2018/03/26

「天は赤い河のほとり」見て来ました。

ゆりかちゃんのお披露目公演を見て来ました!

遠征の合間に、大劇場に立ち寄って宙組公演をみてまいりました。
見るか見ないかギリギリまで迷ってて、あまりにも詰め込みすぎるとアレだなぁと思って、チケットもなかったので悩んだのですが、ギリギリまでサバキ待ちしてチケットゲットできず、開演5分前に立ち見チケットをゲットして

久々に大劇場で立った!

しかも立ち見も2列目

前に人が立っててさらにその後ろに立つやつ。昨日は最前列に座ってたけど、今日は立ち見。この落差もなかなかオツだわ。どこから見ても宝塚っ!

2500円だし!!!

さて、1階後ろから眺めるように見た「天は赤い河のほとり」
なんせ遠巻きだったのでざっくりした感想文です

最初に言っておきますが、

私の感想としては


現状65点です


ただ、まだまだこれからよくなる可能性があると思えたので、期待して東京で待ってようと思ってます!!

〜〜ここからネタバレ含みます〜〜

原作は持っていたはずなのに、どこにしまってしまったのか…どんな話だったのかほとんど忘れて(王家の紋章とも混同して)

ほぼ何にも知らない状態で観劇しました

オープニングは

ばばばーん

っと宙組のハイパーコスプレ集団が
相当なビジュアル力で集結し

すげーな宝塚!

って鳥肌でした。

大まかなお話の筋としては
ハイパーダイジェストなので、深みはないです。パラパラ〜っと物語をなぞる感じ。
みんなに平等に見せ場を作ろうとして、その努力を凄く感じたし、小柳先生の愛も感じたけど

やっぱり時間が足りなくて…

主役2名を含めて役の掘り下げがあまりにも足りず、、、でもここで全部詰め込むとポーの二の舞なので、しょうがないかなっといったところ

シトラスなしで1本物にすればいいのに!!

って大きな声で言うね。

もう、言っちゃうね。

シトラスいらなかった。

お芝居を1本もので見たかった。

あいちゃんの黒王子がめちゃくちゃ素敵なビジュアル力で

むはぁ〜💕

しかし、なんか出番が少ないと言うか、やりようがないというか、、、

いろいろが唐突でした。

他の役もみんなだけど

キキちゃんも素敵なんだけど、長い説明台詞をもっとお芝居に見えるように客席に伝えられるといいね!

ゆりかちゃんは…お芝居こんなだった?歌、こんなだった?

がんば!

って肩をポンポンしてあげたかった。
恥ずかしい台詞の数々がサラーっとながれてしまい、もったいない。
その残念さがある意味ゆりかちゃんの魅力なんだけど(結局大好き)

いや、でも、

さすがに今回もうひと頑張り欲しかった。

まどか嬢のお芝居がずーーーーと苦手だったけど、今回はゆりかちゃんのお芝居の方が気になってしまったかも。

あと主要キャストみんな滑舌が絶望的なので、集中力が問われます。

なんで今回急にこんなに気になるの?

宙組はこんなんじゃなかったはず!!

っと???でした。

これはたぶん、回数重ねた方が楽しいかな?原作読んで個々の役柄のバックボーンを頭にインプットしてから観劇しないと

あっさり

ポン酢よりもあっさりしてる。

もっともっとできたはず!宙組!!

個人的に今回の見どころは何と言っても衣装✨

王家に捧ぐ歌の衣装が登場しすぎてラダメス複数とアムネリスそのものみたいのが登場した上、たぶんセットも一部使いまわしているので

これ、いま、何見てるんだっけ?

っと混同しますが、新作衣装もたくさんあってみんなとても手が込んでいるので見ものです。

娘役さんのドレープたっぷりのカラフルな衣装、布量は最低限しか使ってないのに綺麗なドレープがゆったりと出て、なおかつたくさん動いても崩れない

すげーな!宝塚の衣装!!

超力技でゴリゴリストーリーが強行されていくので、ついていくのが大変かと思いきや、わかりやすくはしてくれているので置いていかれることはないので、ホッとした。

立ち見だったけど、結構あっという間に終わってしまったので回数重ねてみればなんとなくハマる気がする!

東京で待ってますっ


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート