FC2ブログ
2020/09/12

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』 原作ファンでeighterの感想文1回目

初日初回見てきました。

4A29AEFB-0E44-4E98-94A2-9AE97CC80F02.jpeg

原作ファンとしての視点による感想と、eighterとしての視点の感想が、だいぶ異なるので…正直脳内が混乱しました

原作ファンとしては、

原作と全く別物として見ることをオススメします。

原作云々の前に、この映画はBL映画ではなく、普通の恋愛映画で、私の様に古のBL好き(窮鼠のファンにはその様な方が多いのではないだろうか)から見たら、BL特有の登場人物の心情の揺れ動きが希薄です。
これは、リアルな男性が演じているからこそなのかな?っと思います。
BLの世界って、あくまで女性が描いたファンタジーの世界なので、それをリアルに描こうとしたら、そりゃBL感はなくなります。

なので、BL映画を見るぞ!原作の世界観を三次元で楽しむぞ!っていう心意気は捨ててご覧になることをオススメします。それが難しい様であれば見ない方がいいです。おそらく、腹の底から怒りが湧きます




eighterとしては、

あの大変な時期にこれ撮っていたのか!大倉!!っと、心の底から感心します。(ちなみに私はeighterとしては∞箱推しの黒担です。大倉くんに対しては愛を込めての呼び捨てです。ご了承)
今まで、大倉くんの演技にどうのこうのと思うことはあまりなかったのですが

妙に色っぽくてですね。

え?オオクラ?オオクラ?!

っと動揺が止まりません。そこまで見せてくださいます?的な…あの、正直eighterとしてそこまで見たかったかというと…微妙です

すげーもん見せられた

っていう動揺と、この1年でも随分顔つきが変わって、私自身も大倉忠義っていうアイドルへの見方が随分と変わってきたと思いますが、今はすごく穏やかに、くしゃっと笑う笑顔を見ることが多いので、ちょっと前のピリピリした雰囲気の大倉を久々に思い出しました。いい時期にこの作品に出会って、あのギリギリな感じの大倉が大伴先輩とシンクロして、ものすっごく自然な大倉なんだけど

大倉ぁぁぁ!!!!!

って心いっぱい叫びたい瞬間が5回くらいあったかな。

あぁ…エロい。

ーーーーーここからはネタバレを含む感想となりますーーーーー

まず、主人公たちの心の流れが原作と全く異なります。

原作ファンからしたら…

原作の大事なところ全部抜き

くらいの感覚です。でも、これは先ほども述べたとおり、BL映画ではなく生身の男性が演じる恋愛映画となった時点で無くなって当然だったのかも知れません。

改めて、BLって特殊なファンタジーなんだなって思います。キャラクターが見せる心情変化ってある意味女性が抱きやすい感情とシンクロしていて、男性同士のリアルな恋愛とは異なる部分も多々あるんだと思います。

今ヶ瀬の大伴先輩に対する好きすぎて定まらない揺れ動く感情の部分は、成田くんの目の演技力でだいぶカバーされていましたが、漫画のあれこれを思い返すと全然物足りない。

1番は大伴先輩が、割と早々に今ヶ瀬のこと好きに見える

ってか、再開した時点、脅されてのこのこホテルに行ってキスされた時点で

だいぶ好きに見える

原作での今ヶ瀬が担っていた部分も、先輩にも担わせたのかな?それとも、私が「そうであれ!」っていう視線で見ていたのかな?

とにかく大伴先輩が今ヶ瀬に最初からすごい惹かれて見えるんだよね。

濡れ場に関しては、他のBL映像化されたものをほとんど見たことがないので対比できませんが

ちょちょっっっっっっっっっ
その人はJ事務所のアイドルですがぁぁぁ!!!

っと、結構リアルに見せてくださって

おおおおおおおおおっ

ってなりました。が、これも昨今のBL映像物に比べればぬるいのかな?これ以上やられたら、もうアイドル大倉忠義を直視できなくなるので、これ以上は勘弁してほしいのがeighterの本音。でも、ほんと、なんか

綺麗なものを見せてくれてありがとう✨

って心の底から思います。

成田くんと大倉の目の演技がね…絶妙にエロいのです。間に挟まる女性たちの気持ちになって見ることができます。

これはなんかあるね?ただ事じゃないね?

ってバレバレで。ある意味、大伴先輩ってわかりやすい人だし、今ヶ瀬は隠す気ないし、目だけの演技で絡み合って心を揺さぶりあっているのを大スクリーンで見るのはいいもんだなぁって思いました。

脚本に関して物申すなら、やっぱり大伴先輩が…たまきと付き合いながらも、ダラダラ今ヶ瀬と身体だけの関係続けているのに???って思い、たまきのお母さんにまで会ってて、きっちりプロポーズした上でいきなり別れるってのは…さすがに

くそ男過ぎないか?

って。なんで原作通りあのタクシーのシーンとかなかったんだろ。あの夜のシーンなく、いきなりたまきとの別れ話だと、さすがにちょっと…海のシーンも感情のぶつかり合いなくさらっと流れて

オシャレすぎて頭痛くなる演出なんとかしてって100回は思った。

ラスト、今ヶ瀬は別の男に抱かれてるし、大伴先輩はたまきと別れてスッキリした部屋でニコニコ今ヶ瀬待ってるし…

って

そこで終わるんかーい!!!

このあと2人がどうなったのか、こっちに任せる気なんだろうか?ラストぐちゃぐちゃに変えておいて…さすがに酷すぎないか?

っと、見た直後は怒り心頭だったのですが

リアルな恋愛映画(?)ってこんな感じなんだろうか

ってところに今は落ち着いている。だったら原作なしでやれよとは思う。ってか、女性陣も含めてベストキャスト揃えておいて、なんだろう

このモヤッと感。

原作読んでいなければ、スルッと受け止め切れる話なんだろうか。どうなんだろうか。

脚本とラストに関してのモヤモヤを残しつつも、美しい場面のいくつかは脳裏にこびりつき…

映画見終わってから、安田くんのバースデー動画の中ではしゃいでいる大倉忠義をどうやってみたらいいのか分からなくなったeighter。

明日は舞台挨拶ライビュなので、心新たに挑みたいと思います。


ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手
★ーーーーーーーーーー★
YouTube→ 汐音さんのチャンネル。 ※チャンネル登録をお願いします!
Instagram→ shione55
note → shione2003
Twitter→ @shione_kageki

あなたもシシィやアントワネットに! ヒロインに変身できるアトリエSHIONEでのイベント情報は→こちら
★ーーーーーーーーーー★

無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート