FC2ブログ
2020/04/11

劇場前、なう。

今週は毎日会社の帰りがかなり遅くなる事態に陥り

バッタンバタン

この状況でも、会社に行かないわけにいかないんです
通勤電車も日に日にガラガラになり
オフィス街もだーれもいない

いつもと同じ景色が違ってみえます

毎日、東京宝塚劇場の前を通ります

劇場の近くで働きたいから、選んだ会社
いつもはワクワクする劇場の前を通り
キャトルレーブを覗いて帰るのが日課でしたが

それもなんだか、遠い日の記憶のような気がします

072301EA-AF57-48CC-872A-20C88B84481B.jpeg

↑4月7日の帰り道
劇場の前を通ったら、なんだかいたたまれないほど胸がしめつけられた
公演ポスターを照らす明かりから目を背けたかった

1C769E6B-A1D8-449F-8559-792B352A688A.jpeg

↑4月9日の帰り道
この日、宝塚歌劇団がスターの退団も含めたスケジュールの変更を発表。
ありがたくて涙が出た
会社に13時間もいると、昼だか夜だか分からなくなってきて
いろいろ感覚が麻痺してくるけど
劇場の前を通った時に、このチケット売り場の電気が付いているだけで

ホッとした。

いつもはシャンテを通って帰っていたけれど、シャンテが閉まっているので映画館の方の階段からメトロに降りる。
劇場の入り口を見つめながら、

また、ここで必ず!

ってすごく希望が持てた

F78B0F1A-7606-4AE9-BC85-312596A21767.jpeg

↑4月10日の帰り道
空が明るい時間に帰ることができた!
この日、気がついた

劇場前の公演ポスターが

F6B01AC1-BC1F-466B-98E0-A36577DC1339.jpeg

2020 TAKARAZUKA REVUEに変更になった!!

調整してくれているんだな感!!!

上演されるのかどうかもわからない公演ポスターを
公演中止が発表されている公演ポスターを

見ることが本当に辛かった。

でも、なにかとても希望が持てる!

ありがとう。宝塚歌劇団。
スケジュールの調整は、並大抵のことではないと思う。
もちろん、全てが私たちの望む通りにならないこともわかっている。

でも、
その姿勢が、宝塚歌劇団の「やったる!」と見せてくれた姿勢が
私たちに計り知れない安心感をくれた

考え方変えれば

贔屓の退団が延びてサヨナラがまだ先になり、
お披露目前のワクワク感のままずっといられたり、
ずっとお披露目公演中の気分でいられて、

激務のジェンヌさんは休養が取れてゆっくりできる!

改めて劇団のスケジュール調整というニュースがヅカオタに与えた希望は大きいです。

頑張って生きよう。
頑張って今すべきことをしよう。

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート