FC2ブログ
2020/02/24

スリに合いそうになった話。

チャオ!

ヴェネツィア6日目の朝です。
日本でも報道があったように、カーニバルが前倒しで終了し
美術館も教会も閉鎖されて、

さて、何もやることがない!

ってなわけで、旅行記書いていくぞぉ


昨日、スリにあいかけました。
ヴェネツィアはパリなんかに比べると比較的安全なイメージがあったので、油断していました。
普段だと他のアジアの方々よりも大柄な私は狙われにくいのですが

なんせコロナの影響で観光客激減!

スリも商売あがったりなんだと思います。
ところはサン・マルコ広場からリアルト橋の方向に歩いている途中。

たくさんのショップがキラキラしている、歩いているだけでワクワクするエリアです。

夕食に向かう夜19時頃。

毎日必ず通っていた通りだし、今日の仮装という一仕事を終えて
油断しきっていたと思います。

44071618-D3AA-4F8B-9D8A-3800165D5870.jpeg


写真のように、ポシェットを斜めがけして後ろに回していました。
そしてドレスの着すぎで腰痛のため、後ろに手を組んで歩いてました。

いつものようにテクテク歩いていたのですが、
あるタイミングから後ろに組んだ手の甲にだれかのストールが当たってくるようになりました。
混んでいたからぶつかったのかな?くらいに思っていたんですが、
何度も何度もストールが手に触れるので、
1回グッと引っ張って「あたってますよ」アピールをしてみたものの
そのあともストールが手に当たり



って違和感感じて振り返ったら女の子3人組が私の後ろについてきていました。

ストールは当たっていたけど、人が近くにいた気配はありませんでした。
実際私もスリに狙われている人を間近で見たことがありましたが、

マジで狙われている本人は気付けません!

向こうはプロだから気配を消してくる。
今回は手元を隠すためにストールで隠しながら作業していたのでしょう。

気がついたら


F688AAF0-6215-4A49-849D-62DDCF3C0975.jpeg

ファスナーをピンのようなものでこじ開けて(写真は修理済)

8DA285AA-8B0F-43E7-AC1C-63F986339EDA.jpeg

C88AEC5F-653C-4679-90BD-C1EDC5C8F8FF.jpeg


現金とクレジットカードが入ったこの袋がバッグから半分引っ張り出されていました

怖っ

危機一髪、気がついた…
バッグの中にはパスポート、財布、この袋、最新のiPhoneが入っています。
どれを取られても非常に困るものを無防備にポシェットしていた自分にも反省ですが

慣れてきた頃に狙われるな!

を実感しました。
今でも、私が気づいたとたんにすーっと離れた3人組の女の子がジトっとこちらをみていたのが忘れられない光景です。

ファスナーを閉め忘れることはないどころか、
ホテルを出てから一度も開けていないし、
あきらかにファスナーを突っついて外してあったので
結構手間かけて作業してあと一歩のところで気付かれて
彼女たちもさぞ悔しかったでしょう。

知らんけど!!

●まとめ●
・ヴェネツィアにスリはいます!
・ポシェットは人混みでは必ず体の前に抱えて!
・貴重品はまとめて持ち歩かない
・あちこち気を取られて歩いていても、細心の注意を欠かさないように

当たり前のことですが
割とヨーロッパ慣れてきたからこそ、起こったことだと反省しています。
気を引き締めるきっかけになったし、なにより未遂で済みました。

あと2秒気付かなければ盗まれてましたし、クレジットカードも入っていたので損害は大きかったと思います。

★海外旅行保険には入っておこうね!★

気をつけていてもスリにあうリスクは誰にでもあります。
クレジットカードに付帯している保険では不安なので
私はいつも別口で4000円くらいの保険に入っています。
何かあったときに24時間対応で金銭的支援も迅速なので安心はお金で買いましょう。

スリにあった直後は、
結果、未遂で終わったので「撃退してやった!」くらいの感覚でしたが
だんだん後から怖くなってきて、レストランでしばらく呆然としてしまった…

ほんと、
マジで、
気をつけて!!

ヴェネツィアは素晴らしい素敵なところです。
何かあったらこの思い出が台無しになってしまう…
そうならないためには自衛が大事です!!

びびりすぎもつまらなくなってしまうけどね。
心配なら何も持ち歩かずに歩くのがおすすめ!(これが究極の自衛)


ヴェネツィアに限らず、ヨーロッパの旅には付き物のリスクですので
渡航の際は意識を心がけましょう!



ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート