fc2ブログ
2021/06/09

鳥獣戯画展。

上野の東京国立博物館で開催中の、「鳥獣戯画展」に行ってきました。

緊急事態宣言により、度々休館に追い込まれ、やっと!やっと再開!!っということで、再開初日に行ってきました。

IMG_6021.jpg

日本画、あまり興味がなかったのですが昨年からちょこちょこ日本画や浮世絵の展示も見に行っております。ほんとね、灯台下暗しというか、私の周りには文化や芸術に触れることができる機会がいくらでもあったんだなっと、もっと日本のことも知らなくちゃなっと、この1年地元に近いエリアで開催される展示には極力足を運んでいました。

鳥獣戯画展は楽しみにしてたよー!!

上野公園は私のお散歩スポットなので、閉ざされた門の向こうの作品に思いを馳せて前を通ってました。去年も西洋美術館の前を「ロンドンナショナルギャラリー展」に想いを馳せながら毎日歩いてたなぁっと思い出す。

ってことで、チケット頑張ってゲットしました。

ガイダンスは山ちゃん(山寺宏一さん)
いや、すごいビックなの連れてきた

さすが、史上初の4巻一挙公開だ。気合が違う。
もちろん借りました!

なんせ何にも知らないので、甲・乙・丙・丁と呼ばれる全4巻から成り立っていることや、自分が思っている鳥獣戯画っていうのはいわゆる甲巻のことだってのも知らなかった。
あと、「断簡」と言って、一部を切り取って別の場所で鑑賞されていたってのも驚きでした。模写された模本によっては断簡された部分が入ってたり、入ってなかったりで、そこから察してそれがいつ頃の模本かわかるとか、面白いなぁっと思った。

いろいろなお家や国を跨いでこれだけ盛大に集めて展示したの一気に見られるなんて、すごい!

本当は去年開催の予定が叶わず、今年やっと開催することができたのにまたしても休館に追い込まれて。。。この展示が危うくほとんど人目に触れなかったかもしれないなんて、なんてことだ!!だよ。

美術館や博物館にすごくたくさん行くようになって、特別展というものの素晴らしさと、その展示を作り上げる人たちの熱意に胸を打たれることがしばしばあります。作品そのもののとはまた別に、展示の作り手のこだわりが垣間見えるとニヤッとする。鳥獣戯画のように一般的に有名な作品は、私のようなライトな層もたくさんくるから、飽きないように、誰でも楽しめるようにたくさんの工夫がしてありました。

今回話題の歩く歩道による展示。

メインの甲巻は全てを歩く歩道に乗って自分は停止した状態でゆっくり運ばれながら鑑賞することができます

これ、めっちゃいい

平等にみんなが見ることができるし。メイン箇所占拠とかもなく、人垣で見えないこともなく、ノンストレスで見ることができました。何だろう。ほんと、新感覚だった。

山ちゃんの音声ガイダンスを聴きながらスロープを歩き、歩く歩道に向かうのですが、展示室の壁には鳥獣戯画のアニメーションが映し出されていたりして

いろんな意味で、ディズニーランドかと思った!

アトラクション待ちそのものwww

改めてこの4巻を全て見て、日本って面白い国だなぁって思ったんですよ。
こんな昔から漫画があるんだよ!?
動物の擬人化したものもそうだけど、人間の絵のパートもかなり興味深かった。

ほんと、日本のこともっともっと知りたいなっという入り口になる。

もしかしたら、ゆっくり鑑賞したいだけの人にとっては少々賑やかな展示なのかもしれないけれど多くの人が興味をもつ工夫がたくさんしてあって、有名な作品をメインに置くのであれば、こんな遊園地のような展示大歓迎だなっと思います。昨年のきもの展も本当に本当に素晴らしかったけど、鳥獣戯画展も楽しかったです!

あ、あと、明恵さんのお釈迦さまへの深い敬愛の念がかなり強火ですごかったです。子犬ちゃん可愛くて、なんだかスーッと涙出ちゃった。何あの可愛い子。

グッズ

IMG_6020.jpg

実用品メインで買い控えた!使わないものは買わないように!!どれも可愛すぎて悩みまくりです

で、

今日、母が見たいというのでチケットを確保して上野に向かったのですが。。。

チケット見たら来週だったぜ★

ふふふふっ

IMG_6018.jpg
IMG_6019.jpg


紫陽花が綺麗でしたよ!
また来週!!

ランキング参加中!
ポチッ↓と応援ヨロシクです
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

web拍手
★ーーーーーーーーーー★
友だち追加

Instagram→ shione55
Twitter→@shione_kageki
HP → アトリエSHIONE
YouTube→ 汐音さんのチャンネル。 ※チャンネル登録をお願いします!

汐音へメール
★ーーーーーーーーーー★


無断転載・コピー禁止. 当ブログに掲載されている全ての画像・文章・情報等は 著作権により保護されております。 著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一 部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写・まとめサイトへの流用等することを固く禁じます。そのような行為を発見した場合には直ちに利用料の請求をいたします。

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

月別アーカイブ

ブログ村

テンプレート