FC2ブログ
2018/11/09

雪組「ファントム」初日を見てきました。



本当にこの日がきました

夢が叶う日が

あのだいもんが、
あのだいもんがエリックを舞台で演じる日が

本当にきた

きっと叶うはずさ 夢は

私の大好きな曲です
辛かったり、しんどかったりする時に、
無意識に口ずさむ曲です

こんな大きな宝塚大劇場の舞台で
この舞台で

だいもんがエリック

数年前に、この日が来ることなんて想像もつきませんでした

パーソナルブックで嬉しげにエリックの扮装をしていただいもん

劇中劇でオベロンを演じて居ただいもん

なんだか今日、劇中劇のあのシーンでかりちゃんが演じるオベロンをだいもんがエリックのポジションから見ているのが、とても不思議で、とても面白くて、そしてなんだか誇らしかったです

夢が叶ったね

開演前のキャトル

20181109213720169.jpg


パンフがとても素敵だった!
荷物になるから東京のキャトルで買えばいいのに買ってしまった

高まってファーのチャームも買ってしまった

20181109213822a28_20181113024758749.jpg


ついでに殤さまのポストカードも買った 笑

ドキドキしながら開演を待って
緊張しすぎてちょっと具合悪くなって

公演デザート食べて落ち着いて

2018110921392563b.jpg


座席につきました。

いつもの友人たちの顔を見たらものすごく落ち着いた。きっと緊張でガチガチだったよ。私。

私が舞台に出るわけでもないのにね!!

さて、開演です

〜〜ここからはネタバレを含みます〜〜

演出がかなり変わっていました
映像を多用した、なんだか

ファンタスティックな世界観。

セリフや動きが大きく変わったわけではないけれど、見せ方が変わったのでなんだかワクワクしました

ただ、以前の方が重厚感があったので賛否あるかもな。見る席によっても全然違って見えるかもしれません

衣装も新しいものがたくさんありました。

クリスティーヌの衣装は全部新調かな

エリックの衣装はカルロッタを暗殺→僕の森のシーンで着ている赤い衣装が蘭寿さんのものでした。
らんとむのエリックは私にとってものすごく大きな存在なんですが、その衣装を着て同じ役をだいもんが演じていることが、本当に本当に夢のようでした

まあやちゃんのクリスティーヌ

はじめて歌が上手い人が演じたクリスティーヌを見た気がする 笑

文句なく天使の歌声だし、オペラ座前やHomeを歌うシーンなどでは微妙に素人くささを匂わせる余裕があるので、そこから磨かれてビストロで華開く美しい歌声というストーリーが、とても美しく見えます
メイクもお芝居もすごくすごく頑張ってる。本人のやる気がすっごいわ。もうなんか

ありがとうございます

って感じでした。完璧だった。
やっと見れた。クリスティーヌ!!

咲ちゃんのキャリエール、抑えた演技がとてもいい。抑えても、ただ佇んでても、しっかりと存在感と男役らしさと包容力が醸し出せれるのは…きっと…ネモのおかげ…(掘り返すトラウマ)

だいもんとのやりとりも、いままで積み重ねて着たいろいろの集大成という感じ。歌もすごくすごくがんばって、呼吸のように胸にしみる歌だった。
特に銀橋でのエリックとのデュエット、エリックと歌い出すその呼びかけのエリックが

すっっっっっっっごくよくて!!

滝泣きだった

優しさとか、暖かさとか、父として、本当に愛するものへの呼びかけ

実はここの咲ちゃんの歌が、今回1番すごい!って思ったかもしれない。
大きな男役になったなぁ。胸が熱いぜっ

あんまり余裕がなかったんで
たくさんのことを細かく見れなかったりしたけれど、細切れで書くと

あーさが面白すぎて、40秒くらいあーさだって気づかず、あまりのばけっぷりというかはっちゃけっぷりにすごいなぁって改めて思った

ファントムの従者たちがみんなイケメンすぎて、混ざってる娘役たちが格好良すぎて、ついつい従者を見まくる人になりがちだった

ビストロでの団員たちのドレスが素敵だった。新作が何着か混ざってて眼福
とくに組長のドレスが素敵

りーさまのヒゲがすごい素敵すぎてガン見。今回もりーさまのイケメンっぷり素敵だった

うーん
なんかもっとあった気がするけどなんかもう、途中から泣きすぎて覚えて居られなかったのと、今回、衣装が割と素敵だったのであますとこなくガン見して居て、相変わらず全く余裕がない観劇でした

だいもんのエリック
びっくりするくらい、想像通りのエリックだった。でも、それでいいんだと思う。
私が見たかっただいもんのエリックが見れて本当に幸せだった。
だいもんって基本的に姫体質の役者(いい意味でね!)だと思うんだけど、今回その部分が全力で発揮された

私の想像と唯一違ったのが、
想像よりもより儚げで…
そして可愛かった。ビジュアル的にも。
あのエリックに何かお願いされたら、かわいすぎてなんでもいうこと聞いてしまうと思う。私も従者として拾ってほしい。お針子だったらできるのに!!っと幕間は妄想を膨らませた

1幕ですでにグッタリしてしまい
休憩時間になったらフラフラと酒に向かって突進

飲まなきゃやってられない!
2幕に立ち向かえない!!

ってことで、なんだかふわふわした状態でスパークリングワインを一気飲みして、ちょっと気を取り戻して2幕

全力で可哀想すぎて

うわぁーーーーーん!!

って泣きそうだった。
白い衣装で踊るとこ。あそこやばい。
毎回すごい泣くけど、今日のだいもんの表情が本当に本当に悲しげで

苦しくて苦しくて

辛いんだけれども

ラストに向けて
悲劇的に向かっていくのに
なぜかエリックはどんどん幸せに見えてくる不思議

つらい人生だけれども
お父さんに愛されて
クリスティーヌを愛することができて



に囲まれて迎える死

彼の短い一生は幸せだったに違いない
残されたモノの胸にずっと生きることができるから。ほんと。もう。

幕が降りた時に、もうすでに泣きすぎて涙が枯渇し、だいもんよかったね!!の気持ちでいっぱいだった。

フィナーレナンバーはショーのようにちょっと長めに色々詰め込んであって、曲のアレンジ自体はちょっとヘンテコだったけど、曲のセレクトとショーの構成は素晴らしくて、何度も胸が熱くなった

クリスティーヌが劇中で歌った曲を
エリックが歌ってたりね

デュエットダンスは、エリックとクリスティーヌの幸せの結晶

すごく素敵だった

だいもん、幸せだよね

私はそんなだいもんが見れて本当に幸せだよ!!

あの伸びやかな歌声が、あの場所に響く瞬間に立ち合えただけで、本当に本当に幸せだよ。

最後のあいさつで、だいもんが客席からの拍手から感情を感じると言っていた。
ただ客席に座っているだけだけど、届いているのだね。私たちの胸の高まりや感動が!それを感じられるから、だいもんは素晴らしい役者なのだよ!!っと改めて思った。

舞台に愛されている人間

だいもんを見ているといつも思う
そんな人間が夢を1つずつ叶えて
すばらしいものを届けてくれる瞬間を何度も見ることができて、本当に本当に幸せです!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート