える…じゃなくて

目に付いたら絶対買っとけ!

これ、鉄則ね。

1回目の見学時は「また来る」と心に決めていたので、とりあえず何も買わずに見るだけにしてその場を後に。

見学はまだまだ続きます!

つづく…


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート