FC2ブログ
2018/07/29

7◇汐音のフランス旅2018〜コンシェルジュリ〜

TBS系列で放送されている『世界遺産』
マリー・アントワネットの人生をたどる特集を先週から2週にわたって放送しています。

今日はマリー・アントワネットが最後に過ごした家。
プチ・トリアノンやコンシェルジュリが特集されるってことで
先週から引き続いてとても楽しみ✨

それに便乗して旅行記の続きがちょうどコンシェルジュリなので、辿ってみようと思います。

パリ2日目の朝、ゆっくり目に起床してのそのそと身支度をし

ホテルから歩いて、まずはルーブル



チェイルリー公園
かつて国王一家がベルサイユからパリに移ったときに、最初にすんだ宮殿があった場所。
宮殿は火事でなくなってしまい、現在は公園になってます
宮殿再築の運動とかもあるみたいだけど…フランス人なのでいつになるやら…きっと私が生きているうちは再建はあるまい…みたいな感じ。

ルーブルを背にコンコルド広場まで

まーーーーすぐ

IMG_6508.jpg

IMG_6512.jpg

コンコルド広場の目印の塔が
遥かかなた…暑い…とても暑い…

暑さに強く体力のあるFRANさんはとても元気に歩いてますが、汐音はこの時点でグデングデンです

なんとかコンコルド広場に到着し
そこから国民議会方面へ

IMG_6519.jpg

コンコルド広場から国民議会に向かう途中の橋

ここで、マクシムとマリアンヌは再会したんじゃないかなぁっと妄想しながら…カワウソのマリアンヌちゃんと

♪いまぁ〜

っと歌っておいた

DeIoN0pXkAABIvi.jpg

国民議会(ブルボン宮殿)
現在もフランスの国会議事堂として使用中
この日は外観を眺めるだけ!年に1度の文化の日以外は一般の入場はできません
なんか威風堂々としてて立派だったよ

IMG_6531.jpg

そこからシテ島のパリ歴史地区を
ずーーーーーーっと30分くらい歩く
パリの歴史的スポットにはプレートが設置してあって
あちこちにあるそのプレートをたどっていくのが楽しいのですが
ロラン夫人がシテ島出身なので
ロラン夫人の生家はどこだ!っと必死に探したが見つからず…後日Googleマップで発見。2回も素通りしてた(プレートが2階だからわかりにくかった)ちゃんと調べていけばよかった!!

てくてく歩いてお昼時になり
前回も食べに行った、ノートルダム寺院ちかくのレストランでランチ

IMG_6546.jpg

IMG_6539.jpg

ランチビール
いえぇーい!

IMG_6542.jpg
IMG_6543.jpg

農村風サラダ(半熟卵やフォアグラが乗ってる)とサーモンのグリル
おいしかったぁー

でもよくよく考えると…ランチにしては結構高い…
5000円以上…いっちゃった?さすが観光地価格!

ま、美味しかったからいいかーってことで
ノートルダム寺院はスルーして

コンシェルジュリにまっしぐら!

IMG_6566.jpg

去年まではなかったんですが
セーヌ川から水を引いて、流す装置みたいなものが突如設置されていた。
説明読んでもよくわからなかったこの装置は一体???

IMG_6567.jpg

今年はタブレットを借りてみました!
中国語や韓国語は対応してますが
日本語は対応してません
これね、フランスの新し目の観光地に行くとよくあるやつ。
昔からある観光地には日本語ガイドあるのに
新しい施設には日本語ガイドない。
日本人はもう…フランスにとってよいお客さんではないのですよ…渡仏者激減してるみたいだし…しょうがないよね…

だから頑張って英語!

基本子供向けなので、なんとか頑張れます。
金貨集めゲームがあって、5枚の金貨を集めるのがなかなか楽しいです

IMG_6736.jpg

タブレットをかざすと何もないところに時代がタイムトリップして当時の様子が画面の中で再現されます。説明書きも興味深いものが多いので、おすすめ

IMG_6620.jpg

入り口に入ってすぐ、
フランス革命の年表と大きなスクリーンがあるのですが
その下に地図があって

IMG_6568.jpg

よくよく見たら、ジャコバンクラブの場所とか、いろいろマニアックなフランス革命スポットが事細かに書かれていて

IMG_6569.jpg

すごい楽しい!!

事細かに見ているとこの地図だけで3時間は遊べてしまうので
とりあえず写真に撮ってあとから反芻することにしました

IMG_6604.jpg

コンシェルジュリ監獄に収容された人たちの名前がずらーーーーーっと並ぶ部屋
アルファベット順に並んでいるので、気になる人の名前を探したり
中央に大きなタッチパネルがあって
名前を入力するとその人の詳細を見ることができます(英語かフランス語)

去年はこのタッチパネルが壊れていたので使えなかったので、今年は大いに使わせてもらった
日本だと資料が少ないデムーランや、クートン
そのほか気になる革命家をかたっぱしから調べて、写真に撮って
Google翻訳で頑張って読むの繰り返し

Google翻訳さんが去年より格段に翻訳能力が高まっててびっくりだよ!

館内の説明書きも英語ならほぼ8割くらい読みやすく翻訳してくれるので、もう英語怖くない!!

IMG_6644.jpg

去年、ロベスピエールの胸像に

「ひかりふる路」の成功を!とお願いしたので

今年、ロベスピエールの胸像に

「ひかりふる路」のことを報告した。

彼がどんな人だったのか
この1年すごく追い求めた。
フランス語の法律に関する資料とかも頑張って読んだし
たくさんの文献に触れた

作品を通して
ただの悪役だと思っていた人物を学ぶことができたことに感謝し
歴史を学ぶ楽しさにより深く足を突っ込むことができたことにも感謝!

コンシェルジュリは、ただただアントワネットがスキーとか軽い気持ちでいけば20分くらいで見学終了だと思うのですが、私はアントワネットもだし、革命家もだし、サンソン(処刑人)方面も調べたいことが山積みなので

このコンシェルジュリは私にとってベルサイユ宮殿よりも重要なスポットなのです

ええ。ほんと。
時間さえあれば永遠に調べ物していられる。

革命家ゾーンで映画フランス革命のダイジェスト見たり
説明書きを読んだりしつつ
(去年とレイアウトが変わってました)

アントワネットのゾーンへ

IMG_6660.jpg

アントワネットが最後に過ごした部屋は昔のような蝋人形などは撤去され、
最後の日々を描いた絵が飾られ祭壇のようになっています。

IMG_5574_20180729132212b8c.jpg

ガイドのタブレットを借りて、それをかざすと最後に過ごした部屋が画面の中で再現されます

IMG_6666.jpg

光り輝くヴェルサイユから

34906678_377101342800280_5018472374010380288_n.jpg

暗く重たいコンシェルジュリへ…コンシェルジュリはセーヌ河沿いのため湿度が高くて風通しも悪く、

IMG_6624.jpg

光もMAXこれっぽっちしか差しません。当時は臭いも相当だっただろうな…っと想像がつく劣悪な環境

IMG_6695.jpg

ここでタブレットを起動すると
マリー・アントワネットが最後にたどった処刑場までの道のりが地図上に現れます

IMG_6684.jpg


これがまたマニアックで!

ダヴィットが最後の肖像をスケッチしたポイントとかもあります

IMG_6689.jpg

この地図で足跡たどるのみると
わざと遠回りして
わざと見せしめにして
なにもかもの悪意を感じる

人は集団で何かをなそうとするとき
本来の善を見失って
なにかを恐ろしく憎悪する

今も変わらないけど
人間が恐ろしいな…っと思います

ダヴィット(画家でありジャコバン党員。のちにナポレオンに寝返り有名な戴冠式の巨大画を制作)のかいた線描きのスケッチや、そのスケッチをしている様子の絵を見ても、なんだかとても恐ろしくなります

IMG_6712.jpg

前回も思ったけど、このアントワネットの下着や遺髪が展示してあるエリアは本当に本当に空気が重たくてあまり長居したくない感じ…

今回も2時間半たっぷりと楽しみ
最後にお土産やさんで腕がもげそうなほど重い本を3冊買って(ここのお土産やさんが一番歴史書籍充実している)コンシェルジュリを後にしました

ラストは

ひかりふる路のマクシム風に

IMG_6740.jpg

堂々と胸を張って階段を登りましたよ!

つづく

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート