FC2ブログ
2017/10/15

神々の土地、美しすぎて涙。

東京公演my初日、行ってまいりました。

千秋楽のライビュを見てすぐにウィーンに飛び立ったので
なんだか不思議な感じ。

ふとした瞬間に、美しい場面の数々がまぶたに浮かぶ日々でした。

久々に見た生の舞台

神々の土地が素晴らしすぎて、
好き過ぎて、
1場面1場面の美しさに心打たれて自然に涙が溢れる。

翼ある人びとの時も全く同じ感覚を味わったのを思い出すし、
全然違う世界観なのに、同じ色の舞台に見えて、
映像ではなく、私の心にこの美しい舞台をいつまで焼き付けたい。

舞踏会の場面のイリナのウィッグが変わってた。
きちっと結い髪になってて
こっちの方がしっくりくる。


まぁ様のお芝居は、一定のクオリティを常に保ちつつ、
周りの空気と調和しながら日々変わってる。
見るたびにドンドン胸に突き刺さってきて、心が震える

生の舞台見てるって気がする

舞台が生きてるって感じる


大劇場デビュー作で、この演出家は大劇場の舞台に向かない人だ…っと、お話の内容にも、演出にも、がっかりしたもんだけれども、今の上田先生は、大劇場を大きく使った演出とキャパシティにあったお芝居、

こんなにも変わるもんなのか…

すごい!!

「翼ある人びと」を初めて見た時から2回目、上田久美子先生の才能にひれ伏す

まぁ様が、うららが、
この作品でサヨナラで本当に良かった。

ショー
初日に見た頃よりはずっと楽しめるようになった。
ただ、私はどうしても稲葉ショーが感性に合わないので…これはもうしょうがない。うん。合わないもんはしょうがないよ。

まぁまか垂直一回転リフトがなくなって、

心の底からホッとした。

今の足を絡めてぐるっとする振りの方が、ずっと色っぽいし前後と繋がる。あのリフトはヒヤヒヤするし、たまにバランス崩してたし、あんな振りを宝塚には取り入れて欲しくなかったのでなくなって良かった

ショーを見終わっても、
お芝居の余韻を引きずってしまう

居酒屋で友人とまぁ様の素晴らしさを語り、これからの宙組に対する複雑な心情を打ち明け、でもやっぱり真風氏が好き過ぎ、最終的にまぁ様万歳!!ってことでまとまった。

あとほんのちょっとしか
劇場でまぁ様を見れないけれど
心にたくさんの思い出と
最後に美しい情景と
私たちに残してくれるまぁ様、
本当にありがとう


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート